« 北朝鮮大爆発,英国大使が視察 | トップページ | 小山市の児童誘拐殺害事件 »

2004/09/16

宅間死刑囚,死刑執行

 2001年6月,大阪教育大附属池田小学校に乱入し,児童8人を殺害した宅間死刑囚が,大阪地裁の一審での死刑確定から1年余りたった9月14日,死刑執行されました。被害者への謝罪の言葉は,最後までついに言わなかったとの事です。
 死刑確定から1年というスピードで死刑が執行されたのは,自身が死刑を望んでいたからという話があります。この事件に限り,長い間悶々と死刑を恐れて刑務所生活を送ることなく,自身も希望したもっとも楽な方法で刑期を終えたという感じがします。死刑制度の廃止を訴えている人権保護団体は,あまりにも性急な死刑執行に抗議する声明を出していますが,この事件に限り,もっと長く刑務所で苦しめろといっているように聞こえてしまいます。
 宅間死刑囚本人も,「生まれてこなかったら良かった」といっていたそうですが,本当にいったい何のために生まれてきたんでしょうか。そして,40年間も,死刑になるために生きてきたのか?

|

« 北朝鮮大爆発,英国大使が視察 | トップページ | 小山市の児童誘拐殺害事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宅間死刑囚,死刑執行:

« 北朝鮮大爆発,英国大使が視察 | トップページ | 小山市の児童誘拐殺害事件 »