« 京都市,新景観条例可決 | トップページ | 桜の花も一気に開花 »

2007/03/28

米国代理出産児,向井亜紀さん夫妻と親子関係を認めず---最高裁判決

 米国の女性による代理出産で生まれた,タレントの向井亜紀さん夫妻の双子の男の子に対し,最高裁は親子関係を認めないという判決を下しました。
 確かに現在の法律ではこのような判決にならざるを得ないと思います。これはおそらく,法律が古いんでしょうね。現在ではDNAによる親子関係の確認ができるんですから,それを基にした親子関係をこそ認めるべきと思います。DNA鑑定の結果と法的な親子関係が異なるというのは,やはり問題だと思いますよ。
 以前,離婚後ある期間以内に生まれた子供に対して,前夫の子とするという法律があったために,戸籍のない子供が存在するということが問題となりましたが,それも,機械的に前夫の子とする法律が時代遅れなのです。いまはDNAで親子関係が確認できるのですから。
 法律も時代に即したリニューアルが必要です。

|

« 京都市,新景観条例可決 | トップページ | 桜の花も一気に開花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/14368135

この記事へのトラックバック一覧です: 米国代理出産児,向井亜紀さん夫妻と親子関係を認めず---最高裁判決:

« 京都市,新景観条例可決 | トップページ | 桜の花も一気に開花 »