« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/31

世論調査8位,「郵政改革」

 政府の行った「政府が取り組むべき重要課題」を尋ねるインターネットによる世論調査で,郵政民営化は8位であったことがわかりました。上位は次の通り。

1位 年金・福祉制度改革
2位 景気・雇用対策
3位 治安・防災対策
4位 財政改革

 一般の人々にとって,自分に直接関わってくる課題が上位に上がっているわけで,当然と言えば当然の結果でしょう。
 郵政改革は国民からも,与党・野党の議員からも人気がないわけですが,それも当然でしょう。国会議員の利権の温床である郵貯を改革し,既得権の塊である郵便貯金の資金を絶って,これを民間に任せて,金融への政府や政治家,役人の干渉をやめて,日本を官主導の国から民主導の国へ変えるという改革が,与党・野党に限らず,議員に受けるわけがないのです。さらに,公務員から会社員に代わってしまう郵政官僚・役人の反対で,郵政労組の支持を維持したい政党にとっても,賛成するわけにはいかない改革です。議員達が反対し,何とか骨抜きにしようとしている改革で,国民にとっても直接自分達に有利に働かない「国家百年の計」といった改革が,人気あるわけがありません。
 世論調査がどうあれ,誰からもそっぽを向かれる改革は,ドンキホーテ,小泉首相以外に手をつける人はいないでしょう。首相の任期中に,ぜひとも,全てのカタをつけてほしいものです。
 ところで,「三位一体改革」は,郵政改革よりも順位が低かったそうですが,郵政改革と同じ理由で,さもありなんという感じです。三位一体改革は,国から地方への金の分配というプロセスを弱めることが,改革の骨子ですが,そうなると自分達の権益が失われる役人,選挙のとき金をその地方へ持ってきたという顔ができなくなる議員達が反対しているものです。国民にとっても,やはり直接関係しない(間接的にはとっても関係するんですがね)問題で,一般に関心が低いのもわかります。
 郵政民営化や三位一体改革が小泉政権でなくては手をつけないだろうという問題なのに対して,今回の世論調査の上位に上がった問題は,誰にでもできるかどうかは別として,まあ民主党であろうが自民党であろうが,すくなくともどんな政権でも手をつけることができる問題です。テレビなどでインタビューされるたびに,「国民が一番関心のあることをやっていない」などと政府を批判している党首がいますが,今回のアンケートは,国民の関心と,政策としての重要度が,必ずしも一致しないということを示しているもので,そんな政策を推し進めようと言う首相は,やはりドンキホーテなんでしょうね。

<郵政改革に関連した過去の記事>
2004-9-28: 新閣僚,郵政改革へのコメント
2004-10-12: 郵政民営化と郵便事業民営化
2004-10-13: 郵政民営化と郵便事業民営化,その2
2004-12-14: 郵政改革反対派の悪あがき

<三位一体改革に関連した過去の記事>
2004-11-30: 三位一体改革の全体像決定

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/01/30

ipodは苦手?

 先日,中一の下の娘が,MDを買いました。
 MDが欲しいと言うので,ipodを薦めたのですが(実は私が欲しいので),さんざん迷った挙句,やはりMDにしたのです。ipodをやめたのは,音楽を取り入れるのに,パソコンを使わなくてはならないからだといいます。
 娘は,学校でもパソコンの授業を受けているし,うちでも,自由にパソコンをつけて,インターネットに接続しています。それでも,パソコンを使って音楽を取り入れることは,敷居が高いと感じるらしいのです。おそらくやってみれば,思ったより簡単にできるのだと思いますが,やはり敷居が高い。
 ipodをはじめとするディジタル・ミュージック・プレーヤー普及の鍵は,音楽の取り入れが,苦もなくできるのだというイメージを人々に持たせることのようです。やはり,パソコンを使うというだけで,尻込みしてしまう人々がいることを考えると,パソコン然としていない,音楽取り入れ専用のステーションのようなものを発売することが必要なのだと思います。または,ゲーム機としてなじみのある,プレステなどを使って取り入れられるようにすべきなのでしょう。将来的には,プレーヤー自身にパソコン機能を持たせて,USBのような端子がついたステーション(ADSLモデムのようなもの)に差し込んで音楽を取り入れるといった方法がベターだと思います。
 かつて,テレビゲーム機がパソコン然としていた時代がありました。その頃は,テレビゲームが広く一般に受け入れられませんでした。それが,パソコンを感じさせないファミコンが登場して,一般に受け入れられ,ブレークしていったことを思い出します。現在はその頃より,ずっとパソコンに親しんでいる人々が多いと思いますが,まだまだ,ブレークするには,「パソコンで音楽を取り入れます」ではダメで,もうひと工夫必要でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/29

ファンタ フルーティーメロン

fanta コンビニで,ファンタの新しい味「ファンタ フルーティーメロン」を買ってきました。季節ものかと思うのですが,ファンタのホームページでは,「期間限定」の表示はありません。
 ファンタのメロンというと,緑色のものが思い出されますが,今回のメロンは,オレンジ色,つまり夕張メロン色です。味もそんな感じですが,もちろん無果汁。
 私は結構気に入っているのですが,一口飲んだカミさんの感想は「ゲー,きゅうりみたい」。無果汁ですから,わざとそんな味に作ったわけですが,このカミさんの感想から考えると,本物へのシミュレーションは,結構成功していると言えるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/28

在宅勤務?

 私が勤めている会社のメールシステムに,家のパソコンからアクセスすることができます。
 暗号カードを使った方法ですが,たまたま暗号カードを持っているとき,風邪をひいて会社を休みました。夕方,具合が良くなったので,家のパソコンから会社のメールシステムに入り,仕事をしてしまいました。
 技術系の仕事ですが,自分で図面を書いたり計算したりする仕事でなく,メールで送ってくる図面や外部に出す文章をチェックしたりコメントをつけたりする仕事です。そんな仕事は,家にいてメールシステムには入れれば,大半の仕事ができてしまうことに気づきました。
 そう考えると,通勤するのが馬鹿らしくなってきました。会社のメールシステムに入れて,データベースにもアクセスできれば,在宅勤務も可能です。ただそうなると,プライベートと仕事がごっちゃになりそうで,ちょっと抵抗があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/27

バラエティーは録画に限る

 テレビを見ていて,テレビはビデオで録画してみるに限ると思うことが多いです。特に民放のバラエティーは。
 まず,コマーシャルを早送りで飛ばしたいと思うのはもちろんですが,コマーシャルの前後で,同じシーンを流すことが多く,この部分もすっ飛ばしたくなります。コマーシャル前に見た映像を,再びコマーシャル後に流して,次のシーンに続ける。作り手の気持はわかりますが,見ているほうでは,イライラの元です。これはバラエティーばかりではなく,ドラマでもその傾向があります。コマーシャルのないNHKはそういうことがないかというと,そうでもないんですね。15分番組である朝ドラなどで,昨日の最後のシーンを翌日の冒頭のシーンとしてもう一度見せるという事がありました。
 さらに,好きでないタレントが出ているシーンをすっ飛ばすのはもちろん,面白くないシーンをすっ飛ばすこともあります。たとえば,1月19日にフジテレビ系列で放送された「トリビアの泉」。この番組を好きで,見ることがあるのですが,「トリビアの種」のコーナーは,あまり面白くありません。19日の放送では,上空100mからパチンコ玉を落として,フライパンに穴が開くかどうかを実験していました。ヘリコプターと1万発のパチンコ玉を使った大掛かりなロケで,番組中でも長い時間をかけて放送されましたが,そもそもフライパンに穴が開くかどうかというのは,トリビアとして面白くありません。種ではなく,初めからトリビアとして紹介されたなら,「100m上空から,パチンコ玉をフライパンに落下させても,フライパンに穴があくことはない」などというトリビアは,面白くも何ともなく,「へえ」どころか「へ」とも思わないでしょう(笑)。こんなコーナーはビデオですっ飛ばす候補です。
 しかし,一旦ビデオにとると,なんだか安心してしまって,いつか見ようと思っているうちに忘れてしまい,別の番組をその上に録画してしまうということが多いんです。その意味で,ビデオ録画は,テレビの見すぎを防ぐ効果もあると言えるでしょう(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/26

山手線,所要時間短縮

 東京のJR山手線が環状運転を始めて,今年で80年を迎えるそうですが,この4月には全車両が新型車両(E231系と言うんですね)になり,1周の所要時間が約3分短縮され,はじめて1時間を切るそうです。
 私の勤務する会社は,山手線沿線にあります。仕事で徹夜したときなど,早朝に仕事が終わって,1~2時間,仮眠をとる時間がある事があります。ところが,会社には仮眠するような場所がない。そんな時便利なのが山手線です。山手線に乗れば,1週約1時間,2周すれば約2時間仮眠をとることができます。そもそも,電車やバスに揺られると,自然に眠くなってくるものです。赤ん坊などは,なかなか寝付かれず,泣き止まないときは,車でドライブに連れて行くと,眠ってしまうといわれています。電車や車の振動をベッドに与えて,寝つきをよくする装置さえ販売されていると聞きます。山手線は,なにしろ乗っていると自然にもとの場所に戻ってくるので,仮眠にはもってこいの場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/25

Dell,ipodをこき下ろす

 DellのCEOであるKevin Rollings氏が,iPodのことを,「単なる流行りモノ」であり「一発屋で終わる」と述べたそぅです。
 「このような製品は,大ブームを巻き起こしては消えていく。私が若い頃にはソニーがウォークマンという製品を出していた。これが大ブームになり,ネコも杓子もこれを買い求めた。でも,今ではだれひとりウォークマンの話などしなくなってしまった。一発屋はブームを巻き起こしては消えていく。必要なのは持続性のあるビジネスモデルであり,
持続性のある戦略だ」と述べたという事ですが(CNET Japanの記事参照),ウォークマンは,現在ではもう特別なものでなく,すっかり生活の中に定着したから話題にならなくなったもので,ウォークマン文化の先端に位置するipodも,やがてそうなるように思います。「今ではだれひとりウォークマンの話などしなくなってしまった」ので「流行っていない」という感覚は,認識がずれており,CEOとして危ないのではないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/24

番組に対する政治家の圧力について,NHKと朝日新聞の応酬続く

 NHKの番組に対する政治家からの圧力と,それによる番組改変について,NHKと朝日新聞の間で応酬が続き,訴訟を辞さないという発言もあり,泥沼化しています。双方が文書でやり取りし,また記者会見を行い,対立しています。
 この問題は,政治家・NHK・朝日新聞の三者がからんだ,言った・言わないという問題であり,真相はわかりません。ただ,国会で予算が審議され,可決されて成り立っているNHKに対して,これまでも政治家からの圧力があっても不思議はないとは思います。
 この問題は,泥沼になったまま,なるべく長い間やっていてほしいと思います。事が長引くほど,事が大きくなるほど,将来のNHK番組に対する政治家の介入はなくなっていくでしょう。報道機関同士のやり取りであり,ニュース番組や紙面でこれらの問題が広く世間に宣伝される事になりますが,政治家の方も,長い間このような問題で世間の聞目を集め,マイナスイメージをいつまでも宣伝されたくはないでしょうからね。ひょっとして,今回の応酬は,政治家の番組への圧力を回避するため,NHKと朝日新聞が合意の下でわざと事態を紛糾させているのかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/23

BSE異常プリオン,危険部位以外へも蓄積

 狂牛病(牛海綿状脳症:BSE)の原因とされる異常プリオンが,慢性炎症のある腎臓や肝臓や膵臓にも蓄積される恐れのあることがわかりました。スイス・チューリヒ大などのグループによるマウスの実験の結果だと言うことです。
 マウス実験の結果が,即,食用の牛に適用できるかという議論があるようですが,いわゆる危険部位と言われる脳や脊髄など以外へも蓄積するという実験結果です。これまでの狂牛病対策,とりわけ,近々輸入再開されるというアメリカ産牛のBSE対策が,「危険部位さえ取り去れば検査などしなくても・・・」というもので,果たしてそんな牛が安全なのか,また心配になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/22

コンピュータウイルスで利益を?

 ウチの中三の娘が,学校の授業で株の売買のシミュレーションをやっています。お勧めはないかと言うので,「三菱自動車がいいんではないか」といったら,業種が決まっていて,自動車業界は対象外だし,短期で利益を上げなければならず,三菱自動車の再建が成るまで待っていられないのだと言う。それじゃあ「トレンドマイクロ」と答えました。インターネットで検索したところ,このところ株価は下がり気味ですが,ウイルスは将来的にもなくなることはなく,ウイルスが発見されれば,また株価も上がるだろうと思います。そう考えると,ウイルスを作っている人は,ウイルス駆除ソフト会社の株主に利用されているようなもんですね。ひょっとして,ウイルスを流しているのは,ウイルス駆除ソフト会社の株主ってこともありでしょうか? ウイルスの状況が落ち着いているときに株を買って,自分でウイルスを流して株価を上げ,そこで売ってしまう。これを繰り返せば,ある程度の利益が確保できそうです。
 娘は,「トレンドマイクロ」を買うようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/21

ノロウィルス流行

 ノロウィルスへの感染によって,この冬多くの死者が出ています。死者12人,感染者はわかっているだけで5000人以上に上ります。ノロウィルスというのは,人に抵抗力さえあれば感染しても死亡に至ることはないといわれています。牡蠣などの貝類の生食から感染するケースが多かったようです。
 これまで,名前も知らなかったウィルスが,今年死者が出るほど流行るのは何ででしょう。人の抵抗力が弱っているせいでしょうか? ウィルスが強くなったのでしょうか?
 ノロウィルスが冬に流行るのが何故かは,不明だそうです。気温が低いと,ノロウイルスの生存期間が長いせいだろうとか,牡蠣を食べる季節だからだろうと言われています。お腹の病気は夏のものと思っていたのですが,冬も手洗いやお腹の状態に注意する必要があるのですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/01/20

サレハ君,予定を早めて帰国

 イラクの戦闘で負傷した左目の治療のため,昨年6月に続いて再来日していたモハマド・ハイサム・サレハ君が,1月15日に予定を2週間あまり早めて帰国しました。イラクの情勢が不安定で国境が封鎖される恐れもあるため,帰国を早めたということです。
 サレハ君の自宅は,イラクのファルージャ。イラクでは1月30日に国民議会選挙が行われる予定ですが,イスラム教スンニ派住民が多いバグダッド,ニネベ,アンバル,サラフディーンの4週では,治安悪化で,選挙実施が困難だと言われています。ファルージャがあるのは,そのアンバル州です。おそらく,今回の選挙は,シーア派地域の南部とクルド人地域の北東部で行われることになるんでしょうね。イラク復興は,まず自衛隊も駐屯する南部と北東部の安定を目指し,安定なった地域の状況を見て,他州の住民が自分達の州もそうなりたいと望めば・・・。甘い見通しではありますが,イラクの和平はそんな風にしか実現できないような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/19

青色発光ダイオード,和解

 青色発光ダイオードの発明をめぐる,日亜化学工業と発明者中村氏の係争は,会社側が8億4000万円を中村氏に支払うことで,和解が成立しました。和解といっても,中村氏は大いに不満のようですが,発明過程の実体を知らない私は,この決着について云々することはできません。
 ただ,一審で,200億円の支払いを命じ,二審で一転8億4000万円の和解という判決は,何かおかしいと思います。同じ裁判でこの落差というのは,裁判所に対する不信を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/18

「新撰組!」好評

 一昨日,ウチの中学生の娘達が,NHKの大河ドラマ「新撰組!」にはまっていたという話を書きましたが,このドラマ,ビックリするほど高視聴率だったというわけではないものの,なかなか評判がいいようです。ドラマ終了後,朝日新聞のテレビ投書欄が,全て「新撰組!」をほめる投書で埋め尽くされたこともありました。ウチの娘のような中学生から,老人まで,幅広い層に人気があったようです。
 正月,カミさんの実家に行ったとき,「新撰組!」の話題になり,娘達と78歳の祖母が大いに盛り上がったことを思い出します。中学生と78歳の老人が,同じテレビ番組で盛り上がれるというのも,すばらしいと思います。私とカミさんは,あまり見ていないので,その時は蚊帳の外でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/17

雨の週末,葬儀の多い暮れ・正月

 1月15日,16日,東京地方は大雪になると予報されていました。ところが蓋を開けてみると,雪になるのは,北関東の山間部のみで,東京・横浜は雨になりました。本当は,このBLOGに,雪景色の写真でも載せようと待ち構えていたのですが,それができなくなりました。
 ただ,15日,16日は,近所の方のお通夜・告別式があり,近所の皆さんを乗せて,車で会場まで移動できたのは,参列者にとってありがたかった。なれない雪では,やはり車の運転は心配で,車で移動することはできなかったでしょう。
 葬儀といえば,暮れ・正月にかけて,私の周りでは亡くなった方が大勢います。会社では,ほぼ連日,メイルで訃報が届きます。その中の1人は同僚で,全く元気だったのに突然の心臓麻痺での死亡です。親戚でも亡くなった方がいました。ご近所でも,前述の葬儀を含めて,2回葬儀がありました。冬の厳しい季節とはいえ,いつもはこれほど大勢の葬儀に関わることはないんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/16

制服の復権?

 ウチの中学生の娘達が,ビデオで「Good Luck!!」にはまっています。つい先ごろまで,「新撰組!」にはまっていました。実際今もはまっているようで,総集編もしっかり見て,ビデオはいつ出るのかと,心待ちにしているようです。
 ところで,「Good Luck!!」は,木村卓也主演の昨年の連続ドラマで,キムタクのパイロット,柴崎コウの整備士を中心に,航空会社のスタッフ達のドラマです。このドラマを見ながら,娘達は「かっこういい」を連発しているのですが,見るとは無しにに見ていると,制服姿の彼らは,確かにかっこいい(まあ,美男子,美人であることも確かですが)。
 私達の世代は,ヒッピー世代より後の世代ですが,その流れで,ラフな服装,生活スタイルをよしとし,またそれを好む世代だと思います。でもやはり,制服やしっかりした背広姿などはかっこいいと感じます。ラフをよしとする世代にとっては,制服の復権です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/15

千葉県白里高校で,刃物男乱入

 1月12日午前9時40分ごろ,千葉県の県立白里高校に26歳・無職の男が押し入り,生徒名簿の閲覧を断られたことから,刃渡り約20センチの柳刃包丁で事務職員に切りつけるという事件が起こりました。被害者は,首から背中にかけて約13センチ切られたほか,右手指などにも切り傷を負い3週間のけがを負ったとのことです。犯人は,その場で職員3人が取り押さえ,駆けつけた東金署員により殺人未遂の現行犯で逮捕されました。
 加害者の男は,精神病で通院した経歴があり,容疑は大筋で認めているものの,「何でやったのか自分でも分からない」などと意味不明の供述をしているため,東金署は,刑事責任能力の有無を慎重に調べているとのことです。
 このような事件では,加害者は責任能力がなかったとして,無罪になる場合が多いと思います。無罪になったからといって,そのまま社会に出られるのではなく,必要な入院などが行われるのでしょうが,とにかく,犯罪に対する責任はなかったとされます。
 同様な事件は,たびたび起こりますが,その度に思うのは,「加害者に責任能力がなく,無罪だと言うのなら,じゃあいったい,誰が責任をとってくれるのか」ということです。このような犯罪の被害者にとって,「天災に遭ったようなものだ」で済まされるものでは,断じてありません。実際に加害者が責任を取れないのならば,誰かに責任を取ってもらいたいと思います。通院時の治療がまずかったとして,病院が責任を取るべきなのでしょうか? そのときは直ったが,再発したと考えるならば,病院の責任は問われない。ならば,このような犯罪を起こす可能性のある加害者に対し,必要な監視を怠ったとして,家族が責任を負うべきでしょうか? もし加害者に家族がいなかったら,誰かそれに代わる保護者はいるのでしょうか? 保護者がいないのならば,国が責任を取るべきでしょうか? 私にはよくわかりませんが,とにかく,人間によって起こされた犯罪に対し,誰も責任を取らないという状況は,おかしいです。このような犯罪の被害者は,地震や津波に遭ったのとはわけが違います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/14

羽田空港第二ターミナル

 もう昨年暮れの事になりますが,羽田空港に第二ターミナルが12月1日に開業したというので,見学に行ってきました。日曜日だったせいか,第二ターミナルは相当な混雑,中に入っている飲食店も軒並み長蛇の列ができていました。そこで,無料循環バスで第一ターミナルに。こちらは,見学者がいないせいか,混みようはさほどでもなく,飲食店も空いていて,こちらで昼食を取りました。
 第二ターミナルは,寒い屋外へ出なくても,屋内の展望室から飛行機の離着陸を見ることができます。飛行機は列を作って誘導路を滑走路に向かい,ひっきりなしに離陸していきます。その離陸の様子を見て,「操縦士がよいしょと飛び上がらなくてもいいのかしら」などとバカな事を言った人がいました。しかし,重そうな飛行機が離陸していくところを見ていると,乗客ともども,息を合わせてよいしょと飛び上がっているような気がしてきます。
 みんなで合わせて飛び上がると言えば,大阪ドームでのコンサートで,全員で飛び上がる「縦ノリ」で,付近の住宅に震度3相当の揺れが起こり,問題になっているという報道がありました。大勢の人の合わせた力というのは,大変な力なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/13

地球の自転速度,速まる

 米航空宇宙局(NASA)は,スマトラ沖地震の影響で地球の自転速度がわずかに速まり,1日の長さが100万分の2・68秒短くなったと発表しました。地球の中心部に向けて大量の物質の移動が起きたのが原因とみられ,NASAの研究者によると「アイススケートの選手が両腕を体に引きつけてスピンをすると回転が速まるのと同じ原理だ」そうですが,なんだかわかったようなわからないような理屈です。なお,変化は小さ過ぎて検出できていないとのことで,どうも計算上のことのようです。標準時への影響も「無視できる」とのことで,特に日常生活に影響はないんでしょうね。
 その昔,桂米丸師匠の落語で,地球の自転が遅くなって,一日が長くなる話を聞いたことがありますが,そんなことが本当に起こり得るのですね(ほんのわずかですが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/12

ハロゲンヒーター

 先日,義姉(カミさんの姉上)の家へ行ったら,ファンヒーターが壊れたとかで,修理が上がってくるまでの急場しのぎに,ハロゲンヒーターを買っていました。
 手軽さが受けて,最近ハロゲンヒーターは良く売れているようです。ハロゲンヒーターを使っているところに行ったのは初めてでしたが,夜のせいか,どうもヒーターが明るく,まぶしすぎるように感じました。私の席がヒーターに対面する位置だったので,そう感じました。また,食器棚のガラスなどにも反射して,やはりまぶしい。慣れればいいのかもしれませんが,使っている方,まぶしいと感じたことはありませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/11

偽札事件,ついに近所の商店街にも

 昨年暮れから出回っていた偽1万円札事件は,奈良県で偽造容疑者が逮捕されました。しかし,この容疑者が製造した偽札とは違う番号のものも流通していて,他にも偽造者がいるようです。
 昨日,近所の商店街の書店に寄ったら,「この商店街で,偽1万円札が使われました。一万円札でのお買い物の際には,検査させていただくことをご了承ください。」との表示が貼られており,なんだか偽札事件が急に身近に感じられるようになりました。
 偽札事件というと,昔はその道のプロによる偽造,流通が普通でしたが,現在ではパソコンとプリンタによって,個人が精巧に偽造できるようになり,捜査も大変そうです。偽札は,知らないで使っても罪になるという事ですが,1万円札を使うとき,偽札かどうか見分ける方法としては,せいぜい透かしを確認するくらいの事しかできませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/10

奈良県少女誘拐殺害事件,その後

 奈良県の少女殺害事件の犯人,小林容疑者のこれまでの犯歴が明らかになってきました。
 あれだけの犯歴のある容疑者が,野放しになっていたこと,さらに周りの住民がそれを知らなかったことは,やはり問題だと思います。警察庁は,性犯罪者居住の公開を検討すると発表し,法務省は,プライバシーの問題から慎重に対処したいと言っています。しかし,再犯率が一説には60%を越える(重度犯罪者ほど再犯率が大きいと言われています)という犯罪者に対し,地域コミュニティーは何らかの対応を取らざるを得ません。
 しかし,正直なところ,「あそこに性犯罪者が住んでいるから,気をつけるように」と言われても,どう対応したら良いのか,戸惑ってしまいます。性犯罪者の情報公開よりもむしろ,性犯罪者は刑期を終えたらすぐ出所するのではなく,刑期を終えた後,別にケアーの期間を設けること,再度性犯罪を犯したら,こんどこそは重罰に処することを考えてほしいと思います。そして,少なくとも警察と学校は,性犯罪者の居住を把握していることも必要でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/09

蚊がいない国

 シンガポールから帰ってきました。
 シンガポールは,赤道から100km程度しか離れていない,ほぼ赤道直下の国で,一年中気温が25度から35度である国ですが,シンガポールではほとんど虫というものを見たことがありません。暑い国では,虫がつき物で,特に蚊などはマラリアなどを媒介するので,要注意ですが,一切いないのです。唯一見た虫は,小さな蟻でした。
 現地の人に聞いたところ,ジャングル地帯はともかく,街の中には蚊はいないとのことです。水溜りは常に監視され,調査されており,ボウフラ発生の兆候があるとすぐ対策(どんな対策か聞き漏らした)するので,蚊はいないとのことです。
 蚊の撲滅対策を含めて,この暑い国で,整然とした,美しい暮らしやすい街を作るには,相当の努力が必要なのだと思います。ある意味で,東京以上の人工都市と言えるのでしょう。

 帰りの飛行機で,娘さんと一緒にスリランカから帰国するという85歳のおばあさんと隣同士になりました。昨年12月25日から,スリランカの首都コロンボに滞在していたとの事でした。という事は,12月26日の地震・津波に遭っているということです。しかしコロンボは,スリランカの西側に位置しており,インド洋に面していないので,何の被害もなかったそうです。私は,これまでの報道で,スリランカ全島が被害に遭ったような認識でいたのですが,そうではなかったんですね。しかし,私と同じような認識だった方が他にもいたらしく,このおばあさんの友人達が,外務省に安否を問い合わせていたということでした。ところが,おばあさんの方は,何しろ自分自身もコロンボの街も,何の被害も無かったので,友人たちが大騒ぎをしているとはつゆ知らず,地震直後は特に安否を誰かに連絡しなければならないという気はぜんぜんしなかったそうです。現在,日本人の不明者が200人以上いるとのことですが,このおばあさんのように,無事なのでどこにも連絡していないという方が含まれているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/08

タクシーが安い国

 昨日は仕事がオフだったので,シンガポール一の繁華街,日本の銀座に相当するオーチャードロードへ行ってきました。平日の昼間だというのに,人であふれかえっていました。ここには,高島屋や伊勢丹など,日本のデパートもあり,私には余り関係ない,世界の有名ブランド店が並んでいます。
 ホテルから歩いて30分。歩いてオーチャードロードまで行ったと言ったら,現地の人に笑われてしまいました。地下鉄やバスなども発達していますが,外国人にとってはタクシーが安くて便利です。帰りにタクシーに乗ったら,ホテルまで4シンガポールドル,250円程度です。海外に行くと,公共交通機関が安い国が多い。たぶんそれが普通で,日本の公共料金が高すぎるのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/07

地下鉄の番号システム

 今日は,シンガポールの地下鉄に乗って移動しました。
 シンガポールの地下鉄には4本あって,都心でそれが各々接続していて,乗り換えることができます。
 ところで,最近東京の地下鉄は,各駅に番号がつきました。線名をあらわすアルファベットと駅毎の通し番号からなる番号です。例えば,銀座線の新橋駅はG08,次の銀座駅はG09となります。シンガポールの地下鉄も,各駅にまったく同じシステムの番号がついています(多分こっちが先だろうと思います)が,何も知らない外国人が利用するときは,これがとても便利です。もちろん,「○○駅から何番目の△△駅で降りる」とか「乗り換える」とか覚えていればいいのですが,○○や△△の具体的な外国名の駅名は分かりにくく,また途中の☆☆駅に着いたとき,後何駅乗って降りるのかが,路線図を参照しなければ,または乗った駅から数えていなければ分かりません。ところが,この番号システムでは,降りる駅の番号さえ覚えていれば,途中の☆☆駅から何個目の駅で降りるのかが,一目瞭然なのです。東京に居るときには,この番号システムの採用で,何だか駅の表示等が余計煩雑になったような気がしていましたが,外国人やおそらく東京の地下鉄になれていない日本人にとっても,有益なものだと実感しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/06

まだシンガポールに居ます

 相変わらずシンガポールに居ます。
 昨日,シンガポールの気温が28度で,「どうなることやら」と書いたのですが,何とかなっています。暑いといっても,オフィス,ホテル,車,電車,バスなどは,日本の真夏のようにエアコンが効いているし,日本と違って,仕事をしている限り,街を歩き回る必要が無いので,冷房への対応として,冬の上着を持っていって,かえって正解だったようです。シンガポールの気温は,一年中28度程度を保っているといいます。
 シンガポールは,今,雨季です。関東地方に住んでいる身には,冬に雨季というのは,感覚的に奇妙です。でも,考えてみたら,日本でも,日本海側の冬は雨季なんですね。ただ,気温が低いせいで,雨ではなく,雪が降るのが違うところです。
 しかしシンガポールは美しい都市です。高層ビルの林立する風景は,首都圏に住んでいればさほど驚かないとしても,緑がはるかにたくさんあります。仕事の関係の,限られた場所しか行っていませんが,公園都市といった趣のところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/05

シンガポールに出張しています

 正月早々,出張でシンガポールに来ています。
 シンガポールは以前にも何回も来たことがあるし,慣れているからというので,余り調べもしないでやってきました。しかし,よく考えたら,以前何回もシンガポールに来たのは,どこか他の目的地へ行くための乗り換えのためであり,巨大な空港から外へ出ていなかったんです。シンガポールに滞在したことなど無かったのです。だから,気候など,よく調べてから来るべきだったのです。シンガポールが日本より暑いとは知っていましたが,これほどまでとは思いませんでした。1月の冬のさなかに,気温は何と28度,真夏です。冬用の格好しか持ってきていないんですが,1週間弱の滞在,いったいどうなることやら。

<シンガポール>
singapore

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/04

餅をのどに詰まらせる事故

 正月というと,高齢者が餅をのどに詰まらせる事故のニュースがつき物ですが,今年も、都内では1日から2日午後4時までに24人が救急車で運ばれ、うち1人が死亡、13人が重体となったそうです。この死亡者は,79歳の男性との事ですが,この年代の人には,よほど注意しなくてはならないようです。
 もちを詰まらせる事故の対策として,「餅は小さく切る」「汁物と一緒に食べる」がいわれていますが,上の79歳の男性のケースは,雑煮を食べていたということで,汁物と一緒に食べても,喉に詰まる時は詰まるという事のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/03

スマトラ沖地震・津波,12万人が死亡

 12月26日に起きたスマトラ沖地震とインド洋沿岸への大津波被害は,以前のこのBLOGの記事で,「死者5万人以上」と書いていましたが,今では15万人の死亡者が予想されています。日本人だけでも2日現在,20名にも上る死亡者がいます。
 外国人の被災者が多いのが今回の災害の特徴です。スウェーデンなどは,行方不明者が3500人くに上っているということです。それを聞いて,なんで北欧のスウェーデン人が,東南アジアでそんなに行方不明になっているのか不思議でしたが,寒いヨーロッパを避けて,暖かい東南アジアでクリスマスから新年にかけての休暇を過ごす人々が,そんなにいるということらしいです。地震当時,3万人のスウェーデン人観光客が,被災地を訪れていたとか。
 世界的なリゾート地が,そのハイシーズン中に被災したというわけですね。ただ,アメリカのワールドトレードセンターテロ時もそうであったように,災害直後の混乱時には,死亡者数,被災者数が重複して勘定されることが多く,最終的にその数字がフッと減ってしまうこともあるとの事です。実際に大幅に減って発表されることを願っていますが,約10万人の死亡者というのは,間違いないのだろうと思います。あまりにも大きな数字ですね。そして,次にくるのが,伝染病の恐怖です。伝染病による死者というのも,今後発生が予想されます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/02

元旦

gantan1gantan2 珍しく大晦日に降った雪が,まだ残っている横浜の元旦です。
 「マツケンサンバ」を目当てに紅白歌合戦を見た後,元旦の朝6:30まで「朝まで生テレビ」を見て,9時に起きておせちを食べて,その後寝て起きたらもう15:30でした。それから,来ていた年賀状を見て,出していないところへ何枚か書いたらもう16:00。それから近所の氏神様へ初詣に出かけました。左の写真はそのとき撮ったものです(写真をクリックすると,大きくなります)。きれいな夕焼けで,明日も晴れでしょうか? 元旦の写真というと,「初日の出」というのが普通なんでしょうが,上のような事情で,このBLOGの写真は,「初日の入り」です。
 もう一枚も,そのときの写真です。夕方でも,まだ雪が残っている様子です。この写真だけ見ていると,まるで北国のようです。
 今年は,元旦の朝6:30まで起きていて,おせちを食べた後寝てしまったので,起きたのが夕方になったという,例年にない正月だったんですけれど,2年参りなどをする方々は,例年がそんな生活なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/01

お正月です

shogatsu1 開けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。このBLOG,はじまって2回目のお正月を迎えました。
 昨年を漢字一文字で表すと,「災」だったとか。そんな年の最後の最後に,東南アジアインド洋沿岸を津波が襲いました。正月休みであったこともあり,多数の日本人観光客が巻き込まれました。さて,今年はどうなるのでしょうか。「災」の方は,私の住む関東地方にさらに近づいているような気がして・・・。新年早々,縁起でもない事を言うようですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »