« 村上ファンド事件,その後 | トップページ | 黄昏のCD業界? »

2006/06/14

港区マンションエレベータ事故,その後

 東京港区のマンションエレベータ事故,まだメーカーに設計上の瑕疵があるのかどうか分かりませんが,マンション管理者側の管理上の問題は,だんだん見えてきました。
 入札による安価(国内メーカーのものより2~3割安いといわれています)なエレベータの採用(安かろう,悪かろうかどうかまだ分かりませんが),入札によって毎年変わるメインテナンス会社(過去に起こった故障履歴が引き継がれていなかったといいます)など・・・。低価格と効率化を追求するのはいいのですが,それをするには,発注者によほどしっかりした知識と管理能力が要求されることを示した事件だと思います。安価な製品が安かろう悪かろうでなく,安くても必要十分な安全性と性能を有しているかどうかを見抜く知識,初期投資は安いがメインテナンスコストが高い(頻繁な部品交換が必要などで)ことは無いかどうかまで検討する注意深さ,故障履歴を確実にメインテナンス会社間で引き継がせる管理能力などなど・・・。
 最近,コストを追及して,入札によって安い買い物をしがちな傾向にありますが,そうなればなるほど,購入者側は慎重さと製品知識を必要とすることは,特に人の命を預かるような製品を購入する際には,肝に銘じておく必要があるでしょう。入札制度というのは,入札を行う側,業者を選ぶ側が,その道の「プロ」であることを要求される制度であることを,再認識する必要があります。

|

« 村上ファンド事件,その後 | トップページ | 黄昏のCD業界? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/10489095

この記事へのトラックバック一覧です: 港区マンションエレベータ事故,その後:

« 村上ファンド事件,その後 | トップページ | 黄昏のCD業界? »