« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004/05/31

うどんを食べた

 友人に誘われて,昼食にうどんを食べました。
 讃岐系のしこしこ麺で,久しぶりのうどんは大変うまかった。
 外で食事をする場合,私はまずうどん屋へは行きません。私にとって,うどんと聞いて,まずイメージするのは,やわらかい,どっちかというとネチョネチョのうどんだからです。そんな讃岐うどんと正反対のうどんをイメージしてしまうのはなぜかというと,小学生の頃の給食に出たうどんが,そんなうどんだったからです。「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので,「うどん」と聞いてまず頭に浮かんでしまうのが,いまだにそんなうどんなので,誘われでもしなければ,どうもうどん屋へは足が向かないのです。小学生の頃のうどんは,「ソフト麺」という名前で,一人前ずつビニールの袋に入っていて,一緒に出るカレーなどに入れて食べます。
 そんなわけで,うどんというと,いまでもお腹が悪いときの食べ物というイメージです。いまどき,そんなうどんはないんでしょうけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/30

イラクで2邦人,襲撃される

 イラクでフリージャーナリストの2邦人が襲撃され,死亡しました。
 以前,このBLOGで,下のようなことを書いたことがあります

----------------
 政府は,ここのところの誘拐事件続発を受けて,イラク渡航・滞在の自粛,海外待避をあらためて求めていますが,あそこであれだけの大事件が起きていて,人々が救済を求めているイラクの現場に,政府や周りが迷惑するという理由で,報道陣やNPOが居ないというのは,おかしな話だと思います。まあ,危険なイラクでの報道陣やNPOの活動の自粛,海外退避を政府が求めたのは,「それでもイラクで活動したいのなら,自己責任の下で活動しなさい」というコンセンサスを得るための手続きであるわけで,それに従わない人が出てきても当然ではないかと私は思っています。
-----------------

 今回の被害者の家族は,覚悟していたと話し,クウェートへ向かいました。イラク情勢は,ますます険悪になってきているようですが,フリージャーナリスト達は,退去するつもりはないといっています。それを批判する人もいますが,上で引用したように,私はそういうこともありだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/29

拉致被害者家族会へのパッシング

 先日このBLOGに,「家族会のメンバーが,記者会見や小泉首相との会見で,今回の訪朝成果について糾弾していますが,気持ちがわかるだけに,イラク誘拐被害者やその家族のように,世論の攻撃にあわないか懸念しています。」と書いたんですが,やはり,ネット上で拉致被害者家族会に対するパッシングが相次いでいるようです。2チャンネルなどでは,家族会に対するパッシングのリンクが出来上がっているとの事です。
 よく,都心の駅ホームなどで,ホームレス風のおじさんが,何か怒ったようにブツブツと一人でつぶやいているのに出くわします。うるさいのでキッとにらみつけると,こそこそと逃げて行ったりするんですが,まあ,2チャンネルのある種のリンクなどは,そんなおじさんのつぶやきを文字にした様なものですから,気にすることはないんですが,家族会や救う会は,都内で予定されていた6月の緊急集会を中止することにしたとの事です。
 2チャンネルに限らず,BLOGを含めたインターネットには,そんな「つぶやき」のような意見が跋扈しているので,読む方は,その意見が,病んでいる精神から発せられたものか,冷静な精神から発せられたものか判断して,病んでいる精神から発せられたものには耳を貸さない(モニタ上の記事だから,目を貸さない?)ようにすることが必要です。
 小泉首相は,家族会の意見が,今回の訪朝結果に対して厳しいものであることを事前に知っていました。それにもかかわらず,家族会との首相報告会を,報道機関に対して全てオープンにするように命じたと言うことですが,マスコミが作り出す世論とは別に,インターネット上で今回のような家族会への批判が展開される事を予知していたとしたら・・・,恐るべし小泉首相。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/28

拉致被害者の変化

 拉致被害者の元に家族が戻って,被害者の2家族は,テレビの取材などでも,これまでとは違った,どこか普通の笑顔を見せるようになった様に感じます。
 しかし,長い間軟禁されたも同然の暮らしを強いられていたわけで,日本にいて普通の生活をしていたなら,それなりの技術を身につけていたり,会社員になっていればそれなりの地位にあったかもしれない人たちが,1年半前に日本に戻ってきたときから人生をはじめなければならないような,そんな境遇にあります。それを考えても,北朝鮮は,全くひどいことをしたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/27

カンヌのトロフィー,本人の手に

 昨日,カンヌ映画祭で主演男優賞を受賞した14歳の柳楽優弥君に,本人に代わって受賞した是枝監督からトロフィーが手渡されました。
 この映画が撮影されたとき,演技は未経験だった少年が,カンヌで演技賞を受賞したということは,本人の素質もさることながら,監督の力が大きかったことと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/26

小泉訪朝の評価,その後

 小泉首相訪朝の評価について,野党民主党が評価しないのはもちろんだとして,自民党内からも,中川経済産業相や中曽根元総理などから批判が出ています。
 このBLOGの昨日の記事で,「日本で小泉首相の株が上がるような施策を(北朝鮮が)行うことが,北朝鮮にとって有利な状況を作ります」と書きましたが,北朝鮮にとって,訪朝に対する日本国内の評判は,自国の将来を左右する重要なファクターであり,大いに気にしているはずです。日本国内の世論として,今回の訪朝程度の成果で,あまり「評価」しては,北朝鮮に足元を見られかねません。「今回の訪朝程度の成果を与えればいいのか」と思われてしまいます。自民党内部の批判は,そんな事も考えてのことのように思われます(少なくとも,中曽根氏などは)。今回の訪朝結果を,それほど評価しないことが,不明の10人の拉致被害者の安否について,北朝鮮に真剣に調査させることにつながります(北朝鮮は,もう調査済みという話もあるが)。一方,全く評価しないことも,北朝鮮に対して,希望をなくさせ,日朝関係の改善意欲をそぐ結果になるので,よくありません。バランスが難しいところです。
 自民党内で,首相訪朝に対する評価が割れていますが,そんなバランスをとるために,誰か,たとえば安倍幹事長あたりの演出による自民党全員による芝居だったとしたら・・・,まあそんな事もないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/25

小泉訪朝の評価

 新聞社の電話アンケート結果によると,70%近くが,今回の小泉首相の訪朝結果を肯定的に評価しているとの事。さらに,内閣支持率は10%程度も上昇している。
 ここ2~3日のこのBLOGへの書き込みをみると,私が今回の訪朝結果を評価している様に思われるかもしれませんが,実際のところ,それほどではありません。訪朝を支持しますが,積極的に評価するほどではありません。今当然やっておくべきことをやったということで,それ以上がんばったわけでも,それ以下でもありません。
 北朝鮮による10名の拉致被害者についての調査は,放っておけば,あまり成果はないだろうという見方がほとんどのようです。まあ,金総書記の考え如何によるわけですが,長い目で見れば,洗いざらい真実を日本の納得の行くような証拠つきでさらけ出して,日朝国交正常化を小泉首相のいる間に成し遂げることが,北朝鮮にとって徳になることだと思いますがねえ。そうすれば,万景峰号寄航が危うくなることも,経済制裁の恐れもなくなるし,今回の数倍の経済援助を継続的に日本から得ることも,夢ではありません。
 とにかく,日本で小泉首相の株が上がるような施策を行うことが,北朝鮮にとって有利な状況を作ります。小泉首相が,北朝鮮政策が原因で失脚したら,次期首相は,自民党であれ,他党であれ,北朝鮮に対してもっともっと冷たくなることは明らかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/24

トップ外交

 今回の首相訪朝成果について,特に10人の拉致被害者についての成果に対して不満が出ています。「トップが行ったのに,調査日程さえ明らかにしてこなかった」という批判です。
 私は,自身のビジネスでの経験からいって,トップビジネス・トップ外交というのは,そんな細かいところまで踏み込まないのが普通だと思っていたので,実はそのような批判が意外なのです。
 私自身のビジネスの経験でも,相手と平行線をたどり,どうしても打開できないとき,トップに出馬してもらうことがあります。お互いの主張が平行線をたどって,相手が打ち合わせの席にも着かないとき,トップに出てもらうわけですが,その成果としては,相手に打ち合わせに出る約束を取り付けてもらうだけで十分です。打ち合わせをいつ行うか,どんな内容を話すかなどの細かいことの取り決めは,その後の私達の仕事です。逆に変なことを口走って,後の交渉に変な条件がつくことを恐れます。
 今回の拉致の事についても,相手が「既に解決済み」として,日本側がいくら「解決していない」といっても埒が明かず,平行線をたどっていた事態に対して,「白紙に戻って調査する」という約束を取り付けてもらっただけで十分です。いつまでに,どんな調査をするのか,その調査に日本側がどのように関与していくのかを決めるのは,その後の事務方の仕事です。
 今回のこと程度を話し合うのに,トップが行く必要がなく,事務方でもよかったという意見がありますが,それはむしろ逆です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/23

小泉首相の訪朝結果

 小泉首相が訪朝から帰国しました。
 訪朝前と訪朝後の状況の変化を列挙すると,次のようになります。

1.日朝国交正常化交渉中断,暗礁に乗り上げ膠着状態→できるだけ早く再開することを確認
2.8名の家族については,いったん日本に滞在している拉致被害者を北朝鮮に帰さなければ,帰国させない→5名の帰国完了,曽我さんの家族は,中国など第三国で家族と話し合い,日本帰国を説得
3.北朝鮮側は,死亡したとした10名に関して問題は解決済み→問題は未解決,白紙に戻して再調査をすることを金総書記が約束
4.2002年12月,北朝鮮は核凍結解除を発表するとともにIAEAの査察官の国外退去を命令,2003年1月にはNPT脱退を表明,6カ国協議は「核凍結」で対価獲得を目指す北朝鮮と「完全で検証可能かつ後戻りできない核放棄」を求める各国との対立が先鋭化,膠着状態に陥っている→金総書記は,将来的に朝鮮半島の非核化を目指すと発言,6カ国協議の進展に努力することで合意
5.経済制裁法発動→日朝宣言を遵守する限りは,経済制裁法を作った上で発動を凍結,人道支援として,米70億円分,医薬品10億円分を送る。

 やっぱり民主党は今回の訪問を評価せず,公明党,さらに共産党,社民党は前進を評価。私はといえば,それぞれの問題に関して,具体的な日程が示されなかった(たとえば拉致被害者10名の再調査の日程など)ところに不満が残りますが,トップ会談などでは,そんな具体的な日程が示されないのが常で,着実に前進しているようには思います。訪朝前と訪朝語で,状況は明らかに変わっています。
 全体的に見れば,北朝鮮はその息の根を止めかねない「日本の経済制裁」の凍結を引き出し,日朝どちらにより大きな成果があったかといえば,北朝鮮の方でしょう。ただ,北朝鮮の息の根を止めることを,日本が意図していないという事があります。韓国の太陽政策は,先進国の仲間入りをした現在の韓国が,経済崩壊寸前の北朝鮮とドイツ式の併合を行うのを避けるための,北朝鮮支援政策だと思っていますが,日本も韓国も,はっきり言って金政権の弱体化による北朝鮮の混乱で,東アジアが混乱することを避けたいということがまずあります。北朝鮮の軍事的脅威を排除しつつ,北朝鮮を生かしていくことが必要なのです。ある意味で,北朝鮮のひどい状況は,金総書記に一身に背負い続けてもらいたいということです。その線に沿って,日朝国交正常化交渉という発想も生まれています(生かしておきたくない国と,国交正常化しようなどとは思わないでしょう)。
 日本政府としては,何らかのきっかけで,むしろほとんど破綻状態の北朝鮮経済に,カンフル注射を打つ必要を感じていたことでしょう。カンフル注射を打たねばならないが,日本の国民感情として,拉致問題が進展しなければ援助できない(先だっての列車爆発事故の支援も,他国に比べて,日本は極端に少なかった)。今回は,それをやったわけです。
 家族会のメンバーが,記者会見や小泉首相との会見で,今回の成果について糾弾していますが,気持ちがわかるだけに,イラク誘拐被害者やその家族のように,世論の攻撃にあわないか懸念しています。拉致被害者はイラク誘拐被害者のように,「自己責任」とは全く関係ありませんが,私の周りでも,自分勝手は成果基準を設定して,それに達していないと糾弾するのは間違っているなどという人も出てきているからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/22

湿気たおせんべ

 湿気たおせんべをもらいました。
 別に,時間がたって湿気たものではなく,もともとそういうおせんべなんです。
 おせんべと言えば,普通,ぱりっとした感触が命なんですが,銚子名物のこのおせんべは,はじめから湿っていて,やわらかいのです。
 湿気たおせんべなど,どこがうまいのかとお思いでしょうが,食べたときの醤油の香り,うまさは,絶品です。醤油のうまさをこれほど引き出した食べ物は,他にないのではないかと思うほどです。
 最近,湿ってやわらかいおせんべは,銚子のそれのほかに,別のブランドのものをスーパーなどでも売っています。丸いものの他に,少し大型のあられといった形のものもあります。ところが,これらは,甘みがあって,銚子のものと似て非なるものです。銚子の「濡れ煎餅」というのは,醤油のうまさを生かした,甘くない濡れ煎餅です。醤油の町,銚子ならではの煎餅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/21

交番は大忙し

 先日,財布を落としたので,交番に届け出ました。お金は大して入っていなかったのですが,財布の中には,銀行のキャッシュカード,クレジットカードなど,数種のカードが入っていたので,すぐカード停止をするように言われ,交番の電話を借りて銀行やカード会社に電話をかけました。親切にも,銀行やカード会社の電話番号を,おまわりさんが電話番号帳で次々に調べてくれて,40分くらい電話を掛けまくっていたのですが,その間にも,駅前の交番には,多くの人がやって来ました。
 道を尋ねる人もいましたが,一番多かったのは落し物を探す人です。中でも,子供が落とした帽子,置き忘れた衣服など,届いていないかを尋ねる人が複数いて,ちょっと意外でした。
 私が帽子などを拾った場合,まず交番には届けないだろうと思うからです。駅だったら,駅の事務所に届けます。デパートやスーパーだったら,受付やサービスカウンターに届けます。でも,道や公園で拾ったら? 管理者不明の場所で拾い物をして届けるとしたら,交番以外にないとは思いますが,私なら,電信柱に引っ掛けておく程度で済ませるような気がします。所有者以外の人が持っていってしまうことも少ないだろうし,落とし主が探しにやってくることが多いだろうと思うからです。
 私の中には,交番に届けるのは,落とし主以外の誰かに持っていかれてしまうもの,主として現金やカード,パスポート,免許証などだけという意識があるのですが,衣類などでも交番に探しにやってくる人がいる事を知り,これからは交番に届けようかと思いました。
 落とした財布は,その日のうちに交番に届き,無事手元に戻りました。拾って届けてくれた方とともに,親切な対応をしてくれた交番の方にも,御礼を申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/20

プリウスに乗って

 先日,知人の奥さんが車を運転していたとき,追突事故に遭った事を書きましたが,その知人の車を修理する間,代車を提供してくれることになったとのこと。代車として高級車を提供すると連絡してきたのに,知人は,もったいないことに,「ウチの車庫に入らない」といってこれを断り,もっと小さい車を提供してくれと頼みました。そこでやってきたのがプリウスです。最新の2代目ではなく,初代のプリウスですが,とにかくハイブリッド車が知人のところにやってきました。
 それを聞いて,かねてからハイブリッド車に興味を持っていた私は,のこのこと知人のもとへ赴き,半日ほど乗せてもらいました。
 ハイブリッド車に対する私の認識は,低速時はモータで,高速時あるいは坂道などトルクを必要とするときはガソリンエンジンで動くという程度のものでした。したがって,始動時はモータで動き出し,キーをまわしてもエンジンがかからないのではないかと思っていたのですが,キーをまわすとしっかりエンジンがかかりました。30km/h以下ではモーター駆動と聞いた覚えがあるのですが,10km/h程度でもうエンジンに切り替わります。加速などは実用的には全く問題ありません。信号などで停車すると,エンジンも切れて,無音になるのが普通の車と違います。どのくらいのエンジンを積んでいるのかはわかりませんが,ガソリンエンジンだけ,あるいはエンジン+モータで走行している時も大変静かです。ブレーキは,かなり利きがよく,普通の車のつもりでブレーキを踏むと,相当の急ブレーキになります。電力回生ブレーキ(電気ブレーキ)を使っているはずで,その特性でしょうか? この特異なブレーキ特性も,しばらく乗って慣れれば問題ありません。フロントのディスプレーには,燃費のグラフも表示されますが,10~20km/リッター程度であり,もっと燃費がいいかと思いましたが,それほどでもありませんでした。運転感覚としては,普通の車と違うのは,ブレーキ感覚だけでした。しかし,メンテ費用は? 蓄電池などは消耗品でしょうし,結構高いのではないかと思います。車自体も比較的高価で,経済性というより,先進性と環境への配慮を買って乗る車といったところでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/19

春を告げるパソコン,その後

 以前,このBLOGで,冬の間は快調なのに,春になると起動しなくなる古いデスクトップパソコン(Pentium2,300MHz)があって,今年も起動しなくなったので,タワー型の横の蓋を開けて,中が丸見え状態にしたら,起動するようになったという記事を書きましたが,現在のところ,快調に起動しています。
 起動しなかった去年までと違うのは,横蓋を開けたことと,部屋に除湿機を入れ,常時除湿していることです。なんと,壊れて使い物にならなかった(と思っていた),付属のCDドライブも使えるようになってしまい,狐につままれたような気持ちです。
 除湿機を入れると部屋の温度が上がり,むしろ温度的には暑い環境になるので,温度のせいで起動しなかったわけはないのかもしれません。起動しなかったのは,湿度のせいという事になるのでしょうか? それとも,横蓋に呪いがかかってっていたのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/18

小沢氏,民主党代表辞退へ

 昨日,「小沢民主党代表,誕生へ」という記事を書いたと思ったら,昨夜,年金未加入問題のため,18日に告示される党代表選への立候補を辞退することを,小沢氏が表明しました。小沢氏の年金未加入問題とは,国会議員に国民年金への加入が義務づけられる以前の1980年4月から86年3月までの6年間、国民年金に未加入だったという任意加入時期の未加入問題であり,小泉首相と同じケースです。今回の辞退は,まあ,小泉首相への揺さぶりという意味が大きいと思います。今回の未加入問題がなくても,小沢氏は,この時期に民主党代表になること事態,気乗り薄のようでしたが・・・。
 年金問題といえば,一昨日のフジテレビ系列夜のニュース番組「EZ!TV」で,キャスターの森本毅郎氏が,自身に保険料未払い期間があったことを謝罪しました。年金未加入・保険料未払いの輪は,着々と拡がっているようです。有名人ということで,芸能人にまで広げれば,保険料未払いは江角マキコさんだけでないはずでしょうね。
 こうした年金問題の発覚により,これまで年金改革法案について関心を持っていなかった人々の間でも,年金問題に関心が高まっているわけで,この機会に,今回の年金改革法案の必要性をわかりやすくもう一度説明し,国民の痛みを伴う今回の改革についての賛同を得るべきです。ただし,今回の未納問題でも明らかになったように,払うべき人の半分しか払っていないといわれている保険料を,制度改革など(未払いの人への通知など)により完納したとしても,さらに今回の年金改革(保険料引き上げなど)が必要であることを,きちんと示してもらう必要があります。今のままだと,国会議員の例でも示されているように,「払うべき人が払っていないのが,年金資金の足りない原因なのではないの?」と思ってしまいかねません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/17

小沢民主党代表,誕生へ

 小沢一郎氏が,民主党代表就任を承諾しました。
 小泉自民党vs小沢民主党の時代が始まります。
 どちらも党内には,反小泉,反小沢勢力が存在し,磐石でないところ,でもこの人しか代表になれる人がいないことが似ています。
 現在は,かつての保守vs革新対立の時代ではないのですが,なんとなく,革新小泉と保守小沢のような感じがするのがおかしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/16

電子書籍

 SONYからE-ink方式の電子書籍リーダー「リブリエ」が発売されています。電子ペーパーを使用し,バックライトもなく,書籍ときわめて類似の読み心地だといわれています。
 「リブリエ」に限らず,書籍が将来的に電子ブックに変わっていくのは,時代の流れだと思います。高速なインターネットがさらに拡がり,インターネットでの配信,受信が極めて普通に行えるようになれば,著者や出版社から直接配信でき,中間の流通を省略できて,より簡便な方向に世の中が動いていくのが,普通だからです。
 そうなったら,出版社が扱うメジャーな本と,アマチュアが個人的に発信する情報が,見かけ上同じ端末で見られることになり,アマチュアの発信がより大きな存在になるような気がします。
 電子書籍に関連しては,以前,こんなことを書いたことがあります。
電子書籍関連の別の記事へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/15

小泉首相,再度の訪朝決定

 今月22日,小泉首相が最度訪朝することが決まりました。
 拉致された側が,拉致した方に出向いていくということに抵抗感がありますが,ともかく膠着状態の日朝間の交渉に何らかの動きが出てくることは確かで,成果を期待したいと思います。
 このように性急といってもいい小泉首相の訪朝が決定してみると,福田氏が官房長官を辞任したのは,この訪朝問題も原因なのかなと勘ぐってしまいます。福田氏は,首相の訪朝には反対の立場だったと伝えられており,逆の見方をすれば,福田氏が辞任したことによって,政府内ですんなり首相の早期訪朝が決まったとも考えられます。
 ところで,小泉首相といえば,国会議員に国民年金加入が義務づけられる前の期間中,6年11ヶ月にわたって年金未加入であったことを発表しました。義務ずけられてからは加入しているということで,他のケースとは違いますが,野党はまた何のかんのというんでしょう。そんなことを言っているひまに,年金制度の見直しでも考えたらどうですか?
 筑紫哲也,田原総一朗,小宮悦子,安藤優子など,テレビの有名キャスターも軒並み未加入期間があったことが発覚し,年金未加入は,一流キャスターの証しかとさえ思える程です。すくなくとも,小泉首相の未加入問題は,同じ穴の狢がたくさんいるテレビでは,厳しく追及されることはないのかな? 古舘伊知郎氏はどうなんでしょうね? 一流キャスターの仲間入り成るか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/14

知り合いが追突事故にあった

 先日,知人の奥さんが,タクシーに追突されました。
 私も以前,渋滞の高速道路で停車しているとき,後ろから脇見運転の車に追突されたことがありますが,私が停車中の事で,100%相手が悪いということで処理されました。
 知人の奥さんのケースは,優先道路を通行中に,横の路地から出てきたタクシーに横から追突されたもので(そんな大げさなものでなく,接触程度だということですが),しかも追突箇所は奥さんの車の後部だということなので,タクシーが一方的に悪いように思えます。少なくとも,奥さんが何らかの回避行動をとることは不可能だったでしょう。
 それなのに,停車中の事故と違って,奥さんのほうにも2割程度の過失があるものとして処理されたそうです。(これは,保険会社が単独で調査した結果で,警察は,当事者に対してさえも,双方の過失が何割かということは,公表しないそうです。) 話を聞けば,前を走っていた自転車が,一方的に転んで,後続の車が引っ掛けたばあいなど,車が回避行動をとる事が不可能であったとしても,何割かは車の責任になるとの事。なんだか,そこに存在していたのがいけないといわれているみたいで,「なんだかな~」と思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/13

日弁連,消費者金融のCM放送中止を求める

 日本弁護士連合会が,チワワや女性ダンサーなどのイメージCMが主流の,消費者金融CMの中止を求める意見書を,民放連や広告などの業界団体に送ったということです。これらのCMが,借金の抵抗感をなくし,高金利を意識させない役割を果たし,安易な借り入れを助長している事から,今回の申し入れになったとの事。
 一見もっともですが,大きなお世話のような気がします。安易な借り入れから悲劇が起こるかもしれませんが,そんな人は痛い目にあわなければ直らない。世の中甘くないことを思い知らないでどうしますか? 日弁連に心配してもらって,甘い世の中にしてもらわなくても結構です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/12

検索すれば,BLOGに当たる

 最近,インターネットで何か調べようとして検索すると,BLOGサイトがずらっと並ぶケースが増えています。実際,@NiftyのCOCOLOGだけでも1万件以上のBLOGサイトが登録されているということですから,そんなことになるのだと思います。また,今の検索サイトでは,システム的に,BLOGが先頭に並ぶ事になる場合が多いと聞きましたが,どうなんでしょうか?
 このBLOGも,検索サイトから何らかの検索の末たどり着いた方が95%位にもなります。
 何か実のあることを調べようとして検索して,はからずもこのサイトにたどり着いてしまった方,あまり役に立たなくてすいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/11

Winny開発者,逮捕

 パソコンのファイル交換ソフトWinnyの開発者である,東大助手が逮捕されました。著作権法違反幇助容疑ということで,Winnyを使って著作権法違反を犯した別人を,幇助したという容疑です。
 今回の逮捕は,賛否両論に分かれています。いずれにしても,警察も思い切ったことをやるなという感じです。
 包丁で殺人を犯した人がいて,その包丁を作った人を逮捕するようなもの,MS-WORDでポルノ写真を貼り付けて公開できるからというので,ビル・ゲイツを逮捕するようなものと言っていいのか? まあ,包丁やMS-WORDは,本来の目的が犯罪ではなく,「たまたま犯罪にも使えるもの」という位置づけですから,容疑者自身が認めているように,「著作権侵害を蔓延させる事が目的」のWinnyとは違うかもしれません。では,ピストルや刀剣は? これらは,本来の目的が殺人にあるのではありませんか? でも,武器メーカーや刀鍛冶が逮捕されたという事は,聞いたことがありません。
 犯罪のための道具が世の中にある。それは,ある意味で技術の進歩の証であったりします。私は,犯罪の道具であっても,存在すること自体は悪ではないと思っています。ピストル,刀剣,原爆,水爆など,技術の進歩のひとつの過程で生まれたものです。あくまでも,それを犯罪に使うことが悪であり,犯罪に使った者を罰するべきであり,行政は,犯罪に使われないような処置をとるべきです。例えば,ピストルや刀剣に対して,許可なく持っているだけで罪になるという方策をとっているように。具体的にどんな方策が取れるのかわかりませんが,ピストルや刀剣と違って,Winnyが野放しになっているのがいけないのではないですか?
 ただ,開発者自ら「著作権侵害を蔓延させる事が目的」というのはいただけませんね。包丁を作って「殺人に使えるよ」と作った者がいうようなものです。やはり,「殺人に使えるけど,使ってはいけないよ」というべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/10

民主党,菅代表辞任か

 年金未納問題で,菅代表が10日にも辞任するのではないかといわれています。
 未納問題自身は,辞任することのほどの事ではなく,これに法案審議が絡んでいなければ,また福田官房長官が辞任していなければ,こんな大騒動になることもないような事だと思いますが。
 まあ,一連の出来事で,一番得したのは,いち早く辞任した福田元官房長官でしょうね。菅たたきのもっとも効果的な手段でもありました。
 しかし,政治家の未納問題,辞任問題に発展しすぎて,肝心の年金問題はすっかり話題の外というのも,困ったもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/09

10分1000円の散髪

 先日,10分1000円の散髪に行こうと思っていることを書きましたが,今日行ってきました。
 初めに自動販売機で券を買って,案内された椅子に座ります。椅子の前に,床屋ではお決まりの洗面台はありません。ここは,カット専門で,洗髪も髭剃りもありません。カットは,本当に10分以内に終わりました。大き目の手鏡で後ろを写して見せてくれるのも,他の床屋と同じです。洗髪の代わりに掃除機のホースのようなエアワッシャーで髪に残った細かい髪屑を吸い取って完了です。散髪に使用した櫛は,もって帰ることができます。その散髪時間といい,技術といい,十分満足できるものでした。洗髪をしないので,髪の毛に細かい髪屑が残ってしまうのではないかと不安でしたが,エアワッシャーでの髪屑取りは十分で,ワッシャー後の髪屑は洗髪より少ないようです。
 驚いたのは,女性客が結構いたこと。ただ,その半数は,子供の代わりに並んでいるお母さんでしたが,散髪してもらう女性もいました。女性にとっても,「それで十分」ということなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/08

福田官房長官辞任

 福田官房長官が,年金未納問題の不手際の責任を取って,辞任しました
 実際のところ,辞任する程のことなのかしらと思います。
 年金未納問題については,以前もこのWEBLOGで書きましたが,これだけたくさんの人が,自分の意思ではなく,未納になってしまうというのは,制度上の欠陥以外の何物でもなく,これを正すことこそ政治家の役割のような気がします。
 まあ,福田氏は,長い間官房長官をやって,疲れたてきたのだと解釈しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/07

そろそろ散髪に行く時が・・・

 前に散髪してからからはや3ヶ月,そろそろ散髪する時期がきました。
 以前,なすがままにされているしかない散髪の時間が退屈だと書きましたが,最近うちの近所のショッピングセンターに,救世主のような床屋ができました。散髪時間がたったの10分,料金が1000円というサロンです(ホームページ参照方)。カットに特化して,洗髪や髭剃りを省略しているらしいです。洗髪を省略するというので,細かい髪の毛がたくさんついたまま散髪が完了し,うちへ帰ってすぐ洗髪しなければならないと思い,そのままどこかへ出かけられないじゃないかと思ってちょっとビビったのですが,洗髪代わりに毛屑を吸い取るエアワッシャーという一種の掃除機を装備しているそうで,とりあえず安心しました。
 普通の床屋では,ゆうに1時間はかかる散髪が,10分で済むというのは,私にとって魅力です。この週末,散髪に行くかどうかは気分次第ですが(そもそも,髪の毛が薄くなりつつあるのに,わざわざ金を出して髪の毛を切るというのに抵抗がないと言ったウソになる。カミさんからは,早く散髪に行くよう,圧力をかけられているが),今度行くときは,ここにしようと思います。
 同じような,10分1000円という床屋は,京浜急行品川駅ホームで見たことがあり,ホームページを見ると,ウチの近くのショッピングセンターと同じチェーン店のようです。全国に227店展開しているそうで,まだまだ増えていきそうです。
 散髪の時間が退屈だとか苦痛だとか言っておきながら何ですが,また,今度はここへ行こうと言っておきながら何ですが,のんびりと床屋で髪をかりながら,主人と四方山話をするという文化が廃れていくのかと思うと,ちょっと寂しい気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/06

ゴールデンウィークも終わり

 5月5日でゴールデンウィークも終わり。
 今年のゴールデンウィークは,出かけるといっても,せいぜい鎌倉に出かけたくらいで,遠出をせず,また泊りがけで出かけたこともありませんでした。おかげで,高速道路の渋滞に巻き込まれることもなくすごせました。
 遠出しなかったのは,中学生になった子供たちが,それぞれ学校行事などで忙しかったからです。これがもうちょっと大きくなれば,夫婦だけで出かけることもあるんでしょうけれど,ちょうど中途半端な年代ですね。
 ということで,散歩によく出かけました。下の写真は,そんな散歩のみちすがら,撮った写真です。
ooyamadou.jpg
 大山道または矢倉沢往還という古道の一部で,東京赤坂から沼津までの街道です。現在の国道246号線がそれにほぼ沿っているのですが,細部ではルートに違いがあり,古い街道をたどることができる場所があります。沿道には古い石碑や地蔵や堂などが残されています。
 図書館で見つけた「港北百話」という本によると,手前の坂は,血流れ坂という名がついているそうです。向かいの高層マンションが建っているのは高台ですが,その高台の(写真でみて)右側,高台を降りた低地が牢場谷という谷になっていて,その昔牢屋があったといわれています。血流れ坂は,その牢屋に収容した囚人の処刑場があった場所です。現在では写真のように,とってもそんな名がついているとは思われない明るい坂道です。大山道は,血流れ坂を下って,牢場谷を通って続きます。
 その牢場谷にある不動尊の泉のあたりは,ちょっと昔の雰囲気があります。いまでは,老馬不動尊と呼ばれていますが,その昔は,牢場不動尊だったといわれています。写真では小さくてよくわからないかもしれませんが,池の上に竹筒が突き出ており,そこから泉が流れ出しています。池の向こうには,石の不動像が安置されています。
taki.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004/05/05

列車着信通話廃止

 一般の電話から新幹線に電話して,車内の人を放送で呼び出してもらって通話する列車着信通話が,6月末で廃止されるそうです。107をダイヤルして,オペレータを呼び出して,オペレータ経由で電話するサービスで,私もずいぶん前に使ったことがあります。最近は全く使ったことがない,というのも,列車内の人の携帯電話と通話できるからで,サービス廃止の理由は,そんなところにあるのでしょう。
 携帯電話の発達で,公衆電話も少なくなっていっているようですが,私も一時盛んに使っていたテレフォンカードを使う機会も,ほとんどなくなりました。
 テレフォンカードといえば,新宿などで外国人が,再生した違法テレフォンカードを売っていたのですが,おそらくそんな商売もなくなってしまったことでしょう。
 時代が変わり,違法商売も変わらざるを得ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/04

湯島天神前の親子丼

 先日,娘の中学合格の御礼に,湯島天神へ行ってきました。湯島天神は,菅原道真を祭る,学業の神様です。
 カミさんは,上の娘をはじめ姪,甥の受験祈願を一手に引き受け,湯島天神へはもう4~5回も行っているらしいのですが,私は初めてでした。
 参拝を済ませて,ちょうどお昼時だったので,カミさんの勧めで,門前の「鳥つね」という親子丼の専門店に入りました。ここの親子丼は,1500円です。親子丼にしては高いなと思いましたが,これが食べてみて納得,そのうまいこと! 鶏肉はやわらかく味があり(名古屋コーチンらしい),玉子の半生ぐあいの絶妙さもなかなかのものです。しかし,そのうまさを決定づけるのは,絶品のかけ汁です。甘すぎず,辛すぎず,ご飯にしみたかけ汁のうまさ,こんなうまい親子丼を食べたのは初めてで,感動ものでした。
 湯島というのは,ウチからも職場からも離れていますが,これからもわざわざ出かけていくことになりそうです。

 ところで,話は変わりますが,私の場合,お参りというと,どうしても手を合わせ,少し頭を下げた状態で目をつぶってしばらくじっとしているという,仏教式のお参りになってしまいます。湯島天神は,天神様ですからもちろん神社で,二礼二拍手一礼という神道式にするのが本当なわけで,途中で気づいてやり直しました。しかし,どうもこれでは拝んだ気がしないんですね。私のうちには仏壇があり,子供の頃からお参りというと仏教式でやっていたことから,そんな気になるのだと思います。
 しかし,どんな宗教にも対応しておまいりするというのも,日本人ならではかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/03

中国,08年には世界第二の自動車大国へ

 名古屋市の自動車業界調査会社が,2008年には,中国が日本を抜いて,台数ベースで世界第二位の自動車大国になるという予測を発表しました。
 2008年頃の日本の販売台数が650万台(2003年は590万台),中国が695万台(2003年は452万台)と予想されている。
 アメリカはダントツの1位で,2003年で1697万台。多いようですが,人口が日本(1億2700万人)の2.3倍(2億8800万人)で,国土が広く,鉄道利用が少なく自動車の必需性を考えると,まあ,そんなものでしょう。中国の人口は,2002年の段階で12億8000万人で,日本の10倍。それを考えると,日本並みに売れるとすると,少なく見積っても5000万台の市場となる可能性があるわけで,世界第二位の695万台くらいのことで驚いていてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/02

全国会議員の国民年金保険料納付状況公表か?

 民主党の岡田幹事長は,「自民党が公表するのならば,民主党も,全国会議員の国民年金保険料納納付状況を公表するすることはやぶさかでない」という見解を示しました。
 しかしながら,私は,個々の国会議員の誰がいつ国民年金保険料を納付していなかったかということには興味がなく,納付していなかった国会議員が,一般の国民で納付していない人とほぼ同じくらいの割合で存在することがわかれば,それで十分だと思います。どうせ,納付していない理由は,うっかりミスのためと言うのであろうし,決して,主義として支払っていないなどと言う議員はいないだろうから。だから,公表するかどうかは,議員個人の裁量に任せるということでいいでしょう。
 ただ,そうなれば,きちんと納付している議員は,「自分はちゃんと納付している」と言いたいだろうし,また,納付していない議員も,後で発覚して問題になるよりも,いち早く公表してしまったほうがイメージ的に潔いと思うだろうし,結局全員が公表することになるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/01

閣僚ら,国民年金保険料未納

 社会保険庁のコマーシャルに出た江角マキコさんに続いて,多数の閣僚が国民年金保険料を払っていなかった期間があることが明らかになりました。なんと,それを追求する民主党の菅代表や鳩山前代表までもが未払い期間があったことが明らかとなりました。
 いずれも,意図的な未払いでなく,手続き上のミスだったと言っていますが,まあその通りなのでしょう。閣僚の中でこれだけ未払い経験者がいるということは,「国民年金保険料17年間の取りはぐれが8兆円超える」ということも,わかる気がします。調査対象を国会議員全員に広げれば,多数の国会議員が未払いであることがわかるんだろうと思います。サラリーマンから自営業になって,国民年金保険料を払うようになったときにミスが起こるケースが多く,それだけわかりにくい制度だということなんでしょうね。彼らのミスを責めるより,制度上の問題点を責めるべきなんでしょう。
 今回の未納問題で,菅代表が未納であったことは,自民党と民主党の対立という構図の中で,閣僚の未払い問題についての追求に国会審議の時間と労力をさいて,もっと重要な問題に時間をさかないという不毛な状態に陥るのを防止する上では,むしろ良かったのだと思います。追求のために議会が空転し,もっと重要な審議に時間が使われないという無駄は,国会といわず地方議会といわず,これまでもたくさんあったことで,今回はそれを避けられそうです。はっきり言うと,国会の場で,保険料未払い問題を追求したり防戦したりするのは,くだらないと思っています。ただ,今回の問題も,うやむやに終わらせるのではなく,制度改正にまでにもっていくのがベストです。そうすることが,今回のことの反省の上に立った,建設的な行動というものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »