« 高速道路のバス停 | トップページ | ウィルキンソンのジンジャーエール »

2006/07/21

昭和天皇,A級戦犯合祀を批判

 元宮内庁長官が昭和天皇の言葉を書き残した日記というものが家族の元に保存されていて,その中に,昭和天皇が靖国神社にA級戦犯を合祀していることに不快感を示し,合祀されてから参拝を控えていたこと,合祀を決定した宮司に対し「親の心子知らず」といっていたことなどが書かれていたことが公になりました。
 この日記が本当に昭和天皇の言葉を記録しているかどうかという問題もあるのですが,本当だとすれば,昭和天皇の靖国神社に対する考えが明確に述べられています。靖国問題に関する私の考えは,ずいぶん以前,このBlogでもj書いたことがあり,その立場からいえば,A級戦犯の分祀に向けて弾みがつくことを期待します。ただ,前天皇の考えは考えとして,首相はじめ国民は,それぞれの考えで参拝すればいいとも思います。これは心の問題ですからね。みな同じ考えになるわけはないし,誰かに規制されるべきでもないと思います。ただ,前天皇がそんな考えを持っていたということが明らかになって,諸外国の靖国問題に対する態度が,幾分か弱まればいいなとは思います。

|

« 高速道路のバス停 | トップページ | ウィルキンソンのジンジャーエール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/11036678

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和天皇,A級戦犯合祀を批判:

« 高速道路のバス停 | トップページ | ウィルキンソンのジンジャーエール »