« 次世代DVD方式統一交渉,難航 | トップページ | 地下鉄に有料特急列車 »

2005/05/19

JR西日本を批判する側への批判

 JR福知山線の脱線事故について,JR西日本だけでなく,JR西日本を批判する側への批判が行われるようになってきました。
 先日の読売新聞記者の処分などもそうですが,TVに出演して,自社の批判をしているJR西日本の従業員や労組幹部にも向けられています。ある人は,「自分だったら自分の属する会社に対して,あのような言い方はしない。自社をあのように批判して,自分にとっていい事があるのだろうか?」といっていましたが,私もそう思います。TVなどで自社を批判する従業員をみていると,まだまだ従業員レベルでも,JR西日本は民間企業じゃないんだなと感じます。社の内部で批判するのはいいんですけどね。社内での批判では変化しないので,社外へ訴えるということでしょうか? 社内の批判を聞かない会社というのも,民間的ではありません。
 話は変わりますが,新聞の記事やテレビのニュースの中で,鉄道ファンから見ると,事実を誤認していると思うようなものがあります。たとえば,少し前の天声人語(ご存知,朝日新聞のコラム)では,JR西日本の過密ダイヤについて言及して「大阪駅や京都駅へ向かう線の方には40本あった。東京の山手線が20数本だから,確かにかなり密だと思った。」などという表現がありましたが,そもそも複々線の列車本数と,複線の本数を比べて,複々線のほうが2倍の列車本数だといっているわけで,過密の実例にはなりません。この記事については,あとで訂正が出たようですが,記者の皆さん,このような記事の間違いを見つけて,その方面のBLOGなどで大いに盛り上がる「鉄」な集団がいることをおわすれなく。鉄道について書くときは,よくよく注意してください。

|

« 次世代DVD方式統一交渉,難航 | トップページ | 地下鉄に有料特急列車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/4188561

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本を批判する側への批判:

» 福知山線事故(7)…暴言問題/取材側の言い分 [D.D.のたわごと]
福知山線の脱線衝突事故について,マスコミの問題報道について 言及しだしたら,テレビ番組を除けば流行語大賞・十大ニュース以来となる 当ブログの一大シリーズになってしまいました。 特にここ3回ほどは自省・自戒を含めた展開になっており (たくさんのご意見本当にありがとうございます!) なんとかあと1回でまとめようと思っておりますが, その前に1つ,今週出張で家を離れている間に, 京都新聞の投稿欄の中の,記者側... [続きを読む]

受信: 2005/05/21 18:11

« 次世代DVD方式統一交渉,難航 | トップページ | 地下鉄に有料特急列車 »