« 羽田空港第二ターミナル | トップページ | 制服の復権? »

2005/01/15

千葉県白里高校で,刃物男乱入

 1月12日午前9時40分ごろ,千葉県の県立白里高校に26歳・無職の男が押し入り,生徒名簿の閲覧を断られたことから,刃渡り約20センチの柳刃包丁で事務職員に切りつけるという事件が起こりました。被害者は,首から背中にかけて約13センチ切られたほか,右手指などにも切り傷を負い3週間のけがを負ったとのことです。犯人は,その場で職員3人が取り押さえ,駆けつけた東金署員により殺人未遂の現行犯で逮捕されました。
 加害者の男は,精神病で通院した経歴があり,容疑は大筋で認めているものの,「何でやったのか自分でも分からない」などと意味不明の供述をしているため,東金署は,刑事責任能力の有無を慎重に調べているとのことです。
 このような事件では,加害者は責任能力がなかったとして,無罪になる場合が多いと思います。無罪になったからといって,そのまま社会に出られるのではなく,必要な入院などが行われるのでしょうが,とにかく,犯罪に対する責任はなかったとされます。
 同様な事件は,たびたび起こりますが,その度に思うのは,「加害者に責任能力がなく,無罪だと言うのなら,じゃあいったい,誰が責任をとってくれるのか」ということです。このような犯罪の被害者にとって,「天災に遭ったようなものだ」で済まされるものでは,断じてありません。実際に加害者が責任を取れないのならば,誰かに責任を取ってもらいたいと思います。通院時の治療がまずかったとして,病院が責任を取るべきなのでしょうか? そのときは直ったが,再発したと考えるならば,病院の責任は問われない。ならば,このような犯罪を起こす可能性のある加害者に対し,必要な監視を怠ったとして,家族が責任を負うべきでしょうか? もし加害者に家族がいなかったら,誰かそれに代わる保護者はいるのでしょうか? 保護者がいないのならば,国が責任を取るべきでしょうか? 私にはよくわかりませんが,とにかく,人間によって起こされた犯罪に対し,誰も責任を取らないという状況は,おかしいです。このような犯罪の被害者は,地震や津波に遭ったのとはわけが違います。

|

« 羽田空港第二ターミナル | トップページ | 制服の復権? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/2567396

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県白里高校で,刃物男乱入:

» 「責任能力」概説 [空も飛ぶし水にも潜る]
あ、この人誤解してるな…、というblogが散見されるので概略。 (別に誤解してる... [続きを読む]

受信: 2005/03/05 16:36

« 羽田空港第二ターミナル | トップページ | 制服の復権? »