« ホワイト餃子のこと | トップページ | スパム »

2006/04/13

地上波デジタル対応新タワー,墨田区に建設決定

 もうしばらく前(3月31日発表)のことになりますが,地上デジタル放送に対応した新放送タワーの建設地が,東京墨田区押上地区に決まりました。在京キー放送局6社と地権者の東武鉄道の話し合いによって決定されたものです。
 現在のアナログ地上放送からの流れで,将来的に地上デジタル放送が次世代放送の主流になると,なんとなく認識されています。しかし,以前このBlogでも書いたように,放送はデジタルにせよアナログにせよ,電波を使ったものではなく,インターネットを使ったものに向かう可能性が高いように思います。その方が,放送局側の莫大な設備が必要なく,コストもかからないし,自然とそちらの方(ネット配信の方)に向かっていくような気がするのです。
 もしそうなら,今回の高さ600mを超える世界一というタワーは無用の長物になる可能性があります。今回のタワーの事業費は500億円だそうですが,それを光ファイバー敷設などのインターネット高速化に当てた方が,将来の放送のためになるような気がします。私も,華々しく大型の施設が出来ることが嫌いではないんですが,電波の放送タワーというものが将来にわたって必要なのかどうかは,もっとよく考察するべきなのではないかと思います。
 ところで,総事業費500億円というのは,思ったより安いです。そんなもので出来るんでしょうかねえ。

|

« ホワイト餃子のこと | トップページ | スパム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/9545991

この記事へのトラックバック一覧です: 地上波デジタル対応新タワー,墨田区に建設決定:

« ホワイト餃子のこと | トップページ | スパム »