2014/11/23

人は自分が読みたい様に文章を読む〜消費増税延期と解散総選挙

Takenaka 元小泉政権の閣僚で元国会議員の竹中平蔵慶大教授が配信しているメルマガに,「竹中平蔵の『経済がわかる』」というものがあります。
 経済と政治について,インタビュー形式で語っている分かりやすいメルマガです。
 その11月20日号に,「“解散・総選挙”という『ポジティブ・サプライズ』」という記事が載っていました。この時のテーマは,消費税増税先送りと解散をどう捉えるかという事です。
 一方,NewsPicksというニュースキュレーションサイトがありますが,そこでこの『竹中平蔵の「経済がわかる」』が紹介されています。このNewsPicksでは,読者が記事に対して自由にコメントをつけられる様になっているのですが,私などは元の記事よりもこのコメントが面白いので,このサイトを毎日見ています。コメントをつけている方々も,他のニュースサイトのような有象無象ではなく,様々な社会現場で働いているひとかどの人物も多く,なかなか面白いコメントが並んでいます。
 さて「竹中平蔵の「経済がわかる』」の記事では,今回の消費税増税先送りと解散を,竹中氏は「『ポジティブ・サプライズ(うれしい誤算)』と認識しています。」と語っています。竹中氏は「安倍晋三総理や菅義偉官房長官はデフレ克服を最優先に考え,本心では消費税増税には以前から不賛成だったと思います。しかし総理として使える政治的資源(ポリティカル・キャピタル)には限度があるので,一度決めてしまったことを覆すことはできないだろう,増税を甘受せざるを得ないだろう,と私は考えていました。」と語っています。つまり,前政権(民主党政権)が決定した消費増税(自民党も賛成していた)を,現在の安倍自民党政権が覆す程の政治的資源=ポリティカル・キャピタルが不足していて(簡単にいえば,民主党政権が正式に決めてしまった事で,それを覆すには自民党内もまとめなければならないし,国会も対策しなければならないし,そこまで行うだけの政治力があるかどうか),消費増税は覆す事ができないと考えていたというのです。
 さらに竹中氏は,消費増税を覆す=増税の先送りを行うために,「増税延期のための特別のポリティカル・キャピタルを与えてほしい」と国民に訴える事=消費税増税の延期を掲げて解散・総選挙を行なう事が必要だったと述べています。
 世間では今回の解散を,「大義無き解散」と呼んでいる人が多いのですが,竹中氏の様に考えれば,安倍政権の心理としては,解散・総選挙は必須だったといえるし,今回の解散・総選挙の意味もわかるのです。新聞では,以前から「増税先送りなら解散」と報道されていて,その意味がいまいち分かりにくかったのですが,竹中氏のように解説されれば,それはよくわかります。

 この竹中氏の考えに対して,多くの人がコメントで「たしかに政局目的の選挙だが現政権の政治的資源の獲得のためには必要なプロセス。竹中さんの意見はとても深い示唆を与えてくれる。」など,肯定的な意見が並んでいます。
 その一方,少数ながら,竹中氏の意見が以前と違ってきていて,「風見鶏」で「もう信用できない」という意見もみられました。
 たとえば,「竹中さんは,『来年の10月の増税をやめるべきなのか。増税は経済政策としては明らかに不適切だが,政治的にやめることは相当に難しい。政治家として使える資源,ポリティカル・キャピタルに限りがある以上,総理大臣といえども360度を敵に回して戦えない。しかも,集団的自衛権などの大きなテーマがあるので,消費増税を取りやめることにポリティカル・キャピタルを使うのは現実的には非常に難しい。もし本当にストップしようと思ったら,法律を作って合意をとり国会を通さないといけないので,政治的に非常に面倒だ。したがって,増税はやらざるをえないだろう。』と言ってたのに,今回は『私は一貫して消費税率の引き上げに反対してきました。』と言っている。これはないんじゃないの? かなり無理がある。完全な増税推進派だったでしょう。もう信用できない」という意見がありました。竹中氏の意見が日和見だというのは,以前は増税推進派だったという印象からきているようです。
 ところが,前の引用をみても,竹中氏が増税推進派だとは思えないし,今回の記事と以前の意見とは,全く変わっていない様に思うのです。
 つまり,竹中氏はかつて「増税は経済政策としては明らかに不適切だ」といっていた。今回も「私は一貫して消費税率の引き上げに反対してきました。」と言っている。
 また竹中氏はかつて「消費増税を取りやめることにポリティカル・キャピタルを使うのは現実的には非常に難しい。したがって、増税はやらざるをえないだろう。」と言っていた。今回も「総理として使える政治的資源(ポリティカル・キャピタル)には限度があるので、一度決めてしまったことを覆すことはできないだろう、増税を甘受せざるを得ないだろう、と私は考えていました。」が,予想が外れたので「私にとっては『ポジティブ・サプライズ』です。」という事になる。どこが「風見鶏」で「もう信用できない」のでしょうか?
 以前と同じ事を言っているのに,風見鶏だの変節漢だの言われる。結局のところ,人は自分が理解したい様にしか文章を読んで理解しないという事ですね。「人は自分が読みたい様に文章を読む」という事です。
 PodCastや講演ではどうなんだろう? 声/音による伝達では,案外誤解は少ないのかもしれない。文章の理解というのは,それだけ難しいという事ですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/22

吉野屋の「牛カルビ定食」

Yoshinoya_beef_2

 吉野屋の牛カルビ定食です。以前ロース豚定食を食べた事を書きましたが,今回は牛カルビです。
 実際のところ牛より豚肉の方が好きなのですが,吉野屋でいつも豚肉というのもなんだ・・・ということで,今回は牛肉にしてみましたwww。
 甘辛いタレで美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/21

リクルートスーツはくだらない?

Suits 就活のシーズンですね。某雑誌には画一的なリクルートスーツがくだらないという記事が載っていました。何を今更という感じはするし,確かに画一的なリクルートスーツはくだらないと思うのですが,それを着ればとりあえず対策として満足できるのならば,楽でいい様に思います。
 私が勤務する会社に新しく来た派遣のOLさんが,「この会社,私服なんですね。制服がある会社は,毎日服選びをする必要がなくて楽なのに」と言っていました。それは本当だと思います。
 もう何十年も前www,私の高校では,毎年の様に制服の廃止を生徒全員の決議にかけるが,可決された事が無い。先生達は「ウチの生徒は保守的で困る」と言っていたが,生徒としては毎日違う服を着る不便,面倒臭さがたまらないという人がほとんどでした。
 まあそういった意味で,画一的なリクルートスーツというのは,傍が見るより本人達にとって楽な方法なのだろうし,リクルートスーツ特集といった雑誌記事が出てきてそれに従う事ができるのであれば,就活生はかなり楽だと思います。服装などというくだらない事を思い悩む必要がないんだから。
 ただ傍からすれば,画一的なリクルートスーツはくだらないと思いますね。就活生でなければ,そう思うのが普通だと思います。
 リクルートスーツはくらだない。でもみんなでくだらない事をやればこわく無いし楽だという事です。
 だから,真面目な顔をしてリクルートスーツについて議論されてもねえ・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/20

はやみねかおるの「人形は笑わない」

Doll

 はやみねかおるの「人形は笑わない」は,講談社青い鳥文庫に収められている小学生向けの推理小説です。はやみね作品の中でも名探偵夢水清志郎を主人公にしたシリーズの一巻。
 彼は自ら名探偵と称し「名探偵 夢水清志郎」という名刺を配る人物。彼の部屋の隣に住んでいる三つ子の中学生三姉妹との間に糸電話を通し,この三姉妹に糸電話を使ったimode(iは糸電話のiね)を毎月2000円で契約しないかなどと怪しげな勧誘をする食いしん坊で怠惰な黒めがねの青年です。
 物語は三姉妹の長女 岩崎亜衣や彼女が部長を務めるする文芸部のメンバー,とりわけ夢水を「先生」と呼んで尊敬している型破りな男の子 中井麗一など登場人物で,亜衣の語りで話が進みます。
 全12巻,遊園地での5人の消失事件を扱った「そして五人がいなくなる」から彼らの卒業までに起こった事件を扱っています。そのうちの初めの6巻までは講談社文庫で文庫化されており,それは電子書籍で発売されていました。それが今回は文庫化されていない後の6巻がKindle化されたので,最近購入しました。
 そのKindle化された最初の巻,第7巻目が「人形は笑わない」です。G県の小さな村,なにしろ現在の住人がたった9人しかいない村。G県で現実に該当するのは「岐阜県」しか考えられません。はやみねかおるは三重県出身ですから,夢水達が住んでいるのが名古屋市辺りだとすれば,車でこの村へ向う設定から言って,岐阜県辺りをイメージすればいいのでしょう。
 さて夢水が雑誌に連載しているコラムのネタとして,歩く人形が目撃されたこの村へ取材に行くという事にり,一方亜衣や麗一達の文芸部でも,麗一のけんかが元で活動費がなくなってしまった事から,活動費を稼ぐために映画を撮る事になって,夢水に同行する事になるというのが物語の発端です。ここの村には,かつて天才人形師・栗須一族が住んでおり,彼らが作った人形達を収蔵する「人形の塔」が建っていました。
 夜の人形達の徘徊,人形の塔で起った過去の密室殺人事件,あの「おりん」のような不気味な老婆が届けた謎の脅迫状,これを夢水清志郎が一刀両断に解く事になります。
 この作品,シリーズの中で特に優れているという訳ではないと思いますが,Kindle化記念に紹介しました。
 シリーズは本の厚さも厚薄様々ですが,この作品はせいぜい1時間半程度で読める作品で(大人なら),漢字は全てルビがついていて,漢字の苦手な人にもおすすめですwww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/19

今邑彩の「時鐘館の殺人」

Tokeikan 最近,「金雀枝荘の殺人」を紹介した今邑彩の短編集,「時鐘館の殺人」を読みました。6編の短編から成る短編集です。
 どれもミステリー的な興味で読ませる短編ですが,ホラー風,心理サスペンス,どんでん返し,SF風,そして本格推理小説と,各編の味付けが異なります。
 どれも一筋縄でない,ちょっとしたひねりの聞いた作品で,最後を飾る中編と呼んでもいいくらいの本格推理小説,「時鐘館の殺人」も,最後にひねりが利いています。
 推理小説専門誌から犯人当て推理小説の執筆を依頼された新人作家「今邑彩」氏。350枚館ものならばストックがあると言ったら,100枚にしてくださいと編集者に言われ,そこで一計を案じる。100枚の読者への挑戦推理小説が雑誌に載り,そうしたら解決篇の解決が間違っているという投書が来て,そのつじつまををつける為に再度短編を書く事になり・・・・・という作品です。
 バラエティーに富む作品集で,楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/18

オシャレなテイクアウトみつ豆

N_anmitsu 写真はみつ豆が4個。豆と寒天,餡と餅,黒蜜がそれぞれ容器に入れられ,それが三段重ねとなって一本の塔の様になっているみつ豆です。
 新宿のデパートから娘が買ってきたもので,ちょっとオシャレ。黒蜜はジュレになっており,豆と寒天の上に餡と餅,黒蜜のジュレをかけて食べます。上品なお味のあんみつでした。
 あっそうそう,メーカーは新宿中村屋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/17

ファーストキッチンの「ほっこり野菜のあったかポトフ」

Potof

 ファーストキッチンの雑穀DELIスープシリーズ4品のうちの「ほっこり野菜のあったかポトフ」です。このシリーズは他に,「オマール海老のビスク」「豆乳クラムチャウダー」「ごろごろ野菜とチキンのトマトシチュー」があります。さらに,雑穀が入っているものと入っていないスープがあります。
 まあスープストックのファーストキッチン版というところでしょうか。こういうたぐいのスープが好きなので,おいしくいただきました。

(写真の右が雑穀DELIスープ。左は単なるホットコーヒーです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/16

有栖川有栖の「女王国の城」

Queen

 この程読了した有栖川有栖の「女王国の城」は,おそらく有栖川有栖の最も長い推理小説ではないかと思います。文庫版は(これを電子書籍化したKindle版も)上・下巻に分かれています。
 有栖川有栖の作品は,大学の推理研部長である江神二郎を名探偵とする学生アリスシリーズと大学教授である火村英生を名探偵とする作家アリスシリーズがあって,双方とも,他方をそれぞれのアリスが書いたという設定になっています。
 「女王国の城」は学生有栖シリーズの一編。推理研部長の江神二郎が人類協会という宗教団体の本部に行ったまま連絡が取れなくなります。この宗教団体は,開祖が洞窟の中で宇宙から来たペリパリという宇宙人の姿を見て,その声を聞いて始めた宗教です。現在では若い女性が3代目の代表となっています。深い山中の教団本部のある村は,住人の大多数がこの教団に関係しているという宗教都市です。教団本部は莫大な金額を投じ,著名な建築家が腕を振るった空中に作られた三つのUFOのような円盤形の建築から成る豪勢なものです。
 その中に消えてしまった江神部長。何の為に行ったのか,何をしているのかも分からない。という事で,有栖達推理研の部員達はこの教団本部に向かいます。
 なぜかはじめ江神と会う事を拒否されていた彼らもやがて教団建物へ招かれ,江神と会う事ができます。そうするうちに教団内部で殺人事件が起こり,今度は外部へ出られなくなります。殺人事件は教団内部で3件おこります。しかし何故か教団は警察に知らせようとしない。2日後には警察に届けるという教団。有栖達は反乱を起こし,教団建物から脱出をはかり・・・・・・。
 読んでいく途中の謎は,殺人事件の動機の謎,空港の様に厳重に入場管理がなされている教団にどうやって凶器である拳銃が持ち込まれたのか? 教団の殺人事件の遥か前に起こった密室事件の謎とその事件が今回の教団の殺人事件とどのように関係しているのかなどなど。謎は幾つかあるのですが,不思議感がちょっと希薄で,ワクワクするという感じは少なかった様に思います。それよりも有栖達の教団建物からの脱出のサスペンスの方が勝っていたという事かもしれません。
 教団内の殺人事件で使われた拳銃は,以前の密室事件に使われたものだったと分かるのですが,その密かな保管場所は想像がつくものの,そこにどのようにして置かれる事になったのかは分かりません。その解決は四次元的な解決ともいえるもので,ある盲点を突いたもので,ちょっと面白かったです。
 この教団はオープンで宗教色の少ない教団である事は最初から窺われましたが,その通りの教団であった事が分かり,殺人事件を警察に連絡しなかった理由も「そんな事情なら仕方ない」と納得できる理由で,最後の最後にしか登場しない若い代表もひとかどの人物であった事も分かり,めでたしめでたしで終わります。
 前述の様に長大な推理小説ですが,途中の謎の醸成という推理小説的なサスペンスよりも脱出劇の冒険小説的なサスペンスが勝っており,その点読者への挑戦状のある本格推理小説としてはどうなのよと思う所はありますが,そこそこ面白く読めました。まあ上述の様に,途中の謎がちょっと薄めのものだったので,最後の一気呵成の江神部長の推理もやや軽い感じではありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/15

インドのスズキ車の想い出

Silon 自動車メーカーのスズキは,インド市場での2014年度四輪車販売計画を当初の3%成長から10%に引き上げたという報道がありました。インドでは自動車のリーディングカンパニーであるスズキは,シェアが大きい故か,急激に販売台数を増やしてきた他自動車メーカーより販売台数の伸びが小さかったという事で,今回,発破をかけたということのようです。
 もう10年以上前になりますが,インドの東部アッサム州の中心都市ゴーハチからメガラヤ州の首都シロンに向けて,スズキの軽自動車で4時間あまりドライブした事があります。軽のワンボックスカーで,日本ではよく弁当屋の配達に使っているような車です。それに乗って山道を4時間余り。標高数十メートルのゴーハチから標高1500mのシロンまで,運転手を含めて5人で軽に乗って行きました。
 日本ならば,山道の4時間のドライブで,1500m近い標高差の山道を行けば,トンネルの一つや二つは遭遇すると思いますが,一切トンネルがありませんでした。
 もう一台,インド国産車アンバサダーが同行していましたが,これが何回もエンコするんですよね。しかしスズキの方はそんな事も無く,悪路もあったのに実にいい調子でした。インドのスズキ車は,マルチスズキと言って,インドとの合弁企業製のインド国産車なのですが,やはり違うものですね。

(航空写真はインドメガラヤ州の州都シロンの中心部。GoogleMapより。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/14

牡蠣の季節ですね

Oyster_fry

 本格的に牡蠣の季節になりましたね。英語でRの付く月が牡蠣の季節とされていますから,9月から食べられるわけですが,本格的にはこれから。
 先日の「てんや」の播磨灘産かき天丼をはじめとして,牡蠣鍋,そしてここで写真を添えたカキフライなど,私の様な牡蠣好きには至福の時期が始まりました。
 グリコーゲンやミネラルを多く含み,特に必須ミネラルのひとつである亜鉛は,体の免疫機構にはたらき,それを摂取するために最もいいのが牡蠣だといわれています。海のミルクともいわれる牡蠣。たくさん食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«もうクリスマスイルミネーションが