« 鯨肉があまっている? | トップページ | 名古屋のB級文化の紹介本「名古屋の不思議」 »

2006/09/15

またインドにやってきました

 出張で,インドニューデリーにやってきました。
 インド,それもニューデリーは久しぶりです。以前も書いたかもしれませんが,インドは来るたびに新しくなっています。以前,現地のスタッフは,どんなに近くのレストランでも,必ず車に乗って行くように案内していたのですが,今回はオフィスから夜の町をぶらっと歩いてレストランに行きました。そうしても,以前のようにホームレスや物売りがつきまとってくる事はありません。町を走っている車は,もはやアンバサダーというクラッシックな形をした国産車は全くといっていいほど見かけません。日本をはじめ韓国など外国メーカーと提携してインドで作っている新型車ばかりです。
 国同士の好き嫌いは,良かれ悪しかれ過去の戦争が大きく影響します。インドの英国からの独立戦争のとき,現在では英雄となっている独立の志士たちをかくまった日本に対し(実際はアジアから英国の力を排除しようという理由であったにせよ),太平洋戦争敗戦後,世界の中で悪者になった日本に対し,インドだけが日本の味方をしてくれました。その恩義に対し,過去から現在まで,経済大国となった日本が最も多額の経済援助を行っている国がインドです。そんなこんなで,国同士も国民同士も,インドと日本は良好な関係にあります。その国が行く度に発展しているのを見るのは,心強い思いがします。
 今回始めて,ニューデリーの日航ホテルに泊まりました。日航のスチュワーデス達と一緒です。だから別に彼らとお付き合いできるわけではないのですが,ロビーはやはり華やいでいました。

|

« 鯨肉があまっている? | トップページ | 名古屋のB級文化の紹介本「名古屋の不思議」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/11901618

この記事へのトラックバック一覧です: またインドにやってきました:

« 鯨肉があまっている? | トップページ | 名古屋のB級文化の紹介本「名古屋の不思議」 »