« 衆院国土交通委員会,肩透かし | トップページ | イルミネーションの季節 »

2005/12/09

気弱な姉歯建築士?

 ホテル,マンション耐震強度偽装事件について,いろいろなブログを拝見するると,総研を司令塔とした組織的な偽装と考えている方が多いようです。私も同じような考えで,このBLOGにもそのように書いてきました。
 ところが私の友人の一人は,違う見方をしている人がいます。この友人は某重電機メーカーの技術者ですが,『部下が設計した機械に対して,「おい,もっとボルトの本数をへらせないのか」とか「もっと薄くできないのか」とか「以前の設計ではもっと軽かった。すくなくとも,○○トン以下に抑えろ」などなど,総研や木村建設やヒューザーが姉歯建築士に言いそうなことを,自分も日常言っている。』というのです。機械製造メーカに勤める私も,同じようなことをしているので,設計者に対してこのようなことを言うのは理解できます。しかし,決して危険な程,また法律に違反する程,薄く,少なく,軽くしろと言っているわけではなく,「漫然と設計して,無駄なことをするなよ」「よく考えて設計したんだろうな?」「もう一度,無駄がないか確認してみろ」という意味を込めて言っているわけです。ところが,極度に気の弱い設計者だったらどうでしょう。反論せずに危険とは知りながら,上司の意に沿うように設計変更してしまうかもしれません。普通ならば,製品化される前に上司のチェックで危険が分かり,かえって設計変更したことを叱られることになるんですが,チェックが甘く見過ごされたら・・・。
 結局,コンサルタントも,建設会社も,元請設計会社も,販売会社も,耐震強度を偽ってまで安く上げようという意図はなかったのに,気弱な姉歯設計士がその意を汲んで,とんでもない設計を行って,それが検査会社や自治体の検査に引っかからなかったという事件ではないのかというのです。まだこの事件の真相は分かりませんが,そんな事を聞くと,そんな事も有りかなあと・・・。
 総研の内河社長は,自社の会報などで,設計士によって鉄筋量に違いがあるとか,設計士を替えてでも鉄筋量を減らせとか,二つの建物の鉄筋量を比較して,鉄筋の少ない方の建物は多い方より金額にしていくらいくら節約できるとか書いているとのことですが,鉄筋を少なくするように怒鳴られた気弱な姉歯建築士が設計した鉄筋量でも,耐震強度はもつと信じていたのかも知れず(なにしろ,別の建築士がみて疑問に思うくらいの数字まで挙げて,堂々と鉄筋の量を減らせると書いているのだから),もしそうなら内河社長は,とんだ道化役だったことになります。

<このBLOGの強度偽装建築関係記事>

気弱な姉歯建築士?
衆院国土交通委員会,肩透かし
強度偽造マンション住民に対する,石原都知事の対応
秋の終わり
姉歯氏の偽造計算,1年半前に指摘されていた
建築の手抜き検査
古代建築の知恵も無視した建築?
21件のほかにも,耐震強度計算偽装の疑い
耐震強度不足マンション事件と小さな政府
マンション等,耐震強度不足

|

« 衆院国土交通委員会,肩透かし | トップページ | イルミネーションの季節 »

コメント

今、世間を騒がせている耐震偽装犯罪の姉歯建築士も創価学会員です。
そして、その尻拭いに税金を投入しようとしている北側国土交通大臣も創価学会員です。
創価学会の狂信者達は、どこまで身勝手なのでしょうか?
被害者の代表も創価学会員?という情報も読んだ覚えがあります。
創価学会の悪行もいい加減にして欲しいですね。

投稿: an_idle | 2005/12/16 04:38

blogの時代になって、このような裏情報的な事が一般に知れ渡るようになったね。blogの功績だね。
もっとも、こうゆう下品なかきこみはホントかどうかわかんないけど。

投稿: tomoki | 2005/12/17 05:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/7535077

この記事へのトラックバック一覧です: 気弱な姉歯建築士?:

» 擦り付け合いレース [娑婆に出る]
ワイドショーを中心に、まるで喜劇の様な展開が繰り広げられている。立ち退きか、ダブルローンか、という悪魔の選択を迫られるマンション住民、責任の所在を擦り付け合う不動産会社と建設会社と検査機関、雲隠れしてしまった建築士、規制緩和と民営化の成れの果ての姿がそこ....... [続きを読む]

受信: 2005/12/09 03:04

» 第3弾・広がる不信「耐震強度偽装」証人喚問決議 [時評親爺]
当ブログでは耐震強度偽装(偽造)問題で、「広がる不信」と題してこれまで2本の記事を書き、それぞれに100本を越える多くのTB記事を頂いた。これには本件問題の事態の注目度とその深刻さが窺える。本件はマスコミに拘わらず、たくさんのブログによって取りざたされ多彩な角度から各種問題点の指摘と社会的批判が繰り返されてきたと思う。現在も尚、毎日のように当ブログの当該記事にはTBを戴いているのだが、本件問題の要因・責任問題などについては未だ不透明というのが、私の率直な印象である。 そうしたところで、9日付産... [続きを読む]

受信: 2005/12/09 23:41

« 衆院国土交通委員会,肩透かし | トップページ | イルミネーションの季節 »