« 100ます計算 | トップページ | 大分の鶏インフルエンザ »

2004/02/20

高い公共料金

 海外相手の仕事をしていて,日本にやってきた外国人と接触する機会が多いのですが,インドネシアの人から「日本の物価は日本人にとっても高いのか?」と聞かれたことがあります。アジア諸国から来た彼らにとって,もちろん日本の物価は高いのです。そのときは,高いと感じるものと安いと感じるものがあると答えました。
 安いのは,自動車やテレビ,携帯電話,AV機器など,工業製品です。高いのは電話,電気,ガス,水道など,公共料金です。特に高く感じるのは,電車,バス,タクシーなどの,公共交通料金です。横浜市内のウチから,横浜駅まで行くのに,バスと電車を使って40分程しかかからないのに,料金は往復800円かかります。一家四人で行って帰ってくると,交通費だけで3200円かかるのです。自家用車に乗って行って,駐車場代を払っても,そっちの方が大分お徳という気がします。
 外国の多くの国では,先進国,発展途上国を問わず,公共料金は安い場合が多いのです。旧社会主義国など,現在でも公共料金が安く,冬の暖房など,薪を使うより電気を使った方が安いので,電気暖房が普及しているという国もあります。
 日本では,法律で守られ,競争の少ない公共料金は高く,競争のある民間主導の工業製品は安い。旧社会主義国などでも,電気供給などは競争の無い分野だと思いますが,しっかり安かったわけで,日本とは違います。日本の競争の無い分野,許認可制度によって,お役所に守られている分野は高いのです。電気,電話,バス事業など,許認可制から届け出制に変わって,外部の参入が認められつつあります。競争がはじまり,これらの料金も,変わってくるのでしょうか?

|

« 100ます計算 | トップページ | 大分の鶏インフルエンザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/214538

この記事へのトラックバック一覧です: 高い公共料金:

« 100ます計算 | トップページ | 大分の鶏インフルエンザ »