« 市町村合併の中止が相次ぐ | トップページ | 二ヶ領用水の下流部分散策 »

2005/03/03

産業輸送は,トラックから鉄道へ

 3月1日付けの日経新聞によると,トヨタ自動車は,これまでトラック輸送に頼っていた部品輸送を,来年秋から,専用列車による鉄道輸送に切り替えるとのことです。浜松市内の貨物駅から盛岡までの輸送を鉄道で行うというもの。これは,京都議定書の発効を受けて,CO2の排出量を減らし,環境負荷を小さくしようという意図から行われるもので,トラック輸送に比べて,年間東京ドーム7杯分のCO2削減が期待できるそうです。
 産業輸送のトラックから鉄道へのシフトは,トレンドと言っていいようで,この記事によると,キャノン,松下,三菱電機,日産自動車,佐川急便,味の素などが既に鉄道輸送に切り替えているとのことです。
 環境問題はともかくとして,鉄道ファンとしては貨物列車が増えることは,嬉しい限りです。かつて,大きな工場には必ず引込み線があり,そこから貨物列車が発車していました。ところが,産業輸送のトラック化で,そのような引込み線や専用線は廃止の一途をたどっていました。一般人には信じられないかもしれませんが,「鉄」な人の中には引込み線・専用線ファンというのがいます。最近では「引込み線ファン」(引きこもりファンではありませんよ)は,ほとんど「廃線ファン」と同義語になりつつあったのです。鉄道輸送の復活で,引込み線や専用線も復活すればいいなと,「鉄」な私はこの記事を読んでひそかに期待してしまいました。

|

« 市町村合併の中止が相次ぐ | トップページ | 二ヶ領用水の下流部分散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/3136770

この記事へのトラックバック一覧です: 産業輸送は,トラックから鉄道へ:

« 市町村合併の中止が相次ぐ | トップページ | 二ヶ領用水の下流部分散策 »