« 広告電車 | トップページ | 小学校のグループ行動 »

2004/03/11

ワンフロアの迫力

 浜松町に,「談」という本屋があります。大型店ですが,フロアはワンフロアです。大型の本屋というと,新宿の紀伊国屋,渋谷の大盛堂など,ビルのいくつかのフロアに分かれていて,階ごとに,「文芸書売り場」とか「社会科学書売り場」とか「芸術書売り場」など,分かれているところもあります。おそらく,本を探しやすいのは,階ごとに分かれている方かもしれません。目的のジャンルの階へ行って,比較的狭いフロアを探せばいいからです。しかし,広いスペースのワンフロアの書店と言うのは,比較的狭いフロアを重ねて,階ごとにわかれた本屋さんよりも迫力があるように感じます。見渡して,かなり向こうの方まで本の棚が並んでいる景色と言うのが,迫力あるのです。
 これは本屋さんに限らず,スーパーなどでも同じです。ビルの中に入ったスーパーより,広い体育館のようなワンフロアのスーパーの方が,迫力があるように感じます。
 という訳で,広いワンフロアの本屋やスーパーが好きです。広い空間に居る方が,せいせいするということもあるかもしれません。

|

« 広告電車 | トップページ | 小学校のグループ行動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/285695

この記事へのトラックバック一覧です: ワンフロアの迫力:

« 広告電車 | トップページ | 小学校のグループ行動 »