« 氷いちごミルク | トップページ | 千葉県営鉄道多古線跡 »

2005/08/07

郵政民営化参院決議,来週にずれこむ

 郵政民営化法案は,衆院で可決された後,今週末にも参院で決議される予定であったところが,来週にずれ込むことになりました。
 今週末のニュースショーには,賛成・反対双方の議員が登場して,それぞれ意見を言っています。
 反対派の意見は,相変わらず郵便局が少なくなるなどと訴えており,この法案の持つ本来の意味「郵便貯金の形での集金機関を将来的になくして,国会議員たちの利権を弱め,無駄な政府系法人が無駄に金を使ったりばら撒いたりすることを防ぐ」ことにはもちろん言及しません。賛成派も,「国会議員の利権を弱める」だの「これまでの無駄遣いやばら撒きをなくす」とは正面切って言えず(国会議員がやってきたことですからね),奥歯に物が挟まった言い方しかできず,発言に力がありません。いきおい,郵貯の使い道に利権を持つ,民営化反対派の国民をだます言い草,「郵便局が少なくなる」だの「郵便局がなくなって日本の景色がかわる」だのという子供だましの言い草がテレビなどでもはびこっているのです。
 郵政民営化法案は完全なものではありませんが,第一歩ではあります。

<以前このBLOGに書いた,郵政民営化の記事>
新閣僚,郵政改革へのコメント
郵政民営化と郵便事業民営化
郵政民営化と郵便事業民営化,その2
郵政改革反対派の悪あがき
世論調査8位,「郵政改革」

|

« 氷いちごミルク | トップページ | 千葉県営鉄道多古線跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化参院決議,来週にずれこむ:

« 氷いちごミルク | トップページ | 千葉県営鉄道多古線跡 »