2018/07/20

マックシェイク「カルピス」

Shake_calpis マックシェイクといえば,以前ミルクキャラメル味を紹介しましたが,今回はカルピス味です。以前もカルピス味のマックシェイクがありましたが,今年はよりカルピス感が増している様です。甘酸っぱいシェイクでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/19

ビットコインが急騰

Bitcoin_image 7月17日,低迷していたビットコインが急騰し,7000ドル台になったというニュースがありました。特に理由はないという事です。ビットコインは,特に理由がなくてもこのくらい上下する不安定さがあるともいえますし,一部の投資家などの動きで簡単に上下してしまうと見る事もできるでしょう。
 私が冗談で買った2000円分のビットコインも,売った場合の値段がここのところ長い間2200円程度だったのに,今朝(18日朝)見たら2650円になっていました。
 しかし上下するとはいえ,私のビットコインは,買値の2000円から下がったことは一度もありません。そういう意味からいえば,案に相違して結構堅いものなのかもしれません。
Bitcoin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/18

観音崎の横須賀美術館へ

Yokosuka1

Yokosuka2 横須賀市観音崎にある横須賀美術館に行ってきました。観音崎には,数十年前に灯台に行ったことがあるだけです。
 海際の新しい美術館で,付近は県立観音崎公園として日本最初の様式灯台や自然博物館など様々な施設もあり,海を見ながら林の中を散策できる様になっています。
 横須賀美術館の海側はレストランになっていて,広い芝生の向うに海を見ながら食事をとることができます。
 二つ目の小さな写真は,上の大きな写真から180度振り向いて海の方を撮ったものです。駐車場は京急観音崎ホテルの駐車場です。このホテルにはスパもあり,レストランもあります。美術館は駐車場が満車状態だったのでホテルの方の駐車場に入りました。ホテルのレストランに入ったのですが,ここも満員状態で,観音崎での食事は諦めました。ホテルのレストランは,ビュッフェ形式のレストラン,喫茶店,フランス料理店があり,目の前に海が広がり,なかなかいい雰囲気の中で食事が出来るようです。
 ここはウチから車で1時間半程度と近くもあり,また来たいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/17

「コッペんどっと」のコッペパン

Coppe

 横浜日吉と綱島の間にあるショッピングセンター「アピタテラス」。その1階に入っているコッペパンの店が「コッペんどっと」です。聞けば北海道木古内町に本店のあるパン屋さんで,横浜市ケ尾と綱島に支店を出しているそうです。
 ランチのためここで2つばかりコッペパンを仕入れました。一つはベーコンとポテト,もう一つはフルーツ&ホイップ。
 アピタ内にも食べる為の席がありますが,近くのバス停からバスに乗って綱島の漫画喫茶へ。ここのパソコンでnetflixを見ながらコッペパンを満喫のカフェラテと共にいただきました。
 パンは思いのほか大きく,ベーコン&ポテトなどは思いのほかずっしりした重みがありました。食べてみるとパンはしっとりとしていて,小学生の頃のコッペパンとはひと味ちがいます。ポテトの塩味もいい感じで,とても美味しかったです。フルーツ&ホイップは,もも缶のピーチとみかんとホイップクリームがたっぷり入ったもので,こちらもパンの美味しさでたちまち平らげました。
 コッペパン二つでかなりお腹いっぱいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/16

最近,ポケモンGOが流行っているらしい

Pokemon 一時爆発的にヒットして,猫も杓子もやっていたポケモンGO。私などはアプリのアップデートを行っているものの,プレイはすっかりご無沙汰しています。
 ところが,ネットにあった記事によると,今年5月のポケモンGOの売り上げは約114億円と前年度比174%アップ,プレーヤー数も2016年のピーク以来最高レベルに達しているそうです。
 当初の熱狂から落ち着いて,またじわじわと盛り上がってきたという事の様ですね。
 またはじめるかな〜。

(写真は,アマゾンのホームページより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/15

シェアハウス?

House ちょっと前から話題になっていたシェアハウス運営企業の破綻事件。
 私の行動範囲にも,数件の「かぼちゃの馬車」という名前のシェアハウスがあります。正に破綻した運営企業が運営を請け負っていたシェアハウスです。(事件については,こちらをご覧ください。)
 一方,知人の30代の女性が自分の持ち家を下宿屋と称してシェアしている方がいますが,それは開設の動機からして最近事件で話題になっているシェアハウスとはちがいます。
 「かぼちゃの馬車」は最初から投資物件としてオーナーが銀行から金を借りて,空家などを買収・改造して開設したもの。知人女性のシェアハウスは,自身がそこに住み,様々な負担をシェアして自身にもメリットを持ち,パートナーとして住む方もアパートより少ない家賃負担で広く設備のいい家に住めるという事です。
 本来のルームシェアというのは,この知人女性の様な動機で開設されたものの事をいうのでしょうね。
 そう考えると最近「シェアハウス」と言っているのは,単にキッチン,トイレ,風呂やシャワー室が部屋ごとに付属していない,まさに昔の下宿屋のようなもの。だから記事にある「1人当たりの面積を小さくするなどの工夫が必要」という発想がでてくる。知人女性の様なシェアハウスでは,そんな事を考えるはずもありません。
 本当のシェアハウスは,シェアをして広く豊かに暮らす為の工夫です。本来のシェアハウスは,投資の対象などにはなり得ません。
 詐欺にあった物件は,シェアハウスという名を雰囲気で無理くり付けただけの,下宿屋物件にすぎないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/14

2050年までに8億人分の仕事が引き継がれる

Robot 「2030年までに8億人分の仕事がロボットに引き継がれる」という記事を読みました
 あと10年ちょっとで,世界人口の1割以上の仕事がロボットに引き継がれるというわけです。
 人の仕事をロボットに引き継いだ方が安上がりになるのは,おそらく先進国でしょうから,この「仕事引き継ぎ」は先進国に偏在するということで,日本などでは人口の1割どころでない「引き継ぎ」が起る事でしょう。

 ITインフラなどがこれから発展するというインドなどと,ある程度発達してしまった先進国では,「これからも人の職業として伸びる」といわれるコンピューターシステム分野でも人の需要,特に必要とする人のレベルが相当異なると思われ,先進国ではかなりの専門性がないとそんな職業にさえ付けないのかもしれません。

 まあ,ベーシックインカムに期待する時代ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/13

タイのサッカー少年救助成功とイーロン・マスク

Cave タイの洞窟に迷い込んでいたサッカー少年達が全員救出されました。全員重篤な状態に至っていなくて本当によかった。
 救助に当たって,米テスラのイーロン・マスクが専門家を現地へ派遣したり,特性の小型潜水挺での救助を提案したりしました。
 結局,少年1人1人に潜水夫が2名付いて,水がたまっている部分を突破して救助されました。行ってみれば,オーソドックスば方法で無事救助されたわけです。
 イーロン・マスクのすばやい行動は賞賛されますが,奇抜な方法を提案し,結局それは採用されないという事になりました。マスクにかぎらず,先駆を目指している人にはそういう危うさがある様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/12

西日本の洪水被害

Flood 大きな被害を出した西日本の大雨。死亡者が既に150人を超え,行方不明者が70人以上います。残念ですが,まだまだ死傷者の数は増えそうです。
 既に雨は上がり,現地の天気は回復していますが,上流でせき止められていた水が平地に降りてきて,晴れている中での思いがけない洪水が発生している様です。
 地球を取り巻く気候が変わってきているようで,今まで安全に暮らしていた地域でも危険になるという事があります。何百年も人が住んでいた場所は比較的安全ですが,数十年の間に宅地になった場所は危険がある様です。ウチの近くでも,数十年前は水田だった場所,ため池だった場所が埋め立てられて宅地になっていますが,そこは数十年前に川の氾濫で水没した事のある土地です。数十年の間危険でなかったからといって危険がない土地とは言えません。100年単位で見なければ安心は出来ないのです。
 気候が変わってきた事,将来変わる可能性がある事を考えて,住環境の安全性の再点検が必要な時期なのかもしれません。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/11

「CAFE MOCHA」,ふたたび

Cafe_moca_180708

 以前紹介した横浜日吉と綱島の間にあるレストラン「CAFE MOCHA」。そこへまた行ってきました。
 今回は日替わりおすすめ料理で,今日はポークソテーです。
 皿の上には2枚のお肉がのっているのですが,写真ではほとんど見えません。目立つのは真っ赤なトマトソースです。しょっぱすぎず甘すぎず,ケチャップでもピューレでもなく,おそらく生のトマトを使ったと思われる程よい酸味の美味しいソースでした。
 前述の様にこれはポークソテーで,隣にライスがあるのですが,写真だけ見るとスパゲッティ料理のようですね。
 ゆったり目に配置されたというより大きめのテーブルが並び,それなりに隣席の人との間隔が広くとれていて気持ちいいレストランです。とりわけ通路を広くとっているわけではないのですが,一つ一つのテーブルが大きいので,結果的に隣の人との間隔が広いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«週刊少年ジャンプは創刊50年