2017/12/12

ドトールの「炭焼きローストビーフ~北海道産山わさびの醤油ソース」

Dotor_sand

 ドトールの「炭焼きローストビーフ~北海道産山わさびの醤油ソース」です。
 今だけの季節商品ですね。ローストビーフが思いのほか入っていました。甘めのわさびソースがかかり,結構ローストビーフしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/11

スカイトレイン

Skytrain スカイトレインというモノレール型の乗り物の記事がありました。
 少し前の記事です。ポッドという自動車位の大きさのポッドという個人用モノレールが,設定した目的地に向って自動的に走行していくというシステムです。
 実際のところ軌道がある必要はありません。バーチャルな軌道を道路に設定して,自動運転を行うEVの時代がくると思っています。
 今の車の自動運転は,ロボット化した個々の自動車が勝手気ままに自動運転するものですが,将来の都市での自動運転車は,バーチャルな軌道が道路上に設定されてその上を管制されて動く方式の自動運転車になると思っているのです。
 しかしそんな時代でもまだ通勤などをして,通勤ラッシュなどというものが存在しているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/10

EVはすでにガソリン車を所有するよりも年間コストが低くなっているという調査結果

Graph 「EVはすでにガソリン車を所有するよりも年間コストが低くなっているという調査結果」という記事が載っていました。もともとはイギリスの記事ですから,日本とはまた事情が違っているところもあり,日本にそのまま適用できない様です。

https://gigazine.net/news/20171204-electric-car-cheaper-than-petrol-diesel/

 ガソリン代が高いという事ですね。日本では半分は道路補修用の税金ですね。イギリスではどうなのでしょうね? EV時代になったら道路補修用の税金は電気にかかるのかもしれず,そうなればグラフもどうなるのか分かりませんね。
 プラグインハイブリッドはもっと普及すれば安くなりそうですね。このグラフはイギリスのEVに対する補助金を含めた金額ですから,日本ではまた違うグラフができるのですかね?
 ユーザーとしては,航続距離や充電時間の不便を,記事中のグラフにどう乗っけるか,どう考えるかもありますね。
 ところで,日産リーフはイギリスでは最も売れていて(世界で最も売れているEVというニュースもあります),2位の3倍近く売れているのですね。日本のEVは世界から遅れているといっている記事を最近散見するのですが,どうもそうではなさそうですねwww。

(グラフをクリックすると拡大します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/09

ビットコイン最もホットな通貨だが誰も使わない

Bit_coin_no_use ネット上に「ビットコイン、最もホットな通貨だが誰も使わない」という記事が出ていました。The Wall Street Journalの記事で,決済に使われるべきビットコインが,「本来あるべき姿である未来の決済システムとして飛躍するのが困難になっている」という趣旨の記事です。
 前々から私がビットコインについて思っている事が記事になっています。
 ビットコインは,投機に使うと儲かるのだから,だれもそれで買い物などせず,投機に使うでしょう。投機に使えば,各国の既存通貨との為替は上下に大きく振れ,まともな買い物や送金にはますます使いづらくなる。
 日本では家電量販店などでビットコインが使用でき,コンビニでの使用可能も期待されているわけですが,その仕組みとしては結局商店が受取るのは「日本円」で,ビットコインは自動的に時価で円に変換されるというやり方です。ビットコインが使える様に見えているだけで,実際には日本円が支払われているわけです。そんな状況で,上下に大きく振れる為替の時価をにらみながら買い物をするというめんどくさい事をやりますか?
 これは記事にある様に「ビットコインの取引用通貨としての利用は減ってさえいるのかもしれない。」という事にならざるを得ないでしょう。
 堀江貴文氏などは,ビットコインは「皆,ICOに使っている」と言っていますが,つまり通常の売買には使われず,投資に使っているという事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/08

ジョナサンの定番「タンドリーチキンとメキシカンピラフ」

Jonathan_chicken

 久しぶりのジョナサンの定番「タンドリーチキンとメキシカンピラフ」。インドとメキシコのコラボ。
 運ばれて来たときの印象で,チキンがでかい。チキンを持ち上げてみると,ピラフがたくさん。150円プラスでピラフを1.5倍にできて,ちょっと心が動いたのですが,普通盛りにしてよかった。
 美味しくいただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸新幹線で,あわび弁当を

Awabi_bento_contents

Awabi_bento_packageKagayaki505 カミさんの母上のお見舞いに,東京駅から北陸新幹線に乗りました。
 写真は東京駅で買ったあわび弁当です。美味しかったですが,あわびが薄かったですwww。
 面白かったのはお箸。高さはそれなりにあるものの,小振りの弁当箱で,箸が付属しているのか心配だったのですが,しっかりついていました。先端は木製,それにプラスチックのカバーがついていて,プラスチックの部分をのばせば長い箸が出来上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/07

河野裕「つれづれ、北野坂探偵舎シリーズ」の「著者には書けない物語」

Kakenai

 いま河野裕「つれづれ、北野坂探偵舎シリーズ」の「著者には書けない物語」を読んでいます。この作品は既に何回か読んでいて,何回目かの拝読です。北野坂探偵舎シリーズでは,この作品が一番気に入っています。
 自分自身のこのブログを検索してみて,2015年2月にこの作品の事を書いている事を知りました(自分で自分が書いた文章を「知りました」というのは変ですが・・・)。
 様々な枝葉はあるものの,基本的には,ある学生作家が演劇部に残した5枚の脚本原稿についての物語。5枚の脚本原稿は一つの作品の各場面の断片で,4場は完成しており1場は白紙というものです。その5場をどの順序に上演していくのかというのが今回の問題。初めに想定されていた順序ではバッドエンドの物語となり,最後に雨坂が示した順序ではハッピーエンドになる・・・。そこが面白いところです。
 5枚の脚本原稿をどの順序で上演すべきかという謎がこじんまりとしている分,分かり易い話になっているところがいいですね。
 ところでこのシリーズの最終作はまだ出版されないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/06

上座

Table カミさんの父上がなくなり,内輪の49日法要と納骨を行いました。49日法要には家に菩提寺の住職に来てもらって行い,その後納骨を内輪の親族だけで行って,それが終わってから鰻屋へいって御斎となりました。
 鰻屋では細長いテーブルに親族が20名程集まりましたが,上座に父上の写真を飾り,年長者を上座に着けようとしましたが,結局ここでいいからと長いテーブルの中央に座りました。
 結局それがよかったですね。まあ最後には皆席を移動しての歓談になりましたが,長いテーブルでは中央付近が談笑に向いています。上座というのは結局テーブルの端っこ,場所的には下座と同じ位置なのです。一番談笑に向いていてその中心になるのは長いテーブルの真ん中付近です。
 今回の御斎を考えると,上座システムというのは,年長者,目上の物,上役,偉ぶっている人を上座という端っこに追いやって適当に順番にお酌などをして皆で義務を果たし,実際は長いテーブルの中央付近に座った人達が中心になって気の置けない話をするという,そんな便利なシステムである事に気付きました。
 生活の知恵ですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/05

自由ヶ丘「「元祖 中華つけ麺 大王」

Tsukemen_daio

 久しぶりの自由ヶ丘の「つけ麺大王」。ここのつけ麺やラーメンについて,何回か書いています。
 今回もいつもの定番,竹の子つけめん。以前一回ラーメンを食べたのですが,今に残る印象では,ラーメンよりもつけ麺に付属のスープを入れた方が美味いという事です。そこでそれ以来,この店ではつけ麺を頼んでいます。
 カウンターだけの小さな店ですが,いつも混んでいるんですよね。鞄やコートを脱いで置いておく場所もありません。でも味は気に入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/04

J1川崎フロンターレ 初優勝

Frontale_noboriMusashikossugi_stTodoroki_studiam1_2

 2017年J1リーグサッカーで,川崎フロンターレが優勝しました。ラストの試合,最下位でJ2への降格が決まっていた大宮アルディージャとの試合は勝つだろうと予想していたものの(アルディージャファンの方,失礼),今年一位で昨年の覇者,鹿島アントラーズがジュビロ磐田との試合でスコアレスドローに終わるとは思っておらず,フロンターレ優勝は予想していませんでした。これまで万年2位の感のあったフロンターレの創設以来初の優勝は,正に感涙ものです。
 うれしい予想外はフロンターレの本拠地,等々力競技場の最寄り,武蔵小杉の街でもそうであったらしく,数多いショッピングセンターでは14日になっても優勝おめでとうの横断幕とか,記念セールなどは行っていませんでした。それでも唯一,「いつかは優勝」を信じて長年用意していた「優勝おめでとう」の幟が,武蔵小杉商店街の街灯にひるがえっていました。
 14日の等々力競技場,長蛇の列ができていたので,優勝関係の催しかと思ったのですが,全国高等学校サッカー選手権大会の神奈川県決勝選の入場者の行列でした。

(写真は,小杉商店街の幟と優勝のゆの字もない武蔵小杉駅前の普段と変わらないフロンターレポスター,それと等々力競技場の行列www)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«横溝正史「びっくり箱殺人事件」