« 「民営化のつけ」? | トップページ | 5月の体育祭 »

2005/05/30

呉副首相ドタキャン問題

 日中間でこじれにこじれている靖国参拝問題。中国の呉副首相の突然の帰国は,5月16日,衆院予算委員会における民主党の質問に小泉首相が「いつ行くか適切に判断する」と答えたことに端を発しています。呉副首相が5月17日に来日する直前です。中国側は,来日に際して日本側の配慮が無かったと感じていることも今回のこじれの原因です。日本側の配慮と言うのは,16日の小泉首相の答弁を指しています。
 予算委員会での小泉発言は,野党の質問によって無理やり引き出されたものですが,この時期にこのような質問をする方もどうかと思います。野党というのは,気楽でいいなあとさえ感じてしまいます。小泉首相と呉副首相が面談していたら,あるいは何らかの意思の疎通ができていたかも知れず(期待薄ではありますが),残念です。

<このBLOGでのその他の靖国問題の記事>

靖国参拝問題
靖国参拝問題は?

|

« 「民営化のつけ」? | トップページ | 5月の体育祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/4322085

この記事へのトラックバック一覧です: 呉副首相ドタキャン問題:

« 「民営化のつけ」? | トップページ | 5月の体育祭 »