2017/03/28

車の自動運転の問題は,技術的な事だけではない

Car 配車サービスを提供しているアメリカウーバーの自動運転車が事故を起こしたというニュースがありました。乗客を乗せていたウーバーの車が衝突事故で横転しました。死傷者の情報はありません。
 この自動運転車の事故に対して,日本のニュースキュレーションサイトにはこの記事に対して,「自動運転はまだまだ」とか,「人が運転している方が事故率が大きい」とか,「ウーバーと自動運転に対しては,軽率な判断は避けるべき」とか,「人と同じくらいの事故率なら自動運転は合格と考えるのが正しい」など,様々な意見が記事へのコメントという形で出ています。
 さらに「同じ事故でも,人が起こした事故では許せる可能性があるが,機械が起こした事故では許せない」というコメントがいくつか見受けられます。
 この事は案外重要な要素である様な気がします。
 「事故を起こした当事者,さらにいえば誰か事故に対する責任者が居るべきだ。事故に対する悪者が居るべきだ。」という事は理解できない事ではありません。事故を起こした当時者がいて,被害者なり遺族なりはその人に対して怒りをぶつけて,心の均衡をとる。
 まあ,「事故」に誰かの責任があって,その人からの謝罪があって,怒りをぶつける対象が必要だという人が居る限り,自動運転の実現はムリでしょう。
 自動運転に対しては,技術的な問題があるというだけではなく,このような一種社会的,人の心理的な問題もあるという事です。

(イラストは,フリーイラスト素材サイト「いらすとや」から。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/27

東京大田区蒲田の「新宿糀谷村用水跡」

Rokugo_yosui

 用があって東京大田区蒲田へ行きました。
 そうしたら,六郷用水跡という碑がありました。看板には「新宿糀谷村用水跡(六郷用水分流)」とありました。
 六郷用水は,狛江市の和泉多摩川から取水し,世田谷区を通り大田区へ至る用水です。世田谷区の次太夫堀公園辺りには行った事がありました。さらに,多摩川への放水部の六郷水門に行った事があり,このブログにも記事を書きました
 六郷水門も大田区ですが,その他の大田区の用水跡を訪れたのは初めてでした。
 糀谷とは,京浜急行空港線の駅の名前にありますが,京急蒲田の次の駅です。新宿というと新宿区を連想しますが,蒲田のこの写真の場所あたりを指す様ですね。この六郷用水跡の向い側に,「新宿小学校」がありました。現在では蒲田本町という町名ですが,昔は「新宿」という場所だったのでしょうね。

Shinjyuku_sch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/26

国会の100万円寄付問題追求

Gijido 国会での安倍首相100万円寄付問題追求。証人として登場した籠池氏も,土地の値段減額問題,複数領収書問題など,罪に直結する問題は少ししかしゃべらず,誰も罪にならない(籠池氏の偽証罪はあるかもしれない)100万円問題に多くの時間を費やしました。
 だから籠池氏好みの問題だと思われ,野党側が籠池氏に乗せられている様です。100万円問題をしつこく追求すると,土地の値段減額問題や複数領収書問題などの真相が分かるとでも思っているのでしょうか?
 まあお人好しという事ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/25

Pier's cafeのクイーンズシュー

Q_sue

 以前何回かこのブログで紹介したPier's cafe。東横線綱島と大井町線等々力の店を紹介しました。
 最近はなにかと等々力の店に入る事が多いのですが,久しぶりに綱島の店に入りました。
 写真は「クイーンズシュー」という,パンの中にクリームが入ったものです。以前の等々力の店での写真の中にも写っているのですが,久しぶりに入った綱島店のものは,クリームが外にはみ出して,飾りになっていました。パンの中にクリームを入れる為の穴のところに,クリームを花の様に飾ってあるものです。
 等々力店では,ついぞ見かけないスタイルでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/24

都市計画道路補助128号線のトンネル南出口で何が行われているのか?

Remains_sign 以前紹介した都市計画道路補助128号線の南側出口付近。桜木中学校を抜けるトンネルの北側出口はすっかり完成している様に見えるのに,南側が未だできていないという話をしました。
 今回またこの付近へ行ってみて,今トンネル南出口で何をやっているのか分かりました。左の写真が南側出口付近にあった看板です。「桜木遺跡発掘調査」遺跡発掘調査を行っているのですね。ネットで検索してみると,桜木遺跡は縄文時代の遺跡のようです。
 その発掘調査現場の写真が下の写真です。そしてそこからさらに北側に行ってみると,広場の向うにかすかにトンネルの南側出口が見えていました。この写真,塀のプラスチック部分から撮影したので,プラスチック上の汚れも写っています。
 トンネルの位置を考えると,遺跡部分は道路の掘割になって,完全に削られてなくなってしまうのだと思います。その為の遺跡発掘調査なのでしょうね。

Remains_3
Tunnel_s_end_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/23

蛇崩川源流探訪のほんのついでに・・・

Jieitai_crossingYakka_sekihi さて,昨日紹介した蛇崩川南側流路跡の道路から旧品川用水跡の道路に出て少し北へ歩いていくと,「陸上自衛隊」という交差点があります。この付近の左側(西側)に陸上自衛隊用賀駐屯地があるのです
 そしてこの交差点の右側(東側)に,写真の石碑があります。よく見えないかもしれませんが,「昭和薬科大学世田谷校舎跡地」と書いてあります。以前紹介しましたが,陸軍衛生材料本廠だった場所で,既に大学は玉川学園に移転し,その跡にいまでは巨大なマンションが建っています。

(写真をクリックすると拡大します。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/22

蛇崩川南側の流路跡

Jyakuzure_s_roadJyakuzure_s_road_end 昨日はジジ池跡を訪れた話を書きましたが,昔の地図を見ると(こちらのサイトを参照ください),ジジ池は蛇崩川の南側の支流の途中からさらに南に外れた位置にあります。この南側の支流は,ジジ池への分岐からさらに西側に上流方向の流路が伸びていた様です。
 左側の写真の道路が南側支流旧流路らしいですね。この道路上にマンホールが点々と配置されていますが,このマンホールの中から水の流れる音が聞こえています。かなり勢いよく流れている様です。蛇崩川はまだ生きているのでしょうか?
 さてこの道路を西へ進むと,徐々にゆるい坂を上る事になるのですが,その突き当たりが旧品川用水跡の道路です。蛇崩川は品川用水の漏水を湧水の形で集めて源流としていた川です。2番目の写真(クリックすると拡大します)の道路が,今歩いてきた旧蛇崩川南側支流跡の道路です。旧品川用水へ出る直前で蛇崩川下流方向を向いて撮影した写真です。わずかに下り坂になっているのがわかるでしょうか?
 この道路に直行する道路を見ると,この道路の右側も左側も上り坂になっています。当然蛇崩川跡の道がこの辺り一番の低地になっているわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/21

世田谷区蛇崩川のもう一つの源流池,ジジ池跡

Sinmachi_park 新玉川線の当初計画が,蛇崩側上を高架で通過するという話に端を発し,蛇崩側源流のババ池跡を訪れた話を以前書きましたが,今回もう一つの源流池であるジジ池跡を訪れました。
 ジジ池跡は,田園都市線桜新町駅北側の世田谷新町公園となっています(写真)。
 確かにこの公園の辺り,桜新町駅付近に比べてわずかに低地になっています。まあ池の痕跡は,公園内の人口池(川?)以外には何もありません。
 ジジ池はかつてあった品川用水のすぐ北側の低地にあって,ババ池同様,品川用水からの漏水を貯める為に作られた池のようです。この池からの流れは,北側で蛇崩川の南側支流に合流します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/20

「ニンテンドースイッチ」 好調

Switch 任天堂の新ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が好調の様ですね。2018年3月期の生産計画を少なくとも2倍に引き上げるようです。
 まあ据置き型と携帯ゲーム機を兼ねるもので,両方の需要を集めるゲーム機だと思えば,好調も分かります。
 ゼルダの伝説―ブレス・オブ・ザ・ワイルドが既に発売され,絶賛されている様ですね。現在ゲームソフトはそれ程の数発売されていないのですが,ゼルダだけでクリアするまで相当な時間かかりますから,その間に追々発売されてくるでしょうwww。
 それにしても,スプラトゥーンはまだですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/19

蛇崩川の終端部は・・・・・

Nakameguro_jyakuzure 中目黒に行った機会に,先日から何かと話題にしている蛇崩れ川の終端を見てきました。
 蛇崩れ川については,現在の田園都市線地下部分,旧新玉川線(旧と新が重なって,なんだか変ですが・・・)の初期の計画線が蛇崩川の一部区間の河川敷上に高架線を作る計画だったという事に端を発し,その源流池の一つ,ババ池跡を見学に出かけた話をこのブログに書きました。
 さて,上の写真が,中目黒駅際の蛇崩川です。手前は目黒川。蛇崩川はここで目黒川に合流して終わります。
 ほとんど水の流れがありませんね。この日はよく晴れていましたが,雨の日にはそれでも流れるのでしょうか? まあ蛇崩川は,ババ池があった昔から,普段は細流で,雨が降ると暴れ川に変わるという川だったようですけれど。
 ちなみに目黒川はいつ見ても水量が豊富ですが,大部分の水は新宿区の東京都下水道局落合水再生センターで下水を高度処理したものだという事です。
 さらにちなみに,目黒川の河口附近は「品川」という名前がついています。品川宿,品川駅の名の発祥の川というわけです。海運が盛んな川で,中目黒にも川港の跡が残っています。商品が行きかう川という意味の「品川」です。
 もう一つちなみに,写真の手前に細い桜の枝が写っているのがわかるでしょうか? ここら辺,中目黒駅付近から目黒駅付近までの区間,目黒川の両側は川をはさんで桜のトンネルとなります。このブログでも何回か紹介しました。桜の花もまだまだつぼみにもなっていないようですね。
 蛇崩川の話が,最後にはすっかり目黒川の話になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«世田谷区馬事公苑周辺の,戦前の軍施設