2018/06/21

雨とアジサイ

Azalea 梅雨の花という印象のあるアジサイ。満開のところもあるのに,ウチのアジサイは何故か枯れ始めているようで・・・。
 例年は雨の時期に枯れているという印象はなかったのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/20

日吉と綱島の間にある「CAFE MOCHA」

Moca

 久しぶりにカフェモカに入りました。日吉と綱島の間,綱島街道沿いの店です。カフェといっても喫茶店ではなく,イタリアンレストランです。
 久しぶりといっても,もう何十年ぶりかという来訪でした。かなり古い店なのです。その昔は,松下電工の工場の向いにあったのですが,今ではアップルの研究所やショッピングセンターなどの向い側になっていました。
 新しく出来たアピタテラスというショッピングセンター内の混んでいる食べ物屋を嫌って,カフェモカにランチにやってきました。
 写真はハンバーグのランチ。ソースはジンジャーテイストというのですが,あまりジンジャー感はなく,いい感じでした。とろみのある透明なソースで,見た目に美しく,食べて美味しいソースでした。ハンバーグは今流行の粗挽きとは異なりますが,程よい食感で美味しかったです。
 このランチ,1280円でサラダ,飲み物,ライスかパンが付いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/19

危険すぎるスマホ依存,長文読めず言語能力は2歳児レベルに?

Smart_phone 「危険すぎるスマホ依存 長文読めず、言語能力は2歳児レベルに」という記事がネット上にありました
 言語能力の点についてその真偽は分かりませんが,実際のところなぜかPCたスマホで長文を読む気がしないのです。なぜでしょうね。
 Kindleでは長編小説を読んでいるのに,スマホでは長文を読む気がしない。不思議です。
 まあスマホは,電車に乗っているときとか,ほんのちょっとの待ち時間とか,そもそも短い隙間時間に読むものなので,それで長文を読む気がしないのかもしれません。そもそもその使い方から,長文を読もうというシチュエーションで使っていない物なのですね。
 それで,スマホ画面しか読まない人が長文を読めないという事になるのかどうかは,また別問題ですね。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/18

「ベーコンは静かに身体を蝕む“殺人鬼”だった」という記事

Bacon 「ベーコンは静かに身体を蝕む殺人鬼だった」という記事がありました
 こういう,何を食べては行けないというおせっかいな記事や本は,時々出てくるのですが,大量に食べる事を前提にしていたり,人身を惑わす事だけを目的としているとしか思えません。
 水だって必須のビタミン類の排泄を促すので,体に悪いと言われていますし,毎日2リットルの水を飲んでいた人が,多臓器不全で死亡したりしています。
 この記事では,ベーコン2、3枚を毎日食べなければ身体に悪くならないようで,それだけの量を毎日食べるほど好きな人は,それで死んでも本望でしょwww。

 まあ,好きなベーコンをとるか,長寿をとるかという事ですが,長寿というの結構つらいもんだと思いますよ。
 私はむしろ,このような食生活をしていれば「豊かに短命になれる」という記事こそ必要とされている時代だと密かに思っていますwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/17

テレビは滅びてしまうのだろうか?

Tv_tower 「やはりテレビは滅びてしまうのだろうか」という記事がネット上にありました
 この記事自体は,テレビの今後に関する,3冊の本の紹介記事です。
 しかし最近,こういう記事,つまり「テレビに未来はない」というような,テレビをdisっている記事をよく見かける様になりました。しかしたいていの記事は,様々な機能,様々な面を持つ「テレビ」のどこをdisっているのかよくわからない記事が多いです。
 NHKが現在の電波放送と同時に,ネットでも番組を流そうと計画している事を考えると,電波でのテレビ放送ははやり「滅び」の方向に向っていく様な気がしています。テレビが滅びるのではなく,電波放送が滅びるのです。
 しかし,災害時,ネットが上手く機能するかどうかは分からない。電波放送とその受信機能は,その時の為に維持する必要があるのだとは思います。一方,ネットというのはそもそも中心となる核がなく,その一部が破壊されても生き残る様に軍事的な必要性から考えられたもので,災害時にも電波放送より生き残り易いのかもしれません。
 コンテンツを制作する機能は,電波で配信しようがネットで配信しようが,滅びるわけがありません。アマゾンやhuluやNetflixなどの動画配信サイトが独自に番組を制作する様になった事に酔って,「テレビ」が滅ぶと言っている記事も見た事がありますが,とんだお笑いぐさでしょう。テレビ局が増えただけの話です。
 「テレビ」というのを民放を意識して,「放送を広告費用でまかなう」というビジネスモデル(電波放送であろうがネット放送であろうが)と捉えれば,それは昔からネットにも存在するモデルで,ネットに対して親和性がないとは言えないでしょう。
 「テレビ」を広告を含むストリーム配信(電波放送であろうがネット放送であろうが)と考えれば,オンデマンドであるNetflixのような動画配信とは異なるわけですが,音楽配信がその方向に進んでいる事を考えれば,両方(ストリームとオンデマンド)が成り立っていくのだろうと思われます。
 「テレビ」をテレビセットモニタと考えれば,滅びるわけはありません。NetflixだってYouTubeだってモニタ上に写っているのですwww。
 そう考えれば。現在のテレビが変わるとすれば,電波で配信するのかネットで配信するのかのか違いだけのような気がしています。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/16

仮想通貨マイニング初立件

Mining 「仮想通貨 マイニング初立件」の記事が新聞に載っていました。神奈川など10県警が不正指令電磁的記録(ウイルス)供用容疑などで計16人を逮捕・書類送検したという記事です。マイニング自体が違法というわけではなく,他人のパソコンを無断でマイニングに使用していたのが違法だという事です。記事のタイトルは,多少誤解を与えるものです。「コインハイブ」というプログラムをHPに設置し,そのHPを閲覧した他人のPCをマイニングに使用したという事例です。
 摘発された側は,ホームページのプログラムが閲覧者のPCに指示を出すのは当然と,容疑を全面否認しているそうです。摘発された側のいい分は,「通常の広告などでも閲覧者のPCに影響を与えていて,それと同じじゃないかという」わけです。特に動画広告を考えると理解し易いでしょう。閲覧者のPCに影響を与えて,動画を再生させている。
 しかしこの行為,法律的にどうかは別としても,マイニングの為に無断で自分のPCを使われるのは気持ち悪いです。
 広告の場合は,動画が動いているのをPC所有者が見ていて,いやならそのホームページを即座に閉じる事が出来ます。閉じないのならば,PCの所有者はその広告がPCを使っている事を承認したと考える事も出来ます。今回の事例は,PC所有者がマイニングしている事を知っていたのか? その上で,即座にこのページを閉じる事が出来る状態だったのか?
 そうでなければ,コソコソしていて,やっぱりキモい行為ですね。電車の中で雑誌を読んでいて,隣からこっそりその雑誌を除かれる気持ち悪さを感じます。
 もしそれを現行の法律で縛れないのならば,法律を変えた方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/15

音楽との付き合い方が,昔に戻った?

Walkman ネット上に「ほとんどの人は30歳になるまでに新しい音楽を探さなくなる」という記事がありました。英国でのアンケート調査で,アラサーになると仕事や育児に忙しくなって,新しい音楽を探すことができなくなったという記事です。
 新しい音楽を探すというのはどういうことでしょうか? 私の場合,若いうちから積極的に新しい音楽を探しに行くということはしていないような気がします。たまに新しい曲をどこかで耳にして,これいいなと思いiPhoneに入れるとか,探すのではなく出会って新たに仲間に加える的な新曲との接し方。新しい曲を積極的にさがすのではなく,同じ曲を何回も聞く。
 考えてみれば,私が20代になるかならないかという頃,ウォークマンができて音楽を家から持ち出して歩きながらでも聞くことができるようになって,それ以来同じ曲を何回も繰り返し聞くことが多くなりました。
 それまでは持ち出せるのはラジオで,私が選んだものでない曲を聴いていたので,新しい音楽との出会いも多かったのです。それがウォークマンができてかわりました,同じ曲を繰り返し聞く方向に。
 最近はストリーミングで曲を聴くようになって,これは勝手にサーバーが選んだ曲を聴くわけで,ラジオの時代に先祖返りしたようですね。
 歴史は繰り返しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/14

これから給料が「下がる仕事」「上がる仕事」全210職種

Salary 「これから給料が下がる仕事,上がる仕事 全210職種」という記事がありました。
 詳細はネット上の記事を読んでいただくとして,歯科医師,獣医師,など,現在のメインの仕事は下がり,その補助や事務の仕事は上がるという事です。AIの発達にしたがって,現在とは違う分野に給与的な脚光が当たるということのようですね。
 多品種少量生産の進展を理由に,給料が上がる第一位に縫製工を挙げていますが,AIは多品種少量生産も得意なのではないでしょうか?
 いずれにしろ,これら下がる仕事も,その従事者が減ってくれば,需給関係が逆転して,逆に上がるのではないか?
 この記事,どの程度実現するのですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/13

米朝首脳会談がおこなわれましたね

Kapera 6月12日,トランプ米大統領と金正恩北朝鮮労働党委員長の歴史的会談がシンガポールで行われました。
 その成果としては,やはり「会っただけが成果」的な結果でしたね。
 具体的なものはなにもなく,北朝鮮のこれからの行動は現時点では藪の中。
 北朝鮮の体制の保障はアメリカから引き出したので,北朝鮮はそれなりに成果があったという事でしょうね。
 会談前のあるネット記事へのコメントで,「CVIDのどこらへんまで約束するのか,北朝鮮は体制維持を条約的なとり決めで満足するのか(とりきめにしても政府間から米議会の承認付きまでいろいろあり),実効性のある体制維持の保証,つまり在韓・在日米軍の撤退まで要求するのか,会談前の今はわからない。」と私は書いたのですが,会談後もそれらは依然としてわかりませんwww。
 まあ,「次に期待,次はいつ?」という事でしょうね。
 これまで,金正恩氏以前の時代は,北朝鮮とはいくら約束してもそれを反故にされてきたのですが,金正恩氏はどうなのでしょうか? 金王朝が続く限りは,イデオロギーより経済成長という感じも伺われ,ちょっと期待しているのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/12

日大闘争が作った,日大の今の組織

Nichidai 1968年,日大の不正追及に学生たちが立ち上がった「日大闘争」から50年,日大全学共闘会議(全共闘)の元メンバーが6月10日に「日大全共闘結成50周年の集い」を開いたという報道がありました。参加者は日大アメリカンフットボール部の「悪質タックル」問題での大学側の対応と当時を重ね「大学の対応は50年前と何も変わっていない。我々も共に闘うぞと叫びたい」と学生に呼びかけたとの事です。
 日大OBである知人に聞いた話ですが,この日大闘争を収拾するために,教育者のポストだった大学の最高位「総長」を廃止し,経営者のポストである「理事長」が大学の最高位について,その下に教育者のポスト「学長」を置くという今の構造が出来上がったそうです。
 それが腐敗を生み,大学をおかしくしている。その根本原因を作ったのは,全共闘。
 そう考えると,全共闘メンバーが集い,アメフト問題追求を訴えるのは「必然」というか,「お前達が原因でこんな大学になったのだから,お前達がなんとかしろよ」という気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«シャープがPC事業に再参入