2018/04/23

今日のカフェラテは盛りが悪い?

Caferlatte_2 毎朝通勤途中に立ち寄っている某カフェ。ここでホットカフェラテを注文するのが常です。
 たまたまここに休日の昼に寄りました。その時のカフェラテの写真。いつも朝注文するときは,蓋が無いとこぼれるかというくらいたっぷりなのに,今回は盛りが悪い様です。
 カフェラテだから泡がたまたま無かっただけ? 平日朝とは店員さんが違っていて,顔見知りの方はいませんでした。ひょっとしたらこちらの盛りが標準で,いつもは顔見知りサービスなの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/22

早稲田で老舗ラーメン店が続々閉店している?

Rahmen 「早稲田で老舗ラーメン店が続々閉店する事情」という記事がありました。早稲田大学のお膝元で,いくつもの老舗ラーメン店が閉店しているという話題です。
 これは老舗であるが故の高齢化で,締めざるを得ないという事の様です。後継者がいないという事ですが,いくらレシピがあってもやはり料理は料理人次第。基本的に一代限りのものだと思います。チェーン店でなければ一代限りで店を閉めるというのは,私は正しいやり方だと思います。実際,老舗に代わって新しいラーメン店が続々開店している様ですしね。
 ところで,ウチの近所の不味くて有名だった蕎麦屋さん,息子さんに代替わりして店でそばを打つ様になって,見違える程おいしくなりました。今では地域の評判店。
 そのように,やはり食べ物は料理人によるんですね。オヤジさんの時代のウドンかと思う蕎麦に比べると,全然違う店といってもいいくらいになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/21

テスラのオートパイロットはどこまで安全なのか

Car テスラのオートパイロットはどこまで安全なのかというネット上の記事を読みました
 この記事,一般の方は読めないのですが,上のリンクから,この記事を読んだ方々のコメントの数々は読めると思います。
 3月23日に起きたテスラモデルXの中央分離帯衝突死亡事故が,テスラのオートパイロットに対する疑問を生み,このような記事がいくつも書かれています。これは,オートパイロット使用中に,車から再三の「ハンドルを握る様に」促すアナウンスにも拘らず運転者はハンドルを握らず,中央分離帯への衝突に至った事故です。
 不完全な自動運転を過信した為に事故を起こした事例といえる事故です。トヨタやダイムラーベンツなどの既存自動車メーカは,以前から自動運転に対して慎重な対応をしているようで,レベル2自動運転の後はレベル3車は販売せず,完全自動運転を目指すといっていました。不完全な自動運転はかえって危険で,運転者が自動運転を過信するがために事故を誘発するという事は確かにあると思います。
 一方,上に紹介した記事につけられた夏野 剛慶大教授のコメントがそれとは反対の意見でした。「レベル2の精度をさらに上げて、世の中にレベル2のクルマを増やさないと、道路交通法の改正もできないし、自動運転社会の実現はできないと思う」と言っており,自らテスラのレベル2車(オートパイロット)を運転している実感から,「高速道路の巡航走行においては現在のオートパイロットであっても非常に安定した自動運転を実現している」と言っています。
 オートパイロットが高速道路で十分実用的なレベルに達しているのなら,運転者への意識付けとして,オートパイロットは高速道路に限るという様に宣言する事も必要なのではないかと思います。なんなら,高速道路と一般道路を何らかのシステムで感知して,一般道では強制的にオートパイロットがオフになるという事も必要ではないかと思います。
 しかし,テスラモデルXの事故は,高速道路で起った事で,十分検証される必要がありますが・・・。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/20

経済成長を感じない人はよほど運がない人?

Zaimusyo 麻生財務相が「経済成長感じない人はよほど運がない」と言ったようで,それに対して反発が広がっている様です。十分予想できる反応で,まあ「それを承知で」という事なのだろうと思います。
 私が経済成長を感じないのは,運がないというより運を掴もうとしなかったということでしょうか。
 私の周りの就活生は先輩から聞いていたひどい状況とは明らかに違うといい,大学生はバイトの時給は確実に上がっているといい,高齢者もシルバー人材センターで紹介される仕事の時給が年々上がっているといい,素人でも少額からなんらかの投資が出来る時代で,それで儲かった人がいます。
 まあ,好景気は感じるけれども,経済成長は感じないないという人が多いのではないかと思います。特に高度成長を実感している世代では,なおさら経済成長を感じないでしょう。
 運は掴もうとしなかったら掴めない時代。真面目に働いているだけでは,年齢とともにお金が付いてくるわけではない。終身雇用制に乗っかっているだけでよかった時代とはちがうという事ですね。

(イラストはフリーイラスト素材サイト「いらすとや」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/19

ハワイを超えた沖縄の集客力

Okinawa_2 「ハワイを超えた沖縄の集客力」という記事をネット上で発見しました
 なんでも,2017年の沖縄入域者数がハワイを超えたそうです。これはすばらしい事ですね。
 でも私は,未だ沖縄に行った事が無いんですよ。
 まあ毎週の様に,近所の沖縄食堂でラフテー定食やチャンプルーやソーキそばを食べていますけれどもね。沖縄は美味しいものも多くて,他の地方とはひと味違った料理も多く,グルメツアーとしてもまた格別です。
 一方では,沖縄料理の本土進出で,沖縄料理は我々にもおなじみの味になりつつあります。一昔前には,ゴーヤーだってこんなに日本全国で手に入るものではありませんでした。今では普通にどのスーパーで売っていますからね。

(写真は,フリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/18

CaffeVeloceのカフェオレ

Cafeole 身近になくなってしまったので,久しぶりで入ったCaffeVeloce。
 久しぶりに入ってメニューを見たら,なんとカフェオレとカフェラテの両方があるのを発見しました。カフェでカフェオレのあるところはカフェラテがなく,カフェラテのあるところはカフェオレがないのが普通だと思っていました。
 カフェオレはフランス風でドリップ珈琲+ミルク,カフェラテはイタリア風でエスプレッソ+ミルク。似て非なるものなのです。
 この二つを揃えているのは,カフェミストという名でカフェオレをメニューに入れているスタバだけだと思っていたら,CaffeVeloceにも両方あったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/17

三谷幸喜脚本の「黒井戸殺し」

Akroid 4月14日土曜日に放送されたフジテレビの推理ドラマ「黒井戸殺し」。クリスティーの名高い推理小説「アクロイド殺し」のドラマ化です。
 2015年に放送された「オリエント急行殺人事件」と同じく,野村萬斎の名探偵エルキュール・ポアロならぬ勝呂武尊が村の名士,黒井戸氏を殺害した犯人を推理します。そしてワトソン役に大泉洋を迎え,シェパード医師ならぬ柴平祐医師を演じます。
 冒頭のカボチャに八つ当たりする名探偵登場シーン,ラストの犯人の独白のセリフなど,クリスティーの原作で,これが入っていなければというエピソードはほとんど全て映像化されていて,三谷幸喜氏のクリスティー愛が伺えて,非常に好ましいドラマ化がなされていました。
 これはもう,次を期待せざるを得ない出来映えでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/16

池上彰と林修の冠番組がテレビで増えた意味?

Tvsion ネット上の「池上彰と林修の冠番組がテレビで増えた意味」という記事。若者が見なくなったテレビは,教養番組が増えざるを得ないという記事です。
 まあ今時の家庭のテレビには,ネット配信番組がアマゾンfire stick経由で写っている事の方が多いですからね。いきおい既成テレビ局は,ネット配信を見ない高齢者層向けの番組を揃える事になる。
 記事にある様な「未来を憂う現場のテレビマンたち」って,憂う必要はありませんよ。ネット配信側に行けばいいんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/15

加計学園問題

Kakei 加計学園問題は,予想通り加計面会文書で柳瀬氏招致へ向けて動き出しました。
 しかしここで敢えて言います。加計学園問題は,蓋を開けてみれば入試倍率16倍以上にもなる学校を,2007年以来15回も構造改革特区を利用して申請を出しても許可しなかった文科省に対して,岩盤規制を突き崩すという政権の意向によって国家戦略特区制度を利用して突破したという案件で,そもそも問題にしなければいけないのは,15回も申請して許可されなかった事の検証だと思います。
 そう思うと,野党が軽々しく乗っかってしまった加計疑惑は,結果的には16倍以上の入試倍率がある大学を,15回も申請を却下したことの検証をさせない為に,それから目をそらせようとする文部官僚の陰謀かと思ってしまいますwww。
 加計学園問題で首相の関与があったのか,官僚は誰がどう忖度したのか,それを明らかにする事も重要ですが,野党は皆そんな下流の問題の方向に向いてしまって,15回却下問題という上流の問題を誰も問題にしないのは,片手落ちの感が強いです。週刊誌的な問題のみに目が向いているというのはどうも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/14

高齢者は何歳から?

Old 神奈川県大和市が4月11日,「70歳代を高齢者と言わない都市」を宣言しました。高齢者の自立や活躍をめざしてという事だそうです。
 いくつかのマンションの掃除をシルバー人材センターに頼んでいる近所の不動産屋さんが言っていましが,「今の80歳は昔の65歳くらいの若さ。」 それから考えると,今の70代は高齢者ではない・・・。
 かつてNHKが大河ドラマで「新鮮組!」を放送した時,史実と同世代の俳優を集めたと言った事にたいして,当時の20〜30代の雰囲気は,今の45歳以上。今の俳優なら45歳以上を揃えてちょうど当時の雰囲気だという話がありました。老人が若返っているだけではなく,もっと若い人も現代では若返っているようです。
 また,同じ歳でも元気な人といかにも老人という人がいて,むしろ「高齢者というのは年齢ではなく個人差だ」という話も聞きました。

(写真はフリー写真素材サイト「足成」より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«新宿駅の東西自由通路がもう一つできる?