« 原爆について語る? | トップページ | 高速道路の自動運転を »

2004/08/10

白沢村,望郷の湯

 ほんのちょこっとサイクリングをするつもりで,多摩湖・狭山湖へ行きました。しかし,気温は34度。着いたとたんにサイクリングをする元気がなくなり,そのままなんとなく所沢インターから関越自動車道に乗ってしまい,なんとなく沼田インターで降りて,道すがら見かけた望郷の湯という立ち寄り湯に入りました。この温泉は,白沢村の道の駅,「道の駅 白沢」の傍らに設けられたものです。ここは,2時間で500円というリーズナブルな料金でした。
 露天風呂は,片品川の谷に向かって作られており,谷の対岸の景色が見えて開放的です。おりしも,雷が鳴り雨が降ってきて,雨にぬれる露天風呂から迫力ある稲妻を見ながらの入浴となりました。
 その後,国道120号線を日光へ。白沢村から日光への途中には,いくつもの立ち寄り湯があります。120号線を走っていると,立ち寄り湯の看板が次から次へと現われ,時間が許せば,立ち寄り湯のはしごができます。
 というわけで,サイクリングのつもりが,温泉紀行になってしまいました。かつて,優待券をもらった豊島園(東京都練馬区の遊園地)へ行くつもりだったのに,道が空いていたため,予想よりかなり早く着いてしまったのに気をよくして,そのまま関越に乗って長野市の実家まで行ってしまったことがあり,この程度の目的地変更は,我々の場合,驚くに当たりません。

<道の駅,白沢の写真>
shiasawa.jpg

|

« 原爆について語る? | トップページ | 高速道路の自動運転を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/1154476

この記事へのトラックバック一覧です: 白沢村,望郷の湯:

« 原爆について語る? | トップページ | 高速道路の自動運転を »