2014/04/18

B&M151A店の「イベリコ豚のグリル」

Pork

 東京大井町のステーキ店,B&M151A店の前を通りかかったら,ちょうどランチタイムの開店時間で,ランチの看板を準備している所でした。
 少し開店時間には早かったのですが,そのまま店に入れてもらって,ランチメニュー,上の写真の料理を頼みました。
 後でメニューを見たら,5名限定メニューだったんですね。イベリコ豚のグリルです。
 ソース無し,肉の塩味のみでいただくメニューです。柔らかいのに歯ごたえがあって,おいしいランチでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/17

葉桜の季節に・・・・・

Gyoen0

Gyoen1Gyoen2 4月も半ばを過ぎ,もうすっかり葉桜の季節になってしまいました。
 4月16日に行った新宿御苑の桜も,すっかり葉桜です。
 葉桜というと思い出すのは,歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」。最後にあっという仕掛けのある名作です。
 これは以前紹介した事がありますね。

(一番上の写真は,葉桜になった木。2番目は今盛りの八重桜。3番目は珍しい薄緑のサクラ,鬱金(うこん)。4番目は御苑内の広場。八重桜がちらほらと見えています。)

Gyoen3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/16

2階の無いビル

ElevatorToc 日曜日,カミさんがメガネを作るといって,五反田のTOCビルという巨大なビル内のメガネ屋さんに行くのについていきました。地上13階,地下3階,ワンフロアの面積も大きく,落成当時は日本最大の容積率のビルだったそうです。会議室などの貸しスペースもあり,一度講習会に行った事がありました。
 ここは,現在もある星製薬という製薬会社の工場だった所です。実は星製薬が名称を変えた後継会社が株式会社テーオーシーで,現在の星製薬はその子会社として後に誕生した会社です。
 そのTOCビルディングのエレベータには,2階がありません。少なくとも客用エレベータは,1階の次が3階になっています。1階から上りエスカレータを登ると,3階フロアに到着します。非常階段を1階から上っても,やはり次は3階です。
 じゃあ2階は無いのかというと,あるらしいんですね。某社のホームーページの会社概要の頁には,所在地が「TOCビル2F」と記載されており,エレベータが止まらない2階が本社所在地になっています。その会社とは「星製薬」。星製薬の本社という事の様です。
 なんだか不思議な構造のビルです。私はこの2階が無いのに存在するという秘密を解き明かそうと,この巨大なビルを歩き回りましたが(カミさんが視力検査などを行っている間,かなり暇だったので),その結果,たしかに2階を発見し,そこには「星製薬」のプレートがありました。小さなビルならば謎解きは簡単・・・というより巨大ビルならではの構造と言えるかもしれません。
 ところでこの星製薬のホームページ,確かウチの娘が中学生の時,教科書にも採用されていた著名な作家,故星新一さん(私はほとんどの作品を読んでいます)の公式ホームページにリンクが張ってあります。星製薬や星薬科大学の創業者,星一さんは,星新一さんのお父さんなんですね。星新一さんの作品で,星一さんを主人公にした小説も読んだ事があります。

(上のTOCビルの外観写真は,Google mapのストリートビューより拝借しました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/15

さくらの季節がふたたび

Sakura1

Sakura2Sakura4 ソメイヨシノなどの普通のサクラ?が終わって,今は八重桜などのサクラが盛りになっています。
 上の写真は東京五反田付近の目黒川沿いの八重桜です。
 その目黒川から少し外れた東急目黒線の不動前駅付近では,ちょっと変わった白いサクラが咲いていました。木の幹や葉を見ると確かにサクラらなんですが,細い枝がヒョンヒョンと真上を向いて伸び,そこに白い花が咲いて,まるで木に雪が積もった様です。

Sakura3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/14

4月に入って,1円玉を使った事が無い事に気づきました

500 4月1日に消費税が8%に代わるのに先立って,1円玉を大量に作っているというニュースが流れていました。
 ところが,消費税が変更になってからもう今日で半月弱だというのに,私は未だに買い物で1円玉を使った事がないし,1円玉でおつりをもらった事もありません。
 何でだろうと考えてみると,商品の税別の値付けが何千円という千円単位のきれいな数字になっているか,百円部分をつけたければ500円にするという場合が多いからなんでしょうね。これならば8%の消費税を含めてxxx0円という値段になって,1円玉の活躍はありません。例えば消費税抜きで500円ぴったりの商品ならば税込みで540円となり,1円玉の必要がないという事です。
 ここら辺,商店は意識的に値付けしているのでしょうかね? 1円玉のやり取りは,買う側も財布から取り出すのに時間がかかるし,おつりを出すにしてもやっぱりめんどくさいですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/13

きょうからXPは危険?

Xp 先日知り合いの奥さんに会ったとき,「コンサートの予約をしたいのだけれど,ウチのパソコンはWindows XPのままで,ネット予約ができない。」とおっしゃいました。
 「9日に最後のXPのアップデートが来て,それから数日しかたっていないのだから,今日ネットに接続しても問題ありませんよ。アップデートなんて,うっかりすると1ヶ月くらい来ない事があるんだから。」といいました。
 まあアップデートというのは連日やってくる事もあり,正確に言うと本当に安全とは言えないんでしょうが,4月9日をもってXPパソコンが怖くて使わないというのは,さすがにやりすぎでしょう。
 しかし9日を控えて,連日のXPメンテ終了報道がなかなか功を奏しているんですね。このくらいの認識が安全に繋がるのかもしれませんね。
 さて,何のかんの言ってもだんだん使う人が減っているXPですが,ユーザーが少なくなれば,XPを狙ったウィルスが作られず,かえって安全になるという事はないのでしょうか? 「Windowsに比べてユーザーが少ないMacは,ウイルスが少なく安全だ」というのと同じ理屈なんですが・・・・・。

 ところで,この奥さんの家では,その後息子さんがXPをWindows7に入れ替えたそうです。知人もWindows7に入れ替えたという人が多く,法人でも7に入れ替えたという事をよく耳にするのですが,なぜ8.1でなく7なんでしょう?
 ちなみに私のMacBookも,Windows7が入っています。単に,娘が昔買ってきたというだけの話なんですがwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/12

パワーポイントを知らないのはステータス?

Keynote_2 テレビ朝日の報道ステーションで,小保方氏の会見に関するニュースを放送したとき,キャスターの古舘伊知郎氏がパワーポイントを知らなかった事に対して批判が殺到しているそうです。
 でも,パワポを知らなくて大きな収入を得ているって,一種のステータスなんじゃないんですか?
 我々は仕事上パワポを知らざるをえないわけですよ。知っていても収入は少ないんですが・・・・・。
 落語に「雛鍔」という話があります。大金持ちの子供が銭を知らないという話が出てきて,貧乏人の子供がそれをまねる事から笑いの世界が展開していきますが,その話が連想されました。
 あっ,ステータスと言えるには,パワポを知らないだけではだめなんですよ。「知らない and 大きな収入を得ている」というand条件が必要ですwww。

(口絵は,パワポのテーマ選択画面です・・・じゃないですね。Keynoteでした。だってMacBookを使って記事を書いてるんだから,しょうがないでしょ。パワポは入っていないんですよ。Mac用のパワポも世の中にはありますけどね・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/11

STAP細胞に対する小保方氏の会見

Stap STAP細胞事件は,9日よりも一夜明けた10日のニュースショーで長時間扱われていたようですね。
 私は朝ご飯を食べながら,さらに食堂で昼ご飯を食べながら,横目でテレビを見ていたという程度で,認識不足なところがあるのかもしれませんが,理研が明らかにしようとした事と報道されている事(すくなくともニュースショーで)が,なんだかチグハグである様に感じました。
 理研の調査委員会は,小保方氏等の論文に不適切な改ざんがあったかどうか調べようとして,調べた結果改ざん(画像のコンピュータでの処理や過去の不適切な写真の流用)があったと発表し,9日に小保方氏は「それについてはすみません」とあやまっています。過去の写真の流用については「取り違えた」といっており,それが本当かどうかわからないのですが,「そうじゃないだろう」という事を証明する事は難しいでしょうね。また,理研の「小保方氏1人で行った事」というのが,そんな写真の取り違えや別の論文の無断引用は小保方氏一人が行った事だという意味ならば,写真を選んだのが小保方氏1人であるのならば,「それは間違えたのは小保方氏1人でしょう」と思うし,そんな発表に対して何の疑義もありません。
 いまのところ,公式に発表されているのは,そこまでです。あくまでも「論文」には不適切な部分があったという事で,理研の調査委員会がそれを指摘し,小保方氏も認めています。
 ところが,マスコミはその先へ行っていて,「論文」に疑義があるのならばSTAP細胞は本当は存在しないのではないかとか,正しい写真があるのならばあの会見で示さなかったのはおかしいとか,200回も成功したというのは時間的におかしいとかいう話になっています。9日の会見では,理研の調査によって公式に明らかになっている「論文の写真に改ざんがあったのか」という事以外の質問が出て,小保方氏がそれに回答せざるを得ない状況になった訳です。
 そんな状況で,9日の記者会見は「正しい写真はこれです」と示すような場ですかね? そもそも小保方氏は理研の職員で,4月からも契約が更改されて今後も理研職員であり,そんな立場で,理研に示すより前に,または理研の許可を得ずに,そんな写真を示すと思いますか? 報道関係者は,皆さん根っからのフリーランスなんでしょうか? どこかの企業なり団体なりに所属している人はいないのでしょうか?
 研究ノートが2冊しかないという事が問題にされていますが,理研の調査が「論文に不適切な改ざんがあったのかどうか」を目的にしているのならば,それに関連した部分のみ渡す事はあり得る事です。4〜5冊あるという小保方氏の9日の会見での発言に対して「なぜ全部出さなかったのだ」といった違和感は感じません。
 200回も成功したというのが「200例」という事ならば,わからないでもありません。具体的にどんな事をするのかわかりませんが,私はシャーレを50個くらい並べたところを想像して,一回の試験で50例くらいのデータを取って,その中で20例くらいが成功したと考えれば,10回の試験で200例の成功例を手に入れる事ができるわけで,特に不思議とも思いませんでした。実際,STAP細胞について追試験をして失敗した大学の先生は,2年で200「回?」できないかといわれれば,できる可能性はあるといっています。
 今回のSTAP細胞事件については,「いくら忙しくても,大事な論文の写真を取り違える事なんてあるのかな?」とか,「それにしても研究ノートが4〜5冊って少なくないの?」とか,「200回成功しているにしては,他の人の成功例がないのは変だ。」とか「何か隠された特殊な条件があるのか?」とか,おかしいなと感じる事はあるんですが,まだニュースショーで長時間取り上げる程公式の調査は進んでおらず,ほんの最初の部分が明らかになっただけなのに,その先のあさっての事を想像して,私を含めて何も知らない人たちが騒いでいるだけという気がしています。
 まあ,論文中の写真の切り貼りや他論文からの引き写しは間違いなくおこなわれており,論文としての見栄えがいいという理由で条件の異なる実験の写真を使ったり,全体的な印象として「小保方さんは結構山ッ気があるんだな」という印象はあります。

(上の口絵のSTAP細胞の色を改ざんしたのは私です。PhotoShopがあれば,もっと劇的にかえられたのに・・・・・。うちのPhotoShopは,WindowsXPパソコンにはいっているので,ちょっと使えなくって・・・・hahaha)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/10

横須賀三笠公園へ行きました

Mikasa1Mikasa2 横須賀の三笠公園に初めて行ってきました。明治時代の日露戦争で活躍した旗艦「みかさ」が保存されている公園です。
 司馬遼太郎の長編歴史小説,「坂の上の雲」に登場した艦船で,NHKでドラマ化されたときも,この内部が重要なドラマの舞台になっていました。
 実際に行ってみると,とても明治時代の艦船とは思えないのですが,これはメインテナンスのたまものであり,また装備の多くがレプリカだからかもしれません。
 実際のところ,見学できる内部は,展示室や映写室になっており,戦艦というより博物館という感じの所です。

(写真は,艦頭部分と渡哲也・・・じゃなかった,東郷長官の執務室。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/09

マクドナルドの「ビックブレックファースト」

Mac_brf1

Mac_brf2 マクドナルドの朝メニュー,「ビックブレックファースト」です。
 飲み物込みで500円を出して1円だけおつりがくる値段。イングリッシュマフィン,スクランブルエッグ,ポークソーセージ,それにハッシュ関数・・・じゃなかった,ハッシュポテトのセットです。
 スクランブルエッグは,ふれこみのようにフワフワではないけれど,ポークソーセージがついてくれば全て許すという程ポークソーセージが好きです。
 これにパンケーキ3枚がつく「デラックス」というのがあるんですが,まあ朝からその量というのはヤリスギという感じがしたんで,スタンダードで我慢しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«都心の神社,「日枝神社」