« みなとみらい線開通と受験 | トップページ | 2001年宇宙の旅 »

2003/12/14

化粧品の対面販売

 デパートへ行って,カミさんが化粧品を買うのに付き合いました。
 カミさんが化粧品売り場のカウンターに座って説明を受けている間,別の売り場で私自身の買い物をして,帰ってきたらまだ座って説明を受けていた。そこで,近所の東急ハンズに行って,上から下まで見物して,帰ってきてもまだやっている。
 一時,対面販売を基本としているメーカの化粧品を,対面販売せずに売ったディスカウントショップに対し,メーカが出荷を差し止め,問題になったことに端を発し,化粧品の対面販売の是非がマスコミで話題になったことがありました。
 カミさんの化粧品購入に付き合う時はいつも,対面販売に反対したくなるのですが,実は私,対面販売賛成なんですよね。
 話は飛びますが,鉄の火箸に赤い色を付け,まるで真っ赤に焼けたように装って,「熱いぞ~」と言いながらその火箸を他人の手の平に当てると,当てられた方は実際に熱く感じるだけでなく,手のひらに火ぶくれができるという。また,人間には想像妊娠というのがある。子供が欲しくて,それが嵩じると,妊娠していないのに,妊娠したかのごとく,お腹が膨れてくるという。さらに,今日見た催眠術のテレビ番組で,暑いという暗示をかけて,実際には零下の冷蔵庫に入ると,寒いにもかかわらず暑い暑いといって服を脱ぎだし,額に汗をかく。このように,人は,思い込むとそのように体が反応してしまうらしいのですね。「奥さんには毎日,きれいだねといいなさい。ほんとうにきれいになるから」というのは,結婚式のときのスピーチにあった言葉です。
 だから,化粧品の対面販売で,その化粧品がいかに優れていて,これを使うといかにきれいになるかということを懇々と言い聞かされれば,その化粧品の実力以上にきれいになると思います。実際,化粧品自身は豚の油でも何でも良く,対面販売時の「カウンセラーの言葉」こそが,本物の化粧品で,それにお金を払うと思った方がいいのかもしれません。それに,その化粧品を使って,きれいになったという自信があるだけで,8割方きれいになっているでしょう。
 このことは,薬にも言えるでしょう。最近,深夜の薬の販売に端を発し,薬剤師なしで薬を買うことができるような法律の改正が話題になっていますが,白衣などを着て,それらしく装った薬剤師から,その薬がいかに効くかを聞いて飲んだ方が,何倍も効果があると思いますよ。
 ・・・・・と思うのですが,化粧品一つ買うのにこんなに時間がかかるのは,なんとかしてくれないかな~~。

追伸---
 ウチの古いモニタで文字が見えにくかったので,今日からデザインを変更してみました。

|

« みなとみらい線開通と受験 | トップページ | 2001年宇宙の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/25685

この記事へのトラックバック一覧です: 化粧品の対面販売:

« みなとみらい線開通と受験 | トップページ | 2001年宇宙の旅 »