« スパムは週末にやってくる | トップページ | スパムトラックバックを消去するのが快感? »

2006/05/28

国民年金保険料の免除・猶予申請をめぐる不正

 各地の社会保険事務局による国民年金保険料の免除・猶予申請をめぐる不正は,調べが進むにつれて日本全国いたるところで行われていたことがわかりました。
 国民年金保険料納付率を上げるには,もちろん未納付者に働きかけて支払ってもらわなければならないのですが,社会保険事務局が,逆に支払うべき人の数を減らして納付率を見かけだけ上げる工作をしていたもので,本来本人が申請しなければならない保険料免除・猶予の申請を,事務局が勝手に,または簡単な電話連絡だけで行っていたというものです。
 昔ならいざ知らず,現在の民間では考えられない(今こんなことをやっていたら,民間ならとっくにつぶれている),自己保身しか考えていないという小役人根性丸出しの行為で,民間から登用され,納付率2ポイントアップを指示していた社会保険庁長官も,想像だにしなかったことでしょう。村瀬長官の2ポイントアップ指示がプレッシャーになったといわれていますが,業績を上げろという指示に対して,ごまかすことしか工夫できなかったという事で,民間のようには動かない腐った組織だったということです。指示が達成できなければ,「こんな努力をしたが達成出来なかった」と正直に言えばいいのであって,それによって次の手はどうするとか,上のほうも数値目標指示が適切だったかどうか反省するとか,いろいろなところで反省して次の進歩があるのであって,すくなくとも私の会社ではそうしていますよ。おそらく,達成できなかったら,ただ叱られるだけという風土だったんでしょうね。
 村瀬長官は就任時,意識改革が必要といっていましたが,意識改革が不可能な組織である事が明らかになったわけで,社会保険庁や事務局は期待できないという前提で保険料徴収の制度を変更する必要があります。その時,社会保険庁や事務局は廃止されるでしょう。

|

« スパムは週末にやってくる | トップページ | スパムトラックバックを消去するのが快感? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/10265581

この記事へのトラックバック一覧です: 国民年金保険料の免除・猶予申請をめぐる不正:

« スパムは週末にやってくる | トップページ | スパムトラックバックを消去するのが快感? »