« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

福知山線,脱線原因

 福知山線の脱線原因について,昨日のニュースでは,カーブでのスピードの出しすぎによる車輪の浮き上がりが有力と報道されています。
 当初からJR西日本サイドからいわれていた置石説は,粉砕痕の成分が,線路下のバラストと同じだとして否定されているようですが,置石というのは,外から持ち込むのではなく,バラストを使うのが普通ではありませんか?また,先行列車が3~4分前に通過しているのに,置石を置くことは不可能ということもいわれていますが,私の子供の頃の経験では(?),置石などというものは,1分もかからずにできることで,この否定の仕方はおかしいと思います。事故調査委員会のメンバーは,子供の頃,置石をしたことが無いのでしょうか?
 とはいえ,付近の架線柱の車両接触痕とか,線路の外側の枕木にのみ脱線車輪痕がついていて,内側の枕木に車輪の痕跡が無い事などから,カーブで車両が傾いていたのは確からしく,「カーブでのスピードの出しすぎによる車輪の浮き上がりが脱線原因」というのは,確かに有力だとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トレンドマイクロの,ウイルスバスター不具合対応メール

 先日のウイルスバスターの不具合に関して,先日,トレンドマイクロからお詫びのメールが入っていましたが,昨日再び,一般ユーザーに対する対応に関してのメールが入りました。
 その対応とは,およそ次のようなものです。

1.契約者に対して,契約期間を無償で1ヶ月延長
2.復旧を専門業者に委託したなどで費用がかかっ
  た場合,復旧費用の実費をトレンドマイクロが
  負担(1シリアルあたり8500円の範囲で)
3.復旧を自分で行い,領収書などの無い場合,
  契約期間を無償で3ヶ月延長

 3番の対応についての詳細は,相談窓口に電話をするようにとのことですが,私も自分で復旧したことは確かです。しかし,ただ新しいパターンファイルを入れただけで,なんら特別なことをしていないんですが,そんな場合も対象になるんでしょうか? それとも,慰謝料としての1ヶ月延長だけか?
 これらのトレンドマイクロの対応を見ても,復旧作業以外の損害には応じないという姿勢が明確ですが,商売に使っていて,パソコンのダウンなどでの損害の訴訟などは起きていないのでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/29

事故の犠牲者,106人に

 JR福知山線の脱線事故は,4月28日に救助作業が終了しましたが,結局亡くなった犠牲者は106人に達しました。29日からゴールデンウィークに入りますが,その期間中の楽しい計画を練っていた方も大勢居たと思いますが,残念な結果になってしまいました。電車に突っ込まれたマンションの住民も,普段の生活に戻ることができず,こちらもゴールデンウィークどころではないといいます。事故に遭った方はもちろん,遺族の方,マンションの住民まで,その生活を台無しにされてしまったわけです。
 脱線の原因は未だはっきりわかっていませんが,電車の遅れに対する厳しすぎる懲罰規定がその遠因になっているのではないかともいわれています。気の緩みで起きる事故もあれば,厳しすぎる管理による緊張やあせりが原因で起こる事故もあるんですね。ここら辺のバランスが難しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/28

デジタル家電メーカー,苦戦

 デジタル家電メーカーの3月期決算が発表になり,これらメーカーの苦戦が続いていることが明らかになりました。
 ソニーが4月27日発表した05年3月期連結決算はでは,テレビ事業が初めて赤字になるなど,エレクトロニクス部門が大幅な赤字となりました。三洋電機,日本ビクター,パイオニアの3社も赤字に転落しています。
 これらの分野では,やはり韓国,台湾,場合によっては中国の安値攻勢にさらされていて,日本メーカは利益を上げにくい状況にあるのだと思います。ひところ,アメリカの業界が,日本メーカの安値攻勢にさらされ,テレビなどの分野から次々に撤退していった状況が,役者を変えて再現されているようです。今度は,かつてのアメリカの立場に,日本が立たされているわけです。
 アメリカの経済は,ちょうど日本がバブルに踊っていた頃,不振を極めていましたが,その時期を通り越して現在のところ比較的好調です。日本経済もアメリカのように,付加価値の高い分野を開拓して,うまく再生できるのでしょうか?
 自動車業界は,アメリカのGMやフォードなどが不振で,北米市場でのシェアを徐々に落とし,実際GMなども赤字に転落しています。一方,この分野ではトヨタをはじめとする日本メーカがシェアを上げて好調ですが,うかうかしていると韓国メーカに追いつかれ,家電業界と同じ道をたどることになると思います。環境にやさしい車作りでは,日本メーカが世界の中で先行していますが,さらに付加価値の高い車作りを考えていく必要があるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/27

原因は?

 JR福知山線の脱線事故は,まだ救助作業が行われている中,事故調査委員会の活動も始まり,少しづつ状況がわかってきました。急ブレーキをかける直前は,約100km/hの高速であったこと,伊丹駅のオーバーランは,当初報告された8mではなく40mであったことなど。死者も80名を越え,惨事はますます大きくなっています。前駅でのオーバーランのための回復運転中のカーブでの制限速度オーバーなど,不幸な事情が重なったのでしょうが,100km/hでカーブに突っ込んでも,脱線に至るとは思えず,置石による脱線というのが一番ありそうに思えます。原因調査はまだ始まったばかりです。
 ところで,BLOG界ではこの事故以上に話題になった,ウイルスバスターの無試験配布の原因はわかったのでしょうか? 単なる手抜きということなのでしょうか? 大きな事故があったためか,その後の情報の報道がありませんね。唯一,全てのパソコンが復旧するまで,トレンドマイクロ社CEOの報酬を594円とすること(問題を起こしたファイルNo.にちなんで),今後問題を起こさないよう,これまで以上の試験を行う事,そのため,これまでより20分程度パターンファイルの配布が遅れることが報道されています。最近,ネットから自動的に取得したパターンファイルの更新が,一発では上手くいかなかったりしていますが,それも解消されるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/26

福知山線で脱線事故

 JR福知山線で大きな事故が起こりました。
 亡くなった方が50人というのは,近年の鉄道事故としては,大事故ですね。脱線の原因が何だったのか分かりませんが,マンションに側面からぶつかった様で,鉄道車両としては想定していない事故でした。強度的に弱い面がまともに堅剛な物体にぶつかったわけです。
 遅れていたため,スピードを出していたという証言がありますが,鉄道車両というのは,カーブでかなりスピードを出していても,そうやすやすとは脱線しないもので(乗っている人は,すさまじいGを受けて将棋倒しにはなるでしょうが),何かほかのの原因(線路状態あるいは置石など)があるんだと思います。
 最大のラッシュ時間からは少し外れていたわけですが,これがもう少し早い時間だったら,またマンションの1階が駐車場でなく,住宅だったら,もっと惨事は大きくなっていたでしょう。
 亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/25

横浜市のゴミ分別収集

 私の住む横浜市で,4月1日から,新しいゴミ分別収集が始まりました。
 今まで家庭ごみとして区別無く出していたゴミを,6種類のカテゴリーに分けて出す事になったのです。これが始まって以来,私も娘達も,ゴミを捨てる時いちいちカミさんに確認して,どこへ捨てればいいのか,カミさんの指示を仰ぐようになりました。カミさんは,地域の小学校で開かれた説明会に出席したのです。
 私は,はずかしながら,今回の分別変更に対して,これまで紙もプラスチックも,燃えるゴミとして出していたものが,プラスチックが燃えないゴミに変わるという位の認識しかありませんでした。東京都などでは,既にプラスティックは燃えないゴミとして収集されていました。だから横浜のマクドナルドでは,プラスチックの容器やストローも,ナプキンや紙のコップも,一括して燃えるゴミとしてゴミ箱に入れればよかったのに対して,東京のマクドナルドでは,プラスティックと紙は別のゴミ箱に捨てなくてはならなかったのです。これは,ゴミ焼却炉の違いによるものでした。東京の焼却炉は,プラスチックを燃やすことができなかったのに対して,横浜の焼却炉は,高温で燃やすため,プラスチックも燃えるゴミだったのです。それが横浜でもプラスチックが燃えないゴミになるというのが,どうしてなのかわかりませんでした。
 ところが,横浜の今回のゴミ分別収集は,焼却炉の問題でなく,資源リサイクルの観点からの分別だったのです。横浜の焼却炉はプラスチックを燃やすことができるけれど,再利用できる資源ごみは,燃やさずに再利用しましょうという運動だったわけです。そこで,紙とプラスチックだけでなく,6種類ものカテゴリーに分ける必要があるんですね。
 大切な資源を再利用しましょうと言う運動の趣旨は良くわかるのですが,6種類に分けるというのも,ちょっと大変です。ゴミ箱を6個用意しなければならないんですよね。狭い部屋がますます狭くなって・・・。

 ところで,プラスチックを燃やすことができる・できないが地域によって違うことを手がかりに,名古屋のおばあちゃんが殺人事件を解決する推理小説を紹介します。清水義範氏の「やっとかめ探偵団とゴミ袋の死体」という作品です。下のリンクを参照ください。

<アマゾン書店へのリンク>

yattokame-gomi
やっとかめ探偵団とゴミ袋の死体

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/24

パソコン不調の原因は,ウィルスバスター

 4月23日,ウイルスバスターの更新プログラムが原因と見られるパソコンの不調が起こりました。
 この日にインターネットを通じて配信されたウイルスパターンファイル,2.594.00へアップデートした直後から,パソコンのCPUが100%稼動の状態になって,パソコンの処理が遅くなる現象が起きたものです。以前このBLOGにも書いたことのあるウチの古いデスクトップパソコンは,このおかげで,何回起動しても途中で固まってしまいうという現象が現れ,てっきりウイルスが侵入したのかと思いました。まさかその対策ソフトが原因だとは,思いもしませんでした。後でそれを知って,「飼い犬に手をかまれる」という言葉を思い出してしまいました。
 私がその原因を知ったのは,パソコンに手を焼いた後,車に乗って移動しているとき点けていたラジオのニュースによってでした。家へ戻ってすぐ,次のウイルスパターン2.596.00に入れ替えて,無事元に戻りました。
 ウチのパソコンはその程度で済んだのですが,世の中では,結構シリアスな事態が起こっていたようです。大阪市営地下鉄では,各駅に電車の運行状況などを伝えるコンピューターが起動しなくなり,無線連絡などで代行して運行や業務への支障を何とか免れたというし,JR東日本では,旅行業務を扱う「びゅうプラザ」の多数の店舗で,宿泊予約などが受け付けられなくなり,共同通信では,電子編集システムに障害が起こって,加盟社に記事の配信ができなくなったとの事です。その他,現在表に現れていませんが,この日業務を行っていた多くの会社で,おそらく何らかの影響があったものと思われます。
 4月23日は土曜日。週明け25日の月曜日になれば,もっと多数の企業で被害が発見されるような気がしますが・・・・・。

---<追伸>-------------
 今回の事は,ソフトを検査せずに配信したことから起こったとの事。私のBLOGで,読み返しもしないで記事をアップして,漢字変換間違いだらけの文章になっているのと同じレベルだったんですね。なぜ検査していないソフトを世の中に送り出したのか,まだわかっていませんが,それにしても影響は大きかったようですね。トレンドマイクロへの不信感が世の中に広まっている様は,いろいろなBLOGを見てもわかります。
 しかし,私は逆に,「メジャーなソフトを使っていてよかった」とも感じてしまいました。これがマイナーなソフトで,世間への影響が軽微で,新聞やラジオなどで騒がれなかったら,私はいまだに,パソコンの不具合か他のソフトの不具合を疑っていたことでしょう。

| | コメント (5) | トラックバック (7)

2005/04/23

次世代DVD,統一規格誕生か?

 次世代DVDで対立していた,ソニー-松下陣営と東芝-NEC陣営は,統一規格を作ることに向けて話し合いを続けているとのことです。
 お互いに相容れず,それぞれハリウッドの映画メジャーやパソコンメーカーを自陣営に引き込んで対立していた両陣営ですが,これから1ヶ月以内の合意を目指すとのこと。
 どちらかのディスク構造を用いて,もう一方の規格をその上に構築するような方法をとるようですが,そう簡単に話がまとまるんでしょうかねえ。ディスク構造こそ,最大の違いだし,その違いによって,高密度録画のブルーレイディスク方式に対して,これまでのDVDとの互換性と低製作コストで有利なHD-DVDという,それぞれの方式の特徴が出てくるわけで,それをどちらかに統一することこそ最大の難関だと思いますがねえ。
 まあ,うまくまとまってくれれば,消費者としてはありがたいですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/22

日本の宗教

 ローマ法王が,ドイツ人のベネディクト16世に決まりました。
 前法王は他宗教との和解に力を注ぎ,もう少し長生きしていれば,イスラム教とも和解していたろうと言われています。
 イスラエルとパレスチナ,イラク国内のイスラム各宗派の対立,北アイルランド紛争など,世の中の多くの紛争が宗教を巡って起きています。心のよりどころを示す宗教で紛争がおきるというのも,皮肉な話です。
 キリスト教もイスラム教も,ただ一つの神を信仰する一神教です。そこへいくと,古代ギリシアやローマの宗教は多神教,日本の神道も多神教です。ゼウスやポセイドンは神話の世界になってしまい,もう信仰している人はいませんが,日本の神道は,特に信仰しているという意識がなくても,日本人の中に生きているように感じます。
 日本人は信仰心がないとか,無宗教の人が多いと言われます。私も,外国人から宗教を聞かれたときは,「仏教だよ」と答えますが(先祖代々受け継いできた仏壇が,家にあるからというだけの理由なんですが),日本人に聞かれたときは(まず日本人で聞く人はいませんが)「無宗教です」と答えます。実際,とりたてて信仰しているという宗教はありません。父が亡くなったとき,ウチはいったい何宗なのか,親戚中に聞きまくったくらいです。日本人には,そういう人が多いんじゃないかと思います。生まれたときは神社,結婚式はキリスト教,死ぬときはお寺というのが,一般的な日本人だと言われます。宗教に対して節操がないようですが,実際のところ,これらすべてが,素朴な神道が日本人のなかに生きているからだと思っています。山も川も,石や自然のものすべてに神様が宿っているという多神教の神道は,キリスト教の神様だって,仏様だって,多くの神々の中の一つとして受け入れても,なんら宗教的な矛盾はありません。おそらく,昔からそのような意識を持っているために,明治時代,日本人は外国の神様だけでなく,西洋文明なども抵抗なく取り入れることができたのではないかと思います。
 対立することなく,いいものは(とかく,自分に都合のいいものはという具合になりがちですが)何でも取り入れる日本。世界中で宗教による対立が起こっているこの世の中で,ある意味で日本は,世界で一番平和に近いのではないでしょうか? 平和憲法の存在よりも,日本人の多神教的な意識が,日本を平和に近づけているのです。

 多神教と言えば,宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の神隠し」は,正に日本の多神教の世界を描いていました。神様達が入りに来る風呂屋を舞台にしていて,主人公の千尋と仲良くなる少年ハクは,昔千尋がその川でおぼれかけたのを助けた川の神様でした。このアニメ,欧米でも人気があり,ついにベルリン国際映画祭の金熊賞や米アカデミー賞の長編アニメ部門の作品賞を受賞してしまったわけですが,この多神教の世界を,一神教の欧米の人が理解できたのだろうかと思います。神様「たち」が入りに来る風呂屋という設定自体,理解できないのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/21

すき焼きの牛肉

 すき焼きというのは,たまにどうしても食べたくなる食べ物です。あの甘辛い味が,たまに食べたくなる味なんですね。これまで,すき焼きが食べたくなると,牛丼を食べれば事は済んだのです。ところが昨今で,吉野家の牛丼を食べられない事になりました。そこで,ウチですき焼きをやろうと言うことになります。
 すき焼きというのは,「焼き」というだけあって,鉄鍋に牛脂で油を引いたら,何はともあれ牛肉をそこに入れて焼かなくてはいけないといわれています。それはまた,牛のうま味を,後で入れるわりしたや野菜から出てくる汁に逃がさないためです。 ところが,すき焼きの牛肉は,最初に焼く牛肉で終わることなく,わりしたや野菜を入れてからも追加して鉄なべに入れるわけです。それはもはや鉄鍋で焼くことはできません。うまみが汁に出放題出てしまいます。しかも,すき焼きなのに焼いた牛肉でなく,肉じゃがのように煮た牛肉になってしまうのです。それを考えると,すき焼きの牛肉というのは,最も旨いのは最初の何枚かであって,旨い肉,本当のすき焼き肉を食べたければ,最初の肉を狙わねばいけないということになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/20

ライブドアとフジテレビの攻防決着

 ライブドアとフジテレビの攻防が,4月18日,和解決着しました。
 ライブドアとフジテレビがそれぞれ歩み寄り,ライブドアがニッポン放送株を全てフジテレビに売る事,フジテレビはライブドアに資本参加すること,ライブドアとフジテレビが業務提携のための推進委員会を設けることになりました。これによって,ライブドアは,フジテレビとの業務提携の道ができ,フジテレビは当初のプランであった,ニッポン放送を完全子会社化することができます。
 大分楽しませてもらった両社の攻防戦ですが,金銭的にはライブドアがこれまで投資した以上の金額をフジテレビから引き出したのに対して,フジテレビは当初の目的,ニッポン放送の完全子会社化を達成しただけ(ライブドアへの資本参加は,フジテレビの本意かどうかわからないので)ということで,ライブドアはやっぱりしたたかだったと言うところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/19

最近,テレビから「エイトマン」の唄が

 娘達がテレビを見ていて,ふと聞こえてきた懐かしい「エイトマン」の唄。テレビを見れば歌っているのはスマップの面々ではありませんか。何事かと思ったら,NTTのフレッツ光のCMでした。
 娘達は,「この曲いいじゃない?」とか「CDは出るのかしら?」などと言っています。 CMで流れたのは曲の前半で,「走れ!エイトマ~~ン」以降のフレーズは無く,「エイトマン」という私が子供の頃のテレビアニメの主題歌であることを推測する手がかりは,彼らにはありません。
 「君たち,これはエイトマンというアニメの主題歌なのだよ。ウチにはまだ,ソノシートがどこかに残っているはずだ」と,娘達を相手に優越感に浸ったひと時でした。
 エイトマンはSF作家の平井和正原作,桑田次郎作のアニメでしたが(確かフジテレビの放送だったのでエイトマンと名づけたという話が,当時世間(子供たちの間)に流布していたとおもいますが,本当でしょうか?),この歌を歌った歌手の殺人事件での逮捕,作者桑田次郎の拳銃不法所持での逮捕など,私には暗い面の印象も持っている作品です。
 しかし,この唄,改めて聴いてみるといい曲ですね。スマップの唄でCDになれば,嬉しい。

<これがエイトマン>
eight-man

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/18

上海で大規模反日デモ

 日本の教科書問題や国連常任理事国入りに反対して,また竹島の帰属問題から,中国,韓国で,反日行動が起きていましたが,4月16日にも,中国上海で数万人規模のデモがあり,暴徒化したデモ参加者が,日本の総領事館や日本料理店に投石などを繰り返しました。また,邦人が危害を蒙った例もあります。
 これまで,過去の戦争や中国に対する侵略への責任問題に,明確な答えを出してきていないことのツケではありますが,今回の一連の反日行動に対して,中国政府も止めようとしていないようです。その理由は,以下のことだと言われているようです。

1.日本が東アジア民衆の支持を得ていないことを国際社会に示して,国連常任理事国入りが適当でないことを国際社会に示し,日本の国連常任理事国入りに対する拒否権発動への地ならしとする。

2.同じく,支持を得ていない日本は,将来の東アジアのリーダーとして適当でないことを,国際社会に示す。

3.これまで,中国が強く出たら,日本は必ず折れていたが,台湾元総統来日問題などで小泉政権はそうでないことへの揺さぶり。

 民衆の不満が,中国政府に向かうことを避けるため,国民を反日に向けているという話もありますが,デモに参加しているのは,都市の不自由のない若者のようで,あまり中国政府に不満を持っているような人々でもないようです。しかし,中国政府としては,それすら怖れて,手出しできないという事があるのかもしれません。

 ところが,最近,デモの暴徒化に的確な対応をとらない中国政府に対し,アメリカ政府やヨーロッパの新聞・テレビなどで,非難する論調が見られるようになってきました。国際社会は,中国が国際基準の国ではないことを指摘し始めています。このような国際情勢に対し,今後中国政府はどう対応していくのでしょうか。
 かつて日本は,愛国心を煽って,中国や韓国へ侵略していった歴史があります。愛国心を国が煽れば,いい方向に向かわないのです。とくに,他国を悪者にした愛国教育というのは,本当の愛国心を育てることはありません。愛国心にしても,品位ある愛国心をはぐくむような教育というのが必要です。国際的に品位を疑われるような国になる教育というのを,中国政府はどう思っているのでしょうか?このような教育は,少なくとも日本では,60年前に終わっています。
 残念なのは,在日中国大使館など,中国の在日施設に対して,郵便受けにペンキを塗るとか,何か封筒に入れて送りつけるとか,中国の暴徒と同じレベルに自ら貶めている日本人がいることです。国際社会の中で,今度は日本が非難されないよう,自重をお願いしたいものです。
 しかし,中国政府の意図がどうあれ,中国民衆の中に反日感情があるからこのような騒動がおこるんですがね。日本と中国で,両国の歴史に対する共通の認識を,両国民が共同で作ることができればいいんですがねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/17

ラーメンライス

 初めてのラーメン屋さんに入ったら,昼時は無料でライスが付くというサービスをやっていました。
 昼時のサービスでライスが付くというのは,結構やっているところが多いと思いますが,私はライスを頼んだことがありませんでした。ラーメンをおかずにご飯を食べるということが,どうもイメージできなかったからです。ところが,このラーメン屋さんには,ライスの食べ方のフリップが,カウンターの上に置いてありました。曰く,「ご飯をレンゲですくって,ラーメンのスープに浸してお召し上がりください。当店自慢のスープを,ご飯でお楽しみください。」
 なるほど,ご飯をレンゲですくってスープに浸して食べるというのは,おいしそうです。考えてみれば,ラーメンのスープと言うのは贅沢なもので,残すのがもったいないとかねがね思っていたのですが,そんな風にご飯と一緒に食べれば,残すことなく食べられそうです。そんなわけで,ラーメン屋さんで初めて,ご飯を頼みました。
 食べてみると,なかなかおいしい。そういえば,永谷園から,ラーメンスープのお茶漬け(?)と言うのが売り出されていましたが,そんな雰囲気でもあります。この食べ方は,やみ付きになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/16

キムチ

 外国の食べ物は,その国へ行って,その国で食べたほうがおいしい・・・,と思いますよね,普通は。ところが,そうでもないんですよね。日本人には,外国の食べ物でも,本場のものより日本人向けにアレンジしたものの方がおいしいという事がよくあります。
 最近そう思ったのは,キムチ。
 キムチは韓国産のものが輸入されて,スーパーなどでも売っていて,私も良く食べるのですが,これにはなかなか美味しいものがあります。ところが最近,会社の同僚の韓国出張土産に貰ったキムチが,あまり美味しくない。何というか,ちょっとぶっきらぼうな味なんです。
 私も随分以前になりますが,韓国へ出張に行ったことがありますが,その時食べたキムチの味が正にそうでした。
 また,ウチのカミさんが昨年の暮れ,韓国旅行に行ってきましたが,同じ韓国の航空会社の便での往復で,往きの食事で出たキムチと帰りの食事で出たキムチの味が違い,往きの便で出たキムチのほうが口にあったといっていました。多分往きの食事で出たキムチは,日本で積んでいったもので,帰りの食事のキムチは,本場韓国で積んだものだったのではないかと思います。
 しかし,どちらが正当なのかというと,もちろん韓国のものが正当な味で,日本に輸入されてスーパーで売っているものは,韓国産とはいえ,日本人向きに調整してあるか,または日本人好みの味の物を選んで輸入しているんでしょうね。
 ほんのたまにしか食べないものなら,外国の味そのままでも,ちょっと変わったエスニックな味として受け入れられるのでしょうが,キムチなどは,いまや,少なくとも私にとっては日常の食べ物で,そんなものはやはり日本人好みに調整してあったほうがいいと思います。まあ,邪道だという感じはしますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/15

おにぎり

 今日の昼飯は,外出したこともあって,時間もなく,コンビにのおにぎりにしました。2個買ったうちの一つは,私の定番であるごま塩のかかった赤飯おにぎり,もう一つは何の変哲もない梅干のおにぎり。
 コンビニのおにぎりといえば,独特の方法でセロハンをはがし,パリパリの海苔を巻きつけて食べる,パリパリおにぎりが普通です。しかし,私はどちらかというと,おにぎりに海苔が直接くっついている,シナシナ海苔のおにぎりの方が好きなんですがね。
 おにぎりといえば,以前80歳になるおばあさんが,「おにぎりを買って食べるのが信じられない」と言っていたのを思い出します。おにぎりなんていうものは,残ったご飯で,ありあわせの具で,台所の隅でちょこっと作るもので,商売にして売り出すという感覚がこの年代の人にはないらしいのです。たしかに,私が子供の頃は,おにぎりをどこでも売っているという状況ではありませんでしたけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/14

鮎川哲也編「本格推理」シリーズ

 何か読む本はないかと本棚を探していたら,昔読んだ「本格推理<10>」という文庫本を見つけました。これは,短編本格推理小説を公募して,編集者である推理作家,鮎川哲也氏が選んだ作品を本にしたもので,確か13冊か15冊程,出ていたと思います。
 私は,このシリーズが好きで,全冊持っています。既成の作家でなく,素人の作品を集めたものですが,鮎川氏の眼鏡にかなったものだけに,おもしろい作品が多い。また,既成作家の作品で無いからだと思いますが,短編なのに,長編のような書き方,構成をとっているものが多いような気がします。おそらく,既成作家ならば,長編と短編では,書き方が違いますが,素人は短編でも長編と同じ気構えで書いているのだと思います。
 「本格推理<10>」には13編が収められていますが,その中でも,トンネルに入った列車が出口から出てくることなく,トンネル内で忽然と消えてしまうという謎を扱った,「夏の幻想」という作品が好きです。謎の不思議さ,解決の鮮やかさ,読後感のよさが魅力の作品です。
 鮎川哲也氏は,既に亡くなりましたが,同じ推理作家の二階堂黎人氏が後を継いで,「新本格推理」シリーズが今も続いています。

<アマゾン書店へのリンク>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/13

航空機部品落下事故,1.6倍に

 報道によれば,国内大手航空会社の部品落下事故が,2004年度は2003年度の1.6倍に上ったそうです。
 最近では,人件費の削減による整備の手抜きや,ベテラン職人の払底,ベテランから若手への技術継承がうまくいかないなどの事が起こりがちだと思いますが,今回の統計も,その結果でないことを願います。
 とくに,ここ数年,団塊の世代がごっそり停年を迎え,ベテランがこうした技能分野からも引退してしまいます。今,若手への技能継承がうまくいっていないとすると,これから手を打つのはもう手遅れです。ベテラン技能者の停年延長などの処置が必要になるでしょう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/12

桜散る

 咲き誇っていた東京地方の桜の花も,昨日の強風と今日の雨で,すっかり散ってしまいました。4月11日は少し肌寒く,昨日の風と雨が無ければ,桜の花も,もう少し持ったかもしれませんが,もうすっかり花は落ちてしまいました。けっきょく,東京地方の桜の見ごろは,先週の水曜日から土曜日までの4日間ということだったようです。
 今日の桜の木の写真を載せようと思ったのですが,丸裸のようになった木を載せるのも忍びないので,写真は無しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/11

ミニシロノワール誕生

 先日,コメダ珈琲店にシロノワールのスモールサイズができないものかと書いたら,本当にできていました。本日,いつもの横浜江田店に行ったら,入り口の黒板にミニシロノワールができたことが書いてありました。しかし,テーブルに着くと持ってくるメニューにはなく,店内のテーブル上のフリップにもスモールサイズのシロノワールのことは書いてありません。ひょっとしたら,先日の記事の時点で既にあったのかもしれません。
 ミニシロノワールは,直径8cmで390円でした。

komeda2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/10

桜の季節

 3月9日土曜日,東京地方は相変わらず暖かい日が続いています。そのため,桜の花は,早くも散り始めていました。先日の記事で,「週末は桜吹雪か?」と書いたのですが,そのとおりになりました。
 今日は,散歩の途中に見つけた,ちょっと変り種の桜の花を紹介します。
 下の写真は,しだれ桜です。

sakura1

 次の写真は,昨日紹介したのと同じ,花と葉が同時に見える桜。こんな桜も,あちこちで見かけます。

sakura2

 そして,白とピンクのツートーンカラーになっている八重桜。比較的白い花と濃いピンクの花があるだけでなく,一つの花で白とピンクの花びらが同居している花もあります。

sakura3

 散歩の途中に見かけた,ソメイヨシノに代表される普通の桜とは違った桜でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/09

葉と花が同居している桜の木

 ここ2~3日の暖かな気候により,桜の花は満開になり,以前書いたとおり,一部ではもう散り始めています。
 桜の花というと,葉がひとつもない木に,薄桃色の花だけが咲きほこり,それがきれいなわけですが,ウチの近くには,花の咲くのと一緒に葉が出て,薄桃色の花と一緒に,黄緑の葉が見える桜の木があります。以前は,葉が出ている桜の木なんて・・・と思っていたのですが,見慣れてみると,それはそれでまたきれいです。そういう種類なんでしょうが,なんという名前の木なんでしょうね。

<葉と花が同居している桜>
sakura2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/08

ラーメンのシナチク

 本日の昼食は,久しぶりにラーメン。トッピングにシナチクを頼みました。
 何を隠そう,トッピングの中で,シナチクが一番好きです。チャーシューをトッピングしたラーメンと,チャーシュー無しでシナチクをトッピングしたラーメンのどっちかを取れと言われたら,ためらいも無くシナチクをトッピングしたほうを取ります。
 しかし,同じトッピングでも,チャーシューやノリやもやしについては,ラーメン紹介本で云々されることが多いのに,シナチクに言及したものを見たことがありません。シナチクだって,辛いものもあり,甘いものもあり,云々しようと思えば,もやしよりも云々しやすいと思うんですが,言及されない。多分,シナチクに関心を持っている人が少ないんだと思います。
 そう考えると,トッピングにシナチクを選ぶ人って,少ないんでしょうかね。

 ところで,昨日に続いて暖かくなった3月7日の東京地方。桜は既に散り始める木もありました。週末は桜吹雪か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/07

桜が満開に

 先日の土曜,日曜,東京地方は暖かい日でした。ところが,月曜日には肌寒さを感じる気候で,3月初旬の気温だと報道されていました。そのため,桜の開花も一時お休みとなったのです。
 一昨日の火曜日,朝方は雨も降り,肌寒かったのですが,午後からは天気も回復して,気温も上がりました。そして昨日,気温は一気に20度を越え,25度に迫まる程。そのため,桜の花も一気に開花したようです。朝見た時はまだつぼみが多かったのが,夜帰宅時には下の写真のように,見事に咲いていました。

sakura1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/06

久しぶりの停電

 外出していたら,中学生の娘からメールがありました。
 2分間ほど停電があり,電力会社の車が走り回っているとのこと。
 何があったかは知りませんが,たった2分間の停電で,いろいろな電気製品の時刻の再設定が必要になりました。骨董品のオーディオタイマー,ビデオ2台,洗濯機,風呂(沸きあがり時間予約用),ステレオのタイマー・・・。何て電気時計が多いんだろう。普段気にしていませんでしたが,その多さにいまさらながら驚きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/05

汚名返上?

 「朝のラッシュに汚名返上へ」という見出しで,JR埼京線の女性専用車両が,4月4日からお目見えしたことが報道されています。私鉄各社も,同様の女性専用車両を導入するようですが,特に埼京線は,痴漢被害が関東ワーストワンなどと言われており,特に記事になったようです。
 しかし,女性専用車の設置で痴漢被害が減っても,「汚名返上」にはならないような気がしますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005/04/04

先週は,楽天2連勝

 ロッテに0対26で敗れた楽天イーグルスが,先週は西武を相手に16対5で4月1日に勝利,さらに2日も西武松坂を相手に,しかも岩隈以外の投手で勝利しました。ホーム仙台での試合ということもあったんだと思いますが,岩隈以外の投手で,しかも松坂に勝ったということが,意義ある試合でした。
 しかし,2勝しただけで各スポーツ紙の第一面のトップj記事になってしまう球団って,ある意味幸せな球団ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/04/03

中古DVDの価格

 先日,特に目的もなく久しぶりにレンタルビデオ店へ行ったら,2001年度のNHK朝ドラ,「ちゅらさん」が置いてあって,なつかしいので借りてきました。アマゾン書店で見ると,「ちゅらさん」の完全版のDVDは,新品が51870円,中古が51380円と,大して違いがありません。これにかぎらず,たいていのDVDは,新品も中古も値段にあまり変わりありません。DVDの場合,内容の劣化がないので,「新品も中古も同じような価格でいいじゃないか」というのもわかる気がしますが,買う側にとっては,やはり中古は安いほうがいいです。
 ところで,「ちゅらさん」の完全版,主人公の小学生時代の第一話から始まって,夫による手術が成功して沖縄へもどる大団円の最終回まで,半年分の朝ドラ全編がはいっている13枚組DVD。当時この番組にはまっていた私としては,欲しい~~。

<アマゾン書店へのリンク>

churasan
ちゅらさん 完全版 DVD-BOX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/02

コメダ珈琲店,スモールサイズメニュー登場

 久しぶりに,コメダコーヒー店へ行ってきました。
 スモールコロッケとスモールとんかつという新メニューが出来ていました。これは,確か5個あったコロッケととんかつの個数を3個(確か)に減らしたものです。
 コメダは,サイズが大きいメニューが多く,私も,コーヒーと一緒にちょっと食べたいという時に困るなあと思っていたので,スモールメニューの誕生は歓迎です。出来れば,シロノワールのスモールも作って欲しいと思います。あの大きさでは,1人で入ったとき,絶対注文できませんからね。
 ところで,以前の「コメダ」の記事に,写真を追加しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/01

ワールドカップアジア最終予選

 サッカーワールドカップアジア最終予選,埼玉スタジアムで行われた日本対バーレーンは,1対0で日本が勝ちました。バーレーンのオウンゴールというのがちょっとなんですが,勝ったことは確かです。
 一方,同日に北朝鮮の平壌でも北朝鮮対イラン戦が行われ,結局北朝鮮が破れたのですが,試合中の判定をめぐって,北朝鮮の観客が暴徒化し,審判にビール瓶を投げ付けたり,取り外した座席をピッチに投げ込んだり,競技場出入り口でイラン選手につかみかかろうとしたり,イラン選手が報道陣のインタビューを受けているところに群衆がなだれ込んだりするという騒ぎが起きたそうです。
 社会主義国というより独裁国家の北朝鮮では,国の統制によってこのようなことは起きないと思っていたのですが,そうでもないのですね。ちょっと意外でした。圧政に対しても,その調子で立ち向かってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »