« 久しぶりに,秋葉原に行きました。 | トップページ | 臭い洗濯物 »

2005/08/01

映画「姑獲鳥の夏」を見ました

ubume 昨日は,映画「姑獲鳥の夏」を見てきました。
 この映画は,京極夏彦氏の同名の小説の映画化です。原作は,新書版2段組で600ページはあるかと思われる大長編ミステリーですが,それを2時間あまりに上手くまとめているように思います。
 この映画のように,原作ものの映画化では,読者の頭の中に小説で形成された登場人物と映画の俳優との相違が違和感を生むものですが,この作品では,その点でも比較的上手くいっているように思いました。まあ,小説の人物と映画の人物の違和感の許容値は,人によって違うものでしょうから,小説を読み映画を見た皆が皆そう思うとは限らないんでしょうが。さらに私としては,実相寺昭雄監督作品というだけで何でも許してしまうというところがありますので,この文章はあまりあてにしないで下さい。ときどき画面に現れる久遠寺医院の外観など,間違いなく模型だと思われる映像(ラストの延焼後のものなど)がありますが,それがもう実相寺作品を感じさせ,CGよりも,実物セットよりも,かえって好ましく感じてしまいます。
 それにしても,この映画の公式サイトに載っている半身に構えた京極堂の姿は,もちろん堤真一なのですが,ちょっと見には,古谷一行の金田一耕助に見えませんか?

|

« 久しぶりに,秋葉原に行きました。 | トップページ | 臭い洗濯物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/5245340

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「姑獲鳥の夏」を見ました:

» 姑獲鳥の夏 [まこにっき]
「姑獲鳥の夏」を見に行った。 映画館に足を運んだのは、友達に勧められて読んだ、京 [続きを読む]

受信: 2005/08/01 20:42

« 久しぶりに,秋葉原に行きました。 | トップページ | 臭い洗濯物 »