2014/07/31

スマホが自宅のキーに?

Key 日経新聞に,「スマホが自宅の鍵に 電機大手の若手ら開発」という記事が載りました。
 これは,玄関の扉の内側に,ドアノブをモーターで回す装置を取り付け,これを外側からスマホのブルートゥース機能でコントロールするというものらしいのです。手のひらに流れる微弱な静電気を専用機器がドアノブを通して感知して,取り付けた機器からスマホが1メートルの範囲にある状態でドアノブを握ると,モーターが自動に動いて解錠するとうものです。ブルートゥースは,解錠権限を持った人物かどうかを機器側が判断するために,スマホと機器の通信時に使うらしいですね。
 電機メーカーやIT企業の若手エンジニアが開発したとの事で,どこか一つの会社の発明品というわけではないようです。
 このシステムのすばらしいところは,室内側の機器を両面テープで今使っているドアに取り付ければいいということで,値段も2万円くらいなものだという事です。そんな値段でこのシステムが取り付けられるのならば,確かに魅力的ですね。
 しかしながら私は,一台のスマホに何でもかんでも機能を集中させるということに違和感があるのんですよ。これは以前,お金も,カードも,キーも入っていた財布を落としてしまったという経験に基づいています。分散させておいたほうが安全ではないか?
 まあこのシステムでは,スマホを落とした時は,スマホの解錠権限を別のパソコン等で解除すれば不審者の侵入を防げるという事らしいのですが,何でもかんでも入っているスマホをなくしたときの心細さを思うと,あらゆる機能をスマホ一個にまとめる決心がつきません。
それに,こういうものはとかくセキュリティーが問題になります。ネットが絡むと,行動派の盗人ではなく,引きこもりのハッカーが盗人になる可能性があるのではないかと思い(真性の引きこもりは盗みに出かけるのは無理なのかな?),盗人の範囲が行動派・ピッキング職人派からIT系に広がってしまうのではないかと懸念します。
こういうのは,正直に想定どおりの使い方をすれば便利なんですが,世の中そういう人ばかりではありませんからね。

(ところで,新宿駅でなくした財布は,駅に届けられて無事手元に戻りました。すばらしいですね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/30

土用丑の日の社食

Eel

 7月29日は土用丑の日。
 鰻の日だという事で,社食でも鰻丼がでました。
 値段は(はっきり覚えていませんが)600円台後半でした。さすがに社食としては高額です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/29

川崎河岸駅跡へ行ってきました

Kashi1Kashi2Kashi3Kashi4Kashi5 昨日亀甲マーケットを訪れた記事を書きましたが,そこからバスで河原町団地前に出て,南武線川崎河岸支線の終点,川崎河岸駅跡へ行ってきました。
 以前の川崎河岸駅の記事で,GoogleStreetView写真に駅跡として写っていたのは,一本の遊歩道でした。StreetViewのように府中街道からの写真では,樹木のために奥へ延びる一本の遊歩道しか写っていませんが,実際はこの記事の最初の写真のように広い構内を持っていました。写真は矢向駅方向を見ていますので,広場(手前側はゲートボール場)の右側に遊歩道があります。その遊歩道の線路が,府中街道を越えて後方の多摩川の河原へ延びていました。そして河原には川とつながった二本の船溜りが作られていました。
 2番目の写真が,その船溜りのあった辺りです。昔は土手も無かったと思われ,右側のマンションの位置に船溜りが作られ,その中央に線路が二手に分かれて(横浜市三千分の一地図ではそのように見える)敷かれていたのだと思われます。
 さて,昭和30年代の横浜市三千分の一地形図を見ると,船溜りの南側に小さな川が流れ,多摩川に注いでいます。その川の多摩川への出口の現在の様子が3番目の写真です。そこから180度振り向いてみると,暗渠となっている小川の敷地が見えます。看板から川崎市上下水道局が管理しているらしいですね。
 この小川は,府中街道から矢向方向に向かって見ると,川崎河岸貨物駅の左端を流れていたわけですが,その小川の現在の姿は,最後の写真のような道路になっています。この道路の下に暗渠として小川が存在しているんでしょうね。なにしろ多摩川への出口が現存しているのだから。
 この後,川崎河岸支線の途中から分かれて中央青果市場(現在の南部市場)へ行く線の場所へ行こうかとも思ったのですが,なにしろ暑いし,先日のStreetView写真でも痕跡がなさそうだし,行くのはやめにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/28

亀甲マーケットへ行ってみました

Kikko_m8Kikko_m1Kikko_m2Kikko_m5Kikko_m4Kikko_m6Kikko_m7 先日GoogleStreetViewなどを使ってバーチャル探訪した川崎市下平間の亀甲マーケット。昭和30年代の地図に示された八角形の建物で,現在は当然取り壊されて無いものと思っていましたが,それが現在のGoogleMapや航空写真に写っているということで,今回実際に訪れてみました。
 亀甲マーケットは南側が新府中街道に面しており,GoogleStreetViewでは真っ赤な看板を掲げたラーメン店になっていましたが,実際行ってみてもそのとおりの風景でした(あたりまえだ)。
 そのラーメン店の向かって左側がマーケットの入口になっていて,ドアも無く,シャッターも無く,常時開いている状態でした。その代わりマーケットの中の各店にシャッターがあり,この日が日曜日だったためか,そもそも店が立ち退いてしまったのか,開いている店は無く,マーケットの中の通路も薄暗く電気もついていない状態でした。
 とりあえず外周を巡ってみました。右側が白い波型の樹脂プレートになっている写真がそのときのものです。樹脂プレート側がマーケットの外側です。白い樹脂プレートは新し目のもので,このマーケットはメインテナンスがなされているようです。
その外周の通路には,いくつかのマーケット内部への通路が口をあけていました。前述のようにその通路は暗くちょっと不気味。そんな通路の写真も示します。
 旧府中街道側は他の家や駐車場になっていて,このマーケットに入る口はありません。しかし,前の記事のStreetView写真のように,駐車場からは亀甲マーケットの山形のトタン?屋根が見えます。
 一方正面側は,マーケット入口に立っていたのでは山形屋根は見えませんが,新府中街道の向こう側の歩道に立って,少し離れてマーケットを見れば,裏側と同じように山形の屋根が確認できます。
 このマーケットがいつごろ立てられたのかはわかりませんが,この建物の部分だけを切り取れば,それはもう昭和初年の香りが一杯で,少年探偵団が活躍しそうに思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/27

XPを使い続けている方が相当いると思われ・・・

Xp このブログはcocologで作っていますが,cocologのアクセス解析機能によって,Viewerが使っているOSとブラウザを知ることができます。
 その管理画面では,1ページに30回の閲覧データが表示されますが,その1ページだけでもXPを使っている方が昨日は6名いました。20%あまりの方がまだXPを使っているということになります。まあたった30件の中のデータですから,統計的に言って一般化はできるようなサンプルではありません。また,MACを使っている方,スマホを使っている方を含めた30件ですから,Windows使用者だけ抜き出したとしてその中の6件と言うのは%的にもっともっと大きな数字になります。
 しかしXPを使っている方がまだまだいるというわけですね。
 かく言う私も,据え置き型の1台がXP機です。もう15年近く使っているふるいパソコンで,CPU的にもメモリー的にも(いまどきメインメモリーが500KBあまり!)OSのアップデートなどとんでもないだろうというスペックなので,いまだにXPです。まあアップデートは重ねています。(そういえば,XPの保守は終わったはずなのに,7月25日にMSのアップデートが1件あったのは何だろう。実はOSへのウイルス埋め込みだったりしてwww。)
 時々ハッカーにもなるといううわさのある若い知人からは,XPのメンテ終了によってXP使用者が減り,ハッカーもXP目当てにウイルスを作らなくなるから,XPの使用者は相対的に安全になるという説を聞きました。
 一方,東電がXPを少なくとも5年間は使い続るという話が新聞に載り,批判にさらされています。これはだめですね。Win7にした上でウイルス感染したのなら言い訳ができますが,XPのままでウイルス感染事件が起きれば,批判の嵐になるでしょう。お役所的責任回避な考えからいっても,企業でXPを使い続けるのはNGです。XPを使い続けると決めた人,または決めた部署の勇気には恐れ入ります。
 しかし,上述のハッカー的行為をしているという噂のある知人の理論から言えば,「東電もXPを使っているのならば,XP向けウイルスでも作ってみるか」というハッカーが出てくる恐れもあり,こちらの方面からもNGです。われわれ「XPを細々と使い続ける会」としては,東電が大っぴらににXPを使い続けることに関してNOを突きつけねばなりません(そんな会があるのか!)。
 しかし世界的に,いまだにXPのシェアが増えているというデータもあるらしく,「XPを細々と使い続ける会」としてはNOと言わざるを得ません。XPがこのままメジャーOSになってしまったら,「XPは使う人が少ないから相対的に安全」とはいえなくなるじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/26

川崎市の亀甲マーケット

Kikko1Kikko2Kikko3Kikko4_3Kikko5 先日も書いた横浜市三千分の一地図を眺めるのが楽しいという話ですが,昔の変わった形状の建物が現在も残っていると,そこへ行ってみたくなります。
 三千分の一地形図の「矢向」編,小向の辺り,川崎駅の方から府中街道を西へたどって来て,現在も存在している東芝小向工場の前を旧府中街道が通過し,やがて新府中街道と合流する辺り,そこに8角形の建物が見えます。「亀甲マーケット」という名前が書いてあって,当時のショッピングセンターであった事,八角形の形状から「亀甲」という名前がつけられたのでああろうという事がうかがえます。まあ「亀甲紋」というのは,亀の甲羅の模様に由来し,それは八角形ではなく六角形です。醤油のキッコーマンの商標がまさにそれで,六角形の亀甲紋の中に「萬」の文字が描かれており,「亀甲萬」という会社名の由来となっています。このマーケットは八角形なので,亀甲とはいえないように思うのですが,そこのところはうるさい事は言わないでという事なんでしょう。
 さて,このような今から60年も前に存在した建物,しかも「マーケット」など,現在残っているはずがないと思いつつ,Google mapを見てみると,なんと現代の地図の正にその場所に「亀甲マーケット」と書いてある。しかしながらその形状は,Google mapで見る限り亀甲とは言いがたい。でも新府中街道に面した南端の部分は,幾分八角形の面影が見られる。いったいどうなっているのだろうということで,mapを航空写真に変えてみると,なんと八角形の建物が写っています。これはまさしく往時の亀甲マーケットに違いありません。縮尺を云々しなければ,日本武道館かと見まがうばかりの風格です。しかも何だかちょっと怪しげな建物のようにも感じます。
 これは行ってみなければと思ったわけですが,その前にGoogleStreetViewで見てみようということになります。
 まず旧府中街道(東芝小向工場前を通る道路)側から見ると,確かに八角形であろう古ぼけた建物とその八角形に合わせて作られた山形の屋根が伺えます。今度は新府中街道から見ると・・・,こちらは八角形の建物だとは認識できません。中華料理店の看板に隠れて,山形の屋根が見えないのです。この赤い看板の右端の折れ方から,建物の角が90度ではない事がかろうじて認識できる程度です。
 ・・・というわけで,新府中街道に面した側は,やはり現地へ行って見なければ,どんな具合になっているのよくわかりません。そのうち行ってみます。ここへいくには,川崎駅西口北と武蔵小杉駅や溝の口駅や川崎市民プラザを結ぶ東急バスの川31,33,34系統か,川崎駅西口北と武蔵小杉駅を結ぶ川崎市営バス74系統に乗って,住宅前で降りればいいようです。
 どなたか興味のある方は行ってみてください。・・・といっても,こんなローカルな記事に釣られて行く人はいないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/25

昭和30年代の地図を見て・・・

Pond1Pond2 先日川崎河岸駅市場への専用線を話題にしたときに使った横浜市三千分の一地形図ですが,この昭和30年代の古地図を眺めるのがたいへん面白いのです。しかもこの地図は,GoogleEarthと連動して,GoogleEarthの現代の航空写真に重ねることができ,その透明度を自在に操って昔の場所が現在どうなっているのかを知ることができるというのがいいですね。
 そんな機能を使ってこの地図と現在の地図を重ねてみると,昔あった池や沼がずいぶん失われている事がわかります。先日書いた河童沼もそのひとつです。
 おそらく稲作のための「ため池」が都市化で要らなくなって埋め立てられたという事が多いと思いますが,大きな工場内にあった大き目の池がなくなり,工場の建物になっているという場所もあるようです。
 川や池などの水面の存在は子供に危険だとして,どんどん暗渠化され,また埋め立てられていったという経緯もあったように思います。その後水による潤いのなくなった街を反省して,そんな暗渠の上に人口の小川を作ったり,池を作ったりした時期もありました。
 こんな昔の地図眺めていると,池や沼だけでなく建物の変遷も興味深かったりします。特に形状の変わった(と言っても地図ですから上空から見た形状に限られるのですが)建物については,それが現在もあったりすると行ってみたくなります。
 それについては,また次回話しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/24

行田市のジェリーフライ

Fly 一昨々日から,埼玉県行田市の「古代蓮の里」「さきたま古墳群」「忍城」へ行った事を書いてきましたが,ここら辺の食べ物というと,ジェリーフライです。
 「ジェリーフライ」というと,何かゼリーにパン粉を付けて揚げたものなのか?,ジェリーなどを揚げて融けてしまわないのか?,冷めるとフライの中でまた固まるのか?,などと考えてしまうのですが,実際はいわゆるゼリーとは関係無いものです。この名は銭形のフライ,つまり小判形のフライという事からきているらしいですね。だいたいコロッケとかカツは,だいたい小判形をしており,何故ここのフライだけわざわざ小判形を強調しなくてはならないのか,分かりません。
 それにこのフライは,パン粉が付いていないのです。オカラとジャガイモに野菜を少量混ぜて,そのまま揚げてソースに浸けたものです。店によっていろいろな味があるのかもしれませんが,私が食べた「古代蓮の里」のものは,オカラ味と歯触りが勝っているものでした。
 私の個人的な趣味では,ちょっと?というものでした。ウチのカミさんなどは,結構いけたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/23

のぼうの城 「忍城」にも寄りました

Shiro1Shiro3 昨日の「さきたま古墳群」にほど近い「忍城」へ寄りました。
 以前は車で外周のみ見物した事がありますが,今回初めて車を降りて散策しました。
 豊臣秀吉の関東平定の際,石田三成によって水攻めされて,それは日本三大水攻めの一つとして有名です。しかし城は結局落城せず,まるで水に浮いているようだったということで,忍の浮き城と呼ばれています。
 この時の模様は,小説になり,映画もヒットして,「のぼうの城」として有名です。
 結局落城しなかったこの城も,明治時代に取り壊されたそうで,現在では復元された御三階櫓や鐘楼が雰囲気を伝えています。昔はもっと広かった城も,現在ではコンパクトにまとめられ,博物館に入らなければせいぜい10分もあれば散策できます。
 ここから車で15分ほどで熊谷駅に至ります。今回は,古代蓮の里→さきたま古墳群→忍城と,だんだん熊谷駅に近づいて行く様にたどった事になります。

Shiro2Shiro4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/22

さきたま古墳群にも寄りました

Kofun1Kofun2Kofun3 昨日,埼玉県行田市の「古代蓮の里」へ行った話を書きましたが,そこからほど近い,「さきたま古墳群」に行ってきました。
 もちろん「古代蓮の里」とセットで,以前にも行った事があります。日本最大の円墳をはじめ前方後円墳も含めて9基程あるらしいですね。
 「お墓」なんですがゆったりとした緑の風景は心地よいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«埼玉県行田市の「古代蓮の里」にいってきました