« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

総選挙,公示

 昨日の8月30日,第44回総選挙が公示されて,12日間の選挙戦が始まりました。
 今回の選挙は,公示前の前哨戦が激しく,新聞報道,テレビのニュースやワイドショーまで,選挙一色という感じだったので,いまさら「公示なんて」という感じです。これだけ盛り上がった選挙も珍しい。後の12日間で,盛り下がらなければいいのですが・・・。役者が出尽くしちゃったからなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/30

ガソリンが高くなりました

 ガソリンが高くなりましたね。
 ウチの近所は,多分安いほうだと思いますが,ハイオクでリッターあたり133円が普通です。かつて,1~2年前,100円程度だったこともあったんですがね。
 石油が高くなって,航空運賃はここのところ何回か値上げされています。昨日のニュースによると,日航は来年1月にも,さらに国内線の値上げを考えているとか。
 そのほか,100円ショップのプラスティック製品の品揃えが悪くなっています。「メーカーで品切れです」という張り紙が,いたるところに貼ってあります。
 このままいくと,電気代,ガス代にも影響がでるし,燃料値上げでトラックによる輸送費にも影響が出るのではないでしょうか。全体的に物価が高くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/29

ホットドックチェーン店,「キモイ」に謝罪

 ホットドックのチェーン店がコミックマーケットに出店して,そのアルバイト店員である女の子が自分の個人ブログに,「キモイ」などと書いたことから,「いやしくも客に対して何ていう言い草だ!」と一部の間で話題になり,チェーン店が謝罪する騒動がおきました。この話,コミケ関係者だけの間での話であれば,チェーン店の謝罪までは至らなかったのかもしれませんが,新聞報道が出て,謝罪に至ったのだと思います。
 事件としては,ホットドックチェーンとは関係ない個人ブログへのアルバイト店員の書き込みに対して,チェーン店側が謝罪する必要もないと思うんですが,おそらくこのホットドックチェーン店は,これからもコミケに出店していくつもりなんでしょう。
 しかし,このアルバイトの女の子は,アルバイト先が分かるような書き方をしていた上に,ブログに自分の顔もさらしていたようで,BLOG運営者としては,ちょっと認識不足だったと思います。書くならば,クレームがきてもそれを跳ね返すだけの信念と覚悟を持っていなければいけませんね。まあ,あまり防御が堅いBLOGというのも,面白くないかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/28

つくばエクスプレス

 8月24日に開通したばかりの,つくばエクスプレスに乗ってきました。つくばエクスプレスは,東京秋葉原とつくば市を45分で結ぶ第三セクターの鉄道です。
 秋葉原駅は,かなりごった返していました。券売機には長蛇の列が出来ていましたが,私はパスネットカードを持っていたので,直接改札口へ。
 列車は,普通と区間快速と快速の3種類があり,つくば行きの快速に乗車しました。列車は超満員というわけではなく,駅の混雑ぶりに比べて,思ったより空いていました。つくばまでの間,東京から遠ざかるにつれてどんどん空いてくるのかと思っていたら,反対に混雑してきて,つくばに着く頃には,結構な混雑になりました。
 実は8月24日の開通日にも,私はこの鉄道に乗っています。会社帰りでしたから,さすがにつくばまでというわけではなく,都内区間である秋葉原-青井,ここで折り返して青井-北千住間を乗りました。このとき,秋葉原駅のJR北口側入口がテープで閉鎖され,しかもそのテープに「警視庁」と書いてあったので,開通早々事件発生かと思ったのですが,どうも小泉首相の乗車に関連した閉鎖だった様です。このとき,青井駅で帰りの列車を待っている際に快速列車が通過したのですが,かなりのスピードで,ちょっとビックリしました。駅のホームには柵と電車のドアと連動するホームドアが備えてあり,確かにそれがないとちょっと危険です。
 これまでつくばへ行く場合,高速バスに乗るのが普通でした。そしてその高速バスがほぼ10分毎に出ていたくらいなので,東京対つくばだけ考えても,それなりの交通需要はあるものと思われます。ただしそれだけでは,高速バスの輸送量を上回る,12~15分毎の6両編成の列車(秋葉原-つくば間。その間に秋葉原-守谷間折り返しが入る)を満員にすることは出来ません。この鉄道の成否は,沿線開発がどの程度進むかによるのでしょうが,住宅の都心回帰の時代に,なかなか難しいのかもしれません。

 電車の写真は,つくばエクスプレスのホームページでも見てもらうことにして,ここでは,秋葉原ターミナルの写真を載せます。

akihabara

 ところで,どこかのBLOGで,つくばエクスプレスの「TX」というロゴがカタカナの「イヌ」と読めると書いてありました。それを読んで以来,このロゴ,どうしても「イヌ」としか読めなくなってしまいました。

logo

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/27

COCOLOGに「次ページボタン」を

 このniftyのシステムであるCOCOLOGで作られたBLOGを読んでいるとき,あれば便利だという機能に,「次ベージボタン」があります。
 「次ページボタン」というのは,ページの最終行に置いて,そのボタンをクリックすると,前のBLOGページにとぶというボタンのことです。COCOLOGでない,別のBLOGシステムで見たことがあります。最新の記事から下に向かって読んでいくと,やがて何日目かの記事で最下行に至ってしまいますが,そこから続いてさらにさかのぼって記事を読む場合,COCOLOGでは,カレンダー表示の日付をクリックするかバックナンバーの月をクリックするしかありません。続いて前のページを読むということが簡単にできないのです。連続して読んでいく為の「次ベージ」と「前ベージ」のボタンがあれば便利だと常々思っています。まあ,そのBLOGの常連で,その日にアップデートされた分だけ読むという場合には不要なもので,そのようなボタンは,必ずしも活躍する場面が多くないかも知れませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/26

鈴木宗男氏も,新党立ち上げ

 今回の衆議院選挙で,鈴木宗男氏も新党「大地」を立ち上げ,代表に納まりました。この新党から,4人が立候補するようです。
 鈴木宗男氏のことを,以前このBLOGで書いたことがあります。約1年前の参院選の時の記事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/25

国民新党のマニフェスト

 国民新党のマニフェストが発表され,その中に「経済合理性のみに基づいた弱肉強食の競争原理主義を排除し,勝ち組み・負け組みをつくらず,すべての国民の生活の安心と安全を守る経済政策を展開します。 」というのがあります。
 しかし,競争原理主義を排除するということは,国民新党は共産主義政党なのでしょうか? 勝ち組み・負け組みをつくらず,すべての国民の生活の安心と安全を守る経済政策を展開したばあい,国民すべてを負け組みにするということに等しいです。こんなマニフェストをいただいている政党というのは,まったく無責任な政党だと思います。
 マニフェストのこの条項は,亀井氏の対抗馬として広島から出馬するライブドア堀江氏を意識したものだと思いますが,強く意識しすぎた結果,筆が滑ったのではないかとも思える条項になってしまいました。まあ,国民新党のマニフェストは,全体的に言って「旧来の政治を行っていきます」という以上のものではないように思えます。地方では,そんなことを言っておけば支持が集まるとでも思っているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/24

駒大苫小牧野球部長,部員に暴力発覚

 全国高校野球選手権大会で2連覇を達成した,南北海道代表,駒大苫小牧の野球部長が部員に暴力をふるっていた事が発覚し,高野連の調査が始まりました。学校側は,最悪,優勝旗の返還も覚悟との事。
 この暴力は,ベンチ外選手である部員の態度の悪さに対して平手打ちを1回,別の日に,食事のルールを守らなかったことに対してスリッパで1回なぐったとの事。
 親からの通報で,早くから学校側は知っていたものの,選手の母親が「処分は大会後でいい」といったため,学校側ではすぐに高野連に通知しなかったとのことで(選手の親は,発表を後にするよう学校側に頼まれたといっており,こちらのほうが本当らしい),その対応のまずさが正に明徳義塾と同じように,大きな問題になってしまったわけです。
 はじめは,運動部員で体罰を受けて親が出てきて・・・というのは,基本的には「部員も親もみっともないし,甘えている」と思っていました。しかしその体罰の原因というのが,エラーをしてもにやけていたことであり,さらに食事のルールというのは,3杯以上ご飯を食べようと決めたのに,2杯目の残りをジャーのところに持って行き,3杯目をよそったように偽ったからだとの事。体罰の程度は,平手打ちによって顎が外れて噛みあわせが悪くなるという後遺症が残っているようです。これらが本当ならば,実に下らない原因で,下らない体罰を行って,優勝に貢献した野球部員に対して申し訳ない結果を生んでしまったわけで,学校側と事件を起こした野球部長の責任は重いと思います。
 私は必ずしも体罰に反対しませんが,体罰に至った事情と体罰の程度は,充分吟味されるべきです。今回は,頭で考えずに,感情の赴くまま暴力を加えたという感じがします。体罰の原因を考慮し,理性と抑制を持って罰を加えるのが体罰で,今回のケースは単に切れて暴力を加えただけで,決して罰を加えたものではありません。
 この不祥事を,優勝が決まった後に発表した学校側の態度は? もし私が校長だったら,今回と同じように,野球が終わってから発表するように取り計らうかもしれません。明徳の事もあり,高野連の処罰がどうなるのかわからない状態で,最悪の場合,以降の試合出場辞退となる可能性もある状態でチームが順調に勝ち進んでいたら,チームに結果を出してやりたいと思うからです。結果的に優勝が返上になり,高校野球の記録には残らないかもしれませんが,2年連続優勝して甲子園に校歌が流れ,一時でもテレビ報道,新聞報道がなされ,その後高校野球の歴史からは抹殺されても,優勝した時のビデオや新聞記事は永久に残ります。2連覇を成し遂げたことは,公式記録上には残らないかもしれませんが,語り草として後世に残るからです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/23

新党日本旗揚げ

 田中康夫長野県知事を代表とする新党日本が結成されました。
 郵政民営化に反対した小林興起氏などが加わっています。しかし,小林氏は,「民営化反対か賛成かと問われれば,私は賛成だ」などといい,田中代表は「民営化のした後が問題だ」などといい,郵政民営化賛成のグループともとれ,反対なのか賛成なのか,今のところよく分かりません(マニフェストが発表されれば,分かるかもしれない)。分かっているのは,反小泉であるということ。小泉首相のやり方に反対するグループであることは確かなようです。また,田中代表の思惑は別として,小林氏などメンバーの思惑は,綿貫-亀井ラインでは,都市部で票が取れないということにあるようで,票集めのための刹那的なグループとも思われます。田中知事は,そんなグループの代表に祭り上げられて,かえってマイナスではないかとも思ってしまいます。
 一方,亀井氏らの国民新党綿貫代表は,「いずれ大同合併するのではないか。新党日本も同根であり、一緒になっていくグループだと思う」などといっています。これも新党日本にマイナスになるのではないですか?綿貫氏では勝てないとしてせっかく別のグループを作ったのに,綿貫氏と同じ穴の狢で(実際そうなのかもしれないが),綿貫-亀井ラインと連携しているような印象を強めれば,わざわざ国民新党と別のグループを作った甲斐がないでしょう。
 しかし,こう郵政民営化反対派のグループがたくさんできてくると(しかもよく聞くと完全に民営化反対でもないらしい),反対派の存在自体が薄まるだけのような気がします。郵政民営化賛成を公言するの自民-公明と,反対を公言する共産党(共産主義社会を標榜する共産党が,何にしろ民営化反対なのはもっともな話で,実にまっとうな共産党です)だけが,かえってくっきりと際立ってくるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/22

とある喫茶店

coffee_shop
 東京都内のとある喫茶店の店先です。
 店先の天幕にランチの広告がとめてあるのはいいのですが,その横を見てください。同じように広告をとめたと思われるホチキスがたくさん刺さったままです。紙の切れ端さえ見えます。(写真をクリックすると大きくなります)
 店先がこれでは,店内がどんな状態だか想像できます。ちょっと入るのは控えたいと思ってしまいます。ちょっと日本的な客商売の美学からは外れており,それを堂々と店先でやっているというのは,ひょっとして経営者は外国人かしら?と思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/21

デジタルミラーデバイス

 仕事上の必要があって,投影式のディスプレイを調べたのですが,最近のプロジェクタは,テキサス・インスツルメンツのデジタルミラーデバイスというものを使っているらしいですね。
 このデバイスは,10ミクロン角ほどの金属ミラーをたくさん並べ,それに光源からの光を当てて映写面に向かって反射させるのですが,ミラーが傾いて光があらぬ方向へ向かったところはoff,傾かないところはonになるという仕組みだそうです。このサイトに,ミラーが動く様子がCGで紹介されています。
 このデバイスは,21世紀になってから発表されたようですが,プロジェクターの中で,微小な鏡が動いているとは思いませんでした。これはちょっと面白い仕組みです。それにしても,このミラーデバイス上で,小さな鏡がワサワサと動いている様子を直に見てみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/20

堀江氏,衆院選出馬

 ほりえもんが広島6区から衆議院選挙に出馬決定したようですね。
 しかも,噂されていた自民党からではなく,無所属で出るそうです。しかし,小泉首相とも話し合い済みで,自民党は同選挙区に候補を立てない方針との事なので,実質上,郵政民営化賛成の準自民党候補として出馬する事になります。ちなみに広島6区は,郵政民営化反対派の総本山,亀井氏の選挙区です。
 無所属での出馬というのは,自民党内にある,ほりえもんに対する根強い嫌悪感のためもあるのでしょうか? しかし,本当に出るとは思わなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/08/19

新党立ち上げ

 郵政民営化反対派は,解散当初新党を作るような事を言っていて,その後作らない方向になり,ここに来て新党を立ち上げる事になりました。先日の記事で,「いまや郵政民営化反対は論外,賛成派のどれを選ぶかという段階のようです。」と書きましたが,世の中は,国会では反対した民主党も含めて,郵政民営化推進の方向に向かっているようです。
 今回の新党立ち上げで,誰が反対しているのかはっきり分かるという利点はあるかなとは思います。しかし,自民党地方組織は,反対派を応援するところもあったのですが,別の党という事になると,おおっぴらに応援し難いのではないでしょうか。新党結成は,反対派にとって痛し痒しでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/18

26日の地震のこと

 8月26日昼直前の地震は,宮城県で震度6弱を記録しましたが,50人を越える重軽傷者が居たのに,死者がでなかったのが幸いでした。
 私は,東京の40階建てのビルの30階付近にいましたが,初め縦揺れが来てそれから横揺れになりました。縦揺れが来たので,震源地はまた千葉県北部かと思ったのですが(つまり近くかと思ったのです),宮城県沖だったんですね。横揺れが半端でなく長かったです。
 現地宮城からのテレビの中継では,既にスタジオの揺れは納まっているようなのに,私の居るビルは揺れていました。多分,高層ビルの柔構造ためだと思います。この揺れでビルの安全が保たれているのでしょうが,やはり気分のいいものではありません。7月23日の地震では,たまたま私が居た成田空港のエレベータが止まりましたが,今回の地震では,40階建てビルのエレベータは止まりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/17

西武多摩川線廃線跡,その後

 先日,西武多摩川線の引込み線について書きましたが,散歩がてら,その現地へ行ってきました。
 しかし,先日の記事に添付した現在の空中写真を見ても分かるように,引込み線のあったあたりは,きれいに区画整理された住宅地になっており,線路の痕跡が残っているわけもありません。さらに引込み線の終端付近は,現在ICU付属高校となっていますが,高校が出来る前は,一時ゴルフ場になっていたようで,ゴルフ場造成の段階でもう廃線跡は消えてしまっています。ということで,現地は全く廃線の香りはありませんでした。もちろん,この引込み線が,何のための引込み線か,分かるはずもありません。

<ゴルフ場時代の引込み線廃線跡>
(写真をクリックすると大きくなります)
ICU

<多摩川線の終点「是政」駅>
 ほんのついでに,終点「是政」駅の写真を示します。駅はかなり奥の方(黄色い電車が止まっている辺り)ですが,線路はその先,府中街道際まで伸びています。写真を撮った位地から振り向けば,もう府中街道です。
 多摩ニュータウンの開発が始まるころ,ニュータウンへのアクセス鉄道として,現在実現している小田急多摩線,京王相模原線の他に,この西武多摩川線のニュータウンへの延伸が考えられていました。どの程度本気だったのかは分かりません。実現していたら,おそらく是政から多摩川を渡って,ニュータウンに向かうことになったのでしょう。
koremasa

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/16

郵政だけでなく・・・

 先日書いた居酒屋調査の結果から見ると,地方毎に違いはあるものの,国民の意見としては郵政民営化賛成の方向にむかっているようです。しかし,選挙で小泉政権を選択するかどうかは,また別問題です。郵政改革を言っているのは自民党だけでなく,自民と連立する公明党はもちろん,民主党も改革を言っています。民主党は,そのマニフェストの中で,明確に郵貯の将来的な縮小と郵政事業のリストラを盛り込んでいます。さらに,よく聞くと,反対派でさえ郵政改革は必要などといっており,もう何がなんだか分かりません。
 郵政民営化は,官のリストラクチャリングと財政建て直しにつながっていますが,郵政事業を含めて,この2つを確実に実行して,金のかからない国家を作ってくれるのは誰でしょうか。金のかからない国家作りへの努力なしに,国民の税金を上げることは,納得できません。
 いまや郵政民営化反対は論外,賛成派のどれを選ぶかという段階のようです。その選択は,郵政民営化+アルファのアルファの部分(イラク問題かもしれないし,年金改革問題かもしれないし,道路公団問題かもしれないし,憲法改正問題かもしれない)で誰を選ぶかという段階かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/15

終戦記念日

 8月15日,終戦記念日。
 戦争体験を持っている方が確実に減っていく中で,戦争体験を後の世代に話しついでいくことは大切なことと思います。
 終戦記念日というと話題になる映画に,「蛍の墓」というアニメがあります。私などは,何回もそのレンタルビデオを借りてきているのですが,気の毒すぎて結局最後まで見ることが出来ません。
 ただ,この映画もそうですが,反戦教育というと,今の日本では戦争の悲惨さを見聞することにあまりにも特化されすぎている様に思います。戦争はどのようにして起きるのか,起きたのか,日本人だけでなく外国人はどのような体験をしたのか,戦争はどのように進行しどのように終わったのか等々,情緒的ではなく,もっと学問的に,系統的に学ぶ必要があります。結局,歴史教育,とりわけ現代史の教育が全くできていないわけで,そのため,外国から靖国神社参拝問題を言われても,国民は反論すればいいのか,謝ればいいのかもわからないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/14

郵政改革支持は8~9割?

 先日の朝日新聞に,居酒屋の親父さんへの聞き取りの結果として,「居酒屋のお客さんたちの話している内容を聞いていると,7割方の人が郵政改革と今回の解散を支持している」というのがありました。
 そこでさっそく,私の知り合いの居酒屋の親父さんや,居酒屋で周りの話を聞きながら一人で飲むのが好きという人(変わっていると思います?)に聞いたところ,7割どころか8~9割の人は郵政民営化・解散賛成だと言ってました。さらに,郵政改革推進派として,反対派に気兼ねして修正された点(今考えれば,どうせ対立するのなら,反対派の意見など入れる必要なかった)や郵貯の扱いなど,まだまだ改革が不十分(郵貯廃止までもっていけ)など,過激な改革を望む声さえたくさん聞こえるとの事です。
 ただ,注意しなくてはいけないのは,これは東京や横浜の話だということです。地方ではどうなのでしょうか?地方では,多分そこまで郵政・解散賛成とはいかないのではないでしょうか。だから,報道機関のアンケート調査結果では,賛成50%程度,反対35%程度ということなのかもしれません。
 今回の郵政民営化は,せいぜいわけのわからない特殊法人への資金の流れを止める第一歩を踏み出しただけで,その資金を民間へ振り向けるところまでいきません(そのためには,郵貯の廃止が必要なのではないかと思っています)。確かに,郵政改革推進施作としてはまだまだ不十分なものですが,今回の民営化は,利権に浸かった政治家達には絶対に無理と思われた改革の第一歩であり,これを突破口にして多少時間かけてでも,改革を進めて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/13

自民党地方組織の混乱

 自民党の地方組織が,本部の「郵政民営化反対派は公認せず,反対派がいる全ての選挙区に賛成派の対立候補を立てる」という方針に戸惑っているようです。
 郵政民営化反対派を公認しないのですから,その選挙区に対立候補を立てなければその選挙区に自民党候補がいなくなってしまうし,しかもこの選挙は郵政民営化反対と賛成こそが争点となる選挙ですから,本部の方針は全く「当然」なのですが,古い体質の地方組織にしてみれば,これまでのしがらみで,本部の指令に戸惑うのは当たり前です。また,自民党中央が反対派と賛成派に割れているのと同様に,地方組織も反対派と賛成派に割れるのは,これも当然です。一部報道機関が,何か特別な事態のように報道していますが,そんなことははじめから「想定の範囲内」ではないですか?
 ところで,テレビで映る自民党内の反対派のお歴々は,にわか反対派を除けば,みな年恰好や雰囲気が似ており,地方組織の人を含めて「あっ,この人は反対派だ!」と,見ただけでわかるのには笑ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/12

「郵政民営化ごときで・・・」?

 今回の「郵政民営化がらみ」衆院解散については,多くのBLOGで取り上げられています。このBLOGでも,衆院解散や郵政民営化についての記事は,先日の「アメリカ人は皆おたく」ほどではありませんが(笑),「コメダ珈琲店」や「新大久保コリアンタウン」の記事くらいには訪れる方が多く,訪問者数ベストテン上位にランクされています(COCOLOG付属のアクセス解析によれば)。
 この問題を取り上げているBLOGの中で,また新聞記事でも,郵政民営化問題での解散について,「他に国民生活に直結した問題が山積している中で,郵政民営化問題ごときにうつつを抜かしている場合ではない」という論調のものがあります。しかし,「郵政民営化」は直接国民生活に関わっていないように見えますが,実は国民の財産である郵便貯金が,郵政族議員のいいように,特殊法人など国関連機関のわけのわからない無駄な事業に使われているのを食い止め,国民の財産の無駄使いを正すきっかけとなるもです。他に直接国民生活に関係する問題があるからといって,放っておいていいものではありません。効率が悪く,無題金のかかる公的事業を民営化して金の流れを変えることは,日本の将来にとって重要なことです。そういえば,以前こんなことを書いたことがあります。(前の文章をクリックしてください) このような郵政改革を,自民党を割ってまで(郵政族議員がいるのですから,自民党を割らずにこの問題を進めることはできません)進めようという頑固な人は,小泉首相以外にはいないでしょう。他に出来る人がいないのですから(というより,やろうという人がいないのですから),小泉首相には,他のことを多少放っておいても,この問題をかたずけて欲しいと思います。
 さて,会員制の某ブログによると,解散に決まった後の日経平均株価が急騰しているそうです。これは,小泉首相の「郵政改革と解散と反対派切捨て」を,市場が支持していることの表れだというのですが,確かにこれまで国関連の特殊法人などに無駄に流れていた郵貯資金が民間に流れるようになれば,経済の活性化につながるということなのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/11

総選挙で「挙党一致」?

 8月8日に明らかになった衆議院解散に伴い,総選挙が行われるわけですが,総選挙に向けて郵政改革反対派の自民党脱退,新党結成になるのかと思ったら,反対派に自民党を出たくないという人が続出して,新党などどうころんでもできそうもありません。自民党執行部は,反対派の選挙区に「反」反対派の有力候補を擁立して,反対派を落選させる作戦に出ています。「そこまでやるのか」とも思いますが,考えてみれば自民党執行部にとって今回の総選挙は,郵政民営化を国民に問う選挙ですから,そこまでやるしかありません。反対派は公認せず,はっきり言えば「ほとんど自民党員ではない」という認識ですから,反対派のいる選挙区に「自民党候補」を擁立せざるを得ないし,そうなれば勝つ見込みのある有力候補が擁立されることになります。
 反対派の中には,「そんなことをするより,挙党一致体制で選挙に臨むべき」などとい言っている人がいますが,何をバカなことを言っているのかという感じです。郵政民営化を賭けて国民に信を問う選挙で,つまり郵政民営化賛成と反対こそが争点となる選挙で,反対派と賛成派が一緒になって挙党一致などできるはずもなく,血迷っているとしか思えない発言でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/10

西武多摩川線の引込み線

 先日に続いて,オタッキーな鉄道の話です。
 下の白黒写真は,米軍が戦後すぐ撮影したものですが,その左側をを斜めに走る線は,西武鉄道多摩川線です。西武多摩川線は,JR中央線武蔵境から多摩川に近い是政まで走っている単線の鉄道です。この線から出ている引込み線(専用線)のたぐいは,現在では一つもありませんが,その昔,いくつかの引込み線がありました。この路線は,西武の主線である池袋線,新宿線とは接続していない単独路線ですが,JR(というより旧国鉄といったほうがふさわしいのでしょうが)中央線とつながっているため,沿線の施設にとって,この線から専用線を引くと,国鉄とつながったも同様という状態になり,便利だったと思われます。
 この線から出ていた専用線で一番有名なのは,沿線の調布飛行場への引込み線です。この飛行場は,現在では伊豆七島などの離島便の発着に使われていますが,その昔は軍用にも使われた飛行場ですから,引込み線があっても不思議ではありません。
 一方,何のための引込み線かよくわからないのが,写真の引込み線です。新小金井駅南方から東に分岐している短い専用線です。
 この引込み線の南側は,現在では国際基督教大学(ICU)となっていますが,この引込み線があった頃,ここは当時世界最大といってもいい航空機製造会社,中島飛行機の三鷹研究所でした。中島飛行機は,戦闘機「隼」のメーカーとして有名で,特にエンジンは定評があり,三菱製のゼロ戦にも,中島のエンジンが装備されていました。この線,三鷹研究所への専用線であったというのが一番ありそうなことですが,研究所内深く進入しているわけでなく,研究所の北端をかすめて終わっているというのが解せないのです。
 カラー写真は現在のこの付近の様子です。旧中島飛行機の敷地に拡がっているのがICUですが,十字路の特徴あるロータリーやE字を反時計回りに90度まわしたような建物など,中島飛行機時代の面影を残していることがわかります。E字の建物は,補修されながら,大学本部として使用されているそうです。

<国土地理院の空中写真より(終戦直後)>
 (クリックすると大きくなります)
seibutama

<国土交通省のウエッブマッピングシステムより(現在)>
 (クリックすると大きくなります)
seibutama2

---<追伸>---------

 この引込み線について,その後「武蔵野地域の戦争遺跡ガイド」という本の中に書いてあるのを見つけ,このブログの記事にしました
 この本によると,やはり中島航空機三鷹研究所への引込み線だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/08/09

郵政民営化法案,参院否決

 参院で,郵政民営化法案が否決されました。まあ,「想定の範囲内」ということでしょうが,先日書いた「自民党は解体を!」の方向に向かってくれることを望みます(なかなかそうならないんだな~,これが)
 ひょっとしたら政権をとるかもしれない民主党も,「今回の法案には反対したが,郵政改革は必要」と言っているし,今回否決されても,流れはそちらの方向に向かうのでしょうね。郵政民営化反対勢力である,郵便貯金による資金に利権をもつ政治家も,全体的なこの流れはとめられないでしょう。また,それを望みます。

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2005/08/08

千葉県営鉄道多古線跡

 このBLOGの右の帯にある「プロフィール」を見てもらうと,趣味は「鉄道」と書いてあるのですが,このBLOGではあまり鉄道のことを話題にした事がありません。
 そこで,今日は思いっきりオタッキーな鉄道の話題を披露します。
 以前このBLOGで,千葉県九十九里や飯岡町刑部岬へドライブに言った時の事を書きました。その記事の中に,「県道をそれて,旧千葉県営鉄道多古線跡の道路を通って県道290号線と国道296号線の交差点へ」という部分があります。この千葉県営鉄道多古線というのは,明治44年,成田と多古の間が開通した鉄道です。千葉県に本拠地があった帝国陸軍の鉄道連隊が演習用に敷設した鉄道を,千葉県が借り受けて開業したもので,600mmという小さな線路幅(軌間)を採用した鉄道だったといいます。
 さらに大正15年(昭和元年)には多古から先,八日市場までが1067mmという国鉄と同じ軌間で開通,それが昭和2年民間に売却され,成田鉄道多古線となりました(正確には,成田電気軌道に売却され,その後成田電気軌道が成田鉄道に名称変更)。その1年後,成田-多古間も1067mmという軌間に改軌され,国鉄と直通運転も行われるようになったようです。
 ところが,戦時中の昭和19年,線路を南方開発に使用するため,不急路線として休止(一説には,成田鉄道の親会社,京成電鉄の意向といいます),そして戦争終結後の昭和21年10月9日,復活することなく正式に廃止されました。鉄道を失った成田鉄道はバス会社となります。千葉県北部に路線網を持つ千葉交通が成田鉄道の現在の姿です。
 さて,私が車で走った多古線跡というのが,下の写真の特徴的な山形の道路です。この写真の左手,つまり西の方,すぐ近くに成田空港があります。実はこの区間,山形の廃線跡から分岐してさらに北に向かう道路ともいえない筋が写真上で見えています。これは,明治44年の開業時の路線で,昭和3年に1067mm軌間に改軌された時,山形の路線にルート変更されたのです。現地へ行ってみるとわかりますが,旧線は北に向かってきつい勾配になっていて,この勾配を緩和するためのルート変更だったといわれています。そもそも,明治時代の開業時,北へ線路が向かっていたのは,北のほうに集落があったからで,それが改軌後の新ルートでは,集落からは離れてしまいました。山形のこの区間は,現在でもほとんど民家がありません。
 この成田鉄道多古線の三里塚駅は成田空港のフェンス間際にあり,フェンス警備のため警備員(ひょっとしたら警察官?)が常駐していて,ちょっと写真など撮っていると不審尋問されそうな雰囲気です。三里塚駅から線路は現在の成田空港内へ入っており,廃線跡はすっかり空港と化してしまって失われています。千代田付近で空港敷地を出て,この山形の道路になります。写真の右方,つまり東方向に染井交差点があり,そこから多古を通ってJR八日市場駅まで,廃線跡は車が行きかう国道296号線となってしまい,廃線跡の雰囲気は微塵もありません。この国道296号線に,東京浜松町から東京駅を通って八日市場まで,成田鉄道の後身である千葉交通の高速バスが走っているのも因縁ですね。
<訂正>
 国道296号線,旧成田鉄道跡を走る八日市場行きのバスは,東京駅-八日市場駅間のJRバスでした。千葉交通の高速バスは,浜松町-東京駅-銚子-犬吠崎で,旧成田鉄道の路線跡は走りません。間違った情報を書いてしまい,申し訳ありませんでした。

<国土交通省のウエッブマッピングシステム空中写真より>
 (写真をクリックすると,さらに拡大します)
Chibakenei_2

<追  伸>
 Google street viewによる,多古線旧線,新線の分岐部分の現在の様子をアップしました
 さらにその先の様子も別の記事にしました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/07

郵政民営化参院決議,来週にずれこむ

 郵政民営化法案は,衆院で可決された後,今週末にも参院で決議される予定であったところが,来週にずれ込むことになりました。
 今週末のニュースショーには,賛成・反対双方の議員が登場して,それぞれ意見を言っています。
 反対派の意見は,相変わらず郵便局が少なくなるなどと訴えており,この法案の持つ本来の意味「郵便貯金の形での集金機関を将来的になくして,国会議員たちの利権を弱め,無駄な政府系法人が無駄に金を使ったりばら撒いたりすることを防ぐ」ことにはもちろん言及しません。賛成派も,「国会議員の利権を弱める」だの「これまでの無駄遣いやばら撒きをなくす」とは正面切って言えず(国会議員がやってきたことですからね),奥歯に物が挟まった言い方しかできず,発言に力がありません。いきおい,郵貯の使い道に利権を持つ,民営化反対派の国民をだます言い草,「郵便局が少なくなる」だの「郵便局がなくなって日本の景色がかわる」だのという子供だましの言い草がテレビなどでもはびこっているのです。
 郵政民営化法案は完全なものではありませんが,第一歩ではあります。

<以前このBLOGに書いた,郵政民営化の記事>
新閣僚,郵政改革へのコメント
郵政民営化と郵便事業民営化
郵政民営化と郵便事業民営化,その2
郵政改革反対派の悪あがき
世論調査8位,「郵政改革」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/06

氷いちごミルク

kouri
 コメダ珈琲店の氷いちごミルクです。
 2人で行ってこれをたのんだら,スプーンを2つ付けてもってきてくれました。
 2人で1つで十分という方もいるかもしれないという大きさです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/05

「知られざる軍都多摩・武蔵野」

gunto
 「知られざる軍都多摩・武蔵野」という本を買ってきました。
 東京郊外の多摩・武蔵野市は,戦前から航空機産業を中心とした軍事企業が立地し,軍関係の研究所,工廠なども多く存在していました。それらの痕跡を現代に探る写真中心のムックとでもいう様な本です。
 私は別にかつての軍需産業に興味があるわけではないのですが,これらの巨大な工場や飛行場や研究所につき物の施設に興味があるのです。それは,鉄道引込み線。かつて,これらの軍事施設には,中央線から,西武多新宿線から,多摩川線から,引込み線が引かれていました。この本は,軍事工場が現役の頃の地図と現代の地図を併記して,引込み線跡を現代の地図上に重ね合わせることが出来る点,興味があったのです。
 結果的には,これまで知っていた事を越える事実は,この本の中から発見できませんでしたが。また,鉄道に焦点を当てた本でないので,ちょっと読んでいて歯がゆいところがありました。
 まあ,いずれにしろ,一般的な本とはいえないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/04

自民党は解体を!

 昨日の記事で,「小泉首相は「自民党をぶっつぶす」といって自民党総裁になりましたが,郵政民営化参院で否決→衆議院解散→自民党内反対派を公認せず→自民党分裂(反対派は新党結成)という流れで,本当に自民党をぶっつぶす事になるかもしれませんね」といいましたが,実際のところ,本当に自民党をぶっ潰してくれることを希望します。
 約1年前,参議院選挙の際に,自民党の比例区が不審だったことを記事に書きました。その中で,「自民党には,親小泉派と抵抗勢力が存在し,自分が親小泉であれ抵抗勢力であれ,自民比例区に投票すると,反対の側にも利することになるというのがシャクだかったから」比例区は自民党に投票しなかったと書いています。つまり,自民党といっても,一枚岩ではなく,一つの党としての体裁をなしていないのです。もっとも,自民党というのは,いくつもの派閥が存在し,昔からたくさんの党の連合体ではあったのですが,党内派閥間を「調整」することで成り立っていました。現在は,もうそんな調整をやっている時代ではありません。そんな調整をやっているから,はなから調整不可能と思われる政策転換や画期的な改革は,行おうという気さえ自民党からは沸き起こってこなかったのです。
 現在の自民党内対立の状況は,郵政に関する自分達の権益を守ろうという郵政族議員対その他の議員という構図ですが,これが郵政問題でなく,別の問題になると,それについての自分達の権益を守ろうとする別の議員対それに権益を持たない議員という構図になります。ですから,自民党から郵政民営化反対派が出て行けばいいという問題でなく,本当は各派閥ごとの小党に解体されるべきなのです。まあ,どうころんでもそこまではいかないでしょうけれども。
 とにかく自民党は解体されるべきです。結局社会党を解体させることになった村山富市元首相のように,またソ連共産党を解体させることになったゴルバチョフ元書記長のように,小泉首相には自民党を解体に追い込んでもらいたいと,切に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/03

郵政民営化に関係して,永岡議員自殺

 8月1日,衆議院議員の永岡洋治議員が自殺を図り,死亡が確認されました。
 永岡議員は亀井派に属し,郵政民営化に対して反対の立場であるものの,7月5日の衆議院本会議では賛成に回りました。
 一部の新聞報道によれば,郵政民営化反対派は,「弔い合戦だ」といきまき,反対派に有利な状況が生まれたとも報道されています。
 しかしながら,自殺の動機についてはっきりしていないものの,普通に考えれば,郵政民営化反対派が,衆議院本会議で賛成に回った永岡議員を責めたためというのが一番ありそうな話です。それなのに,「弔い合戦だ」とか「反対派に有利な状況が生まれた」というのは,ちょっとどうかと思うんですがねえ。

 ところで,小泉首相は「自民党をぶっつぶす」といって自民党総裁になりましたが,郵政民営化参院で否決→衆議院解散→自民党内反対派を公認せず→自民党分裂(反対派は新党結成)という流れで,本当に自民党をぶっつぶす事になるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/02

臭い洗濯物

 カミさんが夏休みと用事を兼ねて実家へ行くのですが,その間の食事は,外食や弁当を買ってきて何とかなります。掃除はまあ,1週間くらいやらなくてもいいでしょう(?) 面倒くさいのが洗濯です。朝洗濯機に放り込んで,そのまま乾燥までのプログラムを選択して会社に出かけてしまいます。会社から帰ってくると,着られる状態で洗濯が出来上がっているわけです。ウチの洗濯機はドラム式ですが,そんなやり方で洗濯すると,洗濯物が臭くなるんですね。洗濯機の臭いかもしれませんが,ウチのカミさんは日に干さないからだといいます。やはり外に干して日に当てないと,臭くなるというのです。
 いま,ウチの上の娘が,英語の勉強を兼ねてオーストラリアにホームステイに行っていますが,行く前の旅行会社のガイダンスで,「彼の地では洗濯はドラム式洗濯機で乾燥までさせてしまって終わりで,外に干すという習慣はないので,あまり上等の衣類を持って行かないように」と聞きました。欧米では,頻繁に風呂に入る週間がなく,体臭を紛らすために香水が発達したと言われていますが,ひょっとしたら,洗濯物を日に干す習慣がないことから,衣類の臭いを紛らすためにも香水が発達したのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/01

映画「姑獲鳥の夏」を見ました

ubume 昨日は,映画「姑獲鳥の夏」を見てきました。
 この映画は,京極夏彦氏の同名の小説の映画化です。原作は,新書版2段組で600ページはあるかと思われる大長編ミステリーですが,それを2時間あまりに上手くまとめているように思います。
 この映画のように,原作ものの映画化では,読者の頭の中に小説で形成された登場人物と映画の俳優との相違が違和感を生むものですが,この作品では,その点でも比較的上手くいっているように思いました。まあ,小説の人物と映画の人物の違和感の許容値は,人によって違うものでしょうから,小説を読み映画を見た皆が皆そう思うとは限らないんでしょうが。さらに私としては,実相寺昭雄監督作品というだけで何でも許してしまうというところがありますので,この文章はあまりあてにしないで下さい。ときどき画面に現れる久遠寺医院の外観など,間違いなく模型だと思われる映像(ラストの延焼後のものなど)がありますが,それがもう実相寺作品を感じさせ,CGよりも,実物セットよりも,かえって好ましく感じてしまいます。
 それにしても,この映画の公式サイトに載っている半身に構えた京極堂の姿は,もちろん堤真一なのですが,ちょっと見には,古谷一行の金田一耕助に見えませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »