« 食料自給 | トップページ | 豚丼をたべた! »

2004/02/14

親の顔が見たい

 いろいろな犯罪事件を聞くに付け,「親の顔が見たい」と思うことが多くなりました。「親の顔がみたい」というのは,親がどんな顔をしているのか知りたいという,文字通りの意味ではなく,親がどう育ててきたのか知りたいという意味です。
 たとえば,大阪府岸和田市の中学生虐待事件。中学3年生である少年の昏睡状態が続いていますが,逮捕された首謀者である母親がどのような環境で育ってきたのか,2人の娘の父親として,興味があります。
 このような事件を引き起こした者は,どのような環境でその親に育てられたのか,その育ってきた過程にどんな欠陥があったのか,自分の娘の環境や育て方を考えるとき,ぜひ教えて欲しいと思うのです。この母親は,昏睡状態に陥っている長男だけでなく,実母の元に逃げていった次男,さらに自分の実子さえ虐待していたと報道されており,そのような事件を起こした者として,プライバシー問題より先に,その犯罪の根源であろう育ってきた境遇や環境,虐待に至った心情を,社会に対して説明する義務があるとさえ思ってしまいます。
 この事件だけではありません。スーパーフリー事件から最近のオレオレ詐欺,インターネットを利用した犯罪からちょっとしたいたずらまで,その犯人の「親の顔が見たい」,つまり,親はどんなふうにその犯人を育ててきたのか知りたいと思います。
 私がそう思うようになったのは,やはり自分が親になって,その子供が小学生高学年になり,自我が形成されてきてからです。もっと子供が小さいうちから,このようなことに関心を持つべきなのかもしれません。
 犯人自身は,自分自身が犯罪やいたずらを引き起こしたと思っているかもしれませんが,実はその親もその犯罪に手を貸しているのです。その親に育てられたんですからね。

|

« 食料自給 | トップページ | 豚丼をたべた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/194542

この記事へのトラックバック一覧です: 親の顔が見たい:

« 食料自給 | トップページ | 豚丼をたべた! »