« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

ココログフリー登場

 もう1週間ほど前の話になりますが,11月24日から,ココログの完全フリー版,「ココログフリー」がリリースされました。今までも「ベーシック」は無料でしたが,Nifty会員に限っての話。「ココログフリー」は会員でなくても無料です(今までは会員でなかったら250円/月費用がかかった)。
 その機能は,ベーシックと同じ2GBの容量,ベーシックにない公開日指定投稿,アクセス解析つき,さらにプラスにもプロにもないポッドキャスティング対応,コメントとトラックバックの一時保留機能付きです。
 ポッドキャスティングは実施するつもりはありませんが(といっても,以前も書いたように,このBLOGは必ずしも1人で書いているわけではなく,執筆者の一人に,そちら方面に興味を持ちそうなのがいるんですがね),コメント,トラックバックの一時保留機能付きというのはいいですね。このブログも,最近イッチョーマエにスパムコメントやトラックバックが付くようになりましたが,コメントやトラックバックが来ても即反映されずに,管理者の意に沿うものだけを表示できる。一部のBLOGシステムにはすでに採用されている機能が,ついにココログにも登場するわけです。最近Niftyのメールに採用されたスパムメール自動選別機能のように,自動的にコメントやトラックバックを,スパムとそれ以外により分けてくれるとなおいいんですが。スパムコメントはより分けられるかもしれませんが,トラックバックは難しいかな。
 既存のベーシック,プラス,プロも,来年3月に同様のシステムにバージョンアップされるらしいんですが,いままで消していたスパムコメントやトラックバックは,これから3月まで,消さずに記念にとっておこうかなあ。
 ところで,先週末からここのところ,午後9時から1時頃にかけてココログの更新サイトが大混雑ですが,ココログフリーに新規登録する人が大勢アクセスしているせいでしょうか?
 しかし,Niftyさん,ココログフリーのリリースより,何で既存のベーシック,プラス,プロのバージョンアップを先行させなかったのでしょうか? 非難の嵐ではありませんか?

---<追伸>--------
 12月1日に,Niftyから「レスポンス悪化についてのお詫び」というコメントが出され,その中で,ココログフリーは他の既存のココログとは別システムで運営されているとの記述がありました。ココログ更新サイトの大混雑は,ココログフリーでなく,スパムメールのせいだったようです。
 何しろ,午後9時から午前1時にかけてというBLOG更新のゴールデンタイムに,自分のBLOGの更新がままならないという状態は困ります。「いったん専用のサーバーにトラックバックをプールし,順に処理していく」ような方法は,トラックバックがリアルタイムに反映されないなどのデメリットがあるため採り難いとのことですが,そのような不便さを容認してでも,ゴールデンタイムのBLOG更新をできるようにして欲しいと思います。それに,トラックバックの一時保留機能については,早急に対応して欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/29

経県値&経県マップ

 BLOG界で話題になっている事柄をランク付けしたサイト,BLOGNAVIで,最近1位になったのが「経県値&経県マップ」というサイトです。
 これは,自分が都道府県にどのくらい関わったかを白地図上に色分けして示すというサイトで,住んだ,泊まった,歩いた,降り立った,通過したということを各県別にチェックしていくと,自分のその県への関わりを示す,色分けした地図が自動的に完成します。
 私の場合はこんな風になりました。
 泊まったというのは,カミさんの実家や親戚の所在地,それに仕事上の出張で行った場所ですね。それに奈良,京都,栃木(日光)は,修学旅行で行った先です。
 四国で唯一行ったことのある香川県は,瀬戸大橋が開通した頃,つまり学生の頃,鉄道好きの友人と二人で,ただただ瀬戸大橋を列車で渡るという目的のために,早朝新幹線で東京を発ち,岡山で乗り換えて瀬戸大橋を渡って高松駅に降り立ち,そのままトンボ帰りして東京へ戻ったという経験によります。四国はそれだけの付き合いしかないので,各県名と地図上の場所が一致しません。
 こうしてみると,東北が空白地帯となっています。出張も仙台が東北地方の北限で,本州の北がぽっかり空いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/28

守谷市のハンスホールベック

 休日ドライブで,茨城県守谷市に行ってきました。
 守谷市に特に何かがあるというわけではないのですが,ドライブ自身とあるBLOGで知ったドイツソーセージの専門店ハンスホールベックでの食事がメインイベントです。
 わざと高速を使わずに,横浜から中原街道を五反田へ,国道1号線,そして金杉橋から国道15号線に入り東京駅の先で国道6号線へ。茨城県へ入って取手の先で国道294号線に入れば10分ほどで到着します。守谷は8月24日に開通したつくばエクスプレスの沿線で,電車では守谷駅で下車します。
 そのハンスホールベックで,カミさんは(土日祭日の)ランチメニューのローストポーク,私はソーセージの盛り合わせを頼みました。カミさんのランチには,パンかご飯とスープ,さらにソーセージとソーセージサラダの前菜が付いています。私も,パンとザワークラウトを頼みました。
 本場ドイツで数々の賞を獲得したソーセージもおいしかったのですが,カミさんのローストポークの立派なこと。まるでローストビーフの様で,豚肉だとは思えません。そしてとても柔らかい。ソースはなく,ロースト時の塩味で食します。このローストポークは,この店の名物だということですが,本当にお勧めです。
 横浜市の我が家から車で2時間余り,道が混んでいると3時間。ちょっと遠いのが難ですが,癖になりそうです。

<ハンスホールベックの外観>
hans

<前菜,ただしアイスコーヒー210円は別注文>
zensai

<メインディッシュのローストポークのソーセージ添え>
loast_pork

 前菜(スープ,パン付き)とローストポークのメインディッシュで,1240円。これは相等お徳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/27

建築の手抜き検査

 姉歯建築設計事務所による強度計算偽造事件は,同事務所が偽造したと言っている21件に含まれない同事務所関連のホテルが次々に営業休止になり,偽造計算の影響はどんどん拡大しています。中には,姉歯事務所関連だというだけで,偽造されているのかどうか確認する間だけ休止する例もあるようですが,いずれにしても経済的損害がどんどん増えています。ホテル自体の営業休止だけでなく,テナントの店舗の営業休止も起きているということです。
 同事務所の計算書を監査する立場にあったイーホームズが,十分な検査をせずに合格としたことで非難されていますが,自治体が設計検査を担当した物件についても,平塚市,長野県,東京台東区など7件で,再検査によって偽造が発見されています。
 この検査を民間に移管したことを,今回の偽造見過ごしの原因という論調がありましたが,官であろうが民であろうが,そもそも偽造は見抜けなかったのです。民間の検査会社にせよ公的機関にせよ,今回の偽造が見抜ける程の設計検査は行なっていなかったということで,検査機関によって甘い,厳しいはあったとしても,「ザル検査」は構造的なもの---多分検査量に対して検査側がそれを捌くcapacityが小さすぎる事からきている---だったようです。検査会社の絶対的な数不足があるわけで,民への委託はさらに進めるべきでしょう(どうせ官でも偽造を見抜けないんだから)。官は,その検査会社の監督,たとえば,抜き打ち的に検査会社が検査した物件を調査し,偽造や間違いがあれば即刻検査会社を摘発するなどに徹するべきでしょう。今回の事件のうち,検査会社の偽造見逃しの部分については,官から民へ移管した事がまずかったのではなく,民へ移管したものの,全体的な仕組みがうまくできていなかった事に原因があるのだと思います。
 今回の事件が起こって,おそらく今後,検査が厳密に行われることになるでしょう。だからといって,検査機関をすぐに増やすこともできないでしょうから,結局検査待ちも含めて検査期間が長くかかり,建物の建築期間の長期化,そして建物の高額化を招くことでしょう。
 しかし,建物の施工段階での手抜きというのは,これまでもよく言われてきました。設計どおりに筋かいが入っていないとか,コンクリの中からゴミが出てきたとか,手抜き工事はこれまでも報道されていましたが,設計検査からしてすでに手抜きだったわけです。
 消費者であるわれわれの側も,これまであまりにも無防備でした。一生の買い物であるマンションに対して,お金をかけてでも,買う前に消費者側に立つ専門家に見てもらうなどの対応が必要だったのでしょう。どうも不動産業界・建設業界というのは,「本当に正しいのか」「ごまかしていないのか」と,性悪説で考えなければならない業界のようです。

| | コメント (1) | トラックバック (11)

2005/11/26

高価格カップめん不振

 1週間ほど前の日経産業新聞に,200円から300円前後の高価格カップめんの売れ行きが不振だという記事が載っていました。200円以下の低価格商品は好調らしいのですが,高価格のものこそ利益の源であるメーカーは,手を替え品を替え,この高価格商品のてこ入れを行っているようですが,なかなか厳しいようです。
 まあ,高価格カップめんというのは,やはり主力にはなりえない運命にあるように思います。そもそも,カップめんというのは,手軽さと低価格が身上で,300円といえば,もう少し出せばラーメン屋に入れるわけで,商品としてはちょっと中途半端なのではないかと思います。高価格品は具にこっているといっても,一口で食べ終わる程度の具ですから,それほどインパクトはありません。一度食べてみれば,もういいかという感じです。あえて自宅でラーメンが食べたければ,カップめんでない,高価格の即席ラーメンというのもあります。それに,低価格カップめんだってそこそこの味で,それほど不満がないということもあるでしょう。私は,いまだに,一番うまいカップめんは,「カップヌードル」だと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/25

古代建築の知恵も無視した建築?

 NHKの番組「世界遺産の旅」,昨日の放送はアラビア半島の砂漠の中の都市「ぺトラ,パルミラ,シバーム」の紹介でした。その中で,イエメンの「シバーム」は砂漠のマンハッタンといわれる,古代の高層建築が立ち並ぶ都市です(NHKのサイトより,こちらのサイトの写真を見ていただくと,「マンハッタン」という感じがより分かります)。
 この古代の高層建築(6~8階建て)は,日干し煉瓦で出来ているそうですが,番組では,一つの建物が大きさの違う数種類の日干し煉瓦で出来ていること,下の階は大きな日干し煉瓦を使って壁や柱を太く作り,上の階へいくにつれて小さな日干し煉瓦を使って軽く作っていることを説明していました。
 姉歯建築設計事務所による強度を偽造した建物は,常識に反して,一階から最上階まで柱の太さが同じに出来ていたと報道されていますが,2500年前の古代建築の知恵さえ無視したものだったわけです。今回の「世界遺産の旅」は,あまりにもタイミングのいい放映だったような・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/24

冷や飯を入れて食べるのに最も適したカップめんは?

 昨日放送された「トリビアの泉」で,「ラーメンを食べ終わった後,冷や飯を入れて食べる時,最も美味しいカップ麺はどれ?」というのをやっていました。
 料理評論家やフランス料理のシェフなどで構成されたメンバーで,売り上げ上位10位までのカップめんに冷や飯を入れて食べ比べて結論を出していましたが,その結果選ばれたのは,「日清麺職人醤油」。
 ラーメン屋で,昼時などご飯をサービスする店が多いですが,ときどき雑誌などでも紹介される東京世田谷の某ラーメン店で,「ご飯はれんげですくって,ラーメンのスープに浸して召し上がりください」と書いてあったのを思い出します(文言はそのままではありません。そんな意味のことが書いてあったのです)。ラーメンスープにご飯を浸して食べるというのは,なかなかおいしいものです。以前,永谷園から,ラーメンスープのお茶漬け(お茶じゃないですが)というのが発売されていました(今もあるのかな?)。今回のトリビアを受けて,「麺職人醤油」のスープだけを,冷や飯用として発売したらどうですか,日清食品さん。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/11/23

21件のほかにも,耐震強度計算偽装の疑い

 姉歯建築設計事務所による耐震強度計算偽装事件で,対象となっている建物の中に,京王電鉄系列のビジネスホテルがあったために,本来全然関係ない鉄道関係のフォーラムやブログで,この事件が話題になっています。各鉄道には,それぞれ熱烈なファンがついていますが,京王ファンの間では,「京王電鉄に損害を与えるとは,とんでもないやつらだ」と,今回の事件の関係者は,飛んだところで強烈な恨みを買っています(笑)。
 その京王電鉄は,姉歯建築設計事務所が関わったホテル建物について独自の調査を行い,五反田の同社系列ホテルが倒壊の恐れがあるとして,即刻営業休止の措置をとりました。
 このホテルは,国交省が発表した21件に入っていないものでした。姉歯建築設計事務所は,国交省が発表した21件以外には偽造はないと明言していましたが,これが飛んだ眉唾であることが明らかになったわけです。
 同設計事務所は,10年間に200件近い物件の強度計算に関わったとの事で,それをすべて洗いなおさなければならなくなったわけです。
 さらに,このような偽装計算を行ったのは,果たして姉歯建築設計事務所だけなのかと考えてしまいますね。テレビニュースなどで,あまりにも平然とした姉歯氏の様子を見て,ひょっとしてこの業界,こんな偽装が日常茶飯事なのではと疑ってしまいます。
 今回の事件は,マンション業界,特に中小のマンション企業にとって,相等大変な事態なのではないかと思います。消費者は,このような事件がほんとうに姉歯だけなのかどうか疑心暗鬼になり,しかもこのような事態になった時に,中小のマンション企業では補償することが出来ないことが明らかになり,倒産さえ起こりうる状況。行政も国も設計士も検査会社も責任のなすりあいを行っていて,責任のありようさえわけが分からないという事態に陥る。多少高くとも,補償能力のある大手企業のマンションを買おうと思ってしまいます。大手企業のマンションだって,実際のところ強度に関してどうなのか,素人には分かりません。しかし,少なくとも,中小より補償能力はあるでしょう。

<このBLOGの強度偽装建築関係記事>

気弱な姉歯建築士?
衆院国土交通委員会,肩透かし
強度偽造マンション住民に対する,石原都知事の対応
秋の終わり
姉歯氏の偽造計算,1年半前に指摘されていた
建築の手抜き検査
古代建築の知恵も無視した建築?
21件のほかにも,耐震強度計算偽装の疑い
耐震強度不足マンション事件と小さな政府
マンション等,耐震強度不足

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2005/11/22

耐震強度不足マンション事件と小さな政府

 11月20日,川崎市などで,耐震強度不足マンションの住民達への行政の説明会が開催されました。
 住民は,耐震強度不足を見抜けなかった検査機関へ審査を委託した責任の所在は国にあるとして,住宅の引っ越しや心理面でのケアなど金銭的な援助も含めて,国が責任を持って対応してほしいとの要望をだしました。
 マンション住民には何の責任も落ち度もない事件ですが,結局国に責任を持って対応して欲しいということになります。小泉首相は,税金のかからない小さな政府を目指していますが,何かにつけてこのような発言が出てくる国民が,小さな政府で満足するかどうか疑問ですね。小さな政府にするのならば,国民の意識改革も必要です。
 何かというと国に対応を求めがちなわたし達国民が,小さな政府でいいのかどうか,またその覚悟が出来るのかどうか,もっと国民の間でコンセンサスが必要であろうと,今回の事を通じて思いました。
 ところで,マンション住民はもちろん,地震で倒壊の恐れのあるビル周辺の住民も不安ですね。周辺住民達への説明会やケアは,どうなっているのでしょう。住民には,別の居住場所が用意されるようですが,倒壊によって被害を受ける可能性のある周辺住民にだって,早急に同様のケアがあってしかるべきですね。地震は,明日来るかもしれないのですから。

<このBLOGの強度偽装建築関係記事>

気弱な姉歯建築士?
衆院国土交通委員会,肩透かし
強度偽造マンション住民に対する,石原都知事の対応
秋の終わり
姉歯氏の偽造計算,1年半前に指摘されていた
建築の手抜き検査
古代建築の知恵も無視した建築?
21件のほかにも,耐震強度計算偽装の疑い
耐震強度不足マンション事件と小さな政府
マンション等,耐震強度不足

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/11/21

マンション等,耐震強度不足

 東京,神奈川,千葉などのマンション,ホテル,10棟以上のの強度が不足している問題で,構造計算書を偽造した姉歯建築設計事務所では,偽造を見つけ出せなかった方が悪いという意味のことを言っているようです。もちろん,チェックする方もザルだったわけですが,姉歯建築設計事務所のこの言い草は,盗人猛々しいとうべきものでしょう。
 強度不足で,地震の際に倒壊の恐れもあるとの事で,ほとんど殺人未遂とも言うべき犯罪ですが,上のような発言が出るということは,この設計士はかなりおかしなアブナイ人のように感じます。
 しかし,問題の建物のうち9棟が,熊本県の建設会社の施工であったり(首都圏の建物に,九州の建設会社?),7棟が東京の同じマンション販売業者の発注であったり,まだまだ裏がありそうです。

<このBLOGの強度偽装建築関係記事>

気弱な姉歯建築士?
衆院国土交通委員会,肩透かし
強度偽造マンション住民に対する,石原都知事の対応
秋の終わり
姉歯氏の偽造計算,1年半前に指摘されていた
建築の手抜き検査
古代建築の知恵も無視した建築?
21件のほかにも,耐震強度計算偽装の疑い
耐震強度不足マンション事件と小さな政府
マンション等,耐震強度不足

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/20

流行語大賞候補

 年末恒例の,新語・流行語大賞。候補語60語が発表されています
 私的には,「あざーす」「ハイ×5♪あるある探検隊♪」など,お笑いやバラエティーから出た言葉は,あまりなじみがない。
 「かるくヤバイ!?」というのが入っていますが,この「ヤバイ」というのも,確かに私がよく使っていた頃とは意味が違ってきていますね。昔はヤバイ時に「ヤバイ」と言っていたのが(笑),新語・流行語大賞のサイトに書いてあるとおり,いまでは「美味しい」「のめり込みそうな」「魅力がありすぎる」など,肯定的な意味に使っています。私なども,現在ではそのような意味に使ったのを聞いて,違和感ありません。
 「刺客」「くの一候補」「小泉チルドレン」など,選挙がらみの言葉がたくさん入っているのは,例年になくめずらしいのではないでしょうか? これらの言葉はたくさんあるので,票が割れて最終的に選ばれる事はないかもしれませんが,今年の特徴を一番よく表しているような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/19

テレビゲームで集中力増進

 テレビゲームといえば,子供たちに様々な悪影響を与え,親にとって,子供が過度にゲームにはまるのを防ぐのが頭痛の種だというのが一般的なイメージでした。しかし私は,娘たちがゲームをやっているのを見て,テレビゲームは集中力の訓練になるのではないかと以前から密かに思っていました。
 そうしたら,11月10日付けで,CNET Japanから,「テレビゲームで集中力増進」という記事が配信されました
 やはりテレビゲームで集中力の訓練ができるんだと思って読んでみたら,一般的なゲームの話ではなく,集中力増進用に開発された特定のゲームセットの話でした。
 これは,NASAが開発したもので,プレステ2を使います。ゲームをするとき,脳波を測定するヘルメットをかぶります。そのヘルメットに組み込まれた3つのセンサにより,集中力の高低やストレス,疲労などが測定され,それがゲーム展開に影響を与える様にできているものだそうです。
 そもそもNASAが飛行中のパイロットの集中力を向上させる目的で開発したものだということなので,子供だけでなく,大人の集中力訓練にも有効なんでしょうね。歳をとるにつれた集中力不足に陥りつつある私などにも,うってつけのセットだと思います。値段は550ドルだそうで,高いと考えるか,集中力訓練キットとして妥当な値段だと考えるか,ちょっと微妙ですね。
 しかし,集中力増進とかを離れても,脳波によって展開が変わるゲームができるというのは,ゲーム次第によってはちょっと面白いことができそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/18

鳥インフルエンザの流行

 鳥インフルエンザは,茨城を始め,大阪の合鴨,アヒルなど,国内でも発生していますが,日本以外でも,タイ,中国,ベトナムなど,アジアでも猛威を振るっています。昨日のニュースでは,インドネシアで死者が出たといっていました。鳥インフルエンザは,鳥だけが感染している間はまだいいです。鳥から人に感染した場合,少しヤバクなってきて,人から人に感染すると,これはもう新型ウイルスということになって大流行が起こり,死者が数万程度ではきかないくらい出るといわれています。
 政府は,治療薬タミフルの2500万人分の国と自治体での備蓄など,取りインフルエンザに対する行動計画を作成しています。ベトナムでは,11月16日より,鳥インフルエンザの広がりを防ぐため,ハノイやホーチミン市など主要都市では鶏などの家禽類の飼育と生きた鳥の売買を禁止する事になりました。
 ところで,今日インフルエンザの予防注射を受けてきたんですが,この予防注射が,ある程度鳥インフルエンザの人への感染防止に効果があるという話を聞いたことがあります。本当でしょうか? そんな話を聞いたので,昨年までは,カミさんがすすめるから,あまり気は進まないものの,なんとなく惰性で注射を受けていたのですが,今年は結構積極的な気持ちで注射を受けてきました。罹ってからの薬タミフルは,副作用として異常行動を起こすといわれており,突然走り出して高所から転落したり,交通事故に会ったりして,死亡した例もあるそうです。そんなことを考えると,インフルエンザの予防注射である程度感染防止になるのならば,結構なことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/17

携帯デジタル音楽プレーヤー国内市場,アップルの一人勝ち?

 携帯デジタル音楽プレーヤー国内市場の,アップルとソニーの1位,2位対決は,アップルの国内販売台数シェア60%に対してソニーは9.7%と,一ケタ台にシェアを落とし,ソニーは苦戦を強いられていると報じられています。
 アップルのサイト「iTunes」に対して,邦楽に強いといわれていたソニーのサイト「MORA」ですが,意外に「iTunes」は私好みの曲(ということは,中年が20代だったころの懐メロ)に強く,かつてCDで買い漏れていた曲が揃っており,ぽつりぽつりと買い揃えるのにもってこいだったりして,利用価値は「iTunes」の方が高いと感じています。
 さらに両サイトを比べると,「MORA」はダビング許可回数が少なかったり,音楽CDにできない曲も多く(もともとiTunesで扱っていないSONY系のレーベルがそうなんですが),何かと制限がきついメージがあります。つまりSONY陣営は,アップルに比べて解放的でない印象が強いのです。2つを比べるとき,このイメージは結構マイナスイメージですね。
 私はまだ携帯デジタル音楽プレーヤーを持っていませんが,今買うのなら,上述の印象から,やっぱりipodになってしまいます。SONYさんも,根本的に曲の配信に対する解放性を高めて,がんばってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/16

放送局に将来はあるか?

 楽天とTBSの攻防は,現在でも当事者同士は活動しているのでしょうが,最近報道されることが少なくなってきました。まあ世間では,もう飽きたというところでしょう。
 テレビといえば,先日このBLOGにも書いた政府インターネットテレビというがスタートしました。またウチのカミさんは,ネット配信の韓流テレビ番組を見ています。そんな状況を考えると,テレビ局というのは,あまり将来性のある商売ではないのではないかと思ってきます。
 現在,テレビ番組は,ほとんど外注のプロダクションで製作され,テレビ局は実際のところ,極論すれば,放送設備や放送免許を持っていて,それを貸すだけのような存在になっているようです。インターネットの動画配信はそれほどの設備も免許もいりません。それなら,製作プロダクションが独自に,またはそれこそ楽天などIT企業と組んで,番組をネットで流してもいいわけです。実際,将来はそんな時代がくるのではないかと思います。楽天もライブドアも,テレビ局にこだわらないで,大手製作プロダクションと組むことを考えたらどうなんでしょうか? まあ今のところ,IT企業側も,過去の放送コンテンツがほしいためにテレビ局にこだわっているのでしょうが,放送局は将来見向きもされなくなる可能性があるように思います。
 現在,ネットラジオというのがあります。また,音声ブログというのもあって,結構面白いものをやっています。個人ベースでネットを使ったラジオ放送ができる時代になってきているのです。次は動画のネット配信本格化の時代が来るのでしょう。現在でもやろうと思えば個人で動画をネット配信することができますが,光ファイバーと大手プロダクションによって,現在のテレビ放送と遜色ない番組がネット上に流されるでしょう。そんな時代は,膨大は電波放送設備がいらない時代です。つまり,放送局は必要なくなる時代になるような気がします。放送局が唯一自前で作っているニュース報道は? ネット放送の時代には,報道専門ネット局ができるのでしょうね。
 
<音声ブログサイト>
ボイスブログ君
なんばー365

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/15

政府インターネットテレビスタート

 11月10日から,政府インターネットテレビがスタートしました。
 10chものチャンネルを持っていて,政府から報道機関経由でない,国民に対する直接の映像配信で,そういう意味から言えば,新しい試みと言えるでしょう。首相や官房長官の記者会見の映像など,多くのチャンネルが解説なしの生映像(生放送という意味ではありませんよ)の放映であり,報道機関のコメントなしで,先入観なしで見ることが出来ます。そういう意味で,こういう放送もありだろうと思います。ただし,コメントなしの映像だって,送り出す側の意志が入っていないわけではなく,編集された映像は,その場で生で見聞きしたものとは違います。映像だけでも,編集によって送り出し側の意図どおりの印象を,視聴者に植え付けることが出来ます。視聴者としては,そのことを充分注意する必要があります。
 初日は7万5000件のアクセスがあったそうですが,これが数ヶ月~1年後どうなっているかで,定着したかどうかが分かります。まあ,こういうサイトは,何か政治的は問題が起こった時にアクセスが多く,そうでないとアクセ数が少ないということになるんでしょうけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

町田市の女子高生殺害事件,犯人逮捕

 東京町田市で,11月11日に15歳の女子高生が自宅で殺害されているのを母親に発見された事件は,この女子高校生に好意を抱いていた同じ高校に通う16歳の男子生徒の犯行であったことが分かり,この男子生徒が逮捕されました。
 この女子生徒は,顔や頭,首など50箇所を刃物で刺されていたそうで,死因は失血死でした。犯人の男子高校生は,小学校,中学校で女子生徒と同級生だったということです。男子生徒は,高校に入って急に冷たくなったので殺害したと供述しているそうですが,女子生徒の携帯にはこの男子生徒のアドレス登録はなく,二人がつき合っていたという形跡はないとのことで,一種の一方的なストーカー殺人といえるでしょう。犯行に女子生徒の家の包丁を使っていること,替えのない制服で犯行に及んでいることなどから,犯行は突発的なものだったと考えられています。
 先日の女子高生によるタリウム事件に比べれば,こちらの事件は昔からあるストーカー事件で,一見衝撃が少ないように感じますが,特異な性格が起こしたタリウム事件とちがって,16歳の普通の少年が起こした事件ということで,実際はこちらの方が問題が大きいと思います。ストーカー犯罪の低年齢化です。
 少年だからこその「激情」ということがあるかもしれませんが,私の16歳のころは,このような犯罪につながるほど,色恋沙汰だけを思いつめていなかったし,ストーカーになる余裕がない程,もっといろいろなことに興味を持っていた様な気がします。ある意味,最近の高校生より,もっと子供だったということなのかもしれない。
 少年は,小さいころは少年野球チームに入っていて,高校ではワンダーフォーゲル部に所属するまじめな生徒だったとのことです。これだけ聞くと,ストーカー事件を起こすようなイメージは無いんですがねえ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/11/13

DOCOMO,タワーレコードに資本参加

 ちょっと前の話になりますが,11月7日,NTT DOCOMOがタワーレコードジャパンの株式の42%を獲得し,タワーレコードジャパンに資本参加することを発表しました。
 DOCOMOの狙いは,タワーレコードでお財布携帯の使用を可能にし,お財布携帯の普及に役立てることにあるようです。単なる提携でなく,通信事業と直接関係ない企業の株式を取得してしまうというのは,DOCOMOのお財布携帯にかける意気込みを表しているようにも感じます。
 お財布携帯というのは,携帯電話機をデビットカードとして使用するというサービスですが,カード機能を携帯電話でやってしまうというのは,私はちょっと行き過ぎのような気がしています。カード機能は,カードで行えばいいではないですか? カードは,そうかさばるものでもなし,携帯とは別に持っていても,なんら不便はありません。
 一つの物に機能を集中するというのは,一見便利そうですが,それを落としたり盗まれたりした時,それに付随するすべての機能をなくしてしまうことになり,影響もそれだけ大きくなります。その時の不利益の方が,心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/12

2つの商店街の写真

 下の写真は,川崎市のある商店街です。上の写真と下の写真で,ずいぶん様子が違います。上の写真の道路は,普通のコンクリート舗装道路,下の写真の道路はちょっと凝った石畳の車道と歩道を持っています。道路全体の幅は同じようですが,上の写真では道路は2車線道路で,狭い歩道が付いています。下の写真は,車道が狭く,歩道は広く取ってあります。下の写真の方がなんだかスッキリして見えるのは,上空に電線がないからです。下の商店街は,どうも電線を地下に埋設したようです。
 ずいぶん様子がちがう2商店街ですが,実は両方の写真とも同じ位置でカメラを構えて撮っています。ただし,上の写真は南を向いて,下の写真は北を向いて。同じ地点で,180度体の向きを変えて,反対側を撮影しているわけです。したがって,上の写真の道路も下の写真の道路も一続きの同じ道路。なのに,雰囲気はずいぶん違います。
 ここはちょうど2つの商店街の接続地点です。ただ,商店の密度が下の写真の方が蜜であり,上の写真の方は商店街というより普通の住宅地のようです。下の写真の商店街は,駅に近く,上の写真の商店街は駅から遠い。そんなことから,南側の商店街の道路が,北側の商店街のように改修されることはないでしょうね。

kosugi1

kosugi2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/11

ものづくりの大切さ

 日立製作所のCMで,「つくろう」というのがあります。黒澤明監督が映画を撮影しているシーンが画面に現れ,ものづくりの大切さのメッセージが発信されます。TBS系で土曜日に放送されている「世界・ふしぎ発見」で放送されているCMです。
 このCMのメッセージに,私は非常に共感します。まずものを作らなければ,物流も販売もサービスもマネーゲームも始まりません。
 ものづくりは大切です。でも,一番儲からないし,給料も安いんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/10

BLOG内におく,リンク先のキャッシュ

 以前このBLOGで,「BLOGは,以前私が考えていたような,日々読み捨てられる新聞や週刊誌のようなものではなく,どうやらデータベースのようなものであるようです。」「新しい記事よりも,ずいぶん前に書いた記事を読んでくださる方が多い。書いた本人が忘れているくらい以前の記事にコメントが付いたり,トラックバックが付いたりするのです。」と書いたことがあります
 それで気になるのは,BLOG記事の中でリンクを貼ったサイトがなくなってしまうことがある点です。特にニュースネタなどで,ネット上の新聞記事に張ったリンクは,ある期間が過ぎるとその記事がなくなってしまいます。そうすると,BLOG記事を読んでも,内容が良くわからなくなってしまうこともあります。そのため,私は極力ネット上の新聞記事にはリンクを張らず,そのBLOG記事の中でニュースの内容を紹介するようにしています。また,BLOGの機能として,他の記事を引用する機能もあります。
 しかし,もしそのようなリンク内容そのものを,BLOG側でキャッシュできるようになれば,ポータルサイトの検索で昔のBLOG記事にたどり着いてもリンクが消えることがなく,BLOG記事の内容がわからなくなることはありません。BLOGの容量は,先日書いたように充分以上に増加しています。キャッシュをBLOG内に置いておくくらいは,容量的には問題ない時代になってきました。著作権など他の理由で実現は難しいのかもしれませんが,BLOG内に,リンク先のキャッシュを置くことが出来る仕組みの実現を,検討してもらえないでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/09

JR山手線で,架線に張力を与える錘が落下

 11月7日,朝8時15分頃,JR東京駅構内で山手線の架線がたるんでいるのが見つかり,午後1時過ぎに復旧するまで,山手線全線と京浜東北線北方面行きが5時間にわたって運休し,17万人に影響が出ました。
 それはそれで大きな交通障害だったわけですが,架線が垂れ下がっていた原因は,架線に張力を与えている500kg近い錘を吊っていた金具が切れて,錘が落下したためと分かりました。しかも,1つ40kgという金属製の錘は,高架下の歩道に11個が落下していたとのことです。40kgの錘が11個! 誰も歩道に居なかったからよかったものの,誰かが居たらそれこそ大惨事になるところでした。交通障害よりもこちらの方が大事件です。
 同様の落下事故が10月に宮城県で起きていたので,緊急点検に取り掛かっていたところだったということなんですが,旧国鉄時代にも,このような落下事故は起きていたのでしょうか? 錘の安全性の点検と同時に,最近の人員削減がこのような事故を起こしたのではないかどうか,何よりも重要な「安全」にかける人手が不十分でないのか,よく検証して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/08

フランスの移民系若者の暴動,拡がる

 フランスパリ郊外で,移民系若者の暴動が広がっています。車はもとより,学校や郵便局などの公共施設に放火するなど,暴動は過激化してもしているようです。
 「アメリカで」というのなら分かるのですが,「フランスで」というのが,初め場違いな感じがしました。でも考えてみると,そもそも初めから人種の坩堝で,移民に対してある程度コンセンサスと覚悟がある「アメリカ」よりも,同じような人種の坩堝になりつつあるのに,そこまで慣れていない「フランス」の方が,やはり差別などは激しいのかもしれません。
 日本人は,海外に働きに出ても,いつかは祖国に錦を飾るという意識が強く,移住した国に定住して骨を埋めようという人でも,常に本国を意識しているといわれています。それが心のよりどころになり,差別に対して打たれ強い。しかし,祖国を本当に捨てて,移住先の国に同化しようという人,移住先にしか(精神的な)居場所がないという人にとっては,差別に不満が募って,今回のような暴動に発展することがあってもおかしくありません。
 しかし一方では,ネイティブフランス人にとっては,勝手に海外からやってきてこのような厄介な問題を起こす人は迷惑以外の何物でもないというのが本音でしょう。日本でも外国人が増えていますが,このような事態が起きる可能性は否定できません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/07

テレビ番組のネット配信

 楽天によるTBS株の買収・経営統合問題は,最近TBSの反撃と楽天が守勢が目立ちます。
 社会的な観点から言えば,やはり報道を行う放送局の独立は重要だと思います。一方,番組のネット配信は,好きなときに好きな番組を見ることができるということで,あればやはり便利です。しかし,日本テレビが独自に番組のネット配信を始めたように,放送局側は特定のIT企業と組む必要はなく,組んでも普通の提携で十分でしょう。IT企業側にすれば,のどから手が出るほどほしい放送局のコンテンツを独占するために,経営統合まで持っていかなければ安心できないということがあるのでしょうが。
 しかし現状では,テレビ番組のネット配信は簡単ではないらしいですね。番組には権利関係が複雑に絡み,それを一つ一つ解きほぐし,権利関係をクリアにしなければならないとのことです。日本テレビの番組ネット配信でも,過去の番組そのままを流すことができず,権利をクリアできなかった音楽などを差し替えるなど,それなりの改変を行う必要があるようです。
 テレビ番組のネットでの配信は,時代の趨勢だと思います。過去の番組そのままを流すことができないというのは時代遅れ。制度なりを改正して,ぜひテレビ番組のネット配信を実現してほしいものです。素人考えでは,過去の番組はネット配信を前提に作られていなかったので,製作時点でネット配信のことが契約に入っておらず,いざ配信する段階でこのようなことになっているのだと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/06

niftyの迷惑メイルチェック機能

 スパムメールがたくさんやってくる,niftyの個人メールアドレスに,迷惑メールチェック機能がつきました。
 これがなかなか優れもので,確実に迷惑メールをはじき出します。本当に迷惑メールだけをはじき出しているか確認のため,しばらくの間迷惑メールフォルダを覗いていましたが,スパムでないメールを間違えて迷惑メールと認識してはいないことが確認できたので,覗くのをやめて放っておくことにしました。迷惑メイルは,7日間立つと自動的に消えてしまいます。
 数ヶ月前から,私の会社のメールシステムでも,迷惑メール識別機能が付きました。こちらもかなり正確にスパムメールをより分けています。
 迷惑メールの識別技術というのは,かなり進んでいるようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/05

Cocologのさらなる容量アップ

 Cocologが,ついにギガバイト対応になりました。
 このBLOGは,Cocologプラスで運営されていますが,今年の3月1日から,容量が100MBに容量アップされていました。その時は暫定的な容量アップで,さらなる容量アップを検討中とアナウンスされていましたが,それがついに行われたわけです。
 Cocologプラスの新容量は5GB。2003年12月,Cocologサービス開始と同時に始めたこのBLOGの利用済み容量が,なんと今日までで0.45%と,1%にも満たないものになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/04

静岡のタリウム事件

 静岡県の16歳の女子高校生が,母親に毒物であるタリウムを飲ませていた事件は,衝撃的な事件でした。衝撃的な事件ですが,私にとっては,それほど「心配する事件」ではありません。特異な嗜好と性格が起こした事件だと思うからです。
 この高校生は,英国で1960~70年代にタリウムなどの劇物を使って,義母や同僚を次々と毒殺したグレアム・ヤングに傾倒していたといわれ,BLOGで母親の衰弱していく様子をレポートしていました。以前猫に毒物を与えて,死亡させたこともあったそうです。
 このように特異な嗜好が起こした事件であり,この傾向が同世代などの者に拡がるとは思えないので,とりあえず心配はしていません。
 ところで,タリウムという毒薬は,アガサ・クリスティーの長編「蒼ざめた馬」に出てくる毒薬で,その名前は以前から記憶にありました。内容はすっかり忘れてしまいましたが,タリウムの名前と,とっても面白かったことのみ記憶にある長編ミステリーです。

<アマゾン書店へのリンク>

蒼ざめた馬
aozameta-uma

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005/11/03

「すきや」,アメリカ牛を使わないことを発表

 牛丼チェーン「すきや」を展開しているゼンショーは,現段階ではアメリカ牛のBSEに対するチェック体制を十分信用できないので,牛丼にアメリカ牛を使わないと発表しました。一方,吉野家は,解禁後には積極的にアメリカ牛を使っていく方針です。
 「すきや」は,以前からオーストラリア牛を使用した牛丼を復活させていたからこそこんな発表が出来るのでしょうが,アメリカ牛を使わないという店が現れた以上,両方が近所にあったらやっぱり「すきや」に入ってしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/02

無洗米は経済的?

 先日,米を買うというカミさんとスーパーへ行って,何気なく5kg入りの袋をカートに放り込んだら,「それはちがうのよ」といわれました。「こっちの方」というのを見たら,「無洗米」と書いてある。とがなくていい米ですが,ウチでそれを使っているとは知りませんでした。
 同じブランドでも,無洗米は普通の米に比べて5kgで100円程度高いので,主婦が楽をする為に高い米を買っているように思いがちですが,ウチのカミさんは「水道代がかからないので,こちらの方が実はお徳」といいます。経済的にお徳で,主婦も楽が出来て,水資源的にも節約になるのならばこんないいことはありませんが,5kgで100円という価格差は,水道代と比べて本当に経済的なんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/01

Blogの価値をドル表示するサイト

 Blogサイトの価値を,ドル表示で表してくれるサイトができたと聞いて,早速やってみました。
 左側の帯にある「How much is your blog worth?」と書いてあるバナーです。それによると,このBlogの価値は$21,452.52=236万円あまりとなります。一体どういう計算をしたら,このBlogが200万円を超える価値があるということになるんでしょうか?計算サイトにある窓にBlogのURLを入れると,たちどころにサイトの価値が計算されます。本当にたちどころに計算されるので,複雑な計算をしているわけはないと思うんですがねえ。バナーを見ると,私もちょくちょく検索のお世話になっているテクノラティーが関係しているようですね。
 このバナーの数字は,日々変わるのでしょうか? 今のところ売る気はありませんが,本当に200万円でこのBlogを買うという人が現れたら,ちょっと心が動いたりして・・・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »