« コンピュータウイルスで利益を? | トップページ | 番組に対する政治家の圧力について,NHKと朝日新聞の応酬続く »

2005/01/23

BSE異常プリオン,危険部位以外へも蓄積

 狂牛病(牛海綿状脳症:BSE)の原因とされる異常プリオンが,慢性炎症のある腎臓や肝臓や膵臓にも蓄積される恐れのあることがわかりました。スイス・チューリヒ大などのグループによるマウスの実験の結果だと言うことです。
 マウス実験の結果が,即,食用の牛に適用できるかという議論があるようですが,いわゆる危険部位と言われる脳や脊髄など以外へも蓄積するという実験結果です。これまでの狂牛病対策,とりわけ,近々輸入再開されるというアメリカ産牛のBSE対策が,「危険部位さえ取り去れば検査などしなくても・・・」というもので,果たしてそんな牛が安全なのか,また心配になってきました。

|

« コンピュータウイルスで利益を? | トップページ | 番組に対する政治家の圧力について,NHKと朝日新聞の応酬続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BSE異常プリオン,危険部位以外へも蓄積:

» 恐怖の狂牛病 [朝はまたくる]
今月から1996年以前にイギリスに一日以上滞在していた人の献血が禁止されました。 [続きを読む]

受信: 2005/06/06 12:49

« コンピュータウイルスで利益を? | トップページ | 番組に対する政治家の圧力について,NHKと朝日新聞の応酬続く »