« テポドンはハワイを目指した? | トップページ | 平塚の七夕 »

2006/07/09

アメリカで,DVDの市場規模減少

 アメリカのDVDソフトの市場規模が,前年に比べて3.7%減少したというニュースが新聞に載っていました。今年上半期のデータです。
 半期ベースでの減少は初めてで,その原因はビデオ・オン・デマンド(VOD)の普及にあるとか。2次利用のDVDの不振は,映画産業の業績の足を引っ張りそうだと新聞には書いてあったのですが,映画作品それ自体が不振というわけではなさそうで,DVDで売れようがVODで観られようが,同じではないのでしょうか? 何か,DVDでは映画会社が儲かるが,VODでは儲からないという仕組みができているのでしょうか? もしそうなら,VODでも儲かる仕組みを作らなくてはだめじゃないですか,映画会社さん。

|

« テポドンはハワイを目指した? | トップページ | 平塚の七夕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/10780307

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで,DVDの市場規模減少:

« テポドンはハワイを目指した? | トップページ | 平塚の七夕 »