« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004/10/31

島田紳助,暴行事件

 吉本興業の女性マネジャーに暴行したということで,この女性から被害届を出された島田紳助が,10月28日に記者会見を開いて以来,たくさんのBLOGでこの話題が取り上げられています。
 島田紳助側に同情的なコンテンツが少し多いかなと思いますが,そうでない記事もあり,意見は割れています。見るところ,以前から紳助に好意的だった人は紳助に同情し,嫌いだった人は批判しているという,実にもっともな結果になっているようで,好きだったけどこの事件のために嫌いになったとか言う人は,余りいないようです。
 私はといえば,事件のきっかけになった女性の無礼な態度というのが,想像できてしまい(全くの想像に過ぎず,根拠はないんですがねえ),どちらかといえば紳助に同情的です。それは,体罰に対して,私は否定的でないことも関係しているのでしょう(体罰と暴力というのは,似て非なるものと思っているので)。
 いずれにしても,女性の言い分というのを,生の声として聞いてみたい気がします。女性の弁護士の発言がありますが,こういう場合の弁護士の発言というのは,反対の立場をとる人にとって,反感を買うためにあるようなものですから,あまり参考にはなりません。こういった場合の弁護士のコメントというのは,(当然なのですが)攻撃的で,控えめでなく,同情できたためしがありません。インターネットのホームページやBLOGの形でもいいから,女性の自分の声(文章でもいいが)というのを聞いてみたいですね。私は,女性の方も,「私にも悪い点があったけど・・・」という前置きがあった上,島田紳助を糾弾するのが本当だと思うからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/30

ビストロ・ポップコーンのランチ

 ビストロ・ポップコーンへ,また行ってきました。
 以前はディナーでしたが,今回はランチです。以前は娘二人と行きましたが,今回はカミさんとふたりでした。
 ここのホームページは不親切で,ランチに関する情報がありません。ことによったら,ランチはやってないのではないかという気がしつつ,1時頃店に行きました。そうしたら,昼はランチメニューだけの営業らしい。日替わりのAランチ,Bランチ,さらに数種類のランチがあり,ランチメニューも結構豊富です。すべてスープ,ライス,食後の飲物付き,メニューによってはサラダがつきます。
 カミさんはAランチ,私はBランチを頼みました。Aランチは,煮込みハンバーグのキャベツ包み,Bランチはステーキに魚の揚げ物,どちらもボリュームがあり,ディナーに劣らず大変美味しかったです。これでAランチは800円台,Bランチは1050円,他のランチも,すべて1050円です。値段はファミレス並み,内容ははるかにファミレスをしのぎます。これをホームページに公表していないのは,混雑を避けるためかと思ってしまいました。知る人ぞ知る,ビストロのランチです。

 以上のランチは,平日だけ。土曜,日曜のランチタイムは,ホリデーランチコースというのになり,フレンチかイタリアンの2種類のランチ(これは2100円のコースで,スープ,前菜,メインディッシュ,デザート,飲物のコース),それとディナーと同様のメニューになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/29

新潟県中越地震被災者支援チャリティーコンテンツ

 新潟県中越地震は,10万人の被害者を数え,地震そのものでなく,ショックやストレスや疲労,また自動車で寝泊りしている方のエコノミー症候群などでなくなる方もいて,死亡者もいまだに増え続けてている状況にあります。電気は次第に復旧しつつあるようですが,ガス,水道はまだまだのようです。さらに,強い余震が発生し,新たな崩壊や停電が起こっています。そのために,普及活動も滞りがちだと聞きます。地震国日本に住む私達は,明日はわが身である可能性が高く,その意味でも,被災者の方々には同情を禁じえません。
 このBLOGシステム「ココログ」を運営している@niftyが,「新潟県中越地震」被災者支援チャリティーコンテンツというのをはじめました。募金に応じるには,@niftyのIDを入力する必要がありますが,月額基本料無料の@nifty IDというのがあり,@nifty会員でなくても,利用可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/28

イラクでまた日本人人質事件発生

 イラクで,日本人人質事件がまた発生しました。
 ザルカウィのアルカイダ組織が,インターネットサイトを通じて声明を出し,48時間以内の自衛隊の撤退を求めています。これまでの人質事件は,地元イラク人の武装組織でしたが,今回の組織は,多数の外国人殺害実績がある外国人組織で,以前の人質事件で解放に大きな力となった,イラクの聖職者協会もお手上げのようです。
 以前の人質は,ジャーナリストやボランティアなど,或る程度イラクで活動する必然性がありましたが,今回の人質は観光目的であったと言われており,もしそれが本当で,イラクに行く必然性がなかったのなら,迷惑以外の何者でもありません。全く何を考えているんだろう。

<このBLOGの,以前の人質事件のときの記事です。>

2004/4/9  イラクで日本人3人誘拐
2004/4/10 イラク誘拐事件,その後
2004/4/11 ネット上の,イラク邦人誘拐事件
2004/4/12 イラク邦人誘拐,人質解放へ向かうか?
2004/4/16 イラク3邦人解放と,2邦人行方不明
2004/4/17 イラク3邦人,認識不足?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/27

紀伊国屋,古本販売に参入

 販売額日本一の書店である紀伊国屋書店が,古本販売に乗り出すそうです。
 10月22日から絶版品切れの文庫本をインターネットで売り出すもので,絶版でない本の古本は売らないというのが,新刊書書店らしいところです。当面,毎月3回,500冊づつ出品するそうで,11月中には,ネット検索,発注できるシステムにするとか。
 北九州に本拠をもつ「ふるほん文庫屋さん」との共同事業だそうです。「ふるほん文庫屋さん」もネット上に店を持っており,何回か注文したことがあるのですが,ここのデータベースは,「過去に入力したデータは全て残しています。“在庫が無くなったから削除する”、“新たに復活したから再登録する”といった事は、時間的・作業量的に無理です。」という代物です。つまり,本の新規登録だけで精一杯で,売れた本の削除をしていないため,データベースに登録されていても売り切れの場合がほとんどということで,私の場合,いまだに購入できたためしはありません。紀伊国屋との共同事業で,そこら辺が改善されればなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/26

国連安保理,常任理事国?

 小泉首相が国連で演説し,国連安保理の常任理事国入りを表明しましたが,国連改革に関する諮問機関「ハイレベル委員会」は,日本,ドイツなどが今後常任理事国になった場合,既存の5カ国と異なり,拒否権無しの,任期の長い非常任理事国並の理事国とするという報告をまとめていることが分かりました。
 日本の常任理事国入りに関しては,国内でも賛否両論があります。私は,現在の国連の枠組みの中では,日本は常任理事国になって当然と考えています。アメリカに次ぐ国連への資金の拠出国が常任理事国になるのは当然と考えているのです。常任理事国になっても,アメリカと同じ主張しかできないじゃないかという意見がありますが,たとえそうであっても,将来ともそのままかどうかわからないし,国として国連に意見を言う権利を確保しておくのは,悪くないと思います。
 しかしながら,実際には,常任理事国という発想自体が既に時代遅れだと思います。常任理事国は,第二次世界大戦の戦勝国クラブであり,結局第二次世界大戦の戦後処理のための体制に過ぎません。将来的には,常任理事国という概念は,なくなるべきでしょう。実際のところ,もう役割は終わっているのではないかと思います。イラク戦争は,国連安保理の機能が働くことなく,アメリカとイギリスがはじめました。国連改革をいうのなら,常任理事国制度を含めた,安保理の機能そのものを見直す時期だと思います。世界唯一の超大国,アメリカをけん制できるような組織は,できないものでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/25

ビストロに行きました

 義父(カミさんの父上)が怪我をして,日曜日にカミさんが実家に手伝い兼お見舞いに出かけました。
 残された私と中学生の娘二人,朝食はパンで済ませ,昼食は中三の上の娘が焼きそばを作り,さて,夕食は外食しようということになりました。娘達が冷麺が食べたいというので,日本一美味しい冷麺をご馳走しようと言って,以前私が行ったことのある店のホームページを調べたら,なんとその店は定休日なのでした。そうなってくると,思いつくのは近所のファミレスか回転寿司ばかりです。下の娘も中一になったので,ちょっとしゃれたフランス料理店にでも連れて行こうと思い,インターネットで検索しました。そこでなるべくウチの近所ということで見つけたのが,レストラン「ポップコーン」という店です。
 フランス料理店,いわゆるビストロなのですが,ポップコーンという名前がちょっと引っかかります。ビストロで「ポップコーン」? ちょっと信じられない名付けではありませんか? メニューを見ると結構本格的らしいのですが,お値段が手ごろです。さらにインターネットで検索してみると,地域の掲示板などで,「私が一押しのお店は、高津区にある『ビストロ・ポップコーン』。名前はなんとなく軽いんだけど、料理は最高!すっごく手が込んでる料理ばかりが前菜から並ぶ。」「知る人ぞ知る名店。ボリューム満点のちょっと昔風のフレンチで最近の懐石風の洒落たフレンチとは一線を画します。良い材料をふんだんに使ってしっかりした味付けとボリュームでお腹いっぱいです。」などといったコメントが並んでいます。さらに,何と,店の公式サイトとは別に,ファンサイトまであるんです。そこで,ここに決まり。冷麺にこだわっていた娘達も,フレンチだというと,でんでんむしを食べるんだなどといって喜んでいました。
 この店の公式ホームページはちょっと不親切で,営業時間がAM11:00~ラストオーダー9:30としか書いてありません。混むといけないというので,午後4時40分ごろ行ったら,駐車場には車は一台もなく,店を覗いても客の気配がありません。恐る恐る入っていって聞いてみたら,ディナーは5:00からとの事,席についてお待ちくださいとの事でした。20分も待っているのかと思いきや,コースもいろいろあって,メニューを見てあれにしようか,これにしようかなどと言っている間に,たちまち5時になりました。
 結局,上の娘は合い鴨のローストのコース,下の娘はオマール海老と渡り蟹のビスクのコース,私は具だくさんのブイヤベースのコース,それに娘達のリクエストのでんでんむし(エスカルゴのブルギニオン風)を単品で頼みました。料理は評判にたがわず,前菜からボリューム満点,一同大満足でした。初め私達だけだったお客さんも,5時になったとたんに続々とやってきて,なるほど人気店なんだなと実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/24

新潟地震,震度6強

 10月23日の夕方6時少し前,横になって本を読んでいたら眠ってしまっていたのですが,結構激しい揺れに飛び起きました。地震です。
 すぐテレビをつけてみたら,新潟中越地方を震源地とする地震のニュースをやっていました。震源地近くでは震度6強との事。我が家のある横浜は,震度4程度です。その後,新幹線の脱線や家屋の倒壊,停電,ガス管の破裂,死者,けが人の情報が入ってきましたが,新潟ではかなりの被害が出ている模様です。カミさんの実家である長野市も,震度5弱のようだったので,電話を掛けて無事を確認,出かけていたカミさんにそれを伝えようと,カミさんの携帯に電話を掛けたのですが,何回かけても携帯は「電話がつながりにくくなっています」というメッセージを繰り返し,結局つながりませんでした。安否確認の電話で,携帯通信網もつながり難くなっていたようです。
 今回の地震では,最初の大きな地震のほかに,余震が何回も起こり,震度6クラスの余震も発生しました。23日6時半過ぎの大きな余震は,私の見ていた局では,新潟のスタジオからの生中継中に起こり,アナウンサーが「落ち着いて行動してください」と叫びましたが,その時我が家では揺れを感じていませんでした。横浜の我が家で,その地震を感じたのは,それから10秒ほどたったときです。遠くの地震の揺れの伝播を,揺れの時間差で実感したのは初めてでした。
 被災地は夜に入り,息が白く見えるほどの寒さだと聞きます。余震への備えのためすぐには家に入れない方も多いようです。家には入れても,停電で電気を使う暖房を使用できず,またガスが漏れている恐れがあって,物を燃やして暖を取ることも,ろうそくで明かりを取ることもままならないようです。お見舞いを申し上げるとともに,これからも余震に気をつけてください。
 ところで,私が揺れで飛び起きて以来,テレビ局は通常番組を中止して地震のニュースを放送しています。教育テレビは通常放送かと思いきや,安否確認の放送を行っていました。ところが我が家で受信できる地上波のうち,2局だけは通常放送を行っていました。ひとつはテレビ東京,もうひとつはテレビ神奈川です。東京ローカル,神奈川ローカルにとっては,新潟地震は遠い地方の出来事ということでしょうか。
 神戸,北海道,新潟といった具合に,大きな地震は,いつ起きてもおかしくないという関東・東海地方を避けるように,起こっています。次こそは本丸か?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

年賀状の季節?

 某コンビニの店頭に,「年賀状の印刷承ります」の幟を発見。
 それを見て,もうそんな季節になるかと感慨にふけっていたのですが,まだ10月下旬であることに気づきました。まだ年賀状の季節でないと思うんですがねえ? そういえば,本屋さんでも,年賀状図案ソフトのムックが平積みしてありました。でも,今頃から年賀状の準備をする人がいるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/23

ベイスターズ,タイガース,オーナー辞任

 以前,このBLOGで,「西武堤オーナの辞任は,楽天,ライブドアのプロ野球新規参入にどう影響するのだろうか?」と書きましたが,元明大野球部の一場投手への現金授受問題が発覚した横浜,阪神のオーナーも辞任しました。両チームの親会社,TBSおよび阪神電鉄の会長には留まるので,プロ野球チームへの影響力は残るんでしょうがねえ。
 今回の金銭授受の発覚は,匿名文書がオーナーに届いた事によるということですが,プロ野球界が新規参入問題などでゆれている最中の匿名文書であり,ついつい新規参入問題との関連を勘ぐってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/22

台風23号がやってきた

 首都圏直撃といわれた台風23号。
 10月20日の東京地方は,夕方頃から雨足が強くなりました。でも,風は思ったほど吹いていません。横浜のわが家の中にいても,強い雨の音は聞こえても,風の音は聞こえません。前の22号のときは,風も強かったんですがね。雨のほうも断続的で,強く降ったり弱くなったり,まったくやんでしまったりで,ちょうど雨足の強いとき,電車やバスから降りて歩かなければならない人は,運が悪かったという感じです。21日の深夜,0時から1時ごろ,台風がもっとも接近したはずですが,雨は上がってしまい,風もなく,空を見上げれば,雲の切れ間に星が見えるという状態でした。台風のせいか,道には人通りもなく,車も通りません。いつもに比べて静かなくらいでした。その頃には,暴風域も既になくなっていると報道されていました。しかしテレビのニュースでは,20日午後10時過ぎには,横浜で風速31mを観測したと言っていましたが,少なくとも,我が家に居る限り,強い風が吹いていたという感じはありませんでした。深夜1時30分頃から,星が見える状態のまま風が出てきましたが,結局,我が家からみる限りでは,今回の台風23号は,22号に比べておとなしかったという印象です。
 21日朝,まだ小雨が降っていました。結局雨が止んだのは10時頃。そのまま曇りが続き,太陽が顔を出したのは午後3時ごろのことでした。前の22号のときもそうでしたが,台風一過の晴天にはなりませんでした。今年の台風の特徴でしょうか。
 この台風,全国的に見れば,死者,行方不明者合わせて80人あまりと,今年最大の台風被害となりました。東京地方のニュースでは,首都圏直撃という事で,来る前から大騒ぎをしていましたが,既に九州,四国,紀伊半島などに上陸して勢力が弱まった後のためか,被害状況も,九州,近畿などに比べると軽微であるようです。

---<追伸>-------------------------
 身近に被害がなかったのをいいことに,上のような暢気なことをいっていたら,台風被害がじわじわと身近にも現われてきました。
 野菜の価格高騰です。カミさんの言うには,普段安いことで有名な近所の八百屋で,レタス一個600円だったとの事。NHKのニュースでは,1000円をこえるレタスのニュースをやっていました。1000円を越えるレタスなんて,誰が買うんでしょう。
 これが,米の刈り取り前だったら,米不足で大変な社会問題になっていたところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/21

ソフトバンクの株価下落はプロ野球参入発表のせい?

 ライブドア,楽天に続いて,インターネット関連企業の大御所,ソフトバンクがプロ野球参入を発表しました。報道によると,これでソフトバンクの株価が下落したようです。新聞の解説によると,今回の株価下落は,「ホークスの買収がうまくいくかどうか分からないから」ということですが,いったい,株式市場は買収がうまく行ったほうがいいと思っているのか,うまくいかないようがいいと思っているのか,どちらなのでしょうね。
 将来の企業業績で株価が上下するなら,先行きがどうなるか分からない現時点では判断の仕様がなく,株価が上下するはずも無いと思うんですがねえ。ホークスを買収できるかどうかわからない現段階で(どちらかというと買収できない方が確率的に大きいのではないかと思っているのですが),買収できたとした場合の業績的損失を云々しても無意味だし,買収できないとしたらこれまでと経営環境は変わらず,したがって株価が上下するようなネタになるとは思われません。現段階では,今回の発表によって,TVのニュースやワイドショーでソフトバンクの名前が連呼され,新聞の一面に社名が踊り,ソフトバンク社の解説まで載る始末で,インターネットに疎く,関心のなかった野球ファンの間にも社名が浸透するというプラス効果しかなかったように思います。それにもかかわらず,株価の下落が起こった?
 以前,フセイン拘束での株価の上昇に関連して,「株価の上下というのは,よくわかりません。その企業の業績が近々上がるだろうという見込みで株の購入が増えて株価が上がるというのが基本なのでしょうが,『そんなことで業績が上がるものか?』というような理由で,株価が上がってしまいますね。株をやっている人のメンタリティーがわかりません。」と書いたことがありますが,正によくわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/20

楽天はてんぷら屋?

 楽天かライブドアか,それともそのどちらも落選か(どちらも当選ということはありえないでしょうね),それは11月2日に明らかになるらしいですね。
 ところで,中三のウチの上の娘が,楽天というのは,町のてんぷら屋だとばかり思っていたことが判明。家族親戚一同,唖然としてしまいました。球団をもてるほど売り上げのあるてんぷら屋って,どんなてんぷら屋?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/19

銀行に都合のよい,ダイエー再建

 ダイエーの再建は,迷走した挙句,産業再生機構を活用することに決定したのは9月13日のことでした。
 買いたいという民間企業がいるにもかかわらず,国民の税金を使った再建を行うのがよくわかりません。買いたいという民間も,ダイエーに対する債務免除など,銀行による支援が条件になりますが,銀行が再生機構を使わないと,これ以上の経済支援を行わないと主張したことから,結局銀行の言うなりになったという格好です。何のかんのといっても,結局,産業再生機構活用は,銀行を助けることになるわけで,国民の税金は,結局間接的に銀行を助けるために使用されることになります。
 世の中,あくまでも銀行に都合いいようにできているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/18

野球機構審査小委員会は,ポルノサイトの話題がお好き

 9月14日に行われた日本野球機構審査小委員会による楽天とライブドアのヒアリングは,楽天は和やかに進み,ライブドアは30分以上も成人向けサイトとめぐって質問が続き,両者の印象に差がでたという委員もいたと報道されました。
 この報道により,世論の好意は楽天よりライブドアに傾き,審査小委員会は反感をかいました。インターネットで検索して,この問題について言及しているBLOGを見てみると,「健全性云々の指摘はいちゃもんに過ぎない」「楽天のサイトの中をあら探ししてみると出てくるエロサイトもある」「系列誌ではポルノを扱っている,テレビでヤラセ行為を行っている,有価証券報告書の虚偽申請をおこなっていたなど,現球団の親会社だって『公共財としてふさわしい企業』とはいえない」「いまどきエロ批判とは,為にする批判とはこの事だ」などなどの意見が踊っています。
 実際,審査小委員会は,一生懸命ライブドアのあら捜しをしているという印象しかもたれない。ポルノサイトのことをプロ野球参入のヒアリングで30分以上も問題にするなど,小委員会はむしろポルノの話題が好きなのではないかと思えるくらいで(笑),実にバカバカしく,子どもじみています。今回のヒアリングの結果として,もしライブドアが落ちることになれば,審査小委員会は世間の笑いものになるでしょう。
 審査小委員会のメンバーは老人のようですが,いったいインターネットサイトのことを理解しているのでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/10/17

ウイルスバスターが機能していない一瞬

 パソコンで,いつものウイルスバスターのアップデートが,自動的に行われていたとき,はっきり文言は覚えていないのですが,突然「コンピュータが危険にさらされている可能性があります。ウイルスバスターが機能していません」というようなメッセージが出ました。何事かと思ってぎょっとしていたら,やがてウイルスバスターのアップデートが終ったとたん,そのメッセージも消えました。
 これまでそんなメッセージが出ることはありませんでした。思い返してみて,これまでと違ったことといったら,Windows XPのSP2を入れたことだけです。知人達に聞いてみると,SP2はセキュリティーがアップしており,そのメッセージも,アップしたセキュリティーチェック機能に引っかかったのだろうという事でした。ウイルスバスターのアップデート時の一瞬,ウイルスバスターによる監視が効いていない時間があるということですね。確かにそれはありうることだと思いますが,これまで気付かなかった・・・。その一瞬をついて侵入するウィルスなどが出てこないことを祈ります。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004/10/16

山梨の昇仙峡へ行ってきました

 先日の10月11日月曜日,体育の日の休日に,山梨県甲府市の北方にある昇仙峡に行ってきました。この3連休は,土曜日が台風で一日中外出せず,日曜日は上の娘の学校の文化祭に行き,月曜日一日だけ,家族全員に特に予定も無く,どこかへ出かけようかということになり,自宅のある横浜から日帰りできてこれまで行ったことの無い場所として,昇仙峡を選んだのです。
 昇仙峡というのは,甲府市を流れる荒川という川の上流部分の渓谷のことで,仙娥滝という滝や,渓谷沿いに覚円峰,天狗岩,登竜岩など,さまざまに名前のついた奇岩を散策できるハイキングコースがあります。ここはまた,紅葉の名所ですが,10月初旬ではまだ早すぎて期待できません。
 朝は多少雨が降っていましたが,やむことを期待して6時半に自宅を出発,昇仙峡入り口の市営無料駐車場に車を置いたのが8時半過ぎ。駐車場のところから,甲府駅よりやってくるバスに乗って,昇仙峡の最奥部,仙娥滝まで行きます。ここから川沿いに,ハイキングしながら麓の駐車場まで降りてきました。
 土曜日の台風の後で,足元が心配だったのですが,歩く道はすべて舗装道路で,心配無用でした。この川沿いの道は,舗装道路でありながら休日は車両通行止めになり,ゆっくりこの道路を上り下りするテト馬車以外に車は通りません。約1時間のハイキングを楽しみました。
 昇仙峡は,ハイキングコースのところどころに土産物屋があり,トイレなども整備され,ハイキングコースというよりも観光地といった風情のところです。朝,雨が多少残っていたにもかかわらず,また紅葉にはまだ早いにもかかわらず,かなりの人が来ていて,ハイキング中に出会うテト馬車も,満員の盛況でした。
 ここのみやげ物の目玉は,なんといっても水晶です。かつてこのあたりで水晶が取れたそうで,昇仙峡の北には,クリスタルラインという名前の付いた道路さえあります。麓の駐車場付近,仙娥滝付近,渓谷沿いのハイキングコースの要所要所にある土産物屋では,たくさんの水晶が売られています。おそらくこれらは,中国や台湾産のものと思われ,お土産物として適当な価格で売られています。かつてここで水晶が取れたから,外国産の水晶をみやげ物として売っているというのも,ちょっとどうかと思わないこともありませんが,かつての産地であることを記念した水晶テーマパークだと思って,ディズニーランドでミッキーマウスグッズを買って帰るように,ここで水晶のお土産を買って帰るのもいいんじゃないかと思います。
 昇仙峡はもちろん自然の中のハイキングコースではありますが,前にも述べたように自然のままのコースではなく,土産物屋やテト馬車や茶店などと一体になった観光地であり,それなりに楽しめました。今の時期にこれだけの人が来ているということは,紅葉が始まったら,おそらく大変な混みようになると思われます。

<昇仙峡の仙娥滝>
syosenkyo.jpg

 今回の記事は,10月11日の事を書いたもので,ずいぶん前の話になってしまいました。記事は10月11日に書いてあったのですが,郵政改革の事,BSEの事など,書きたい事が飛び入りで入ってしまい,今頃のアップになってしまったものです。あしからず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/15

堤西武オーナーの辞任で,プロ野球は?

 西武鉄道は,9月13日,有価証券報告書の虚偽記載を発表し,関東財務局に訂正を届け出ました。今年4月に,西武鉄道の利益供与事件の責任をとって,西武鉄道会長を退いていたコクド(西武鉄道の親会社)会長は,今回の不祥事を受けて,コクド会長,西武ライオンズオーナーを含めて,グループ企業の全ての役職を辞任すると発表しました。
 プロ野球の渡辺巨人オーナーと共に,1リーグ制実現へ向けてリーダーシップを取っていた堤オーナーですが,この二人がオーナーを辞めたことで,来期2リーグ制が決まった後でも,まだオーナーサイドでくすぶっていた将来の一リーグ制への移行問題は,その実現が遠ざかってくれるのでしょうか? しかしながら,堤オーナーは全ての役職を辞任しますが,渡辺元オーナーはいまだに巨人軍の親会社,読売新聞に留まっており,そのプロ野球への影響力は,なくなっていないと考えられますから,そううまくはいかないか? また今回の辞任が,楽天,ライブドアのプロ野球への新規参入に対して,どんな影響があるのでしょうね?
 一方,9月13日は,ホークスの親会社,ダイエーの再生機構支援受け入れ決定というニュースがありましたが,今後ホークスの行方はどうなるのでしょう?
 きょうの記事は,なんだか疑問文ばかり・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/14

BSE対策見直し案

 10月12日,自民党の「動植物検疫及び消費安全に関する小委員会」が行われ,厚生労働省と農水省はそこで,BSE対策の見直し案を示しました。現在行われている全頭検査を緩和して,生後20ヶ月以下の牛を検査対象から除外するという見直し案です。
 ところが,委員会では,全頭検査緩和に反対する意見も多く,結局委員会としての意見がまとまらずに,結論は先送りとなりました。
 生後20ヶ月以下の牛を検査対象から除外するのは,異常プリオンの蓄積が少なくて,検査しても異常がわからないからという事です。でも,検査しても異常がわからないのならば,その肉は売るべきでないのではないですか? 以前も書きましたが,少なくとも,販売するときに,20ヶ月以下の牛肉であること,またはBSE検査を行っていない牛肉であることを明示すべきと思います。
 一方,国の全頭検査緩和に対して,全頭検査を続けるという県もあります。安全と安心は違い,安心のために全頭検査を続けるというのです。これもちょっと変なもんです。検査しても異常がわからないならば,安心も何もありません。20ヶ月以下の牛のBSE感染が,検査しても判定できないのならば,20ヶ月以下の牛肉は「売らない,買わない,食べない」しかありません。20ヶ月以下の牛肉について,しっかり対応しなければ,消費者の不審,そして牛肉の販売不振を生むだけです。
 以上,国産牛の話でしたが,その一方,20ヶ月以下の牛だけでも,早く米国産牛輸入解禁をといっている牛肉消費企業もあります。アメリカ牛は,個々の牛の管理が大雑把で,20ヶ月以下といっても,牛の年齢ははっきり確定できないそうですね。骨や肉の状態で,20ヶ月以下かどうか決めるといいます。ちなみに,日本の牛は,一頭一頭,誕生時から管理され,年齢は一頭一頭確定できるとの事。そんなアメリカ牛が出回って,さて,消費者が受け入れるのでしょうか?目先のことにとらわれて,一歩間違えれば,取り返しのつかない事になりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/13

郵政民営化と郵便事業民営化,その2

 昨日に引き続いて,郵政改革の話です。

 第二次小泉内閣の顔ぶれが,郵政改革のような重大な事を行うにしては,挙党体制になっておらず,身内で固めた内閣になった事に対して,政治家やマスコミが批判を浴びせています。
 しかしながら,郵政改革は郵貯改革であり,郵貯の巨大な利権を,既存の政治家から剥ぎ取り,郵貯を民営化(おそらく将来は廃止)して,政治家や政府が郵貯の融資に口出しできなくしよう(無駄な特殊法人に郵貯の莫大な金が回らないようにしよう)という改革ですから,大多数の政治家が改革つぶしに躍起になっているわけです。そのような状況の中で,つまり昨日の記事で述べたように,「郵政改革を郵便事業の民営化問題に摩り替えた上,巨大な郵便貯金にまつわる利権を守ろうとする」ような国会議員ばかりが居る状況では,官邸主導で郵政改革(郵貯改革といったほうがいいでしょう)を進めざるを得ず,官邸主導で郵貯改革を行おうとすれば,身内で固めた内閣にならざるを得ないでしょう。新内閣を,郵貯改革を行う内閣と位置づければ,必然的に身内で固めた内閣になるのです。政治家はともかく(そもそも改革をつぶしたいわけですから),マスコミは何をいまさら血迷っているのでしょうか?
 郵貯民営化を閣議決定したこと,すなわち,利権にしがみつく政治家抜きで,官邸主導で郵貯改革を行うことを宣言したこと,新内閣を「郵貯改革を成し遂げる内閣」と位置づけたこと,新内閣を身内でかためた事は,実に首尾一貫した政策です。
 今回の郵貯改革は,政治家の大多数が「自分の利権を奪われるのでやってほしくない」と思っている事ですから,本来挙党体制などで実施できるものではありません。そのため,官邸主導で行うことを宣言し,大多数の政治家に対して宣戦布告しているのですが,国会議員の賛同を得られなければ,郵貯改革の実現が困難であることも事実です。これからの改革の行方は,決して平坦ではありません。
 前に,「マスコミは何をいまさら血迷っているのか」と書きましたが,同じように血迷っているのが民主党です。40万人という郵政公務員の圧力があり,民主党もまた郵貯改革を「やってほしくない」と思っている人たちの集団です。そんなこんなで,改革の行方は,そうれはもう平坦なものではありません。
 郵貯改革がこれら政治家のせいで失敗したとしても,政治家の「本性」を暴露したという意味で,郵貯改革を行おうとしたことは,意義があるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/12

郵政民営化と郵便事業民営化

 郵政民営化は,9月10日に閣議決定されましたが,全国22の都道府県議会,1598市町村議会で,民営化に反対または慎重対応を求める意見書が採択されているそうです。また,歌手の松山千春は,札幌駅前で,「札幌はいいさ、でもおれたちが育った足寄で郵便局がなくなったら、雪に埋もれて町の目印がなくなっちゃうんだ。同級生がそこから20キロも奥で牛飼っている。郵政民営化したらお前のとこ、はがきが50円じゃこないぞ、3000円ぐらいになるかもしれないよなんて言ってるんだよ」と演説したといいます。
 これらは,郵便事業民営化への反論として,全く正しいのです。ところが,小泉内閣が行おうとしている郵政民営化,郵政改革の眼目は,郵便事業民営化ではなく,郵貯の民営化の方であり,したがって郵政改革への反論としては,枝葉末節とはいえないまでも,郵政改革の一面だけに反論しているにすぎません。それにもかかわらず,多くのマスコミが郵政改革というと,とかく郵便事業の民営化にスポットを当て,郵便事業民営化がむしろ郵政民営化の副産物,郵政改革にとって眼目ではない一面に過ぎないことをあまり言っていないことは問題です。
 郵政改革は,これまで特殊法人に注入され,あまり意味もない事業に無駄に使われてきた郵便貯金の資金,また郵政族の既得権の塊である郵便貯金の資金を絶ち,これを民間に任せて,金融への政府や政治家,役人の干渉をやめて,日本を官主導の国から民主導の国へ変えるという大改革です(以前同じ事を書きました)。
 郵政民営化が,閣議決定によって決定されたことに,多くの政治家が反対しています。この問題を閣議決定せざるを得ないのはあたりまえです。郵政事業に携わる40万人の公務員の選挙票,郵便貯金による資金運用に関する利権を考えれば,大多数の国会議員が郵政民営化に反対するのは目に見えています。だからこそ,閣議決定で民営化を決定したのです。官邸の独走なくして,郵便貯金事業の改革など,いつまでたってもできません。
 マスコミはなぜか,この「既得権益を守ろうとする国会議員」の側に立ち,郵政民営化を郵便事業民営化にすり替えた議論について連日報道し,また閣議決定された事,すなわち官邸の独走への反対に対するお先棒を担ぎ,郵政改革の眼目ではない郵便事業民営化に反対するキャンペーンを張って,郵政民営化全体に対する世論の反対を引き出そうとしているようです。 公団民営化推進委員会のメンバーだった猪瀬直樹氏は,マスコミの情報ソースが国会議員なのだから,そういう記事になるのも当然といっています。マスコミは「既得権益を守ろうとする国会議員」の言うことを,書いているだけなのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/11

ひきつづき,ハリーポッターのこと

 一昨日に続いて,ハリーポッターの話題です。
 インターネット上を検索して,ハリーポッターについてのいろいろなBLOGを読んでみると,年々厚くなる本にお疲れの方も多いようです。また,初期の無邪気さが次第になくなり,最近作ではイライラしているハリーに,読者の方のもつられて精神的に不安定になっている方も多い。ハリーポッターの物語は,ホグワーツ魔法学校への入学から卒業までの7年間を,毎年1作つづの物語として描くということですから,年々ハリーも成長し,子どもから思春期になっていくのにつれて,初期の頃の無邪気さがなくなっていきます。そのため,初期の頃の読者のハリー離れもあって,その様子が,いろいろなBLOGで読み取れます。ウチの中学生の娘たちも,中一の下の娘は,一番好きなのは第一作「賢者の石」だといっており,そんな傾向があるようです。
 中三の上の娘は,年々面白くなっていくと言っていて,物語のプロットを楽しんでいるようです。この娘は大のミステリー好き。ハリーにまつわる秘密が,作を追うに従って次第に明らかになっていくことにわくわくしているようです。
 ハリーポッターの好みも,人それぞれですね。

 ところで,小説の方は,既に5作が発行され,あと2冊で完結します。映画の方は,3作が公開されていますが,主人公達の年齢と俳優達の年齢がシンクロナイズしており,うまくすると,同じキャストで7作いけそうですね。まるで,「北の国から」みたい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004/10/10

台風22号がやってきた

 台風22号がやってきました。関東地方を直撃したのは,今回の台風が初めてだと思います。
 雨は昨夜から降り続いていました。昨晩は結構な雨量でしたが,台風は近づいているはずなのに,今朝はそれほどでもありませんでした。しかし,午後3時頃から,雨,風とも激しくなり,台風らしい天候になりました。それが午後5~6時頃には,風雨がぴたりと止み,天気は平常に戻りました。台風は,通り過ぎてしまえば天気が急速に回復し,「あれはいったい何だったの?」という感じがします。台風の最中に外に出ざるを得ないときは特にそう感じます。
 今回の台風は速度が速く,結構あっけなかったという印象です。それでも,ニュースによると,東京各地で道路や線路の冠水,小規模のがけ崩れなどがあり,停電も起こりました。
 我が家には特に被害がありませんでした。今の家を建てるとき,雨戸をつけてくれといったら,最近は雨戸を取り付けない家が多いと言われましたが,台風のときは,雨戸をつけておいてよかったと思います。実用上はガラス窓だけでも問題ないんでしょうが,風雨が強いとき,雨戸があるとなんとなく安心します。
 台風の影響といえば,上の娘の学校の文化祭が中止となり,10日(日)1日だけの文化祭になってしまったくらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/09

映画「ハリーポッターとアズカバンの囚人」を見ました

 カルカッタ出張から日本へ帰ってきました。
 帰りの飛行機,カルカッタ→シンガポールのシンガポール航空機内で,ハリーポッターの最新作「ハリーポッターとアズカバンの囚人」を見ました。ところが,機内で上映されたものは,英語の音声に中国語の字幕がついたもので,英語と漢字である程度想像がつくところもありますが,すべて理解したとは言いがたく,もう一度,日本語字幕で見直したくなりました。おまけに,シンガポール→成田の日航機内で,第一作「賢者の石」を見たので(こちらは完全に理解できました。日本語吹き替え版ですから),このシリーズをすべて見たくなりました。第二作「秘密の部屋」はレンタルビデオで済ませるとして,「アズカバンの囚人」はまだビデオになっておらず,劇場で見なくてはなりません。インターネットで調べると,この作品は6月から上映しており,いわゆる夏休み映画で,すでにたいていの映画館では上映が終了していました。東京では唯一,銀座のシャンゼリゼという映画館で上映していることがわかったので,そこに行ってきました。この映画,この映画館でも8日まで上映,明日からは別の映画に代わるという最終日でした。何はともあれ,この映画をみて,シンガポール航空機以来のストレスが解消できました。
 これまでのハリーポッター3作をすべて見ましたが,今のところ,第二作目「秘密の部屋」が一番面白かったと思います。原作を読んでいないので,あくまでも映画の面白さについてで,原作の面白さではない点,ご了承ください。膨大な原作を2時間程度の映画にまとめてあるため,映画は時間の制約で話に無理があり,「やはり原作を読まなきゃね」という出来だと娘が言っていることは,以前このBLOGで書きました。
 「賢者の石」は,悪役スネイプから賢者の石を守るサスペンスから一転最後に真犯人が明らかになり,「秘密の部屋」では,魔法学校の生徒を次々に石にする犯人探しと秘密の部屋を巡るミステリーを解き明かす。「アズカバンの囚人」では,ハリーポッターをつけねらってアズカバン監獄を脱獄したというシリウスが実は・・・。ハリーポッターシリーズの面白さは,ファンタジーや冒険物の面白さというより,ミステリーの面白さです。それが,「指輪物語」などのファンタジーと違うところです。その意味では,第二作目「秘密の部屋」が,今のところ一番ミステリーの要素が強いように感じます。ミステリー好きの私としては,そんなところからも,第二作が一番面白いと感じるのかもしれません。

 ところで,今回同じ映画を飛行機内と映画館で見たわけですが,機内の小さな座席備え付け液晶テレビとヘッドホンに対して,映画館の巨大な映像と音響の迫力はやはりすばらしく,映画館の迫力を再認識しました。DVDやビデオでの鑑賞は,映画館での鑑賞とは似て非なるものであることがよくわかりました。

 このBLOGの,他のハリーポッター関連記事として,以下のものがあります。
   「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」発売
   同じ原作の映画と連続テレビドラマ

<DVDは次のリンクで>
ハリー・ポッターと賢者の石
ハリー・ポッターと秘密の部
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/08

私の好物

 私の好物ということで,ケーキを紹介します。「ユーハイム」のフランクフルタークランツです。
 固めのスポンジのまわりなどに,白いバタークリームを塗り,その外側に,粗めのアーモンドをふってあるというシンプルなものですが,控え気味の甘さといいクリーム感といい,とっても美味しいものです。
 最近,ケーキというと生クリーム系が多く,バタークリームというのはあまり食べたことがありませんん。昔は,クリスマスのデコレーションケーキなども,バタークリームケーキが多かったのですが,最近はすっかり生クリーム系が多くなりました。懐かしいバタークリームケーキという意味でも,このケーキが好きです。
 写真は1人前に切ったもので,写真技術の問題で,あまりおいしそうに見えない点,ご容赦ください。本来はリング状のもので,大きさが3種類あります。丸ごとの写真は,「ユーハイム」のホームページをごらん下さい。

uheim.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/07

カルカッタのサッカーと停電

 カルカッタ出張で,今滞在しているハイアットホテルの隣に,12万人収容というサッカースタジアムがあります。日本のサッカースタジアムの収容人数は,せいぜい数万人ですから,人口の多いインドは,その人口に比例して収容人数も多いんですね。
 その12万人収容のサッカースタジアムに8万人の観客を集めて,今年6月上旬,ワールドカップ予選,日本対インド戦が行われました。結果は,7対0で日本が一方的に勝ちましたが,そのさなか30分間ほど停電があり,試合が中断されました。実際,インドではよく停電があります。電圧も常に変動しており,電球の寿命がかなり短いそうです。仕事で赴任した日本人が,インド製電球が一ヶ月で切れてしまうので,日本から有名メーカの電球を買っていって使いましたが,やはり一ヶ月で切れてしまったそうです。電球のせいではなく,電気の品質が悪かったのです。これらの事情も,次第に改善されつつあるようです。
 そういえば,日本対インドの試合にやってきた日本選手団は,ハイアットホテルに泊まったそうです。

<これがカルカッタのハイアットホテル>
hyatt.jpg

<これがカルカッタの町(こちらは昨年11月に撮影したものですが)>
Kolkata.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/06

カルカッタから28.8kbpsダイヤルアップ接続

 相変わらず,カルカッタのホテルからアップしています。Niftyの海外ローミングサービスを通じて,ダイヤルアップ接続しており,28.8kbpsで接続されています。
 ふだんADSLをつかって,それに慣れた身には,28.8kbpsでの接続は,なんともかったるく,何だか肩がこってしまいます。以前は,28.8kbpsのダイヤルアップ接続を常時使っていて,そんなに遅いとも思っていなかったのですがね。贅沢に慣れてしまったということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/05

日本人の食事が変わった?

 日本人の食事は,いくつかのおかずを,今度はこれ,次はあれという風に順々に取って,口の中で混ぜ合わせて食べていました。それが最近は様子が変わってきて,今の子ども達は,ある一種類のおかずばかりを食べ,それがなくなると,別のおかずばっかりを食べ・・・というように,食べ合わせるということをしなくなったといいます。
 考えてみると,40代である私も,それほど徹底していないにしろ,どちらかというと,それに近い食べ方をしています。いつ頃から変わってきたんでしょうね? そのつもりで考えると,私の周りの55歳以上の人で,食事が終わるまで味噌汁に手をつけず,最後に味噌汁だけ食べる(飲む)人がいます。55歳くらいの人でも,今の子ども達の食べ方の萌芽が見られるということでしょうか?
 日本食というと,中華などのように,いろいろな食材をごった混ぜにせずに,単品では1~2種類の食材を使い,それを数品並べるというのが普通でした。それを,次々に別の品を取っては,口の中で混ぜ合わせて食していたわけです。したがって,単品,単品の料理はこぎれいで素朴に見え,それが日本食独特の整然とした美しさをかもし出していたのですが,それも変わっていくのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/04

カルカッタに来ています

 インドカルカッタ(現在ではコルカタという名に変わっていますが,カルカッタと言ったほうがまだぴったりきます)に出張しています。いま,カルカッタのホテルからアップしています。
 前回のカルカッタ出張のとき(以前の記事参照)も,ここからこのBLOGに記事をアップしました。前回来たとき,こちらのホテル備え付けの石鹸の水切れが悪く,手を洗って水で流しても,どうもヌルヌル感が残ったので,今回は日本から石鹸を持ってきました。ところが,ヌルヌル感は変わりません。どうも石鹸のせいではなく,水のせいらしいです。日本が軟水なのに対して,硬水だからでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/03

悩ましい,薄型テレビ選択

 我が家のテレビも,もう10年ほど使い続けており,最近片方のスピーカーが時々鳴らないという不具合が起こるようになりました。そこで,そろそろ買い替えを考えているのですが,今買い換えるとすると,ディジタル対応の薄型テレビということになります。
 薄型テレビの現在の主流は,もちろんプラズマディスプレーと液晶ディスプレーです。今買うとすると,このどちらかになるのですが,来年になると,そのどちらでもない,キヤノンと東芝が共同開発したSED方式という,新しい方式のディスプレーが現れるといわれています。さらに,有機ELディスプレーというのもあり,テレビに関しては,新方式を見てから決めてもいいじゃないかという気になってきます。パソコンなども,毎年機能がアップするので,買い換える時期が大変悩ましいのですが,今薄型テレビは,それ以上に悩ましい時期に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/02

四国に新プロ野球リーグを

 セリーグ,パリーグとは別のプロ野球リーグを,四国に作ろうという構想が明らかにされました。元オリックス監督の石毛宏典氏が高松市内で記者会見して明らかにしたといいます。
 以前,このBLOGで,「地元に密着したゲームやチームの人気を見ると(サッカーや高校野球を指しています),むしろ球団を増やして,日本中の各都市に,地元に密着したご当地チームがいることが,野球界全体の隆盛を招くような気がします。」と書いたことがありますが,石毛氏の構想が,そんな地域密着プロ野球の端緒を開いてくれるとうれしいです。

 野球といえば,イチローの最多安打記録への挑戦,今日(10月1日)は1安打でした。固めて5本打ったこともありましたが,最近は1~2本で,長く楽しませてくれます。イチローが80年ぶりに最多安打記録を更新したとして,それはすぐ(おそらく来年)更新されるだろうといわれています。他でもない,イチロー自身によって。そういえば,今年はじめは,調子が悪かったですものね。来年,初めから調子がよければ,記録更新は夢ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/01

台風21号,上陸

 今年に入って8個目の台風である台風21号は,9月29日,高知県宿毛市,大阪市に相次いで上陸し,台風の進路にあたる地域はもちろん,離れていた三重県にも大雨を降らせ,川の増水,氾濫,土石流の発生などで多くの死者,行方不明者を出しました。
 すでに台風18号で,過去最多の台風上陸記録を更新しているとの事で,本当に今年は台風のニュースをよく聞きます。なかでも,今回の台風21号の雨の被害は半端ではなく,テレビニュースでも,かろうじて屋根だけが水の上に出ている映像など,これまでの台風のニュースで見たことも無いようなシーンが続きます。
 被災した方々には申し訳ないような,暢気な話をしますが,今年は台風が多く,NHKのニュースがしばしば延長され,Nスペやドラマなどの録画予約がはずれて,希望した番組が録れていないことが多いです。民放は余程のことがなければ,ニュースの延長はまずありませんが,コマーシャルが無く,スポンサーの顔色を伺う必要の無いNHKは,しばしばニュースが延長されます。NHKならではの機動性なのでしょうが,録画予約が信用できないのは困りものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »