« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

ビストロポップコーンのパエリア

 昨日は平日にもかかわらず会社が休み。平日のランチにありつこうと,久しぶりにビストロポップコーンに行きました。
 ここのランチは,全て1050円以下。11:30の開店で12:30過ぎに行ったのに,日替わりランチ(AとBの2種類)がもう終わってしまったというので,パエリアを頼みました。
 まずサラダとスープが出てきます。さらに空のお皿。本を読んでいて,お皿が出てきたとき,店員さんが何か言ったのを聞き取れなかったので,何のために空の皿が出てきたのか?でした。やがてパエリアが登場。空の皿の意味が分かりました。そのパエリアのボリュームにびっくり。山のようなアサリ,その他にパーム貝,蟹のつめ,えび,白身魚に鶏肉。貝類,蟹,えびの殻を出すための皿だったんです。空の皿は最後には,殻で満杯になってしまいました。パエリアをおいしくいただいた後,食後の飲み物はアイスコーヒーを頼みました。
 食後のアイスコーヒーまで付いて1050円です。カメラを持っておらず,私の古い携帯はカメラ付きではないので,写真がなくて残念ですが,1050円という値段からして,こんなもんだろうと思っていたのを裏切るそのボリュームと味。これだから,ついこの店に足が向いてしまいます。
 土曜,日曜,祭日にもランチがあるのですが,小コースといった感じのもので,2100円になります。勤め人には,なかなか平日のランチを食べる機会がないのですが,もし平日に都合が付けば,ここのランチを食べられるという幸運が待っています。
 ちなみに,人手不足のため,当分の間ランチは午後2時までとするとの事でした。これまでは,3時までランチをやっていたのですがね。

<過去のビストロポップコーンの記事>
2004年10月25日 ビストロポップコーン
2004年10月30日 ビストロポップコーンのランチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/29

不二家 「Look Grape ALa Mode」

 不二家のLookチョコレートは,私の子供の頃からある定番チョコレートですが,そのLookチョコレートに,Grape ALa Modeというのができました。
 普通のLookチョコレートは,ミルクチョコレートの中にバナナ,ストロベリー,パイン,アーモンドの4種類のクリームが入っていますが,Grape ALa Modeは,4種類のグレープクリーム入り。4種類のグレープとは,カベルネ,シャルドネ,巨峰,マスカットです。したがって,中のクリームは,薄紫色あり,うす緑色あり,白色ありという状態です。
 食べてみると・・・,味の違いはあまり分からないんですね。クリームがもっと多ければ分かるのかもしれませんが,同じぶどうの4種類というので,あまり区別がつきません。やはり,まったく違う4種類のクリームの入ったオリジナル版Lookチョコレートの方が,バレエティーを楽しめます。今回の製品は,ちょっと企画倒れかなという感じがします。
 ちなみに,知人の話によると,ベリー系の4種のクリームの入ったLookチョコレートもあるそうです。

look


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/28

板橋の両親殺害事件

 6月20日に起きた,東京都板橋区にある建設会社の単身社員寮での15歳長男による両親殺害事件,「かわいそうだから母親を殺す」とか,映画を見て草津温泉の旅館に投宿するなどの比較的冷静な犯行後の行動を見ると,どうも人の死を重く考えていない様子が伺えます。
 ゲームやテレビドラマの,バーチャルな死は知っていても,これまでに現実の人の死に遭遇した事がないのではないかと思います。昔の大家族であれば,15歳になるうちに,誰か親族の死を体験していたはずです。ところが核家族化した現代では,身内の死も,葬儀の場というある意味で祭りの場,すでに愁嘆場は終わった後の,整った公式の場でしか体験していない。死に際とかその時の家族の反応とか,生々しい死の状況に遭遇していないわけです。
 そんなことが,人の死を重大に考えない現代の青少年を作っているいるように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/27

暑くなりましたね

 暑くなりましたね。といっても,私が住む関東地方のことですが。もうとっくに暑いと言う地方もあるでしょう。
 つゆだというのに,ここのところ首都圏は晴れの日が続いています。さすがに快晴というわけではなく,曇りではありますが,時々日も差してきて,冷房の部屋から外へ出ると,モアッとした日本の夏の湿気が襲ってくるようになりました。この暑いのに,私の周りでは,まだエアコンを使っていないと言う人が多く,早々と使っている私など,なんだか後ろめたいように感じてしまいます。
 天気予報では,今週は本格的な雨が降る日はなく,降ってもにわか雨だろうといっています。新聞などでは,早くも渇水を心配する記事が出てきました。じめじめした雨降りは嫌いですが,降る時に降らないのも困りものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/26

アメリカでは高カロリーファーストフード,好調

 先日,たばこ訴訟の2審も,1審と同様退けられた事を書きましたが,それで思い出すのが,アメリカのファーストフードの高カロリー競争についての新聞記事です。肥満が社会問題になっているアメリカで,ハンバーガーなどのファーストフードの高カロリー化が進んでいるというのです。
 某ハンバーガーチェーンは,ビッグマックの2倍以上の高カロリーを誇るハンバーガーを発売したとの事。これが好調で,それまで赤字だったのが黒字化したそうです。その他,バーガーキングの特大オムレツとか,ピザハットの特大ピザなど,アメリカのファーストフード業界は,高カロリー競争に突入し,それなりに売り上げが好調だそうです。この風潮に対して,それなりの批判もあるようですが,「これぞアメリカ」などという賛辞もあるそうです。
 体に悪いことをするなら,これら高カロリーファーストフードを食べ続けるアメリカ人位の覚悟とおおらかさを持ってほしいですね。ついでに言うなら,はるか昔から体に悪い,癌になるといわれていることをやり続けてきたんですから,「これぞアメリカ」と言って高カロリーをとり続けるアメリカ人くらいの「バカ」になってほしいです。病気になったから「訴訟」というのは無いでしょう。自分の好きでたばこを吸って,国とたばこ会社に対して訴訟を起こすなんて,なんだか情けなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/25

久米宏キャスターの「A」打ち切りか?

 久米宏キャスターが司会をする日本テレビ系列の生活情報バラエティー番組「A」が,視聴率の低迷から打ち切りになるようです。この4月にはじまり,3ヶ月で打ち切られることになります。一説によると,久米宏が降板し,番組の打ち切りはまだ決まっていないとの報道もありますが,打ち切りが先か,降板が先か,真相はどうなんでしょうか?
 この番組は,私もときどき見ていますが,アジア各地の話題を取り上げる情報バラエティー番組です。ひところの欧米情報偏重は,日本でも徐々に解消され,アジアの情報も多く取り上げられるようにはなってきましたが,やはりアジアの情報は少なめだと思います。そういう意味で,この番組の「アジア発の情報バラエティー」というコンセプトはよかったと思うんですがねえ。アジアの情報というと,日本とは異なったエキゾティズムに重点を置いて取り上げることが多い点がちょっと難だと思うのですが,日本もアジアの一員として,このような情報番組があってしかるべきだとは思います。

---<追伸>------------------

 「A」は,この記事をj書いた翌日,6月26日の放送が最終回でした。テレビをつけていたものの,別のことをやっていたのでしっかり見ていたわけではないのですが,26日当日の放送で,最終回らしいかったのは,確か最後に流れたテロップだけだったように思います。内容はいつもと変わりませんでした。この番組は録画放送だということですが,おそらく打ち切りを前提に撮ったものではないのでしょう。そんな録画放送だというのも,打ち切りになるほど視聴率が取れなかった理由の一つでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/06/24

たばこ訴訟,2審も訴え退ける

 30年以上たばこを吸っていた男性や遺族が,「たばこは依存性が強く、やめようと思ってもやめられない性質があるのに,JTははっきりと警告せず,国も規制をしなかったために癌になった」と訴えて損害賠償などを求めた裁判で,東京高裁は,一昨年の1審判決に続いて,「自分の努力で禁煙できたはずだ」として訴えを退けました。
 私に言わせれば,これは当たり前でしょう。喫煙は法律的に違法ではありませんが,たとえば改造車用の部品など,それを取り付ければ違法になるというもを売っても罪にはならず,取り付ければユーザーが罪になるという事があります。このようなことは,探せばいくらもあると思いますが,売るのはいいが,使うほうが悪いというのは,私は「あり」だと思っています。使う方でもそれなりの研究をして,自己責任として使用しなければなりません。たばこの依存性やたばこが癌の誘因になることは,以前から言われていたことで,国が規制しなかったなどというのは,「あまったれるな」というものでしょう。
 似たような事例として「ウィニー事件」があり,これは使った側だけでなく,作った側が罪に問われた事件ですが,このことは以前このBLOGにも書いたことがあります

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/06/23

アメリカのカード情報流出

 6月18日に発覚した,アメリカのクレジットカード情報の大量流出事件は,テレビでニュースを見るたびに,どんどん流出件数が多くなり,マスターカード,VISAと共に,何と日本のJCBの情報流出も含まれていることがわかったと報じられました。
 マスターカードは今は持っていないし,VISAは最近使ったことがないし・・・と安心していたんですが,JCBは常時使っているカードです。一説には,アメリカで使っていなかったら問題ないといわれていますが,本当にそうなんでしょうか?? アメリカ以外の外国でなら,1月に使ったことがあるんですがね。「最近」というのは,いつごろからのことをいっているんでしょうか? そういえば,さっきVISAは最近使ったことがないといったのですが,毎月アメリカの某サイトの使用料が,ほんのわずかな金額,落ちているのです。これも,VISAをアメリカで使ったことになるんでしょうか? いったい何を信じていいのかわからなくなってきました。
 こうなったら,昔ながらの現金での買い物に戻ったほうがいいのかもしれません。しかし,現金を家に置いておいても,泥棒に盗まれることがある。カードを作らず,銀行に貯金していても,通帳や印鑑を盗まれることもある。カード情報の流出とその情報により金を盗まれるのと,通常の泥棒によって金を盗まれるのでは,現在,確率的にはどちらが可能性が高いのでしょうか? 今回の流出によるカードユーザーの損失は,カード会社によって補償されるらしい。それを考えれば,現金よりやっぱりカードの方がいいか? 泥棒に現金を盗まれても,誰も補償してくれませんものね。
 しかし,今回の流出は,アメリカのカード情報処理会社が,規則に反して廃棄すべきカード情報を廃棄していなかったことに端を発しています。規則違反の未廃棄データに,ハッカーがアクセスしたものです。規則どおり処理されていたら,起こらなかった流出事件です。そこら辺にまだ救いがあるように感じます。全て規則どおり処理していて流出が起きたのだったら,それはシステムに欠陥があるということで,修復は容易ではないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/22

World Naked Bike Ride

 以前,このBLOGにも書いたことのある,パソコンを使った英語講座「5分間英語講座」の中に,長文のニュース記事をネイティブが読むというヒアリング学習があります。
 その教材のニュース記事として,6月11日に行われた,「World Naked Bike Ride」というキャンペーンのことが取り上げられました。
 これは,ロンドン,シアトル,マドリッドなど,世界中の50の都市で,全裸で自転車に乗るというキャンペーンです。目的は何かというと,石油燃料への依存をへらそうというキャンペーンです。参加者は男性主体で(少なくとも,記事の写真には男性しか写っていなかった),「人間の体は美しい」という主張も含まれていたらしいのですが,どちらかというと「見たくない!」という感じがします。運動選手など,本当に美しいと思える男性の裸体もあることを認めるのはやぶさかではありませんが,人様に見せられるような裸体を作るには,かなりの努力が必要でしょう。
 このキャンペーン,日本での新聞報道などは見たことがありませんから,日本では行われなかったんでしょうね。南半球の都市でも行われたそうですが,それは今年の2月だったそうです。南半球の6月は,冬ですからね。裸体で自転車に載って風を切って走るのは,やはりつらいでしょうからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/21

奈良県が,子供の犯罪被害防止条例案を作成

 小学1年生女児誘拐殺害事件があった奈良市では,子供への不審な声かけ等を禁じる条例案を作成し,6月下旬に県議会に諮るそうです。
 この条例案では,次のことを禁じているとのこと。

1.惑わしたりうそをついたりする行為
2.言いがかり,ひわいな発言,体をつかんだりつきまとったりする行為
3.13歳未満の子どものポルノ映像や画像の所持,保管

 子供を「惑わしたり嘘をついたりする行為」を禁じるのは,一見,実にもっともな規制のように思われますが,通常の声かけと区別がつかないし,子供の火遊びや危険な場所で遊んでいるのを見て,家族以外の大人が「あぶないからやめなさい。火事になるよ」とか,「そんなところで遊ぶと川に落ちるよ」とか,「もう暗くなったから早く帰りなさい。人さらいがでるよ」と声をかけることも禁止されてしまいそうです。私が小さい頃,普通に言われていたことです。最近は,知らない子供に対して,このような声かけを行う人も少なくなっているのではないかと思いますが,冤罪を恐れて,ますますこのような有益な声かけが行われなくなるのではないかと思います。子供の安全に対する有益な声かけが行われなくなることと,声かけを禁止して子供の犯罪被害を防止する事を天秤にかけると,どちらに天秤が傾くのでしょうか?
 ポルノ画像所持の禁止は,アニメや絵は対象外で,実写についての規制だということです。実写では,実際にその写された子供が被害にあっていると言えるので,規制はもっとものように思われます。ただ,共産主義関係の出版物を持っているだけで逮捕されたその昔の言論統制の延長線上にあるような気がしないでもありません。また,これらを規制して,どのくらい子供の犯罪被害防止になるのか,ちょっと疑問です。
 いずれにしろ,一部のバカ者のために,子供にとっても大人にとっても,暮らしにくい規制が課せられる世の中になっていっているように感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/20

北朝鮮,6者協議復帰か?

 北朝鮮での南北共同宣言5周年行事に出席するために北朝鮮を訪れていた韓国統一相が,金正日総書記との会談で,「米国が我が国を相手として認め,尊重するなら,7月中にも6者協議に復帰する用意がある」と総書記が発言したことを明らかにしました。
 6者協議が再開され,朝鮮半島が非核化することは,日本の安全保障にとって重要です。しかしながら,北朝鮮と周辺4ヵ国(米中韓露)との間で雪解けが起こり,北朝鮮がそれらの国々から食料などの援助を引き出した場合,北朝鮮にとっての日本の重要性,国交回復への意欲はますます減退し,拉致被害者問題など日朝間の問題の解決はますます遠のくでしょう。日本が北朝鮮に対して,圧力をかけるためのカード(飴と鞭,日本からの援助)の効き目がなくなってしまうからです。
 日本の安全保障にとって重要な6者協議ですが,日朝問題を考えた場合,北朝鮮と周辺諸国の間の雪解けはむしろ困るという,なんとも矛盾した事情があります。対北朝鮮問題は,「拉致」があるために,難しい舵取りを迫られているわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/19

若貴確執

 貴乃花親方は,ここのところテレビ各局に出演し,兄との確執について話しまくっています。これに対し,兄の方は,だんまりを決め込んでいて,弟とは対照的です。
 某大手プロダクションのマネージャーさんが執筆している某携帯ブログによると,兄の方には,ホリプロ出身の優秀なマネージャーが付いていて,マスコミに対する露出を極力抑えているそうです。それに対し弟の方は,優秀なブレーンが居らず,正に醜態をさらしている状態となっています。ちょっとかわいそうというか,あわれというか,そんな気さえしてきます。しかし逆に言えば,ブレーンも含めて,兄の方が一枚上手かなという感じがします。ごたごたの元凶は,案外兄の方?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/06/18

バットマン

 渡辺謙が出演していることで話題の映画,「バットマン ビギンズ」が6月18日から公開されます。
 「バットマン」といえば,本来はアメリカのコミックですが,テレビシリーズとしては,私が小学生だった時代に放映されていました。はじめは,1時間番組で,確か午後6時台,つまり当時の子供番組のゴールデンアワーに放送されていたことになります。ところが人気がなく,やがて30分番組となり,1話が前後編として30分づつ放送されるようになってしまいました。この番組は,私もあまり好きではなかった。実写番組でしたが,まるでアメリカ漫画をそのまま実写にしたようなもので,出てくる悪役も,ペンギンだのナゾラーだの,当時はふざけたものと受け止められ,アニメだったらまだいいんでしょうが,実写にそぐわない雰囲気を持っていました。級友の中には,この番組を好きだという者もいて,みんなに白い目で見られていました。アメリカではたいそうな人気だといわれていましたが,アメリカの子供は,何でこんなのが好きなのか理解できないというのが,当時の日本の子供の大方の意見でした。
 今考えると,ある意味当時の日本の子供は「おたく度」が低く,ヒーロー物にしても,お話は荒唐無稽でも,映像表現としてはリアルなものしか受け入れなかったように思います。当時の日本の子供にとって,バットマンは進みすぎていたのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/17

デビルレイズ野茂投手,日米通算200勝達成

 おあずけが続いていた米大リーグ,デビルレイズの野茂投手の日米通算200勝が,ついに本拠地球場で出ましたね。イチローや松井に比べ,最近話題が少なかった野茂の記事が,久しぶりに16日夕刊一面を飾りました。
 メジャー11年目,今日の大リーグでの日本人選手活躍の下地を作った野茂の大記録達成は,やはりたいしたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/16

国連常任理事国入り?

 G4グループ,つまり日本,ドイツ,ブラジル,インドの国連常任理事国入りについて,現在の常任理事国から反対が出ています。
 まずもって,日本が国連常任理事国に入るべきかどうか,よくわかりません。日本は何回も非常任理事国になっていますが,その時重要な役割を果たせたのかどうか,よく知らないからです。
 常任理事国を増やすことは,拒否権を持った国々を増やすことです(最近G4が提出した修正案では,新常任理事国は15年間は拒否権を行使しない事になっています)。私は,常任理事国の拒否権を廃止することこそ国連改革だと思っています。拒否権は,第二次大戦後の混乱した世の中を収めるための非常時対応体勢です。今の世の中で,そのような体勢が維持されていることこそ,改革されるべきだと思います。
 拒否権を持った国というのは,近隣諸国の脅威になるといわれています。その国が戦争を起こして国連で制裁されようとすると,拒否権を発動して制裁を拒否できるからです。拒否権を持った,何をしても制裁されない国が存在するというのは,今の世の中ではおかしいことです。このことこそ改革すべきでしょう。
 上述の理由で,新常任理事国周辺の国々(日本は中国・韓国)が常任理事国増加に反対することは当たり前です。現在の常任理事国5ヶ国も,内心では常任理事国増加を反対しているはずです。これらの国々は,いろいろもっともらしい理由をつけて,常任理事国増加に反対します(中国が靖国問題を云々するのも,半分は本気,半分はそのこじつけ理由の一つのように思われます)。アメリカは,日本の常任理事国入りには賛成しましたが,ドイツの常任理事国入りに反対を表明し,結局常任理事国増加に反対の意志を明らかにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/15

映画「電車男」,ヒット

 昨日付けの「ビジネスアイ」という新聞に,映画「電車男」のヒットについての記事が載っていました。ウチの娘達も,友達と見に行くと言っていたし,ある世代では,ちょっとした社会現象にもなっているようです。
 この映画は,2月に映画化が決定し,3月末から撮影を開始,5月に完成して6月4日には公開されるという,異例の速さで完成されたものだそうです。新聞記事では,「邦画が成熟し,レベルが上がったことでいいシナリオ,技術者が増えた。ドラマと映画の各スタッフを組んだことにより,双方のノウハウであるスピードと撮影力が融合できた」と書いてありましたが,いいシナリオ,技術者は,小津安二郎の昔からあったように思います。スピードは,邦画の成熟というより,テレビドラマスタッフとの融合でなしえたんでしょうね。この作品のように,インターネットで生まれ,本が話題になり,その旬のうちに映画が完成してヒットしているというのも,そのスピードがあったればこそですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/14

多摩ニュータウン

 東京の西部,多摩ニュータウン開発に関して,東京都は開発地域の売れ残りの補償のため,1000億円を越える税金を投入せざるを得ない事態になっているそうです。
 多摩ニュータウンは,1965年に開発が決定され,35年間に渡って開発が続けられてきたニュータウンで,最近は住民の老齢化もうんぬんされてきているほど歴史のあるニュータウンです。ニュータウン地域には,開発が始まる前から叔母が住んでいたのですが,開発が始まって,叔母の家は建物ごと向きが変わり,土地の高さが変わリました。建物ごと動かしたんです。付近ののどかだった風景も一変してしまいました。そんなわけで,私が住んでいるわけではないものの,多摩ニュータウンは以前から多少のかかわりがあります。
 このニュータウンの土地が売れないのは,経済不振や都心の地価下落による都心回帰等が原因だといいます。多摩ニュータウンは都心まで30~40分の範囲にあり(ただ,最寄駅から家までは,バスなどに乗ってさらに時間がかかるんでしょうが),それほど都心から遠くないし,イメージ的にも多摩市,稲城市,八王子市は悪くない。それでも売れないというのは,おそらく高いからなんだと思います。同じ金額を出せば,より都心に近い住居が手に入る・・・。しかし安く売ると,以前買った人々から訴訟を起こされる可能性があり,そのような値付けはできず,しかしその金額では売れず・・・という事なんでしょうか。
 さらに,多摩ニュータウンからの需要を狙って作った,多摩川を渡る稲城大橋(有料)も交通量が少なく,東京都が2002年度から税金を投入して東京都道路公社の借金を補填していたといいます。
 多摩ニュータウン開発はどうも,時間をかけすぎたように思われます。これが民間デベロッパーだったら,もっと手早くいったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/13

ジャンクメイル

 いくつか持っているメイルアドレスのうち,最も古いNiftyのアドレスは,ジャンクメイルの到着先になっており,いかがわしいメイルが海外を含めて1日に100通近く入ってきます。何しろジャンクアドレスですから,ほとんど見ていないので,いくら入ってきてもいいのですが,たまに覗いてみると,景品が当たりましたというお知らせや品物を発送しましたという題名のメイルが入っていることがあります。一見まともなメイルのように見えますが,これらは全ていかがわしいメイルです。なにしろ,まともな商品購入などにはこのアドレスを指定することはありませんから,このアドレスにまともなメイルが届くことは無いのです。
 しかし,このような一見まともなメイルを装ったいかがわしいメイルというのは,効果があるんでしょうかねえ。「メイルを開いてくれさえすれば・・・」という気持で送っているんでしょうが,まともなメイルだと思って開いた人は,いかがわしい内容だと知って,読みもしないで怒ってすぐ閉じてしまうのが関の山だと思うんですがねえ。それなりの題名で,内容を見ようと思って開けたメイルでなければ,読まれることはないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/12

ポルノグラフィティー??

 バスの中で,女子中学生(だと思う)同士が,盛んに「ポルノ」「ポルノ」と話をしていました。しかも,「ポルノが好き」などと言っているのです。女子中学生がポルノ好きで,バスの中で臆面もなく普通に話をしているというのは,おだやかではありません。顔を見ると,茶髪でもなく,化粧しているわけでもなく,まじめそうな普通の女子中学生です。
 ついに普通の女子中学生が「ポルノが好き」などという時代になったのかと思って,ちょっとショックを受けながら会話に聞き入ったのですが,やがて事情が分かりました。
 「ポルノ」は「ポルノ」でも,「ポルノグラフィティー」のことだったんです。「ポルノグラフィティーでも同じじゃないか」とお思いになる方もいるかもしれませんが,「ポルノグラフィテー」は,ヒット曲をいくつも持つ人気バンドです。ずいぶん前にヒットした曲ですが「愛が呼ぶ方へ」は,私も車のカセットに入れています。
 うちに帰ってその話をしたら,中2の娘は,「ポルノってそんな意味があったの!」などと叫び,「ポルノ」の本来の意味を知らないようなのです。高1の娘はさすがに知っていたようで,バンドが「ポルノグラフィティー」と名づけた顛末まで解説してくれました。どうも中学生くらいでは,本来の「ポルノ」の意味を知らないのが普通らしい。
 女子中高生のみなさん,ほとんどのオジサンは「ポルノ」と聞くと,あのバンドの「ポルノグラフィティー」ではなく,別の「ポルノグラフィティー」を思い浮かべてしまいます。公共交通機関の中などで,大声で「ポルノ」などと言わないほうがいいですよ。しかし,別の「ポルノ」を思い浮かべてしまうオジサンの方が,一方的に悪いんですがね。

---<追伸>----------------

 ポルノグラフィティーは「ポルノグラフィティ」であって,最後の「ー」がないのが本当なんですね。WeLOveUSさん,ご指摘ありがとうございました。
 そういえば,コメントに修介が書いているように,確かに修介は前にそういっていた(様な気がする)。←また,修介につっこまれそうだが・・・。

by ケン (a member of 「Alice堂」)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/06/11

今の若者は・・・

 独立行政法人「労働政策研究・研修機構」の若年採用調査によると,高卒の採用増加・復活については,「業績が良くなれば考える」とした企業(48.9%)と,「考えていない」とした企業(49.2%)がほぼ同じであり,また過去5年間に高卒者を採用した企業に,90年代前半と比べた人材の質について聞いたところ,「低くなっている」(28.7%)が、「高くなっている」(13%)の2倍強になったとのこと。これは,コミュニケーション能力やマナー,基礎学力の質の低下が,高卒者を手控える一因になっている事をあらわしていると分析しています。
 基礎学力はともかくとして,コミュニケーション能力やマナーについては,企業の採用サイドの自分と比較して「今の若者は・・・」という視点からの評価であり,企業の採用サイドの人の頃とは時代が違うので,一概にはそう言えないように思います。たとえば,面と向かってのコミュニケーション能力は劣っているが,メイルを使わせると,はるかにコミュニケーション能力が高い,または同世代間ではコミュニケーション能力は高いなど,それはそれで企業での使い道があるように感じます。
 そういえば,古代ギリシアの文献にも,「今の若者は・・・」という事が書かれていて,どの時代でも,自世代より若い世代のことをとやかくいう事が多いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/10

BLOGの書き溜め

 昨年の8月,このBLOGをココログベーシックからココログプラスに変えました。それによって,あらかじめ記事を書いておいて,任意の日時に自動的にアップする機能が使えるようになりました。
 初めの頃は,この機能をフルに使って,一週間分の記事を1日で書いてしまったこともありました。しかし,そうすると当然のことながら,時事ネタが少なくなります。それは本意ではないので,最近はあまり公開日時指定機能を使わなくなりました。少なくとも,1週間分も書き溜めることはありません。また,書き溜めた記事をアップしても,あまり楽しくありません。やはり,BLOGはその時の旬の記事,別に時事ネタでなくても,その時自分が考えていることを新鮮なうちにアップしてこそ楽しいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/09

ドイツW杯,一番乗り

 昨日のW杯アジア最終予選B組,日本対北朝鮮戦,勝ちましたね。ドイツW杯に,どのチームよりも早く,出場を決めました。
 予選のB組チーム編成が決まった時には,やりにくい組に入ってしまったという報道がなされていましたが,決まってみれば強豪韓国と当たらなくて良かったとか有利な面もあり,結局B組でよかったという気がするから,いい気なもんです。
 録画の放送を見ると(マーフィーの法則があるので録画です)相手側のパスはつながらず,実力の差は歴然としていました。
 観客なしのタイでの試合でしたが,東京の国立競技場には満員の観客が生中継を見るために集まりました。もし,競技場のグラウンド全面に,立体映像を投射する技術が開発されて,タイでの試合がそのまま国立競技場のグラウンド上に再現されたらすばらしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/06/08

レッサーパンダ「風太」,CM出演へ

 新聞報道によると,2本足で立つレッサーパンダとして有名になった,千葉動物公園の「風太」が,ついにCMに出演するそうです。JTの缶コーヒーのコマーシャルだそうです。
 実際に見るとまた違った感じかもしれませんが,写真で見た限りでは,立った姿は,可愛いという感じはあまりしません。顔の色と体の色が違うせいもあって,どうも着ぐるみのように見えてしまいます。レッサーパンダはそもそも可愛い動物ですが,立っているよりも,やはり四足で歩いていたり,眠ったりしているところの方が可愛いように思います。
 (そういえば,ウチの近所の川崎市夢見ヶ崎動物公園のレッサーパンダのことを書いたことがあります)

futa

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/07

冷麺の季節

 気候も大分暖かくなってきたので,今日は焼肉屋に入って冷麺を食べました。
 「ゴムのような麺」などと悪口を言う人もいますが,さっぱりした冷麺は,私の大好物です。浅草橋のKORYOの冷麺は,少し薄味ですが,絶品です。
 冷麺というと,ラーメンより高いという印象を持ちがちですが,概ね800円~1000円くらいです。ラーメンは,安いところでは350円くらいからありますから,それに比べて冷麺は確かに高めですが,冷麺の具に相当するようなトッピングをラーメンに加えると,ラーメンでもやはり1000円くらいになってしまいます。それを考えると,実際そう高めの価格設定ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/06

EU憲法,仏蘭で否決

 EU憲法がフランスに続いてオランダでも住民投票で否決され,英国では住民投票が凍結される事態になりました。否決の理由として,安い労働力の流入や,EU内での自国の発言権の低下などがあげられていますが,結局のところ,EUが拡がりすぎたということのように思えます。EU範囲が西ヨーロッパだけなら,おそらくほとんど問題なかったんでしょうが,東欧にまで拡がった今のEUは,まとまりがつかなくなりつつあるように感じます。
 まず西ヨーロッパだけでまとまり,憲法など全ての統合基盤がしっかりできてから東欧に拡大していったとしたら,もっと違う経過をたどったんだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/05

バーレーン戦,勝利

 ワールドカップアジア最終予選B組バーレーン戦,日本代表が勝ちましたね。
 以前このBLOGで,私の個人的なマーフィーの法則「私がTVなどで,生放送のスポーツ中継を見ていると,応援している方が負ける」というのを書きましたが,その裏返し,「見たいみたいと思っていながら,私が見ていないと,応援している方が勝つ」というのもマーフィーの法則化しつつあります。キリンカップのときはどうなることかと思ったのですが,結果オーライになりました。
 しかし昨日,喫茶店で見たスポーツ紙は,試合時間が時間なだけに記事が間に合わなかったのか,勝ったということだけが報じられ,あまり詳しく状況が載っていませんでした。駅売りなどの遅版では,また記事が差し替えられているのかもしれません。
 次の北朝鮮戦,観客無しという異常な状態で行われますが,三都主とヒデとシュンスケが出場停止というのもまた異常な状態です。敬虔な仏教国,タイでの試合。今度は試合中に,見たい見たいと思いながら生中継を見ずに,仏様でも拝んでみましょうか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/04

ガードレールに金属片

 ガードレールに先端がとがった金属片が刺さっていて,中学生が怪我をした事件を契機に,全国のガードレールを調査したら,その金属片が約2000個以上発見されました。
 いたずらとしても,2000個というのは多すぎます。なにしろ,一人で20個取り付けたとしても,100人近い人が活動していることになります。はじめは単純な,子供じみた,悪意のあるいたずらだと思いましたが,これだけの数というのは不思議です。
 ネット上などで,このようないたずらのキャンペーンなどは流れていないんでしょうか。もしネットがらみのキャンペーンでないのならば何なんでしょう。このようなわけのわからない,人員と労力のかかることをするのは,宗教がらみが多いです。そう考えると,かつてのオーム事件を思い出します。複数の地下鉄に,同時にサリンを撒いた事件も,初めはわけがわからない,人員と労力のいる事件でした。今回も,宗教がらみというのが,一番ありそうだと思います。

--<追伸>----------

 謎の金属片は,その後も発見が増え続け,2000どころか2万箇所。愛知県では2年前に発見されていたといいますから,昨日今日のいたずらというわけでもないようです。福岡県で発見された金属片は,塗料から確かに車の外板の一部であることが分かり,埼玉県行田市では,事故車の調査から,同市内で見つかった金属片が,確かにその事故車から剥がれた物であることが確かめられました。
 ちょっと信じられなかった,自動車がガードレールをこすったときに車から剥がれ,ガードレールに挟まったものという場合も確かにある様です。ただ,全部が全部そうだとは考えられず,いたずらも含めて,いろいろなケースがあるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/03

パソコンで出ない漢字

 最近,年賀状など大量に出す場合はもちろん,はがきの宛先を管理ソフトから直接印字しています。単に自筆で書き写すべきところを,横着しているだけなのですが,とかく人の名前は,パソコンでは出ない場合があるんですね。
 有名なのは,スマップの草なぎ剛さんです。なぎの字がパソコンで出ない。そのため,「なぎ」だけはカナ表記になっていたり,新聞などでは,「弓へんに前,刀」などと( )付きで表示されています。
 うちの親戚にも,弓へんに真という字を書く人がいて,これがパソコンで出てきません。住所も郵便番号も苗字も印刷で,名前の一字だけをペン書きというのは,「おまえの名前はパソコンで出ないんだぞ」などと強調しているようにも見え,目上の人でもあり,失礼な気がして,その方へのはがきの表書きは,全て自筆で書いてしまいます。
 フォントを組み合わせて,新しい文字を作るソフトもあるように聞いていますが,どんなソフトを使えばいいんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/02

讃岐うどんは関西風?

 久しぶりにうどんを食べました。讃岐うどんの「かけ」です。
 うどんは,関東と関西では,つゆの色やしょっぱさが違うと言われています。関東は色が黒くしょっぱいし,関西は色が薄くしょっぱくない。その他,昆布をだし汁に使うかどうかなど,細かな違いがあるようです。讃岐うどんというと,やはり関西系なのでしょうか? 昨日食べたうどんは讃岐うどんでしたが,つゆが薄味だとは思いませんでした。関東のうどんと比べてどうだろうと考え始めて,そういえば関東のうどんを,まともに食べたことが無いことに気づきました。つゆに浸ったうどんというのは,学食や社員食堂でしか食べたことが無く,きちんとしたうどん屋に入って食べたことが無いのです。猫舌である事もあり,うどん屋ではたいてい「もり」をたのんでしまいます。したがって,せいろに乗ったうどんを,別に用意したつゆにつけて食べるのが,私のうどんの食べ方でした。したがって,正式な関東風うどんというのを食べたことが無く,はたして讃岐うどんが関東風なのかどうか,わからない。
 とにかく,昨日の讃岐うどんの「かけ」は,関東でも十分通用する味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/01

食料品店がコンビニに変わった!

 うちの近所の商店街に,ファミリーマートが開店しました。
 コンビニになる前は,個人商店の食料品店でした。パックにつめた惣菜や果物,ペットボトル飲料などを売っていたのです。食料品店としては結構大きめの店でした。
 ところが,今日コンビニになった店に入ってみて,こんなに狭い店だったっけと思いました。どうみても,かつての食料品店よりも通路は狭く,店自体も狭く感じます。
 なぜだろうと思って見回してみると,前の食料品店は,平台に物を乗せて売っていたのに対して,コンビには高い棚に商品を陳列しています。その高い棚が,店の中の見通しを悪くして,狭い印象を与えているようです。さらに,売り場そのものも以前より実際に狭いようです。ペットボトルなどの冷蔵ケースの裏に,商品補充用の通路があります。また,店の奥に,事務所や倉庫もあるらしい。以前の食料品店は,店そのものが倉庫のようで,それだけに雑然とした感じだったんですけどね。また,以前は店の前の歩道にまで,商品を広げていたのに,コンビにではそれがなくなったこともあるのでしょうね。
 一般商店がコンビニに変わったとき,店の様子がどう変わるのか,ちょっと面白い見ものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »