« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/31

まだ年賀状を書いています

 年賀状を出す時期のピークが,年々遅くなっているそうです。遅く出されるようになった年賀状を,元旦に届けるために,郵便局も年々迅速な処理を求められるようになり,作業の効率を高める工夫をしているらしいです。
 私も今年は,30日現在でまだ完成していません。がんばって31日に出したとしても,元日には絶対着きませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/30

29日は仕事納め

 12月28日が仕事納めという方も多いのではないかと思いますが,私の会社は29日が仕事納めでした
 職場の掃除をする日でしたが,海外担当はいつもどおり仕事せざるを得ません。海外では,正月は休暇ではなく,せいぜい1月1日のみが休みとなる国が多く,仕事納めだからといっても,普通にメールや電話が入ってきます。
 かつては,仕事納めには会議室に食べ物や飲物を持ち込んで,ご苦労さん会をやったのですが,最近はそれも無く,正月気分は年々薄れていくようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/29

100ドルの手動式ラップトップPC

 先進国と発展途上国など,貧富の差による「デジタルデバイド(情報格差)」を解消しようと,アメリカマサチューセッツ工科大学(MIT)のチームが,100ドルで買える教育用のラップトップPCを設計したというニュースは,少し前から流れていました。それがついにメーカが決まり(台湾のクワンタ・コンピュータ),2006年末からPCの配布が始まるそうです。
 このプロジェクトは,MITが「One Laptop Per Child (OLPC)」(子供一人にラップトップ1台)という組織を立ち上げて実施しているもので,低価格化のため,PCはハードディスクが付いていません。このPCで特徴的なのは,クランクを回して発電することで電源を確保しているというところです。OLPCは,このPCを各国政府に売り,政府が子供たちに配布するという方法をとるとのこと。
 このPCについては,賛成意見だけではなく,反対意見もあります。OLPCは,このPCで膨大なデータ集積以外のほとんど全ての事ができるといっていますが,HDの無い非力なPCは充分な機能を提供できず,結局ゴミにしかならないのではという意見もあるとか。
 どの程度の実力のあるPCなのかは分かりませんが,自前の発電装置付というのはいいですね。先日の新潟のような大停電の時でも,少なくともコンピュータゲームは楽しめるわけです。

OLPC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/28

日本橋の景観回復

 小泉首相は,経団連の奥田会長,作家の三浦朱門氏などを官邸に呼び,重要文化財である日本橋の景観を取り戻す為,現在日本橋上空に架かっている高速道路を移設する為の検討委員会の設置を申し入れたとの事です。
 現在,日本橋の上に高速道路が乗っかっているため,日本橋の写真を撮っても,橋の写真なのか高速道路の写真なのか分からないという状態でした。最近もどれかの新聞で,「日本橋の景観復元を」という記事を見たばかりですし,昔から,あの哀れな日本橋の姿をなんとかしてくれといわれていたのですが,このような事をいざはじめると「首相の人気取り」といわれ勝ちです。費用等の問題もありますが,それは検討後の話でしょう。とにもかくにも,景観復元に向けて第一歩を踏み出した事は,結構な事だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/27

礼服の,きつきつのズボン

 先日,会社関係の葬儀に出席するので,ほぼ1年ぶりに礼服を着ました。
 1年前もズボンは少しきつかったのですが,前日,家で試着してみると,昨年よりもされにきつくなっていました。もちろんズボンが縮んだのではなく,腹が出たのです。これを半日も着ているのはつらいと思えましたが,いまさらどうすることも出来ません。その翌日,葬儀の時に仕方なくそのズボンをはきました。しかし,そのズボンをはいてしばらくすると,腹が締め付けられることはもちろんですが,結構具合いいじゃないかと思えてきました。なんだか腹が垂れ下がる感じが解消し,シャンとするようです。
 最近カミさんは,コルセットのような下着を着けています。スタイルをよく見せる体型矯正下着らしく,えらくきつそうな物でした。ところが,カミさんは結構具合いいといって好んで着ています。体を締め付けて具合いいというのが理解できなかったのですが,私も礼服のズボンをはいて,はじめて「体を締め付ける具合よさ」を理解しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/26

クリスマスのスタバを脅迫した男,逮捕

 コーヒーチェーン「スターバックス」のホームページに,「クリスマスに店舗に放火する」という予告文を送信したとして,アルバイト岡野博樹(28)が逮捕されました。
 岡野容疑者は,日ごろからスターバックスを利用しており,「悪意を持って中傷するようなことを店員に言われた」と動機を語っていますが,警察は確認できていないとのこと。私の日ごろのスターバックス経験から言って,店員が客を中傷するようなことを言うとは思えず,おおかた,関係ない事を店員同士が話しているのを聞きかじって自分のことだと思ったというような,偏執狂的な動機だと想像します。
 しかし,ネットを利用した犯罪というのは,結局身元を突き止められるケースが多いですね。本人はネットに隠れているつもりでも,突き止めようとすれば本人を特定できてしまうのですね。ネットでは決して隠れることができない事を,覚えておく必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/25

今日はクリスマス

 今日はクリスマスです。
 といっても,実際書いているのは12月24日のイブの夜ですが・・・。
 下の写真は,24日に行った「ハンスホールベック」のレストランの写真です。この店は,以前このBLOGでも紹介したドイツソーセージの専門店で,ソーセージ類の販売のほかに,食事も出来ます。クリスマスツリーが飾られていますが,ツリーを飾るのは,ドイツが発祥の地らしいですね。

xmas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公立高で成績順にクラス編成

 大阪府高槻市の府立槻の木高校が,生徒や担任教諭には知らせずに、一部の管理職だけで入試の成績順に1年生のクラス編成をしていたことが発覚しました。
 公立高では,通常,学級ごとの学力差を避ける様に,入試成績の上位から順に各クラスに生徒を振り分けるのが一般的です。それに対してこの高校では,入試成績の上位60人を3学級だけに割り振り、残る180人を、1学級40人になるように全6学級を編成したそうです。
 「長年公立校に根付いてきた平等主義を変えないと,生徒,保護者のニーズに沿った教育ができない」という思いからこのような編成を行ったとの事ですが,それは一理あるように思います。公立高で,私立マネをして成績順にクラスを編成する必用があるのかという議論もあると思いますが,すべての公立高でなく,学費の安い公立高で,いくつかの高校がこのようなクラス編成を特色とする学校があってもいいと思います。
 実際,私の住む県では,上位の公立高でも国公立大学や上位私立大学に現役で入る割合が少ないといいますが,公立高校では中位,下位の生徒の指導に力をいれるためだと思われます。公立高で,成績順のクラス編成は,確実にニーズがあると思います。
 今回は公表せずにクラス編成を行ったわけですが,「この高校はそのようなクラス編成を行います」とアナウンスした上で,生徒募集すべきでなんでしょうがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/24

喪中はがき

 親戚から「喪中につき年賀状を失礼します」というはがきが届いてビックリしました。誰が亡くなったかは書いてなかったのですが,その家で,今年誰かが亡くなったとは聞いていなかったからです。しかも,そのうちには90歳を越えたおばあさんがいます。もしやと思ったのですが,なんだかその家に直接電話するのも抵抗がある。そこで別の親戚に電話しました。すると,そこにもさっきはがきが届いたところで,驚いて別の親戚に電話で尋ねたところだといいます。その尋ねた親戚も事情を知らなかったとの事。ということは,多分親戚中を当たっても,事情を知らないのだろうという話になって,代表して長老格の親戚が直接,喪中はがきの指し出し人に電話することになりました。
 結局,わたし達の側の親戚ではなく,配偶者側の親戚の方が亡くなったのであり,95歳のおばあさんはビンピンしていることが分かり,親戚一同安心しました。
 この季節,喪中はがきを出す方もいらっしゃるでしょうが,誰が亡くなったのかは書いておいてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/23

日本各地で大雪

 日本各地で大雪になっているようですね。風も強く,ついに雪と風で,昨日は関西・新潟で100万世帯を越える停電が発生しました。今の時代,電気が来ないと暖房も使えない場合が多く,コンビニさえ臨時休業となる地域もあり,停電になった地方では,大変だろうと思います。
 用事があって東京駅へ行ったら,越後湯沢から先は交通手段がないので,新潟方面への旅行は中止するようアナウンスをしていました。いろいろなBLOGで,雪に関して話題が出ています。
 東京地方はというと,連日晴天が続いています。昨日は冷たい木枯らしが吹き荒れていて,寒い寒い一日でした。2~3日前,都心でも雪がぱらついたというニュースを見ましたが,私はいまだに,今年雪は見ていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/22

ノイズキャンセリングヘッドフォン

nose_cancel
 ノイズキャンセリング機能付きのヘッドフォンを買いました。
 ノイズキャンセリングヘッドフォンというと,BOSEのものが評判がいいようですが,私が買ったのはSONYのインナーイヤータイプのMDR-NC11Aという機種です。
 そもそも密閉型のヘッドフォンで,これを耳に装着するだけで,周りの音声はあまり気になりません。それでも,バスの中などで,ノイズキャンセリング機能をオンにして使うと,かなり小さな音で鳴らしても曲を聴くことが出来ます。装着した時はそれほどノイズキャンセリング機能をオンにしても,さほど騒音が減ったと感じないのですが,曲を聴いているとき,オフにするととたんに周囲の騒音が襲ってきて,ノイズキャンセリング機能を実感することが出来ます。
 今まで,周りへの音漏れが気になって,電車やバスの車内で曲を聴いていなかったのですが,このヘッドフォンを使えばかなり小さな音で曲を聴くことが出来て,音漏れも気にしなくてよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/21

間羊太郎著,「ミステリ百科事典」

 久しぶりに,本の紹介をします。文春文庫から出ている,間羊太郎著「ミステリ百科事典」です。
 この本は,以前新書版で出版されていて,私はそれを持っていました。大きく,「人体」「生物」「風物」「事物」に分け,それぞれをもっと細かく「目」「手」「猫」「犬」「雪」「氷」「電話」「時計」などに分けて,それにちなんだミステリのトリックを解説した本です。
 トリックを解説した本を出すというのは,本来とんでもない話で,著者はミステリファンの風上にも置けないということになります。しかし,この本はどちらかというと,「この本に書いてあるミステリはすでに読破している人,もし読んでいない作品のことが書いてあったら,現在では手に入らない本で,この本を読んでもなんら問題ないという人向けに書かれたもの」と考えるべきでしょう。作品を既に読んだ人がいまさらそのトリックの解説などを読んで面白いのかと思うかもしれませんが,著者の語り口の面白さで夢中になって読んでしまいました。この本でのトリックの紹介方法は,作品の一節を引用するという方法ですが,その引用の仕方も絶妙で,「まえがき対談」として宮部みゆき氏と北村薫氏が冒頭で言っているように,原作を読むより面白い場合さえあります(たとえば,小沼丹氏の諸作。長らく手に入らなかった小沼氏の諸作は,この本(いまからはるか昔,高校生の頃買った新書版)でその一節を読んで,その後創元推理文庫に入ったとき期待して読んだのですが,ミステリとしてはそれほどでもなかった)。
 既に新書版をもっているのになぜ2005年11月10日発行の文春文庫版を買ったかというと,新書版に対して「ミステリ・ジョッキー」や「妖怪学入門」が追加され,大幅に内容が増加しているからです。
 この本は,「この本に書かれているミステリなどは既に読破している人を対象としている」といいましたが,そんな人は既にこの本の存在を知っていると思われ,そんな人向けにこんな紹介を書いても仕方ないような気もします。今日は自己矛盾をはらんだ紹介BLOGでした。

<アマゾン書店へのリンク>

ミステリ百科事典 文春文庫
mystery_hyakka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/20

多摩田園都市の道路

 下の地図を見てください。東急田園都市線江田駅付近です。横浜市の北部に広がる,いわゆる多摩田園都市の典型的な高級住宅街の町並みです。ここらあたりは,クリスマスのイルミネーションを飾っている家が多く,ウチではクリスマスシーズンになると,ここら辺に見物に行きます。
 ところが,地図から分かるように,道路が直線でないのですね。京都で代表されるような碁盤の目のような町並みでなく,よっぽどの幹線道路でない限り,道路はみな緩やかにカーブして複雑に絡み合って,T字路もたくさんあります。そのため,駅から西の方角に歩き出したのに,道路がカーブしていつの間にか北の方角に向かっていたり,正反対の東に向かっていたり,迷子になってしまいます。
 これは,多摩田園都市がお手本にした英国の田園都市計画がそのようになっているらしいのです。さらにそれと,横浜北部の丘陵の地形がそのような街路を作り出しているようです。外部からそこを訪れたものにとっては困ったものですが,迷子になったと思ってさらに歩き続けると,気が付けば見知った街角に戻っていたりして,それはそれで面白いです。

print_linesgif1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/19

理髪店で,のけぞり式の洗髪

 昨日は床屋へ行きました。ほぼ3ヶ月に1度の床屋です。多分,3ヶ月に1度というのは,床屋へ行かな過ぎだと思われることでしょう。床屋不精なんです。1時間も何もせずに座っているのが,苦痛というわけではないんですが,無駄なような気がしてしまい,床屋さんには申し訳ないことに,なるべく行きたくないんです。
 今日行ったのは,散歩がてら行った隣町の理髪店です。はじめての店でした。洗髪の時,あれ!,床屋さんは椅子をくるりと回転して,洗面台とは反対の方にむけてしまいました。そしてのけぞり式の洗髪です。ここはひょっとして美容院だったのかとちょっとビックリ。しかし,店の外には,赤・白・青の,あの理髪店のサインがくるくる回っていますから,間違いなく床屋なんです。いろいろな理髪店にも行きましたが,美容院のようなのけぞり式の洗髪を床屋でやったのは初めてでした。しかし,この方法は,湯が顔にかからずに,鼻にも入らずに,結構具合いいものでした。ちょっと気に入ったので,次もこの理髪店に行くかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/18

京都,学習塾少女殺害事件

 京都の学習塾,京進宇治神明校で,生徒の少女が大学生の先生に殺害された事件で,萩野容疑者は,同塾への就職の妨げになると思って殺害したと供述しています。しかし,殺人犯になってしまっては就職も何もないわけで,実際のところ「就職」はあまり殺害の動機になっておらず,おそらく「こいつさえいなければ自分は安楽に暮らせる」という自分勝手な事だったと思います。まあ,対人関係において,耐性がはなはだしく欠如していたということかもしれません。
 萩野容疑者は,在学している大学で十数回も窃盗を行っていて,停学になっていたとの事ですが,どうも犯罪傾向にある人物でもあるようです。新聞などでは,萩野容疑者の子供の頃のエピソードも語られていますが,かなり身勝手に育てられたように思われます。
 私も2人の子供の親として,このような事件が起きると,親の責任ということを考えてしまいます。親の育て方で,他人に取り返しのつかない迷惑をかけてしまう。このような事件が起きると,犯人を親はどのように育てたのか,詳細に公表して欲しいと切に思います。親の過ちを他の親に繰り返させないために,それが犯人の親の責任のようにも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/12/17

大手IT企業,大手芸能プロダクションと提携か?

 芸能関係の会員制某ブログによると,ライブドアでも楽天でもない某IT企業が大手プロダクションを招いて,インターネット配信コンテンツ制作の説明会を行ったとの事です。
 以前このBLOGで,「既存放送局は,いまや多くの番組を外部プロダクションに外注に出していて,自身では番組制作せずに,極論すれば放送設備と放送免許を外部プロダクションに貸すだけの存在になっているのだから,『楽天もライブドアも,テレビ局にこだわらないで,大手製作プロダクションと組むことを考えたらどうなんでしょうか?』と書いたのですが,それが実現しそうです。

---<追伸>-----------------------
 12月19日,ソフトバンクはヤフーと共同で,インターネットを活用した動画配信を本格化すると発表しました。
 3万本以上のドラマ,映画などを集め,ブロードバンド通信経由でパソコン向けに配信するとの事です。映画会社,放送局と連携するとの事ですが,芸能プロダクションにも直接声をかけたところがさすがです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/16

日本海側は大雪,太平洋側は晴天

 ここのところ,日本海側を中心に大雪が続いています。気象庁によれば,日本海側や北海道の大雪は,されに数日続くようです。一方,私の住む首都圏では,彼の地の冬らしい乾燥した晴天がつづき,真っ青な空を背景にした陽の光に輝くビルディングが目にまぶしく映ります。乾燥のためか,火事も相次ぎ,新聞やテレビでは,一日に数件の火事とその犠牲者のニュースが報道されています。
 9月のこのBLOGでは,「今年の夏は例年になく暑い夏で,そうかと思えば9月に入るとあまり残暑もなく,さっと秋の気配がただよい,例年になく『由緒正しい夏』という感じです」と書いたのですが,今年は冬も『由緒正しい冬』という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/15

姉歯氏,総研,木村建設,証人喚問

 昨日,11月14日の建築計算書偽装問題に関する衆院国土交通委員会証人喚問では,やはり事件の構造ははっきり見えませんでした。
 姉歯氏以外の総研,木村建設,平成設計等の元請設計会社が,どのくらい計算書の偽装を知っていたのか,姉歯氏の設計によるマンションやホテルが,法律に違反するほど耐震強度が低いことをどの程度認識していたのか,本当のところ分かりませんでした。
 姉歯氏は木村建設東京支店長から鉄筋を減らすよう圧力をかけられたというものの,計算書を偽装して法律を犯してまでそうしろと言われたわけではないらしいし,木村建設側はあくまでも法律の範囲内で鉄筋を減らせと言ったと主張し,耐震強度が不足するほど計算書が偽装されているとは思わなかったと言っているし,今回の証人喚問を聞いていると,先日このBLOGで書いた記事「気弱な姉歯建築士?」の中の友人が言うように,「コンサルタントも,建設会社も,元請設計会社も,販売会社も,耐震強度を偽ってまで安く上げようという意図はなかったのに,気弱な姉歯設計士がその意を汲んで,とんでもない設計を行って,それが検査会社や自治体の検査に引っかからなかったという事件」のような気もしてきます。しかしながら,建築に関わっている人たちならば,姉歯氏の設計が普通より鉄筋量が少ないとか柱が細いとか,感覚的に薄々分かっていたとも考えられます。
 まあ,国会の証人喚問ではこの程度が限界・・・というより,自民党議員の質問は,わざわざ追求していない様にも感じました。あれは追求ではなく,ほとんど説教で,そんなことは今必要ありません。追求することをわざと放棄して,テレビの前で格好だけつけたという印象を持ちました。これ以降は押収した資料等の分析・検討などを含めて,警察や司法の捜査にゆだねるしかないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/14

映画「SAYURI」

 スティーブン・スピルバーグ製作,ロブ・マーシャル監督の映画「SAYURI」が12月10日から公開されました。
 この映画は,日本の芸者の世界を描いた映画ですが,渡辺謙や役所広司,桃井かおりなど数人の日本人俳優が出ていますが,主人公のSAYURIになるのはチャン・ツィイーです。そのほか,ミシェル・ヨーやコン・リーなど,日本人以外の女優が芸者に扮しています。
 予告編を見ましたが,彼女達はやはり着物の着方や着物を着ての立ち居振る舞いがちょっと変です。多分,スタイルが良すぎるのと帯を上方に締めすぎるのではないかと思います。日本人の女優さんも,もっとがんばってハリウッドに進出して欲しいですね。日本人役は日本人の女優さんで見たいものです。
 もっとも,日本人の女優さんも,スタイルが良くなりましたし,普段着物を着慣れているわけではないのでしょうがねえ。とはいうものの,私もチャン・ツィイー目当てに,この映画を見ることになると思います・・・。
 しかし,予告編で見た範囲内では,日本人が見てもエキゾティックに日本が描かれており,日本らしく見えないのがちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/13

米国産牛肉輸入再開

 アメリカ産牛肉の輸入禁止が,12月12日,解除されました。輸入再開が決定したのです。
 その根拠となったのは,内閣府食品安全委員会が11月8日,危険部位(脳や脊髄)を除去した若い牛(生後20ヶ月以下の牛)に限り,国産牛と同等の安全性を認める答申を農林水産・厚生労働両省に提出したことです。
 「脳や脊髄を除去した生後20ヶ月以下の牛なら安全」ということを認めたとしても,輸入されるアメリカ牛が本当に「脳や脊髄を除去した生後20ヶ月以下の牛」であることをどのように判断するのか,何か起こったとき生産元までトレースして,感染の拡大を防げるのかできるのかなどについては,だれからも説明を絵聞いたことがありません。
 実際,アメリカでは,これまでに1000件を上回る危険部位除去違反があったといわれ,日本では21ヶ月の牛のBSEが発見されています。さらに,アメリカで,20ヶ月以下という月齢を判断するのが難しいという話もあります。危険部位除去違反について,アメリカ側は「1000件を越える違反を発見できる程検査体制がしっかりしている」という絶妙な説明をしています。いずれにしろ,この状況では,まだアメリカ産牛に対して安心は出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005/12/12

小泉首相,民主党に大連立政権を提案

 小泉首相が9月の衆院選後,民主党の前原代表に人を介して,自民・民主両党の連立政権を提案していたことが分かったという報道がありましたが,小泉首相が本気で持ちかけたというより,民主党に対する皮肉として持ちかけたような気がします。
 憲法改正問題をはじめとして,先の衆院選後,前原-鳩山体制になってから,民主党の政策は本当に自民党に近いものになっていました。日本はまともな野党がいない国になってしまったのです。
 民主党は元自民党と元社会党の連合のようなものですが,今の執行部では自民党色の方が強く,菅元代表など,別の意見があるはずなのですが,それが表に出てきていません。まあ,前原氏の憲法改正等に関する考え方は以前から分かっていたわけで,民主党が衆院選に大敗して前原-鳩山体制を選んだ時点で,民主党がこのようになることは規定路線であったわけです。そんな体制を選んだ民主党は,本当にそれを覚悟をしていたんでしょうかねえ?
 民主党の存在感が極めて薄くなっています。自民党と同じ政策なら,自民党でいいじゃないかと思われます。民主党には,野党の役割をしっかり果たしてもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/11

みずほ証券により,バーチャル株式が市場に出回る

 11月8日に起きた,マザーズでのみずほ証券による人材派遣会社「ジェイコム」株大量売り注文事件(61万円で1株売りを,コンピュータ入力間違えで1円で61万株売ってしまった)は,株式の取引のバーチャル性を改めて感じてしまいますね。
 実際には1万4500株しか発行していない「ジェイコム」の株式,しかもそのうち流通しているのはわずか3000株であるにもかかわらず,61万株もの売り注文が確定し,しかも実際にはこの世に存在しないその株式を,存在するものとして扱わざるを得ない状況,正にバーチャルの世界です。大半の株式を親族が持っていたはずのジェイコムは,バーチャルな株券によって,それを買ったモルガンスタンレーや野村證券等の会社が大株主になってしまいました。この状況が許されるなら,意図的にバーチャル株式を作り出し,会社を乗っ取るなど出来るのかもしれません。
 このバーチャルな状況をどう収めるのかは,現在関係者が検討中のようですが,株というのは,つくづく実業とはかけ離れたものだと感じてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/10

イルミネーションの季節

 今年も家々がクリスマスのイルミネーションで飾られる季節がやってきました。
 我が家恒例の12月の電飾巡り。東急田園都市線沿線のある住宅地の一角は,町ぐるみでイルミネーションしています。以前は,白色の電球が多かったのですが,今年は,青,緑,赤と,カラフルです。
 イルミネーションの写真を撮るのは難しいのですが,文章だけでは寂しいので,あまりできの良くない写真を載せます。

lilumination

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/09

気弱な姉歯建築士?

 ホテル,マンション耐震強度偽装事件について,いろいろなブログを拝見するると,総研を司令塔とした組織的な偽装と考えている方が多いようです。私も同じような考えで,このBLOGにもそのように書いてきました。
 ところが私の友人の一人は,違う見方をしている人がいます。この友人は某重電機メーカーの技術者ですが,『部下が設計した機械に対して,「おい,もっとボルトの本数をへらせないのか」とか「もっと薄くできないのか」とか「以前の設計ではもっと軽かった。すくなくとも,○○トン以下に抑えろ」などなど,総研や木村建設やヒューザーが姉歯建築士に言いそうなことを,自分も日常言っている。』というのです。機械製造メーカに勤める私も,同じようなことをしているので,設計者に対してこのようなことを言うのは理解できます。しかし,決して危険な程,また法律に違反する程,薄く,少なく,軽くしろと言っているわけではなく,「漫然と設計して,無駄なことをするなよ」「よく考えて設計したんだろうな?」「もう一度,無駄がないか確認してみろ」という意味を込めて言っているわけです。ところが,極度に気の弱い設計者だったらどうでしょう。反論せずに危険とは知りながら,上司の意に沿うように設計変更してしまうかもしれません。普通ならば,製品化される前に上司のチェックで危険が分かり,かえって設計変更したことを叱られることになるんですが,チェックが甘く見過ごされたら・・・。
 結局,コンサルタントも,建設会社も,元請設計会社も,販売会社も,耐震強度を偽ってまで安く上げようという意図はなかったのに,気弱な姉歯設計士がその意を汲んで,とんでもない設計を行って,それが検査会社や自治体の検査に引っかからなかったという事件ではないのかというのです。まだこの事件の真相は分かりませんが,そんな事を聞くと,そんな事も有りかなあと・・・。
 総研の内河社長は,自社の会報などで,設計士によって鉄筋量に違いがあるとか,設計士を替えてでも鉄筋量を減らせとか,二つの建物の鉄筋量を比較して,鉄筋の少ない方の建物は多い方より金額にしていくらいくら節約できるとか書いているとのことですが,鉄筋を少なくするように怒鳴られた気弱な姉歯建築士が設計した鉄筋量でも,耐震強度はもつと信じていたのかも知れず(なにしろ,別の建築士がみて疑問に思うくらいの数字まで挙げて,堂々と鉄筋の量を減らせると書いているのだから),もしそうなら内河社長は,とんだ道化役だったことになります。

<このBLOGの強度偽装建築関係記事>

気弱な姉歯建築士?
衆院国土交通委員会,肩透かし
強度偽造マンション住民に対する,石原都知事の対応
秋の終わり
姉歯氏の偽造計算,1年半前に指摘されていた
建築の手抜き検査
古代建築の知恵も無視した建築?
21件のほかにも,耐震強度計算偽装の疑い
耐震強度不足マンション事件と小さな政府
マンション等,耐震強度不足

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/12/08

衆院国土交通委員会,肩透かし

 12月7日,耐震強度偽装問題をめぐって,衆院国土交通委員会が開かれました。
 この委員会,先週あたりの報道では,姉歯氏が出席して真相を明らかにするなどといわれていましたが,結局,姉歯氏も,また一連の偽装問題の黒幕という噂もある総合経営研究所の内川所長も体調不良とのことで出席せず,肩透かしを食わされました。出席したのは偽装した側ではなく,偽装を見抜いた設計会社と偽装を見抜けなかったイーホームズなどの検査会社の代表で(設計会社や現場がおかしいと感じた偽装を,検査会社や自治体の検査部門が見抜けなかったわけで,検査会社・検査部門というのは,ただ書式にのっとっているかどうかを見てハンコを押すだけの存在だったようです),そんな委員会では,一連の偽装事件の構造や責任のありようはもちろん,偽装チームの中の「偽装の発案者」も明らかに出来ませんでした。
 来週から,警察が90人体制で関係先の一斉捜索を始めるらしいですが,テレビで公開される,言ってみれば素人による委員会よりも,警察の捜査に期待します。

<このBLOGの強度偽装建築関係記事>

気弱な姉歯建築士?
衆院国土交通委員会,肩透かし
強度偽造マンション住民に対する,石原都知事の対応
秋の終わり
姉歯氏の偽造計算,1年半前に指摘されていた
建築の手抜き検査
古代建築の知恵も無視した建築?
21件のほかにも,耐震強度計算偽装の疑い
耐震強度不足マンション事件と小さな政府
マンション等,耐震強度不足

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/07

Book Light

 ネット通販で,Book Lightを買いました。
 Book Lightというのは,本に差して使える小型の照明です。インターネットで検索すると,いろいろなBook Lightがヒットします。多くは,電球やLEDが付いている,本にクリップで差して使える超小型のスタンドですが,本のページに乗せて使う板状の物もあります。板の下のページ全体を照明するように出来ているとの事で,照明としては,この板状の物が優れているように思えます。しかし,5000円強と高価であること,ページをめくるたびに板を差し替えなければならないことから,使い勝手が今ひとつではないかと思い,クリップ式のLEDスタンドにしました。このタイプのものも,100円ショップで売っている100円のものから3000円を越える物までいろいろですが,私が買ったものは1300円です。
 使ってみると,白色LEDは,直視できないほど明るいのですが,ピンポイント照明的になってしまうのが不満なところです。レンズなどで,光がページ全体に発散できたら,読書にもってこいなのですがねえ。しかし,ピンポイントの周りも明るくなりますから,気にしなければ充分読書できます。
 不精にも,寝転がって本を読むことが多いのですが,これを床に置いて,本を照らしながら読むのに重宝しています。

<たたんだところ>
booklight1

<横のボタンを押すと,自動的にこの形に開く>
booklight2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/06

Meltykiss「濃イチゴ」

 下の写真は,冬季限定のMeltykiss「濃いちご」です。
 歯ざわりのよさで,このシリーズ,割と好きなんです。そしてイチゴチョコレートも好きなんですが,このチョコレートはちょっと。イチゴがすっぱすぎます。チョコレートに対して,イチゴが勝ちすぎているように感じます。Meltykissシリーズでは,やはり「希少なカカオ」がいいかな。

melty

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/05

強度偽造マンション住民に対する,石原都知事の対応

 マンション強度計算偽造事件の被害者に対する救済方法が,自治体によって異なっていることが報道されています。
 どの自治体も公営住宅を準備していますが,入居条件がまちまちで,無償提供するところもあれば有償提供するところもあります。また,貸与する期間も,3ヶ月限定とか6ヶ月限定など,まちまちです。
 東京都の石原都知事は,責任がはっきりしない現在では,都営住宅を無償提供できないこと,500戸を確保したが有償提供することを明言していて,被害者にとって最も条件が悪いといえます。しかし,救済に税金を使うことを考えれば,これが一番分かりやすい方法です。
 今回の事件は天災ではなく人災です。被害者の救済を含めて,それを償うべき人や法人,機関が存在します。しかし,それが確定するにはまだ時間がかかる。被害者の計算偽造マンションからの退去は急を要します。そこで,天災発生時に準じて,有償で公営住宅を提供し,その費用は被害者が,後に確定した責任元に請求するのが筋です。もちろん責任が確定するまでの間の費用は,被害者への低利の貸付などの救済が必要になります。しかし,被害者の移転費用を含めて,最終的に責任元にすべて償わせるという態度は貫く必要があります。 実際のところ,会社の倒産などによって,責任元が償うことができるのかという問題がありますが,現状,それは別問題と考えなければなりません。
 急を要するといえば,それほど大きくない地震で倒壊する恐れのある建物の取り壊しも急を要します。川崎市や横浜市は,マンション住民に対して使用禁止命令を出しましたが,建物周辺の住民も生命の危険にさらされています。京浜急行は,大師線川崎大師~東門前間の線路脇に建っている「グランドステージ川崎大師」に対し,震度4以上の地震発生時には,最寄の東門前駅の助役がマンションに赴いて肉眼で状態を確認することを業務取り扱いに追加しました。万が一の場合,一時運転見合わせの後駅構内の安全が確認されてから時速35km以下の徐行で運転再開することになるそうです。このような周辺への影響を解消するために,至急建物の取り壊しが必要です。これも,責任がはっきりしたら責任元に費用を転嫁することを条件に,自治体は早急に対応する必要があります。一部には,責任論議の証拠として,建物を早急に取り壊さないで欲しいといっている自治体もある様ですが,証拠は証拠として早急に調査して,取り壊しを急がねばなりません。
 とにかく,至急やらなければならない住民の避難と建物の取り壊し等と,至急にはできない責任元の確定(それぞれどのくらいの割合で責任があるのかを含めて)やその後の被害者の身の振り方の心配等のことを分けて考える必要があります。テレビのニュースショーなどでは,これらを混同して伝えるので,分かりにくくなります。
 国は,補正予算を組むことも視野に入れて今回の事件に対応するといっています。今回の事件に対する国の責任は逃れられないと思いますが,被害者への厚い救済措置の約束などによって,国の責任がうやむやにならないよう,国民は注視していく必要があります。

<このBLOGの強度偽装建築関係記事>

気弱な姉歯建築士?
衆院国土交通委員会,肩透かし
強度偽造マンション住民に対する,石原都知事の対応
秋の終わり
姉歯氏の偽造計算,1年半前に指摘されていた
建築の手抜き検査
古代建築の知恵も無視した建築?
21件のほかにも,耐震強度計算偽装の疑い
耐震強度不足マンション事件と小さな政府
マンション等,耐震強度不足

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/12/04

Outbackのプライムリブ

 先日は,茨城県守谷市のソーセージ専門店,ハンスホールベックのローストポークの話をしましたが,今回はビーフの話です。
 田園都市線南町田駅前のアウトレットセンター「グランベリーモール」内のレストラン「Outback Steak House」で食事をしました。グランベリーモールというのは,巨大なイチゴ形をした土地に東急が作ったアウトレットセンターです。巨大なイチゴ型なので,「グランベリー」というわけです。ここに行ったのは,なにも食事をするためではなく,季節外れの薄めのジャンパーが欲しくて,アウトレットならば売れ残りの季節外れの衣類も売っているかもしれないという考えから訪れたわけです。季節外れの商品はありましたが,気に入ったものがなくて,結局食事しに行ったような事になってしまいました。
 さて,このステーキハウスは,もともとアメリカ資本の店で,世界中に店舗があるらしいのですが,オーストラリアンテイストを売り物にしています。店の飾りつけはブーメランやネイティブオーストラリアン(アボリジニ)の民芸品です。
 そして私が頼んだのが,プライムリブステーキの小さい方。プライムリブは小さい方と大きい方の2種類あるのですが,小さいといっても225gです。全世界共通メニューとかで,日本人向けの100g台のものはありません。ここでは,一番小さいステーキ類が,ほとんど225gなのです。ちなみに大きい方は310gです。付け合せは,数種類の中から2種類を選べます。私はフレンチフライと温野菜を選びました。それにパンとスープが付いて2299円。高いようですが,何しろ225gです。飲み物は,700mlという量で,恐れをなして注文しませんでした。
 フレンチフライはとても量が多く,パンはもてあましてしまいました。プライムリブは少し大味でしたがやわらかく,久しぶりにビーフを堪能しました。しかし,このレストランは,小腹が空いたという時に入るところではありません。空腹時に,さあ食事をするぞと構えて入らないと,大半を残すことになりそうです。

ーーー<追伸>ーーーーーーーーーーーーー

 上の記事は,2005年時点での事実です。このプライムリブ,いつからかOutback Steakのメニューからはなくなってしまいました。残念ですね。

<手前がプライムリブ,向こうは,カミさんが注文したハンバーガーと娘が注文した子羊のスペアリブ>
outback

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/03

秋の終わり

 12月から,暦の上では冬が始まります。近所のイチョウの木も,すっかり黄色く色づきました。
 年によっては,気候の関係か,黄色く色づかないまま散ってしまうことがあります。今年は,イチョウの落葉のきれいな黄色いじゅうたんが敷き詰められることでしょう。

icho

 ところで,姉歯建築士による強度計算偽造事件は,昨日書いたコンサルタント会社代表の会見の様子がテレビニュースなどに登場し,この会社へ注目が集まりつつあるようです。無責任な想像ですが,このコンサルタント会社が,安くホテルの建物を建設する手法として鉄筋の本数や太さなどを指示し,それを木村建設やその関連会社の元請設計会社である平成設計がマンションへも適用し,姉歯氏がその趣旨に沿って計算を偽造したという構造が考えられます。真相はまだ分かりません。
 このコンサルタント会社,元請設計会社,建設会社,構造計算担当建築士,マンションの場合はその販売会社,検査会社(役所)・・・。役者はこれだけ揃っていますが,鉄筋の本数や太さ,柱の大きさなどを違法建築となるほどごまかそうと思ったのは,いったい誰なんでしょうか? その考えに乗って,またはそれと知らずに,ほかの役者はその考えを実行に移していったわけです。
 また,最終的に構造計算を偽造したのが姉歯氏だけなのかということも考えてしまいます。コンダクターにあたる黒幕がいて,その指示で動いていたのなら,姉歯氏以外にも,そのコンダクターの意図に従って偽造計算を行った建築士がいるのではないかと疑ってしまいます。阪神淡路大震災では,ある特定の建築会社の建築した建物が主に倒壊したと言われています。そのときの構造計算も,あるいは偽造されていたのではないかと考えてしまいますが,その時の建築士は,決して姉歯氏ではないのです。同様な偽造計算を行った建築士が他にもいるとすれば,日本中の建物を再調査する必要がありそうです。少なくとも,姉歯氏が担当していなくても,関連企業,総合経営研究所,木村建設,平成設計が絡んだ物件は,姉歯関連でなくても,調査する必要があるでしょう。
 今回の偽造計算を1年半前に指摘した横浜の設計事務所代表によれば,検査会社(役所)が見破れなかったのは,「初めて入った飲食店でも,だれも毒が入っているとは思わないで食事するようなもの」だとのことですが,一度,姉歯がらみの物件以外でも,毒が入っていないか疑ってかかる必要があるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/12/02

姉歯氏の偽造計算,1年半前に指摘されていた

 朝日新聞の記事によると,1年半も前に,検査会社であるイーホームズと日本ERIに対し,東京渋谷の設計事務所代表が,姉歯氏の構造計算が偽造されていることを指摘していたそうです。この代表は,姉歯氏にも指摘し,姉歯氏は,下請けがやったことと取り繕い,契約から降りると言っていたそうですが,結局計算書の偽造を続けていたわけです。
 はじめ,自治体の検査でも姉歯氏の偽造が見破れなかった例が多くあったので,検査会社が偽造を見破れなかったのも仕方ないのかと思っていたのですが,1年半も前に指摘を受けていたのに必要な調査を行わず,放置しておいたというのは,やはり犯罪ですね。検査が民間で行われるようになったからこのような隠蔽が起こったのか? 隠蔽体質は,むしろお役所の方が強いように感じますが,はじめにお役所が検査した物件の計算偽造を指摘されていたら,どうなっていたのでしょうねえ。
 今回の事件では,関係する建築主,元請設計事務所,建設会社,検査会社がそれぞれ責任をなすり付け合っています。日本ERIにいたっては,偽造が可能な計算ソフトが悪いと,計算ソフトにまで責任を転嫁していますが,姉歯氏はもちろん,結局関係者全員に責任があるということです。
 また,昨日・今日くらいから,木村建設やその関連会社でらう平成設計に関連して,東京のコンサルタント会社「総合経営研究所」の名前が新聞やニュースサイトに出てきています。またもう一人,新たな役者の登場です。そして,その最後に登場した役者こそが・・・?

<このBLOGの強度偽装建築関係記事>

気弱な姉歯建築士?
衆院国土交通委員会,肩透かし
強度偽造マンション住民に対する,石原都知事の対応
秋の終わり
姉歯氏の偽造計算,1年半前に指摘されていた
建築の手抜き検査
古代建築の知恵も無視した建築?
21件のほかにも,耐震強度計算偽装の疑い
耐震強度不足マンション事件と小さな政府
マンション等,耐震強度不足

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/01

広島の小学1年生女児殺害事件,容疑者逮捕

 広島市の小学一年生女児殺害事件は,11月30日,日系ペルー人の男が逮捕されました。
 被害者と直接関係ない通りすがりの犯行で,解決まで長くかかるのかと思っていましたが,遺留品の捜査や目撃情報などによって,事件発生から9日あまりで容疑者が逮捕されたわけです。ご遺族にとっては長い9日間だったと思いますが,思いのほか早い容疑者逮捕でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »