2018/02/22

「てんや」の「春一案」天丼

Tenya_spring

 天ぷらのファーストフード店「てんや」の「春一番」天丼です。「せり,イタヤ貝の小柱,イカのかき揚げ」,「穂先竹の子」,それに「赤魚」と「焼き海苔天」と「海老」の天ぷらが付きます。
 今回もあっさり「定食」でいただきました。定食のつけ汁は,天丼のかけ汁に比べて甘くないですが,卓上に天丼のたれがありますから,甘いのがいいならそれを使う事もできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/21

C・デイリー・キングの「タラント氏の事件簿」

Talant

 C・デイリー・キングの「タラント氏の事件簿」を読みました。
 1935年に出版された本らしいのですが,エラリー・クイーンが絶賛した短編集として私も知っていました。このほどそれが創元推理文庫で発売され,電子書籍にもなったので,読んでみたわけです。
 博物館の一室で,停電が起こったと思ったら忽然と消えてしまった呪いがかかっている古写本,ペントハウスで起きた密室殺人,有名なマリーセレステ号事件から発想されたという,乗員がボートから湖へ飛び込む理由のなぞ,古詩のとおりに消失と出現を繰り返す竪琴の謎など,不可能興味が横溢する短編集です。それを富裕な紳士,タラント氏が解決します。
 あまりにも「不思議でしょ」感を強調した構えなので,むしろ解決があっけないと思ってしまいます。そんな中で異色なのは,合理的な解決を放棄した「最後の取引」という作品です。推理小説を放棄したといってもいいでしょう。シャーロック・ホームズの最終作にしようと作者コナン・ドイルが書いたのが「最後の事件」で,それは推理小説というより冒険小説ですが,同じ様にタラント氏の最終作は推理小説に非ず,オカルト小説です。そして,その作品の後,「危険なタリスマン」でタラント氏が復活するのも,ホームズの様ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/20

横浜日吉の「プチアントルメ」のビーフシチュー

Stew

 以前紹介した横浜日吉の「プチアントルメ」のビーフシチューです。
 自身のホームページもない様な小さな古くからある店ですが,お味は確かで地元に愛されている様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/19

デニーズのフレンチトースト

Dennys_french_toast

 先日,フレンチトーストの話題をアップしましたが,今日はデニースのフレンチトーストでモーニングです。
 かつてデニーズのフレンチトーストといえば三角形,粉砂糖がふりかけてあってバターが添えられていました。今のフレンチトーストは,四角形,昔よりいくぶん厚めのパン,粉砂糖はふりかけてありますがバターは添えられていません。バターをつけて食べるのが美味しかったのですがね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/18

川崎駅北口がオープン

Kawasaki_st1Kawasaki_st2 利用乗降客が膨大であるのに,東西を結ぶ広い通路へ繋がる改札口1カ所しかなかった川崎駅に,2月17日土曜日,北口がオープンしました。北口は従来の東西を結ぶ広い通路への改札口の他に,もう一本北口としての東西を結ぶ通路が開通し,京急川崎駅により近い東口出口とラゾーナ2階へ繋がる西口,それに北口パスターミナル経直接繋がる出口,さらに日本一の売り上げを誇る東口ショッピングセンター,ラゾーナ2階にもつながっています。また,あまり大きくありませんが,西口のショッピングビルアトレへ出る出口が新設されました。
 東海道線,南武線,京浜東北線のいずれかの電車が駅に到着したときのホームから改札コンコースへ上る階段・エスカレータが1カ所から2か所になり,改札コンコース自体も2カ所になり,さらに東西を結ぶ通路が2カ所になって,これまでの大混雑と改札を出る迄の時間が大幅に短縮する事が期待されます。
 新しい東西通路にも,いくつか飲食店等が開店したようですね。

(上の写真は,北口通路でラゾーナに繋がる西口側から東口側を見たところ。下の写真は,西口のショッピングビル,アトレに直接繋がる小さな改札。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/17

ワイヤレスイヤホンを買いました

Wireless_ear_phone ワイヤレスイヤホンを買いました。
 初めニュースで,アップルのワイヤレスイヤホン,AirPodsが爆発したというのを聞いて,ふとワイヤレススイヤホンが欲しいと思ったのがきっかけでした。
 いろいろネットをたどっていくと,SONYの2万円以上するワイヤレスイヤホンの評判がいいらしい。そこで家電量販店に行ってみると,AirPodsのように左右のイヤホンが完全に分離した物と左右がコードで繋がっているもの,さらに首に掛ける様になったネックバンドタイプという物もありした。ネックバンドタイプというのもいいかなと思ったのですが,持ち歩くのにネックバンドがかさばりそうです。左右が独立しているものは,失くしそうでヤメにしました。それに左右独立タイプは,持ち運ぶ時ドックに入れる必要があり,それなりにかさばります。
 そこで結局JVCケンウッドのHA-FX27BTという,左右がコードでつながった3000円台のものにしました。20000円台も覚悟していたのですが,大分安上がりになりました。
 使ってみるとなかなか使い勝手がいいですね。iPodまでのコードがないだけで,とても使い勝手がよくなります。本体は鞄に入れておいて,音量や前後への選曲がイヤホンコードの中間にある小さなコントローラで操作できます。家の中なら1階でも2階でも,どこかにiPodを置いたまま自由に音楽を聴きながら移動できます。トイレにだってお風呂にだって本体を持たずに入れます(ちなみにこのイヤホン,日本デザインだけあって生活防水がついています)。どのくらいブルートゥースの電波が届くのか試しましたが,2階に本体を置いて地階ともいえる車庫の中では,音がとぎれとぎれになりました。公称では見通せるところで10mというのですが,もっと長い距離を使えそうです。
 コードがないというのは,ただそれだけでとても使い勝手がよくなります。最近ウチでは充電式のMakitaの掃除機を使っていますが,これもコードがないだけでとても使い勝手がいいです。
 コードというのは,そんなものの様ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/16

横浜日吉の「プチアントルメ」のリゾット

Rizotto

 横浜南日吉にある「プチアントルメ」のあさりのリゾットです。
 この店はもう40年程前,私が中高生の頃には既にあった店です。店内も外観も全然かわっていない様に見えます。その頃から私はここのリゾットが好物でした。その頃はキノコのリゾットを食べていた様な気がします。
 今もメニューにはキノコのリゾットがあります。今度はそれにしようか? それとも食べた事のないビーフシチューにしようか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/15

梅の花

Ume

 近所で咲いていた梅の花です。
 春間近ですね。
 ご覧の様に,昨日も東京地方は晴天でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/14

ハンバーグとカットステーキで昼食を

Flying_garden1

Flying_garden2 昨日紹介した青鳥城址にほど近いハンバーグレストランでランチをとりました。フライングガーデンという店のハンバーグとカットステーキの盛り合わせランチです。
 この店は,爆弾ハンバーグという牛100%の粗挽きハンバーグが一押しらしいのですが,この盛り合わせは爆弾ハンバーグではありませんでした。
 それでもおろしポン酢でいただくハンバーグと柔らかいカットステーキで,満腹になりました。
 左の写真はイチゴのデザート,上にホイップクリーム下はアイスクリーム,ホイップクリームの周りをイチゴで飾ってありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/13

「天の園」の青城が原,青鳥城址

Oodorijyo1

Oodorijyo2 このブログで何回かに渡って紹介した打木村治の児童文学「天の園」。
 その中で主人公河北保が心を寄せるクラスメイト,小森ふゆ子の家があるのが青城が原,青城部落,現実には青鳥が原です(以前紹介した記事の絵図中の小森ふゆ子の家の位置からいって,現実の青鳥が原である事は間違いない)。
 その青鳥が原にあるのが青鳥城址です。築城年代は定かではありませんが,「源平盛衰記」には1183年に源頼朝が青鳥野に陣をとったとの記載があるそうで,さらに城としては1478年の文献に青鳥城の名前が出てくるという事で,この頃には城があった事は確かのようです。
 上の写真は城の本郭の遠景です。先ず本郭(本丸)ができ,さらに二の郭(二の丸),三の郭(三の丸)と増築されていって,かなり大規模な城になっていたそうです。三の郭の掘の一部は,現在でも池として残っているとか。
 下の写真は,本郭を囲む掘跡です。写真ではあまりよく分からないかもしれませんが,かなり深い堀となっています。

Oodorijyo3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«崎陽軒の季節の弁当「春」