« 高価格カップめん不振 | トップページ | 守谷市のハンスホールベック »

2005/11/27

建築の手抜き検査

 姉歯建築設計事務所による強度計算偽造事件は,同事務所が偽造したと言っている21件に含まれない同事務所関連のホテルが次々に営業休止になり,偽造計算の影響はどんどん拡大しています。中には,姉歯事務所関連だというだけで,偽造されているのかどうか確認する間だけ休止する例もあるようですが,いずれにしても経済的損害がどんどん増えています。ホテル自体の営業休止だけでなく,テナントの店舗の営業休止も起きているということです。
 同事務所の計算書を監査する立場にあったイーホームズが,十分な検査をせずに合格としたことで非難されていますが,自治体が設計検査を担当した物件についても,平塚市,長野県,東京台東区など7件で,再検査によって偽造が発見されています。
 この検査を民間に移管したことを,今回の偽造見過ごしの原因という論調がありましたが,官であろうが民であろうが,そもそも偽造は見抜けなかったのです。民間の検査会社にせよ公的機関にせよ,今回の偽造が見抜ける程の設計検査は行なっていなかったということで,検査機関によって甘い,厳しいはあったとしても,「ザル検査」は構造的なもの---多分検査量に対して検査側がそれを捌くcapacityが小さすぎる事からきている---だったようです。検査会社の絶対的な数不足があるわけで,民への委託はさらに進めるべきでしょう(どうせ官でも偽造を見抜けないんだから)。官は,その検査会社の監督,たとえば,抜き打ち的に検査会社が検査した物件を調査し,偽造や間違いがあれば即刻検査会社を摘発するなどに徹するべきでしょう。今回の事件のうち,検査会社の偽造見逃しの部分については,官から民へ移管した事がまずかったのではなく,民へ移管したものの,全体的な仕組みがうまくできていなかった事に原因があるのだと思います。
 今回の事件が起こって,おそらく今後,検査が厳密に行われることになるでしょう。だからといって,検査機関をすぐに増やすこともできないでしょうから,結局検査待ちも含めて検査期間が長くかかり,建物の建築期間の長期化,そして建物の高額化を招くことでしょう。
 しかし,建物の施工段階での手抜きというのは,これまでもよく言われてきました。設計どおりに筋かいが入っていないとか,コンクリの中からゴミが出てきたとか,手抜き工事はこれまでも報道されていましたが,設計検査からしてすでに手抜きだったわけです。
 消費者であるわれわれの側も,これまであまりにも無防備でした。一生の買い物であるマンションに対して,お金をかけてでも,買う前に消費者側に立つ専門家に見てもらうなどの対応が必要だったのでしょう。どうも不動産業界・建設業界というのは,「本当に正しいのか」「ごまかしていないのか」と,性悪説で考えなければならない業界のようです。

|

« 高価格カップめん不振 | トップページ | 守谷市のハンスホールベック »

コメント

建設業なので、続けてコメントです。

今年は10階RC造180室のホテルを建てたけど、現場での役所の検査は中間と完成
の2回で、中間は1階のコンクリート打設前に2人で半日、完成は3人で一日かかり
ました。どちらも設計図との整合性を確認するわけで、建築基準法っていろんな
内容を規定してるので、チェック項目も相当量あって厳密な審査がされてます。
今回の偽装も建てる前の確認申請時にチェックはされてるけど、設計図自体も
かなりの厚みがあるし、手抜きがあったというより見過ごされたという感覚?

これぐらいの建物でも30業者ぐらいは入ってくるし、単価も安くなって下請けの
レベルは下がるし、自動車みたいな工場生産品とかと違って、冬は寒くて夏は
暑いのに検査だけは厳しくなる・・・ 建設現場ってマンションとかのパンフレット
とは全く別で、一般の人から見れば金だけ高くて手抜きばっかしてるようでも、
施主からは安くたたかれて短い工期でしてるのも知ってほしいようにも思うし、
公で管理するよりかは価格コムみたいなWEBサイトで坪単価と品質みたいなのを
並べて、消費者が判断できるようなシステムができればいいようにも思います。

投稿: 奥井淳司 | 2005/11/27 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/7321647

この記事へのトラックバック一覧です: 建築の手抜き検査:

» 耐震強度偽造問題 [オンナのネットビジネス魂 で GO!]
日話題になっている「耐震強度偽造問題」ですが、 日が経つにつれ、とんでもない展開になってきました。 初期の段階では、意図的に姉歯建築士が偽造したと思われていましたが、 圧力をかけられていたという報道も出てきています。 アクセス解析 応援してね→人....... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 09:50

» 続・広がる不信:耐震強度偽装(木村建設・ヒューザーそして伊藤公介氏) [時評親爺]
「広がる不信」は、とうとう政治家の名前までが飛び出してきた。伊藤公介衆院議員(元国土庁長官)である。既に既報の通りであるが、以下に伊藤議員とヒューザ小嶋進社長そして国交省幹部との経緯について、当該記事をリンクしておく。項目タイトルは、当該記事のヘッドラインであるので注意。 1.ヒューザー社長 公表2日前、伊藤元長官が国交省幹部に紹介・・・27日付産経新聞 2.ヒューザー社長を国交省幹部に紹介、伊藤元長官が釈明・・・26日付日経新聞(共同配信) 3.ヒューザー社長、国交省を計3回訪問 支援求... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 18:58

» インチキ設計の欠陥マンションに思う [やぶにらみトーク]
 一級建築士の耐震設計のごまかし、それを認可した検査会社とお役所、施工建設会社と施工主の2社どれを見ても、責任がある、無い、の問題ではないと思う。  「もっと鉄筋量を減らせ!」といった、言わないの論議が又出ているが、いまいち分からないのは、そうすることによ...... [続きを読む]

受信: 2005/11/28 13:16

» 【耐震偽装マンション】行政の検査でも偽装見抜けず [もう書きません【ニュースを斜めに解説します】]
以前のエントリ(耐震設計偽造を見抜けなかった検査機関の公表を)で民間検査機関であるイーホームズ社を非難した訳なんですが、 行政による検査でも姉歯氏の偽装を見抜けなかった様です。 「姉歯」関与、平塚のホテルも偽装?市が見逃す 台東区、耐震強度偽造を見逃....... [続きを読む]

受信: 2005/11/29 06:26

» 【耐震偽装マンション】みんなグルじゃないの? [もう書きません【ニュースを斜めに解説します】]
巷で話題の耐震偽装マンション問題ですが、嫁さんに聞かれまして。 「姉歯氏が全部悪いのか?」 で、マンションの建て方を調べたんですけど、ちょっとネットでは見つけられなかったのでニュース記事から推測しました。 ①姉歯氏が行った不正は、設計された建物が安....... [続きを読む]

受信: 2005/11/29 06:31

» 朱鷺メッセを覚えているか? 国家の「危機管理」は?今こそ構造改革を! 「耐震強度偽造問題」 [梟通信~ホンの戯言]
2年前に新潟県朱鷺メッセの連絡デッキが突然崩壊した。完成後半年足らず、風も吹かず地震もないのに、である。幸い一人も橋を歩いてなかったなどの幸運に恵まれ怪我人はでなかった。この橋は県で造ったものだけに、事故後、丸山・長岡技術科学大学副学長を委員長とする「事故調査委員会」を設け事故原因などについて検討した。 http://www.pref.niigata.jp/kowankuko/gateway/messe_jiko/ 事故調査委員会委員長と記者との質疑の中にあるやりとり 委員長「... [続きを読む]

受信: 2005/11/30 08:19

» 激震・ローン返済は容赦なく [ブログ らぷぽ]
住民不在 中小企業に対し、銀行がやってきたことは「晴れの時に傘を貸し、雨には傘を貸さない」という生易しいものではなく「雨には傘を取上げた」とされるが。 こういう人に対し、何とも冷たい世の中だねー。今まで政府で支えてきたこの銀行業界、債権取立てを至上命令....... [続きを読む]

受信: 2005/11/30 10:15

» 耐震・それぞれの思い [ブログ らぷぽ]
 耐震構造偽造に関します今回の事態の深刻さに多くの人達が怒り、嘆いていることをブログを通して切実に感じています。  表現はさまざま、例えば、深刻に受け止めるがゆえに「おふざけ表現」になってしまったり、あるいはそのまま、その方の視点でぶつけたり・・あまり....... [続きを読む]

受信: 2005/12/01 22:37

» 不条理なこの世界 「耐震強度偽造」と同じ構造だ いしかわじゅん「鉄槌!」(角川文庫) [梟通信~ホンの戯言]
吹雪の中のスキーバスが、トイレに降りた間に先に行ってしまう。あたりは真っ暗、寒いのなんの!そりゃ、パニックにもなる。やっと捕まえたバス運転士は謝るでもなく薄ら笑いを浮かべ、いしかわをおちょくるのだ。怒髪天を突く。漫画のひとコマくらい使ってでも抗議の意思を明らかにしたくもなるさ。ところがバス運行の旅行社は逆に信用が損なわれたとして損害賠償請求の訴訟を起こしてくる。信用が損なわれることをしたかどうかは問題じゃない、マスコミに会社の悪口を書いたのがいけないというのだ。楽勝と思えたその訴訟が実はえらいこ... [続きを読む]

受信: 2005/12/02 10:16

» 姉歯元一級建築士による耐震強度の偽装問題について [陶芸ブログ 炎と土にたわむれて]
姉歯元一級建築士(12/8資格取り消し)による耐震強度の偽装問題について、現在テレビでも大騒ぎしてますね。 朝から夜中まで一日中といった感じです。 国交省の6日までのまとめで、姉歯元建築士が設計に関与したマンション、ホテルは全国に208件あり、15都府県の計62件で偽造が確認された。 地震に耐えられる建物をどのように建てるのかは、法律などで定められ,それらをまとめて「耐震基準」と呼んでいます。現在の耐震基準は1981年にできたもので、それまでのものと区別するために「新耐震基準」と呼ばれていま... [続きを読む]

受信: 2005/12/10 01:30

» 耐震強度偽装問題その2 [陶芸ブログ 炎と土にたわむれて]
自民・渡辺議員質問長すぎっ 耐震強度偽装問題証人喚問 40分中30分“演説” 『自民党・渡辺具能(ともよし)議員は、最長の40分もの時間を与えられながら、30分以上も自身の推理を披露。渡辺氏の悠長な“演説”のせいで、肝心の姉歯氏の発言の場がほとんどなくなってしまった。』 証人喚問が茶番と言われるのはこういうことがあるから、、、。テレビカメラがずらりと並んだ議事堂で日本中がかたずを飲んで見守るののなか、一身に注目を集め得意満面。政治ショーに終わるような喚問に意味があるんでしょうか? [耐震偽... [続きを読む]

受信: 2005/12/18 01:42

« 高価格カップめん不振 | トップページ | 守谷市のハンスホールベック »