« 福岡県筑前市の中二生徒自殺事件,いじめは担任教諭が発端か | トップページ | プリンターインクリサイクル品訴訟,プリンターメーカー側が敗訴 »

2006/10/19

未成年者による親の殺害事件が急増

 警察庁によると,未成年者による親の殺害や殺害未遂事件が急増していて,例年数件で推移してきたのが,昨年は17件,今年もすでに10件発生しているとのことです。
 動機は「成績や生活態度を叱責・注意された」というのが過半数を占めているとのことで,その他「異性交際を注意された」「親に暴力を振るわれた」などの動機があるといいます。
 これに対してある教育専門家は,「社会の二極化が進み,我が子を負け組にすまいとする親の不安が犯罪を加速させている」と言っているそうですが,本当にそうでしょうか? 「成績や生活態度を叱責・注意される」などということは,昔からあることで,なにも「わが子を負け組みにすまい」という意識が高くなくても,昔から親が子に言ってきたことです。むしろ親の役割の一つともいえます。それに対して,最近の子は昔の子に比べて,やはり我慢できない,言ってみれば「すぐ思いつめる」「楽天的でない」「内向的」「すぐ切れる」などの性質が強いように思います。肉親との関係を含めて,人との関わりが下手で,他人に相談しないで内にこもってしまうようです。親よりも寧ろ子のこうした性格を醸成する環境という事を研究するのが大事であるように思います。

|

« 福岡県筑前市の中二生徒自殺事件,いじめは担任教諭が発端か | トップページ | プリンターインクリサイクル品訴訟,プリンターメーカー側が敗訴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/12281753

この記事へのトラックバック一覧です: 未成年者による親の殺害事件が急増:

« 福岡県筑前市の中二生徒自殺事件,いじめは担任教諭が発端か | トップページ | プリンターインクリサイクル品訴訟,プリンターメーカー側が敗訴 »