« 10月1日は都民の日 | トップページ | バリ島の爆破テロ »

2005/10/03

今日の散歩は,仮面ライダー誕生の地へ

 仮面ライダー誕生の地へ,散歩に行ってきました。
 仮面ライダーのふるさとへは,小田急線よみうりランド前駅から出発します。駅からよみうりランドの方角へ,「緑の小道」という森の中の散歩道を登って行きます。
studio1

 森の中の散歩道は,こんな感じです。
studio2

 駅から800mほどこの散歩道を行ったところで,左手に分岐する道に入ると,やがて右手下に原っぱのような公園が現れ,その公園へ下り,公園を横切って反対側の小道に出て,少し後戻りすると,こんな駐車場があります。(下の写真をクリックすると,拡大します)
studio3

studio7

 何の変哲もない駐車場のようですが,実はここが仮面ライダー誕生の地です。ここは,東映生田スタジオの跡地であり,仮面ライダーはここで撮影されました。藤岡弘の本郷猛が,佐々木剛の一文字隼人が,天本英世の死神博士が,潮健児の地獄大使が活躍したのがこの場所です。
 ロケもここが本拠地となって行われたので,この近くの場所が選ばれていました。仮面ライダーの撮影のことは,下のサイトをご覧ください。

 特撮スタジオ探訪録「仮面ライダー」

 この駐車場のはずれに,「檪」という蕎麦屋さんがありますが,おそらくここも,かつてはスタジオの一部だったと思われます。(「檪」という蕎麦屋さんについては,ここここのブログで紹介されています)
 ここの蕎麦屋さんで昼食をとりましたが,田舎そば(1日15食限定)という手打ちそばが絶品でした。そばについては,以前書いた戸隠高原の蕎麦屋さん「そばの実」のそばが私の中でうまいまずいの基準になるのですが,ここのそばは,「そばの実」に勝るとも劣らないものでした。つゆが甘くないのも,私の好みに合っています(ここら辺は,意見がわかれるところでしょうけれど)。
 下の写真が「檪」という蕎麦屋さんです。(上の駐車場の写真の2枚目,駐車場の奥にも写っていますね)
studio4

 さて,国土交通省のウェブマッピングシステムで,かつてここにスタジオがあったころの空中写真を見ることができます。(下の写真をクリックすると,拡大します)
studio_

 仮面ライダーのテレビ放送が始まったのが1971年。1979年からの新シリーズは大泉の東映東京撮影所で製作されたといいますから,その10年にも満たない間,東映生田スタジオが存在したことになります。その後このスタジオは,東映から別の会社に譲渡されて,C.A.L.スタジオとなったそうです。多分C.A.L.スタジオというのは,このサイトに載っているスタジオのことではないかと思います。また,広告代理店電通の関連会社で,C.A.L.という,水戸黄門などの時代劇を製作する会社があって,このスタジオを譲り受けたのがこの会社のような気がしますが,はっきりしたことは知りません。上の空中写真は平成元年(1989年)頃のものなので,正確に言うと,東映スタジオというよりC.A.L.スタジオが写っていることになります。

 さて,現在の駐車場になった撮影所の場所の空中写真は,Livedoor Mapの航空写真で見ることができます。このサイトから,「よみうりランド」で検索して,航空写真に切り替えてよみうりランドの南東のあたりを探してみてください。特徴ある日本テレビ生田スタジオの建物を目印にするといいでしょう。左のスライダーで倍率を目いっぱいに上げると,自動車がとまっているところまで分かります。

 この近くには,かつてウルトラマンシリーズなどで使われたという東宝のオープンスタジオもあったそうです。また現在日本テレビの生田スタジオ(下の写真)があって,なんとなく芸能界っぽい土地柄です。
studio5

 蕎麦屋さんの裏から坂道を上がると,さっきの散歩道へでて,その北の突き当りがよみうりランドです。かつて,ここにディズニーランドを誘致する計画があったと聞いたことがあります。
 帰りは同じ散歩道を歩いてきましたが,読売ジャイアンツ寮の横を通るもう一本上の尾根道が駅まで続いているようです。こんどは,この道を通ってみたいと思います。
studio6

|

« 10月1日は都民の日 | トップページ | バリ島の爆破テロ »

コメント

はじめまして、トラックバックありがとうございます。
仮面ライダーの撮影の地だったなんて、仮面ライダー世代としては、なんかうれしくもあります。
が、やっぱり「当時の男の子」の方が喜ぶと思うので、夫に知らせてあげようと思います。
そして櫟にまた連れて行ってくれるとうれしいんですけど♪

また、櫟に連れて行ってもらえたら、逆にトラックバックかけますね☆

投稿: ケロ子 | 2005/10/03 08:20

 ケロ子さん,コメントありがとうございました。
 櫟のそばは,田舎そばでなく,普通のそばもおいしいですね。しかし,田舎そばは太くて普通のそばは細い。田舎そばを食べてしまうと,細い普通のそばは,もう一つ迫力に欠けるように感じてしまいます。ウチのカミさんは,田舎そばは太くて弾力があるので,あごが疲れるといっていますが。

投稿: Alice堂 | 2005/10/03 22:29

はじめまして。
TBありがとうございました!

けろ子さん同様、
あの駐車場付近が、
仮面ライダー生誕の地だったとは、驚きでした☆

へぇ*8回です(?)

最近くぬぎはすっかりご無沙汰です。
また行きたいな~。

実は私も田舎蕎麦は、太めなので、
細い普通の蕎麦が好きです!
つゆもそばもてんぷらもデザートも
そして、空間も、すべてカンペキなお店ですよね。
(↑えらいほれ込みよう)

TBしていただいたおかげで、
くぬぎファンの方のご意見も聞けたし、
へぇ!もあったり、楽しませていただきました。
ありがとうございました。

投稿: venus | 2005/10/05 14:21

 venusさん,コメントありがとうございました。
 へぇ*8回も驚いていただくと,書いているほうも書き甲斐があります。
 やはり女性の方には太い田舎そばより細いほうが合っているのでしょうか。あの田舎そばは,太さよりも弾力に特徴がありますね。

投稿: Alice堂 | 2005/10/06 02:40

この場所は、うちの近くなのですが、仮面ライダーゆかりの場所とは知りませんでした。
それを知ってから、あの駐車場に行き、しみじみと眺めてしまいました。

投稿: SAKI | 2005/12/16 20:29

TBありがとうございました。
訳あって、最近あまり遠出できないので、近所を散策しています。
小さな発見をするたび、BLOGに書き込んでいます。
よみうりランドすら行った事がないので(ゴルフガーデンには良く行きますが)、色々と教えてくださいね。

投稿: はみこ | 2006/10/07 20:24

 はみこさん,コメントありがとうございました。
 昨年の10月という古い記事をトラックバックしてしまい,恐縮です。
 おいしそうな写真が満載のBlogですね。おいしい食べ物のことは嫌いでないので,またサイトに伺います。

投稿: Alice堂 | 2006/10/08 00:45

地元から ・・・

この一帯「多摩美の山」と呼んでいます。
この緑の環境を少しでも多く後世に残して行こうという「川崎・多摩美の山トラストの会」を2009年に立ち上げ、活動しております。

仮面ライダーの視線で見る「多摩美の山」
楽しく拝見させていただきました。

投稿: jam | 2010/09/29 12:45

 jamさん,コメントありがとうございました。
 あの散歩道の辺りはよく自然が残されていると思ったら,やはりトラストとして活動している方がいらっしゃったのですね。
 ブログを見せていただきましたが,とても美しいブログですね。

投稿: Alice堂 | 2010/09/30 02:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/6200699

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の散歩は,仮面ライダー誕生の地へ:

« 10月1日は都民の日 | トップページ | バリ島の爆破テロ »