« コメダ珈琲店,その後 | トップページ | 井の頭公園 »

2004/04/21

菓子のおまけ

 最近,というには,ずいぶん以前からになりますが,おまけとしてフィギュアーがついた菓子が人気です。チョコエッグがその走りなのでしょうが,菓子よりもフィギュアーの方で人気になっているものです。菓子の方は副次的なもので,小さなラムネやキャンディーがたった一個入っている程度のものもあります。もはやおまけという位置づけではなく,玩具になぜか申し訳程度の菓子がついているというジャンルのものです。
 お菓子はあくまで副次的なものなのですが,お菓子としてスーパーなどでは菓子コーナーに置かれ,販売されているのが不思議です。また,お菓子が入っている必要があるのか疑問でもあります。
 しかし,菓子が入っていなければ,スーパーの菓子コーナーにも置けないわけで,置かれるとしたら玩具コーナーになるでしょう。菓子コーナーと玩具コーナーでは,消費者にとってみれば,だいぶちがいます。
 菓子コーナーと玩具コーナーでは,気安さに違いがあります。菓子コーナーはスーパーに行けば必ず立ち寄るところ,玩具コーナーは必要がなければ立ち寄らないところという感覚です。また,玩具売り場は総合スーパーにしかありませんが,菓子コーナーは食品スーパーをはじめとしてどんなスーパーにでもあります。コンビニでも,玩具より菓子の方が置きやすいでしょう。申し訳程度の菓子を入れて,菓子コーナーにこれらフィギュアーを置くと言うのは,ひょっとしたら大発明かもしれません。
 おまけ入りの菓子と言えば,昔からグリコなどがあり,玩具+菓子の文化は,それほど違和感がないといえるかもしれません。まあ私の感覚では,現在のフィギュアー付菓子は,菓子に比べておまけの部分が極端に肥大化して,菓子コーナーに置くには違和感があるのですが・・・。
 フィギュアーでなく,以前流行した歌のCDが入っているものも人気で,ヒットチャートにも影響する程だといいます。同じCDをレコード店に置いてもこれほどまでに売れなかったと思われ,菓子と結びついたおかげだと思います。
 最近(といっても,ずいぶん以前になりますが),ミルキーに文房具がついた製品が,不二家から発売されました。ミルキーといえば,お菓子界の大看板で,それだけで十分お客さんをよべる商品ですが,それにちょっとした文房具(ホチキス,はさみ,巾着,マーカー,定規など)がついているのです。グリコのコンセプトに近いのかもしれませんが,おまけの文房具がかなり立派なもので,インターネットでは食玩のサイトなどで取り上げられています。それでも,おまけの文房具よりお菓子の存在感の方が強く,さすがミルキーだという感じです。

|

« コメダ珈琲店,その後 | トップページ | 井の頭公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/470682

この記事へのトラックバック一覧です: 菓子のおまけ:

« コメダ珈琲店,その後 | トップページ | 井の頭公園 »