« イラク3邦人解放と,2邦人行方不明 | トップページ | イラク2邦人,解放 »

2004/04/17

イラク3邦人,認識不足?

 イラクで誘拐されていた3邦人が無事保護され,18日にも帰国する方向で検討されています。3邦人のコメントも,少しずつ報道されてきています。その中で,今後もイラク国内で活動したいというコメントに対して,私の周りでは,認識不足だと怒る人が多いようです。大使館に保護された直後,NHKの海外放送を見て,報道の大きさに驚いたという話もあり,自分たちがしでかした事が,どれほど周囲に迷惑をかけたかがわかっていないというわけです。
 私はといえば,報道の大きさに驚いた事,引き続きイラクで活動したいとコメントしたことは,むしろ,今回のイラク入りが危険なことを承知の上でのイラク入りで,自己責任の下での活動を自覚していたことの表れかなと思いました。
 政府は,ここのところの誘拐事件続発を受けて,イラク渡航・滞在の自粛,海外待避をあらためて求めていますが,あそこであれだけの大事件が起きていて,人々が救済を求めているイラクの現場に,政府や周りが迷惑するという理由で,報道陣やNPOが居ないというのは,おかしな話だと思います。まあ,危険なイラクでの報道陣やNPOの活動の自粛,海外退避を政府が求めたのは,「それでもイラクで活動したいのなら,自己責任の下で活動しなさい」というコンセンサスを得るための手続きであるわけで,それに従わない人が出てきても当然ではないかと私は思っています。一部報道陣の中には,政府がそのような自粛要請を出したのはおかしいという意見が(当然)あるようですが,政府の要請はあくまでも手続きだと考えるべきです。まあ,誘拐事件が起これば,いくら自己責任だといっても,政府としては黙ってみていることはできないので,イラクに限らず,危険なところに行って誘拐されれば,政府をはじめ周囲にある程度の迷惑をかけることになる事は,そこへ行く前に熟考しておくべきでしょう。また,政府が,自己責任で危険なことを行った人たちの救出に,どの程度責任を負うべきかも,なかなか難しい問題です。この問題は,事例が少ないので,政府の救出責任に対する世論のコンセンサスを形成するまでに至っていないのだと思います。今回の誘拐事件は,このことを考えるきっかけになるかもしれません。
 自己責任の下での活動という自覚がないのは,むしろ家族を含む周りのほうです。誘拐初期の頃の「犯人の言いなりになって,自衛隊を撤退させろ」とか「小泉首相が会わないのはけしからん」とかの言動は,自覚のなさの表れで,ちょっといただけません。また,前に述べた,自己責任で危険な場所に赴いた人に対して,政府がどの程度救出責任を持つかという問題に関して,この家族達は初め,ほとんど全責任を持つかのような態度で臨んでいたように見えた事は否めません。
(ちょっと内情を明かしてしまうと,このBLOGは,必ずしも一人で書いているとは限らず,執筆陣(笑)の中で,この件に関して必ずしも意見が統一されているわけではないんですがね)

|

« イラク3邦人解放と,2邦人行方不明 | トップページ | イラク2邦人,解放 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/451636

この記事へのトラックバック一覧です: イラク3邦人,認識不足?:

« イラク3邦人解放と,2邦人行方不明 | トップページ | イラク2邦人,解放 »