« 楽天かライブドアか | トップページ | カルピスウォーターは薄い? »

2004/11/04

米大統領選の行方

 ブッシュ大統領有利の状態で,米大統領選が行われています。日本時間11月4日0時の時点で,ブッシュ氏は勝利宣言をしそうな雰囲気ですが,オハイオ州の暫定投票やフロリダ州の不在者投票の有効性などの問題から,ケリー陣営は未だ敗北を認めていません。がしかし,ブッシュ氏再選の方向は変わらないようです。
 いずれにしろ,日本の総理大臣選の行方より,米大統領選の行方の方が,日本に対する影響が大きいというのも,何だかなあと思います。

-----------<追伸>-----------------------------
 結局,米大統領選挙は,オハイオ州の暫定投票結果が明らかになる前に,ケリー候補が敗北宣言して,ブッシュ氏の勝利が確定しました。
 二期目の大統領です。米大統領は,二期限りで引退しなくてはなりません。そのため,後がない二期目には,思い切った政策を行い,歴史に名を残そうとするといわれています。過去に,ニクソン大統領が,それまでの台湾重視から一転して中国と国交を回復し,レーガン大統領は「悪の帝国」と呼んでいた旧ソ連で,ペレストロイカ(改革)路線を歩むゴルバチョフ・ソ連共産党元書記長と包括軍縮交渉を開始,中距離核戦力(INF)廃棄条約に調印して緊張緩和の流れを決定付け,東西冷戦の崩壊,ひいては社会主義国の崩壊につなげた。
 現在,パレスチナ問題,イラク問題,北朝鮮問題など,困難な国際問題が山積していますが,二期目のブッシュ大統領は,これらに対し何か画期的な政策を打ち出すことができるのでしょうか?

|

« 楽天かライブドアか | トップページ | カルピスウォーターは薄い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/1858612

この記事へのトラックバック一覧です: 米大統領選の行方:

« 楽天かライブドアか | トップページ | カルピスウォーターは薄い? »