« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004/06/30

イラク主権,急遽委譲

 30日に行われる予定だったイラクの主権委譲が,28日10時26分(現地時間)に行われました。
 抵抗勢力による,主権委譲に向けた「混乱の演出」的テロの多発を受けて,「早く委譲しちまえ!」などという意見が,暫定占領当局(CPA)内で起こったというわけではないんでしょうが,極秘裏にタイミングをはずして行うことにより,委譲に向けたテロを回避する狙いがあったのでしょう。
 これまでは,「混乱の演出」を狙った,無差別ともいえるテロが行われていましたが,これからは,イラク暫定政府要人を狙ったものになるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/29

ペプシブルー

 コンビニへ行ったら,青いペプシを売っていたので,買ってきました。
 確かにブルーですが,ブルーハワイのような空色ではなく,青インクのように濃いブルーです。薄暗いところで見れば,普通のコーラ色のように見えます。味の方は,普通のコーラ味といっていいでしょう。
 夏だけの限定発売だそうです。私の近所では,サークルKにだけ置いてあります。そのほか,ampm,ローソンにも行ってみましたが,置いてありませんでした。大々的に売り出しているのではなく,販売店舗についても限定販売っぽい売り方をしているのでしょうか? まあ,色が珍しいだけで,味のほうは特にかわっているわけではないので,大々的に売り出しても,それほど売れるものでないのかもしれません。ものめずらしさに,一度買ってみるだけ,リピートは無しといった商品のような気がします。
bluepepsi.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/28

三菱車,街頭検査?

 6月27日,さいたま市で走行中の三菱車のエンジンから出火し,エンジン部分が全焼しました。幸いにしてけが人はなかったとのことで,フロントブレーキの不具合だけで,今回の出火に直接結びつくリコール事項はなかった車種だとの事です。また,同日,奈良県でも,停車中のワゴン車,デリカから出火し,エンジン部分が焼けました。
 上の事故は,三菱自動車ですが,三菱ふそうトラック・バス車を対象として,国土交通省は,街頭での車両検査の検討をしているという記事が,新聞に載りました。
 これって,どんな風にやるのでしょうか? 交通取締りのように,三菱車が来たら,路側などに誘導し,そこで点検を行うというシーンがイメージされますが,そうだったら,三菱車は,あっちこっちでこの点検に引っかかり,三菱車のみ,目的地に着くのにえらく時間がかかることになりませんか?
 こんなことをしなければならないような事態だってことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/27

参院選ネットモニター調査結果

 26日に発表された「参院選ネットモニター調査」によれば,イラク多国籍軍に自衛隊を派遣させることに,51%が賛成・容認,49%が慎重・反対との事です。まさに,国論を二分するという状況です。
 私は,イラクに自衛隊を派遣すること自体は,国際社会の一員として,義務だと思っています。ただ,それは憲法に違反していると思います。憲法の改正は,もうとっくの昔に考えるべきだったのです。
 そこら辺の意見は,以前,このBLOGに書いたことがあります。

 以前の記事へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/26

イラクの11省庁,権限委譲

 第一面ではあるが,それほど大きくない新聞記事で,6月24日,国防,内務,司法,財務,教育など,11省の業務が米英占領当局からイラク暫定政府に権限委譲がなされた事を知りました。
 ファルージャをはじめ,イラク各地でテロが頻発する状況の中,今月末の主権委譲に向けて,手続きは着々と進んでいるようです。主権委譲後も,顧問の形で英米人が残り,影響力を行使することになります。
 いつまでという期限より,イラクがどのような状態になったら,完全に占領を完了するのか,英米はその条件を,具体的に「何がどうなったら」という箇条書きのような形で示す必要があると思います。イラク国民のアメリカへの反発は,感情的なものと同時に,占領終結がいつになるのか,先が見えないこともあると思うからです。わかりやすい形で,占領終結の条件を示しておく必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/25

イラクで,拉致韓国人殺害される

 イラクで拉致されていた韓国人人質の遺体が発見され,殺害されたことがわかりました。
 犯行は,アルカイダによって行われたとみられています。これを受けて,韓国政府は,追加派兵の方針を堅持することを発表しました。韓国国内では,追加派兵反対の抗議行動とともに,イラク抵抗勢力撲滅のための戦闘要員の派兵を唱える人も出てきています。また,イラク国旗を踏みつけたり,首謀者とされるアルカイダ幹部のザルカウィ氏の写真を燃やしたりといった行動も行われています。
 イラクの抵抗勢力も,いい気になっていると,世界の憎しみの的となり,世界中を敵に回すことになります。
 それにつけても,日本人拉致被害者5名は,運が良かったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/24

内閣支持率低下

 朝日新聞社の調査によると,小泉内閣の支持率が,訪朝直後の調査時から14%下がって40%になったそうです。
 今回の支持率下落は,イラク多国籍軍参加問題もあるものの,主たる原因は,年金方案の強行採決であろうと思います。
 以前このWEBLOGで,「こうした年金問題の発覚により,これまで年金改革法案について関心を持っていなかった人々の間でも,年金問題に関心が高まっているわけで,この機会に,今回の年金改革法案の必要性をわかりやすくもう一度説明し,国民の痛みを伴う今回の改革についての賛同を得るべきです。」と書きましたが,少なくとも「年金改革法案の必要性」という話が,国民に伝わっていません。国民の負担が増えて,もらえる年金の金額が減ったという印象ばかりが強く,そうすることが必要だという理由が,わかりやすく解説されて,国民に開示されていないんです。
 国民は,全然納得していません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/23

IT(イット)だっていいじゃない

 某所で,IT(もちろんInformation Technologyです)のことを,「イット」といいそうになって,あわてました。ITを「イット」といって,嘲笑の的となったのが元首相。
 でも,世の中の言葉は,短く簡単になっていくのが常です。JALは「ジャル」,ANAは「アナ」。なんでITだけ,杓子定規に「アイティー」などといっているのでしょうか? 「イット」といった方が,語呂はいいし簡単だし,世の中はそう呼ぶことを欲しているような気がしますがねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/22

近鉄,オリックス問題で,

 近鉄,オリックスの合併問題で,日本プロ野球選手会が,セ・リーグ会長に対して,特別委員会の招集を申し入れました。それに対して,選手会会長である古田の所属球団,ヤクルトの球団社長が,合併問題は経営者の問題で,選手がどうのこうのいうのは筋違いと発言しました。
 これはおかしな話で,従業員が合併によるリストラに反対して,ストライキなどに至ることさえあるし,従業員が合併に対して意見を言うべきではないという考えは,いったいどこから出てくるのか? まるで明治時代の経営者の発言のようで,野球界の後進性が伺える発言です。
 まあ,プロ野球は,夢を売るエンターテインメントという面もあり,揉め事は好ましくないかもしれませんが,特別委員会の招集申し入れというのは,実にまっとうな,穏やかな手段だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/21

血液型がまたはやってきた

 最近,また血液型による性格判定がはやってきたようです。これも波があって,はやってはすたり,はやってはすたりの繰り返しのようです。それがまたはやってきて,雑誌やテレビのバラエティー番組などで取り上げられています。
 ウチの家族(私とカミさんと娘二人)は全員B型,カミさんの姉夫婦と娘,息子も全員B型。子ども達が小さかった頃は,この2家族でよく集まって誕生パーティーなどを開きました。B型だけの集まりです。B型だけの集まりというのは,気がつけば各人がてんでぱらぱらなことをやっています。たとえば,二人は食卓で話し込んでいるかと思えば,一人はテレビを見ている,一人は本を読んでいる,一人はテレビゲームをしている,といった具合に,見事に違うことをやっていることがしばしばです。
 あるとき,そこへ,A型の知り合いが加わったことがあります。後で聞くと,てんでばらばらなことをやっている集まりというのが,耐えられなかったそうです。A型の人にとっては,確かにそうかもしれません。
 そもそも,その人に指摘されなければ,集まっているというのに,てんででばらばらなことをやっているという事に気づきませんでした。B型は,てんでばらばらなことをやっていて,それが自然なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/20

COCOLOGのメインテナンス

 このWEBLOGは,NiftyのCOCOLOGによって運営されていますが,最近,記事をアップするのが非常に重く,時間がかかっていました。この分では,あと一ヶ月もたてば,夜間のアップが不可能になるのではないかと思えるほどでした。ところが,18日夜くらいから,いい具合に動作が軽くなりました。COCOLOGのホームページによると,メインテナンスが行われ,システムが増設されたようです。
 Nifty-Serveのパソコン通信時代,システムが重くなったと思ったら,装置の増設が行われて軽くなという事が繰り返されていましたが,そのことを思い出しました。ホームページとWEBLOGの時代でも,Nifty-Serveの特徴であった,適切な時期のメインテナンスによって,重くなってきたなと思っていると,あるとき劇的に使い勝手が改善されるという伝統が健在のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/19

壱岐で,陸自へり不時着

 6月18日,島根県壱岐島で,陸自のヘリコプターが山林に不時着し,横転して大破しました。乗員の4人は軽傷とのこと。
 新聞でもテレビでも,不時着といっていますが,映像を見ると墜落ではないかと思うほどヘリコプターは大破しています。墜落と不時着ってどう違うのでしょうか? 字面から考えると,空中でコントロールを失って落っこちてしまうのが墜落,着陸してから地面の状態が悪く,横転するなどして大破する場合は不時着ってことですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/18

子どもとインターネット

 朝日新聞のアンケート調査によると,子供がインターネットを使うとき,50%弱の保護者が,何もせず自由に使わせているという結果が出たそうです。
 佐世保の事件を意識した調査ですが,ウチもこの中に入ります。ただ,子どもたちには,どんなホームページを見たかは,チェックできると言ってあります。言ってあるだけで,実際チェックしたことはありません。なんとなく,プライバシーを覗くようで,抵抗があるのですが,冷静に考えれば,保護者なのですから,チェックして当然かと思います。
 いま,ウチの娘達は中学生で,親と共同でパソコンを使っていますが,自分専用機を持つようになったら,他人が覗けないような設定もできるわけで,親がオールマイティーに覗けるような仕組みを作る必要があるように思います。
 パソコンのほかに,携帯電話というのがあります。ウチの中学3年と1年の娘達は,自分の携帯電話を持っています。上の娘は,どちらかというとメカ音痴で,おまけに,どこにでも携帯を放っておくので,見ようと思えば親が自由にメイルなどを見ることができます。ところが,下の娘は,しっかりパスワードを設定し,親が覗くことはできません。佐世保のような事件が起こってみると,親としては,ちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/17

子どもに見せたくない番組

 日本PTA全国協議会が,小学5年生と中学2年生の保護者を対象にした,子どもに見せたい番組,見せたくない番組のアンケートの結果を公表しました。
 見せたくない番組は,多くバラエティー番組が並んでいますが,私が意識して見たことのある番組はほとんどありません。意識してというのは,子どもが見ているのを,覗き見たことはあるかもしれないという意味です。
 この中で一つだけ,好きで見ている番組があります。「クレヨンしんちゃん」です。下品なギャグもあり,この番組を子どもに見せたくないというのも,わかる気もしますが,私は子どもに見せる許容範囲にあると思っていますし,ウチの中3と中1の娘も,小学校の頃から見ています。「クレヨンしんちゃん」は,映画版の「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」が,文化庁メディア芸術祭大賞を受賞したときも,「あの俗悪番組が?」という驚きの声が一部で上がりました。今回のアンケート結果で「見せたくない番組」に投票した人は,じっくり見たことがないんではないかと思います。何本も,じっくり見れば,決して下品なだけの作品でないことがわかるでしょう。
 私が子どもの頃,「子どもに見せたくない番組」とか「子どもに見せたくない本」といえば,アニメや漫画がほとんどでした。とりわけ,赤塚不二夫氏のギャグ漫画やアニメがそうでした。多分,当時の大人たちにとって,ギャグが飛びすぎていて,理解できなかったのではないかと思います。そんな赤塚氏が,97年文部大臣賞,98年紫綬褒章受章というのも,時代ですね~。まあ,選んでいるのが,親たちから何のかんの言われ,学校で先生に取り上げられたりしながら,赤塚漫画を読み,アニメを見て育ってきた私達の世代の人なんだから,受賞も当然と言えば当然です。
 私達の世代が大人になって,赤塚漫画に対して大きな評価を与えたのと同じように,今回の「子どもに見せたくない番組」を見て育った子ども達が大人になったとき,これら多くのバラエティー番組に対し,彼ら(私達の子どもの世代)は大きな評価を与えるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/16

つゆの晴れ間と道志村のこと

 つゆだというのに,天気予報によれば,東京地方は今週一週間,天気がいいようです。天気がよければよかったで,夏の渇水が心配されます。
 しかしながら,私が住む神奈川県は,人口に比較して水資源が豊富で,関東地方の他都県が渇水でも,まず水の心配はありません。
 私の住む横浜市は,神奈川県に隣接する山梨県道志村に,広大な森林を保有しています。水源かん養林といって,横浜市の水道の水源となる,道志川の水をきれいに保つための森です。この森のおかげで,道志川の水は,「赤道を越えても腐らない」と船乗りに賞賛される奇跡の水となっているのです。
 横浜市が道志村に保有する森林面積は,道志村全面積の36%にも達するそうです。道志村は山梨県ですが,村の1/3以上が横浜市であるわけです。保有する森林管理のために,横浜市の役所も存在します。そこで,残りの2/3も横浜市になってしまおうというので,かつて,横浜市と合併したいという話がありました。そんなに昔の話ではありません,約1年前,平成15年6月13日に,道志村長から横浜市長宛てに,「横浜市との合併協議会設置の請求」というのが出されています。ところが,横浜市と道志村の間には,大和市だの,厚木市だの,相模原市だの,津久井町だの,多くの市町村があり,完全な飛び地になってしまうので,横浜市が恐れをなして,合併話は結局没になったという経緯がありました。
 もし合併していれば,全国でも珍しい,本体から50kmも離れた飛び地となっていたわけで,また海と港のイメージである横浜市に,山村のイメージが加わっていたわけで,ちょっと面白かったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/15

あじさいの季節

 私の住む関東地方も,6月6日に梅雨入り宣言が出てから,既に1週間程たって,今,あじさいが満開です。
 あじさいというのはきれいなのですが,雨と一緒に咲いているイメージなので,どこか寂しいというかわびしいというか,そんなイメージがあります。
ajisai.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/14

鍵を落として締め出された

 ウチのカミさんが,勝手口の鍵を落としてしまいました。
 玄関をはじめ,家中の鍵をかけていたので,どこからも家に入ることができず,30分後,上の娘が外出から帰ってきて,やっと娘が持っていた玄関の鍵が手に入りました。ところが,その鍵で玄関を開けようとしたら,鍵は開いたのですが,なんとドアチェーンがかかっていて,結局家に入ることがでなかったのです。
 私は下の娘と出かけていたのですが,下の娘の携帯にカミさんから電話が入り,隣のうちに上がりこんで厄介になっているから,早く帰宅するようにとの事。その1時間後に私達が帰宅し,ホームセンターへ行って針金のカッターを買ってきて,ドアチェーンを切断することにしました。そのカッターは900円,別段不審者としてとがめられることもなく,無事チェーンを切ることができて,やっと家に入ることができました。鍵のほうも,交番に落としたことを届けたら,その日のうちに拾得物として警察に届いたと連絡があり,無事手元に戻りました。
 ウチの玄関はそれ以来,ドアチェーンが壊れたままです。ドアチェーンは,ドアと枠にねじでなくリベットで止めてあるので,自分ではずして取り替えることはできそうもありません。メーカに直してもらおうとは思っているのですが,ホームセンターで売っている1000円もしない簡単な工具で,いとも簡単に切断できることを考えると,なんだか無駄なような気がして,いまだそのままです。カミさんも,将来再び鍵を落としたとき,入れなくなるから,ドアチェーンをなおしても,絶対にかけないなどといっているので,直すだけ無駄のようです。多分これで,泥棒に入られたら,直すんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/13

生ゴミギョーザ

 韓国の食品会社が,たくあん会社などから廃棄された大根などを集めて,ギョーザの具を作り,ギョーザメーカに納めていた話は,問題のギョーザが日本にも輸入されているとかで問題になっています。
 この食品会社は,もう5年にわたって生ゴミギョーザの具を作っていたそうですが,という事は,5年間発覚しなかったわけで,食べた人は別に食中毒にもならずに健康であったと思われます。
 人間って,結構丈夫なもんなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/12

イオン,シャープとの取引中止

 ジャスコなどのスーパーを運営するイオンは,日本で独占販売している台湾メーカー,東元電機製の液晶テレビについて,シャープが特許侵害を理由に,国内での販売停止を東京地裁に求めたことに反発して,シャープとの取引を中止することを発表した。
 メーカが,生命線である自社の先端技術を,あらゆる手段を使って守ろうとすることは当然で,イオンの対応は納得できません。取引中止する相手が違うだろうと思います。

 以上は10日に書いておいた文章ですが,アップしない間に動きがありました。11日になって,シャープ側の再度の説明,批判的な世論の動向を考えて,イオンはシャープ製品の販売中止を撤回し,逆に東元製液晶テレビの販売を中止したのです。
 しかし,イラク誘拐被害者の家族といい,北朝鮮拉致被害者家族会といい,イオンといい,自分達の行動で世論がどう反応するか,読めない当事者が多すぎるように感じます。当事者であるからこそ,私なんぞにも,常識的に考えてわかる世論動向が読めないんでしょうが,一人の人ではなくて,何人ものグループの総論として,世論の動向が読めないというのがわかりません(当事者であっても,一人くらい,世論動向がわかる人はいないのか)。
 まあ,世論動向を読んだ上,敢えてそれに逆らうというやり方もあります。イラクで武装勢力に拘束された市民団体メンバーのひとりが,拘束はイラクに自衛隊を派遣した国の責任として,国に自衛隊の派遣差し止めと慰謝料500万円などを求めて東京地裁に提訴した件など,その類でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/06/11

マスコミの2チャンネル化

 拉致被害者である地村保志さんの次男の,喫煙についての記事に関し,6月3日に抗議文を送った保志さんに続いて,警察庁と福井県警も,新潮社に対して抗議文を送りました。喫煙記事のニュースソースが,警察関係者であるという発表に対して,「事実と異なる内容を警察関係者が語ったという内容で,警察の信頼を著しく損ねるものだ」という抗議です。
 インターネット上の掲示板サイト,2チャンネルの人物に関するスレッドなどでは,その人物に関して信じられないような噂話や中傷が飛び交い,話題になっている人物に関してよりも,アップされた記事の裏に,記事を書き込んだ人の醜い性根が透けて見えて,そちらの方が面白くて,ついつい見てしまうのですが(笑),一部週刊誌の記事にも,そんな記事があります。今回の週刊新潮の記事も,そんなものの一つかもしれません。
(ところで,記事を書き込んだ人の醜い性根が透けて見えるのが面白くて,ついつい見てしまうというのは,同じ穴の狢って事でしょうね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/10

週末の散歩

 1年半くらい前から,週末には3~4時間,散歩に出かけることにしています。散歩に出かけるようになって,体脂肪率やら,中性脂肪やら,コレステロールなど,脂肪系の数値が改善しているのです。それに気をよくして,ウォーキングにいそしんでいるのですが,家の近くを毎週歩いてもつまらない。車に乗ってどこかに出かけて,そこで3~4時間,時には5時間くらい歩いています。決して観光地に出かけるわけではなく,どこかよその町に出かけるのです。
 ウチのカミさんによると,散歩のために,観光地でもない,どこか他の町に,車に乗って出かけるのがわからないといいます。「歩くのが目的なら,近所を好きなだけ歩けばいいじゃないの」というわけです。さらに,「毎日,駅までバスに乗る代わりに,あるいていけばいいじゃないの」とも言います。おそらく,健康のために,日々の通勤時間を使って,そのようにしている方も大勢いることでしょう。でも,私はだめなんですね。毎日,同じ景色のところを歩いても,面白くないのです。1ヶ月にいっぺんくらいなら,景色も微妙に変わっていいのですが,毎日というのはいけません。やっぱり,いくら健康のためといっても,楽しみながらやらないとねぇ。そうでないと,長続きしないような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/09

フェイスクリームで歯を磨いた

 先日,うがい薬を目薬と間違えて目にさした話を書きましたが,顔につけるクリームで歯を磨いたこともあります。歯磨きと同じようなチューブ入りのフェイスクリームで,たまたま洗面所に置いてあったので,間違えたんです。
 歯ブラシにつけて,口に入れて歯を磨いたとたんに気づきましたが,もう後のまつり。本物の歯磨きで磨いても,何回も口をゆすいでも,キムチを食べても,らっきょを食べても,口の中のクリームくささはなかなか取れませんでした。目薬と同様,歯磨きと同じようなチューブに入っているクリームも,デザインを工夫して欲しいです・・・と,自分のおっちょこちょいも省みず,要望してしまいます。
 この話,むかしNiftyの某フォーラムにも書いた記憶があるので,読んだ方も0.1人くらいいらっしゃるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/08

現代の書店の役割は?

 中学生の娘が,学校の関係で,アンデルセンの「即興詩人」が欲しいというので,それなら,かなり昔,岩波文庫で読んだ記憶があると言ったら,書店に行って探したそうです。ところが,絶版になっているということで,注文できませんでした。それなら,古書店しかないわけで,インターネット上の古書店サイトで検索しました。同じ岩波文庫の森鴎外訳「即興詩人」なのに,古書店によって500円から2000円まで,値段もまちまちです。娘は700円くらいのものを注文したようです。
 最近,このように,インターネットで本を注文することが多くなりました。新刊であれ古書であれ,欲しい本が決まっているとき,書店でなくインターネットで注文することが多くなったんです。インターネットで注文すると,配達料がかかりますが,バスで本屋へ往復することを考えたら,かえって割安です。
 そんな時代の書店の役割は何でしょうか? 私は,本のショーウィンドだと思います。欲しい本が決まっていれば,インターネットで注文できます。でも,「何か面白そうな本はないかな?」というときは,書店へ行きます。ぶらりぶらりと書店の棚をまわるのも,楽しいものです。最近は,大きな書店では,感想を書いたカードなどが掲げられ,ちょっとした書評つきで本を選ぶことができます。書店の本の40%は,出版社に返本されるそうです。書店に並んでいる本の40%は,販売されないのです。そんなところも,ショーウィンドであることを示しているように感じます。
 かつて,書店は読みたい本を置いていないという事が言われていました。現在,読みたい本の題名がわかっているのならば,かなりマイナーな本でも,インターネットで手に入ります。また,ジャンルなどから絞り込んで,面白そうな本を選ぶこともできます。そんな時代では,書店は,マイナーな本を置く必要がなくなったのではないかと思います。
 インターネット書店が繁盛する時代では,書店が衰退していくという意見があります。確かに,書店がショーウィンド化するという事は,書店で本が売れなくなるという事であり,インターネット書店に置き換わりつつあるといえるでしょう。しかしショーウィンドとしての書店は無くならない。しかし,書店だけでは成り立たないでしょうね。なにしろショーウィンドなんですから。ネット書店がネットでの購入を促す為に,ショーウィンドとしての書店を開くのです。紙に印刷したような,見やすいディスプレイによる電子書籍に,本が取って代わられる可能性も否定できないですが,そんな電子書籍にも,紙の本のショーウィンドというのは必要だと思います。
 ところで,娘が注文した森鴎外訳「即興詩人」はまだ到着しませんが,本人は,ひょっとして旧仮名遣いなのではないかと心配しています。

---<追伸>----------------------------------
 娘が注文した即興詩人,届いてみたら,見事に旧仮名遣いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/07

目薬タイプの水虫薬は承認しない

 厚生労働省は,6月3日,目薬と間違えて点眼するのを防ぐため,「今後承認する水虫薬はプッシュ式やスプレー式とし,容量は10ミリリットル以上に統一。既存の滴下タイプの販売を続ける場合はノズルを赤か黒,茶色にして目薬との違いを際立たせる。目薬の容量は5ミリリットル以下にして大きさの面でも区別しやすくする」よう,日本製薬団体連合会などに通知したそうです。
 驚いたことに,目薬以外の薬を点眼した患者を診察した経験のある眼科医は94%もいて,なかでも水虫薬が圧倒的に多いそうです。
 「驚いたことに」というのは,私と同じようなへまをやった人が,そんなにいたのかという驚きです。わたしは,水虫薬ではないものの,うがい薬を目薬と間違えてさしたことがあるんです。その痛いこと,痛いこと。すぐ水で洗い流して,本物の目薬をさしました。こんなへまは,恥ずかしくて人には言えないと思っていたのですが,同じ間違いをした人がそんなにいると知って,なんだかホッとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/06

佐世保の事件,その後

 小6女児による佐世保の事件について,いろいろなBlogで取り上げられています。それを見ると,一つは,インターネット上の文章で人に伝える難しさ,その技術の教育をという技術系(私の先日の記事も,これ),もう一つは,命の大切さの教育をという心の教育系(たしか,加害者・被害者の小学校の先生も,そんなことを言っていた)の2系統の意見が主流です。
 どちらももっともで,まずNETで気持ちを伝えるスキルの貧弱さが引き金になって,殺意が生まれ,それを抑えられずに殺人の実行までいってしまう。おそらく,両方の対策が必要なのでしょう。でも,下のBLOGに書いてあった「想像力の欠如」。これって確かにあると思います。

GINNIRO sneaker

 殺される相手の苦痛やその家族の気持ち,殺した結果,自分や自分の家族に降りかかってくる不幸への想像力の欠如が原因ではないのかという意見です。誰かを殺したいと思うことは,誰でも一度や2度はあるだろうけれども,そんな想像力が殺人の実行への抑止力になっているのが普通だろうという事で,確かにその通りだと思います。
 いくさんがおっしゃるような,「まっとうな方向への想像力の欠如」は,最近の若者についてよく言われる,「短絡的」とか「すぐ切れる」とかいうところにもつながっているのでしょうね。
 それともう一つ,加害者は,バトルロワイヤルとかテレビの推理ものとかに影響され,それを自分の小学校に置き換えたような物語をNETにアップしていたといいますから「違う方向への想像力」にとらわれていたのではないかとも思います。
 このような事件が起こったとき,加害者と同世代の少年少女たちに一般化して考えがちですが,犯行の根っこが一般化しうる問題なのか,それとも加害者の特異なものなのか,今のところわかりません。以前,神戸で起こった14歳の少年による殺人事件の直後にも,そんな一般化した意見がありましたが,現在では,特異な加害者から生じた事件という見方をされているように思います。
 「最近の若者についてよく言われる」と書きましたが,また「凶悪暴力事件の低年齢化」というくくりで話されることが多いこの事件ですが,私の先日の書き込みにトラックバックをいただいた「hideki_1978」さんのBLOGで紹介されていたホームページを,私も引用させていただきます。まあ,インターネットなどのメディアやカッターナイフなどのツールが,昔に比べて,より身近にあるという事はあるんでしょうけれど。(ここに挙げられている事件の年代に注目)

<少年犯罪 13歳以下の犯罪>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/06/05

BSEに感染しない牛

 キリンビールが,狂牛病(牛海綿状脳症:BSE)に感染しない牛を作ったそうです。牛の遺伝子を操作して,生まれつきBSEの原因物質であるプリオンを持たない牛を作ったということですが,できたといっても現在未だ胎児の段階で,出産は来年2月になるとの事。
 遺伝子操作牛ということで,さすがに食用ではなく,医薬の研究用だそうです。いまのところ,そんなことを言っておいて,実は最終的な目的は食用の牛を目指しているということはないんでしょうか?
 遺伝子操作食品について,こんな記事を書いたことがあります。

http://alice.cocolog-nifty.com/alice/2003/12/post_4.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/04

小学生,同級生に切りつける

 長崎県で,小学6年生女児が同級生にカッターナイフで切りつけ,被害者が死亡するという事件が起きましたが,ネット上の書き込みによるトラブルが元になっているようです。ホームページの掲示板への書き込みで,ばかにされたと解釈したことが事件の引き金になったらしいとの事。
 面と向かった会話では,表情や話し方で相手の気持ちも推測できるでしょうが,つたない文章による掲示板の書き込みでは,なかなか真意が伝わらないということもあるかもしれません。また,書き込まれたほうも,すぐに言い返して気持ちを相手に伝えることもできず,もどかしく感情が内向きにこもってしまい,ストレスが蓄積されてしまうのかもしれません。
 やはり,ネットだからこそ起こった事件といえるのでしょうか?ネットでは,これまでの面と向かった会話,電話,手紙などと同じようなやり取りでは,誤解を生む可能性があり,ネットでの,これまでと違った,新しい会話法というのが,確立されなければならないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/06/03

三菱自動車,またリコール隠し

 昨日,三菱自動車は,パジェロなどの計30件の欠陥を,リコールせずにやみ改修していたことを発表しました。
 またかという感じですが,会社再生のためのウミ出しなんでしょうね。このように小出しにせず,何百件でもいいからいっぺんに出した方が,長い間話題にならなくて済むような気がしますが。いまは,不始末を発表して,忘れかけた頃にまた次の不始末を発表するというような具合で,ちょっといただけません。
 しかし,2000年の大量不具合情報隠しが発覚したとき,運輸省に情報開示を求められたにもかかわらず,公表しなかった事例が多数あり,やみ改修も中止して放置していたそうですから,ちょっと悪質ですね。リコール隠しをしていた欠陥車は,当時のほぼ全車種に当たるというのも驚きですが,当時そのように指導をした人々は,社内から完全に排除されたのでしょうか? そこまでしないと,体質改善になりません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/06/02

漢字変換しないことば

 パソコンで文章を書いていて,「物質」という語を書こうと思いました。
 ところが,どうしても「物質」と変換しません。何回かトライしているうちに気づいたんですが,私は,「ぶしつ」と入力していたのです。「物質」は,「ぶしつ」と発音する場合が多く,その通り入力していたのですが,これでは変換しないのです。正しい日本語では,「物質」は「ぶっしつ」であり,そう入力しなければ変換してくれません。
 パソコンで文章を作っていて,つい慣用的に口にする発音で入力して,変換しないという言葉に出くわすことがあります。下のものは,そんな例です。

  ぶしつ=>ぶっしつ(物質)
  だしつ=>だっしゅつ(脱出)
  せきしつ=>せきしゅつ(析出)
  とうる=>とおる(通る)
  つずみ=>つづみ(鼓)
  はいほく=>はいぼく(敗北)

 特に,「出」の字を「しつ」と発音しがちですが,じつは「しゅつ」というのが正しいわけで,それに関連した言葉が,「変換しない言葉」の例として多いように思います。
 パソコンを叩いていて,正しい日本語のお勉強をしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/01

ヤフーBB,1年近くパスワード放置

 ヤフーBBの契約者情報流出事件で,ソフトバンクを脅迫した24才の男性は,元派遣社員の30才の男性が退職後に自らのものだったIDとパスワードを使って顧客データベースに侵入したのを盗み見て,犯行に及んだ(顧客データを引き出した)ことがわかりました。
 会社側は,30才の男性の退職後,1年近くもIDとパスワードを放置していたということで,コンピュータとデータ通信で飯を食っている会社としては,ずいぶんずさんな管理だったんですね。
 私が勤める会社は,コンピュータ関係の部門ではありませんが,3ヶ月ごとに自動的にパスワードが無効になり,無効になる前に,新たなパスワードを設定しなければなりません。しかも,以前使ったことのあるパスワードを設定しようとすると,自動的にはねられてしまうので,結構みんな文句タラタラなんですが,少なくともそのくらいのことをやらないと駄目なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »