« エースコックのワンタンメン | トップページ | パソコン雑誌の休刊・廃刊 »

2006/05/17

動画配信がインターネットに負担をかける?

 総務省が,公募した「通信の規制をめぐる意見」に寄せられた内容を発表しました。
 その中で,「インターネット上に映像や情報などを流す事業者が回線に重い負担をかけているのに,相応のコストを負担していない」とAT&TやNTTなど回線業者が主張,一方USENなどインターネットを使う側はこれに対し,「接続事業者には回線使用料をきちんと払っている。番組配信のコストを追加負担するのは二重払いだ」と反論しているとの事です。
 AT&TやNTTなどの通信企業の許しがなくてもサービスを展開できるというのがインターネットの文化であり,それがインターネットを発展させた原動力でもあるわけで,使う側に回線使用料を求めるのはインターネット文化にそぐわない気がします。一方では,長時間の動画配信が回線に負担をかけていて,それにあわせて回線を増強しなければならない現実もあるのでしょう。
 インターネットのコンテンツは,文字→音声と進み,次に動画映像になっていくのは必然で,インターネットはそれに余裕で対応できるだけの能力が求められるようになってくるのも必然です。上のような対立が起こるというのも,まだまだ現在のインターネットをめぐる技術や設備が,動画配信に対応するほど進んでいないということなんでしょうね。

|

« エースコックのワンタンメン | トップページ | パソコン雑誌の休刊・廃刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/10090318

この記事へのトラックバック一覧です: 動画配信がインターネットに負担をかける?:

« エースコックのワンタンメン | トップページ | パソコン雑誌の休刊・廃刊 »