« 参院選,投票率は低い? | トップページ | 梅雨の中休み »

2004/07/04

民主党,岡田代表の存在感増大

 民主党,岡田代表の存在感が増しています。
 小沢氏が年金問題のため代表を辞退して,次期代表に岡田氏が決まったとき,知名度のなさ,地味さから,いったい民主党はどうなることかと思いましたが,その人となりが報道されてくるにつれて,自民党の変人,小泉首相と十分対抗できる変人であることが明らかになってきました。双方とも,頑固さにおいても,遜色ないようです。
 いま,国民にアピールするのは,「変人」です。変人というのは,自民党の抵抗勢力のような,旧来の政治家然とした人でないということです。それが,これまでの政治を変える期待を抱かせるのです(まあ,期待だけかもしれませんが)。
 民主党は,立派な変人を代表にすることに成功し,選挙戦を自民党と互角に戦える体制を作ったといえます。実際,年金の強行採決や多国籍軍派遣問題など,自民党の自滅的人気下落があったとはいえ,岡田代表のキャラクター無しでは,特に点数を上げる要素のない民主党が,ここまで国民にアピールすることはなかったでしょう。
 民主党による政権奪取は無理としても,2大政党化への流れは,確実に作られたといえるでしょう。

|

« 参院選,投票率は低い? | トップページ | 梅雨の中休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/896368

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党,岡田代表の存在感増大:

« 参院選,投票率は低い? | トップページ | 梅雨の中休み »