« 東京地方,大停電 | トップページ | 米国製パソコン発火の原因は,国産電池 »

2006/08/16

小泉首相,靖国参拝

 8月15日の終戦の日,小泉首相が靖国神社を参拝しました。
 靖国問題については,以前何度かこのBlogで書いているように,A級戦犯の合祀には反対です。したがって,合祀している現在の靖国神社に首相が参拝する事にも反対です。
 しかし,多くの報道やインタビューで,中国・韓国との関係悪化を理由に首相の靖国参拝を批判していることに対しては,違和感があります。靖国への参拝を見合わせても,中国や韓国は,別の問題を見つけ出して対日批判をやめないと思うからです。中国や韓国では,対日批判が国内統治の方法のひとつとなっているからです。両国とも,経済発展に伴って貧富の差が大きくなり,国民の間で対立が生まれている現在,唯一対日批判こそ,国民が一丸となることのできる問題だからです。何らかの事柄に対して対日批判が避けられないのなら,靖国問題というのは,日本にとっても,批判される対象として分かりやすく都合のいい問題なのかもしれません。
 本来,合祀の是非と参拝の是非は分けて考える必要があります。小泉首相の話を聞くと,A級戦犯は戦争犯罪人である事を認めており,参拝はA級戦犯に対してではないことを明言しています。靖国神社に参拝する態度としては,正しいと思います。ただ,A級戦犯に参拝しているのではないとしても,自動的にA級戦犯にも参拝する事になってしまうことに対して,「だから参拝しない」のか「A級戦犯は無視して,その他大勢の戦争犠牲者に参拝する」のかは,その人の心の問題なのでしょうね。
 ところで,靖国へのA級戦犯合祀は,絶対に許す事は出来ません。それは,先の戦争を,正当化するという動きだからです。首相がA級戦犯は犯罪人だといっても,他国の人は先の戦争の正当化という見方をするわけで,その点,何らかの対策が必要なのです。
 宮司預かりとして長い間A級戦犯合祀は行われていませんでしたが,新宮司が就任して1978年という比較的最近になって行われたA級戦犯合祀。先の戦争の正当化を意図したこの合祀は,多数の国民の意志の外で行われた事で,さらに多数の戦争で亡くなった方々の意志とは異なった意図でなされた合祀です。そう考えると,戦争で亡くなった方々をお参りしようとした場合,靖国神社に行くしかないということ事態がおかしいのです。やはり別の参拝施設を作るべきでしょう。

|

« 東京地方,大停電 | トップページ | 米国製パソコン発火の原因は,国産電池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/11452329

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉首相,靖国参拝:

« 東京地方,大停電 | トップページ | 米国製パソコン発火の原因は,国産電池 »