« カンヌのトロフィー,本人の手に | トップページ | 拉致被害者家族会へのパッシング »

2004/05/28

拉致被害者の変化

 拉致被害者の元に家族が戻って,被害者の2家族は,テレビの取材などでも,これまでとは違った,どこか普通の笑顔を見せるようになった様に感じます。
 しかし,長い間軟禁されたも同然の暮らしを強いられていたわけで,日本にいて普通の生活をしていたなら,それなりの技術を身につけていたり,会社員になっていればそれなりの地位にあったかもしれない人たちが,1年半前に日本に戻ってきたときから人生をはじめなければならないような,そんな境遇にあります。それを考えても,北朝鮮は,全くひどいことをしたものです。

|

« カンヌのトロフィー,本人の手に | トップページ | 拉致被害者家族会へのパッシング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/667147

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致被害者の変化:

« カンヌのトロフィー,本人の手に | トップページ | 拉致被害者家族会へのパッシング »