« 春を告げるパソコン,その後 | トップページ | 交番は大忙し »

2004/05/20

プリウスに乗って

 先日,知人の奥さんが車を運転していたとき,追突事故に遭った事を書きましたが,その知人の車を修理する間,代車を提供してくれることになったとのこと。代車として高級車を提供すると連絡してきたのに,知人は,もったいないことに,「ウチの車庫に入らない」といってこれを断り,もっと小さい車を提供してくれと頼みました。そこでやってきたのがプリウスです。最新の2代目ではなく,初代のプリウスですが,とにかくハイブリッド車が知人のところにやってきました。
 それを聞いて,かねてからハイブリッド車に興味を持っていた私は,のこのこと知人のもとへ赴き,半日ほど乗せてもらいました。
 ハイブリッド車に対する私の認識は,低速時はモータで,高速時あるいは坂道などトルクを必要とするときはガソリンエンジンで動くという程度のものでした。したがって,始動時はモータで動き出し,キーをまわしてもエンジンがかからないのではないかと思っていたのですが,キーをまわすとしっかりエンジンがかかりました。30km/h以下ではモーター駆動と聞いた覚えがあるのですが,10km/h程度でもうエンジンに切り替わります。加速などは実用的には全く問題ありません。信号などで停車すると,エンジンも切れて,無音になるのが普通の車と違います。どのくらいのエンジンを積んでいるのかはわかりませんが,ガソリンエンジンだけ,あるいはエンジン+モータで走行している時も大変静かです。ブレーキは,かなり利きがよく,普通の車のつもりでブレーキを踏むと,相当の急ブレーキになります。電力回生ブレーキ(電気ブレーキ)を使っているはずで,その特性でしょうか? この特異なブレーキ特性も,しばらく乗って慣れれば問題ありません。フロントのディスプレーには,燃費のグラフも表示されますが,10~20km/リッター程度であり,もっと燃費がいいかと思いましたが,それほどでもありませんでした。運転感覚としては,普通の車と違うのは,ブレーキ感覚だけでした。しかし,メンテ費用は? 蓄電池などは消耗品でしょうし,結構高いのではないかと思います。車自体も比較的高価で,経済性というより,先進性と環境への配慮を買って乗る車といったところでしょうか?

|

« 春を告げるパソコン,その後 | トップページ | 交番は大忙し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/622304

この記事へのトラックバック一覧です: プリウスに乗って:

« 春を告げるパソコン,その後 | トップページ | 交番は大忙し »