« 退屈な時間 | トップページ | メイルの有料化 »

2004/02/17

アンバランスな街づくり

 新聞の報道によると,横浜の新地下鉄,みなとみらい線沿線で,高層マンションが続々と建設されているとのことです。これは,横浜港を望む景色,横浜はもとより,東京渋谷まで40分以内で行ける便利さのためだというのですが,横浜市は,この地域を商業地区と位置付けているので,マンション建設を迷惑がっています。
 しかし,これは市側がおかしいと思います。
 かつての高度成長期,東京都心にはほとんど人が住んでおらず,ただオフィスと商業ビルがあるばかりでした。東京は,昼の人口と夜の人口が極端に違う世界的に見ても特異なな街だったのです。他の大都市,ニューヨークやロンドンに比べて,バランスの悪い都市と言われていました。現在,東京都心には,地価の下落によって居住者が戻ってきました。六本木,汐留,品川,下町の東京湾岸など,商業ビル,オフィスビルと同時に高層マンションが建設されています。
 ところが,横浜市は,新地下鉄沿線を,商業地区として,かつての東京のようなアンバランスな地域にしたいらしいのです。現在建設されているマンションは,一階には店舗やレストランが入るので,居住だけでなく,外部から人を集める街としての機能も満たすものだと思います。高層マンションの建設は,バランスのとれた街作りとして,横浜市としては喜ばなければならないと思うんですがねぇ。役人が決めた変にアンバランスな街づくりより,土地柄と需要が考慮された,自然な民間の開発に任せた方が賢明だと思います。

|

« 退屈な時間 | トップページ | メイルの有料化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/204487

この記事へのトラックバック一覧です: アンバランスな街づくり:

« 退屈な時間 | トップページ | メイルの有料化 »