« はじめてのWEBLOG | トップページ | クリスマスイルミネーション »

2003/12/02

探偵小説のことなど

 プロフィールに載せたたように,探偵小説が好きで,読む本のほとんどが探偵小説です。以前は週に1冊は新しい物を買っていたのですが,仕事が忙しく読む時間がままならず,それをやると「つんどく」がたまって本の置き場所がなくなってきたので,最近では以前買った本を再読しています。
 探偵小説に「再読」が利くのかと思われる向きもあると思いますが,20年も前に買った本など,内容を忘れていることが多く,結構面白い。 ということで,ここのところ,「枯草の根」「三色の家」など,陳舜臣氏の書いた探偵小説を読んでいます。神戸を舞台にした,中華料理店の主人にして名探偵,陶展文の活躍するものです。
 ついつい徹夜などをして読んでしまうのが探偵小説ですが,一度読んだ事があると思うと,ゆったりした気持ちで読め,かえって小説を味わえるような気がします。
 仕事の関係で,海外に行くこともありますが,場所によっては,目的地に行くのに移動を繰り返し,何泊か泊まってやっと到着するということもあります(11月には,たった2日の打ち合わせをするのに,まるまる1週間出張していました。目的地に出入りするのに,移動でそれだけ時間がかかってしまうのです)。普通ならうんざりするところですが,私にとっては探偵小説の読み時で,そういう時は,探偵小説好きでよかったと思います。

|

« はじめてのWEBLOG | トップページ | クリスマスイルミネーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/2194

この記事へのトラックバック一覧です: 探偵小説のことなど:

« はじめてのWEBLOG | トップページ | クリスマスイルミネーション »