2015/02/02

英ヴァージン航空,成田−ロンドン線終了へ

Virgin_air 昨日2月1日を持って,英国ヴァージン航空の成田ーロンドン線が終了しました。1989年から26年間にわたる日本就航が終わりました。
 2013年2012年の2回,この路線でイギリスへ行ってきたので,それがなくなるとなると寂しい思いがあります。
 私が勤務する会社の古い同僚などは,ロンドン出張をヴァージンで行くのがステータスだったと言います。創立者のリチャード・ブランソン会長の意をくんで,先進的なサービスを展開した航空会社だったとの事です。
 しかし2012年に私達が行った格安ツアーの路線だったので,そんな歴史はつゆ知らず,他の航空会社より安上がりにロンドンへ行ける路線なんだろうと思っていました。完全な個人旅行であった2013年でも,安いと思ってヴァージン便を選びました。実際,日航便より往復で5万円程安かった様に思います。
 ヴァージン航空はロンドンとアメリカを結ぶ大西洋路線を中心に運用していく様ですが,会社自体はこれから3年間のうちに3億ポンドを投資し,500便以上の増便を予定しているという事ですが,そんな発展の中での成田便の終了でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/01

ギリシアの深慮遠謀?

Greece1 先の選挙で勝利したギリシア新政権のバルファキス財務相は,同国を訪れているEUと国際IMFの調査団に協力しない方針を明らかにし,国際支援プログラムの延長を要請しないと言明したという報道がありました。
 まあそれを公約として掲げて選挙に勝利したよう名物ですから,選挙から間がない現在,それを言わざるを得ないというところがあります。
 本気で国際支援プログラムの延長を要請しない場合,ギリシアにドンナ選択肢があるのか?
 どうもギリシアはロシアに頼ろうとしている節があります。そもそも,ギリシアとロシアは伝統的に近い関係にあります。ロシア製武器の購入も多いし,ロシアの石油パイプライン,天然ガスパイプラインがギリシア国内をと通り,ロシアにとってもギリシアは重要な国になっています。宗教的にも,ギリシア正教とロシア正教は近しい関係にあります。
 まあ現在のところ,経済的に苦しいロシアにギリシアを支援する余力があるのか当問題もありますが,たとえばギリシアの港をロシア海軍が基地にするなど,ロシアもギリシアを勢力圏に納めるのにやぶさかではない理由もあります。
 しかしこれはギリシアがEUを離脱しなければできない話。そしてEU諸国にとってギリシアがEUを離脱してロシアの勢力下に入るのはなんとしても避けたい話です。
 ということは,ギリシアはEUに対してこのことを脅しの材料にして,さらなる支援を引き出すことも可能なような機がしてきます。EUにとって,ギリシアの離脱も認めたくない。
 これからギリシアはロシアに擦り寄っていくポーズを見せることでしょう。EUは手の内を見透かされているようなものです。
 以前も言った様に,やっぱりギリシアは一筋縄ではいかない賢人の国ですwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/31

雪の朝

Snowing_day 1月30日(金)の東京地方は朝から雪。
 屋根の上は雪が積もっているものの,道路は雪が積もらず,11時頃には霙から雨に変わりました。
 通勤時雪が降っていたものの,電車にもバスにも影響がなく,雪の日は終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/30

タイムズカープラスのカーシェアリング事業が黒字化した

New_times http://alice.cocolog-nifty.com/alice/2012/07/post-07ad.htmlというカーシェアリング事業を行っているパーク24(駐車場パーク24の運営会社)は,2014年10月期連結決算で,単年度黒字を達成したと発表しました。
 黒字化が難しいといわれたカーシェアリング事業で,初の黒字企業誕生です。
 カーシェアリングというと,自宅の近くの車を買い物などちょこっと使うというのが主流でしょうが,私は,結構どこかに電車で行って,駅から少し遠い場所に行くのにその駅前の車を使うという事をやります。
 そんな使い方をするには,ある程度あちこちにシェアリングのステーションがある必要があります。一種の装置産業ですね。
 タイムズのカーシェアはそんな需要に応えられる程ステーションが増えて便利になったという事だと思います。2年前は,秩父方面に出かけるのに,入間市のステーションで車を借りる必要があったのが,今では飯能市にステーションができて,飯能まで電車で行く事ができます。
 電車+カーシェアを経験すると,めんどくさい都心の混雑を回避できるほか,行楽や登山などでつかれても,帰りは電車に揺られて寝ながら帰って来られるので,もう自宅から車で行こうなどとは思わなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/29

ドトールカフェの「ルーフチョコレート」ケーキ

Triangle_cake

 ドトールのケーキ「ルーフチョコレート」です。
 このケーキ,立てたまま食べるのは用意ではありません。ルーフの角度が急すぎて,垂直にフォークで切れ目を入れる事が難しいのです。そこで,平に倒していただきました。
 この種のケーキはバタークリームを使っているのがいいです。最近バタークリームのケーキがなく,探していたんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/28

ギリシアで急進左派連合政権が誕生

Greece 1月25日,ギリシア議会選挙が行なわれ,急進左派連合が300議席のうち149議席を獲得,議会の過半数には2議席足りなかったので,右派「独立ギリシャ人」と連立政権を組んで,急進左派連合のチプラス党首が新首相に就任する事になりました。
 そもそも前の前の政権の人気取りの為に行なった役人を増やし,それで就業率を水増しする政策が破綻,代わった前政権下でIMF,EU,ECB(欧州中央銀行)の三者から31兆円を借りて,その条件として三者は緊縮財政をギリシアに課していました。その条件の下で財政健全化政策を行なっていたわけですが,それを180度ひっくり返そうとする政権が誕生したわけです。その公約は,「財政再建のために削減した公務員を全員復職させる」「引き下げられた最低賃金を戻す」「医療費を無料にする」「民営化した航空会社や電力会社を国営に戻す」などなど。
 三者のギリシア支援プログラムはこの2月末に終了する事になっており,現政権(というのか前政権というのか)は債務の返済期限延長や金利の減免により借金の返済を実質先延ばしにする交渉をしようとしていたのですが,急進左派連合政府の誕生によって,全く不透明になりました。
 世界各国を巻き込んで,破綻への道を進むのか,EUが仕方なく支援を続けるのか? 支援するとなると,各国はこれまで以上の金を突っ込まなければならない可能性が高い。すると今度は各国の国内が収まらなくなる・・・。
 ある意味,緊縮財政を約束して前述の3者から金を借り,金を返してもらいたければギリシャを破綻させる訳にはいかない状況を作ったところで政権を交代させて緊縮財政を止める。
 これまで支援した金を人質にして,各国に緊縮のないままさらなる支援をせざるを得ない状況を作る・・・。さすがギリシャは賢人の国だwww。
 遠いヨーロッパの話ではあるが,世界経済に与える影響は大きく,日本にもその影響が及ぼされる。注目酢べき情況ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/27

サンマルクカフェのモーニング

Sanmarc_morning

 カミさんが友人と旅行に行って朝食がなかったのでサンマルクカフェで朝食です。
 何種類かあるモーニングセットのうち,何の変哲もないモーニングです。ジャムはストロベリーとブルーベリーの中からどちらかを選べます。目玉焼きとソーセージとトーストと野菜サラダの普通のモーニングというのがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/26

松陰神社通り商店街でリゾットを

Lizot

 東京世田谷区の松陰神社通り商店街にあるビストロ「レコルト」という店でランチを食べました。
 写真はベーコンと野菜のリゾットです。これにパンとスープとサラダと食後のコーヒーか紅茶が付いて1000円ぽっきり。
 リゾットはハーブの香り高く,ご飯もお粥のような柔らかさではなく,しっかりした食感をもったものでした。付いてくるスープのベーコンの味と香りが半端なく,そんじょそこらで売っているベーコンではないなという感じでいっぱいでした。パンはこのスープに浸していただくと,かなりおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/25

東京世田谷区の都市計画道路128号線はどうなった?

1283

1282 東京世田谷区の都市計画道路128号線は,私の母校,区立桜木中学校の地下をトンネルで抜ける道路で,何回かこのブログで紹介した事があります。このたび旧友を訪ねて近所まで行ったので,その後どうなったのか見てきました。
 まだまだ開通していないのですね。トンネル脇の階段から中をのぞくと(左の写真),まだ路面はできていない状態。トンネル出口はフェンスで覆ってあって,かつてより出口側からの見通しは悪くなっていました。
 以前は建設機械等も置かれていたトンネル出口付近ですが,そんな機材もなく,今は全く工事している様子がありません。ここで小休止,開通はまだまだ先になるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/24

クロネコメール便が3月末で廃止

Kuroneko ヤマト運輸は,クロネコメール便をこの3月末で廃止すると発表しました。
 法律で「親書」は日本郵便の郵政事業のみが扱う事になっており,2009年7月以降に「親書」をメール便で送ってしまった顧客が書類送検または事情聴取に至った例が8件あって,「お客さまが容疑者になるリスクを放置できない」という事で廃止に踏み切ったという事です。
 そもそも「親書」の法律上の定義は,「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、または事実を通知する文書」という曖昧なもので,カタログなどを送る場合も,挨拶を添えたりするともう親書になってしまうというものです。
 内容によらない,重量やサイズなど外見から一目でわかる規定にする様ヤマト運輸がはたらききかけたところ,総務省は受け入れなかったそうです。
 まあヤマト運輸はこれまで,消費者・利用者を味方につけて,法的,お役所的困難を克服してきた歴史があるので,今回もそれを狙っての廃止かもしれません。
 小さいものをネット販売で買った時,不在でも自宅のポストに配達されるメール便は便利だったのですが,その廃止によってそれらネット販売企業の物流経費増大を招くなど,結構各方面に影響があると思います。
 ヤマト運輸は宅急便に小さい荷物のランクを儲けるなど,代替えのサービスを始めるらしいですが,時代遅れの法律はなんとかしてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«イスラムの名を騙る新興宗教