« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/30

夏らしい湿気のある空気が・・・

 梅雨に入って,気温が上がっても結構さわやかだった東京地方,2~3日前から夏らしい湿気を感じるようになりました。エアコンの入った屋内から屋外に出ると,モアッと体を包み込むような湿気のこもった空気を感じます。
 決してそれが好きというわけではなく不快なのですが,その夏らしい気候に安心します。夏に湿気が少ないと異常気象だと感じてしまい,心配が募りますからね。そうはいっても,異常気象は確実に拡がっていく・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/29

伊坂幸太郎著「アヒルと鴨のコインロッカー」

 大学に合格し,一人暮らしをはじめるために引っ越してきたアパートの隣人から持ちかけられた本屋襲撃。目的は同じアパートに住む留学生にプレゼントするための「広辞苑」1冊。この現在の話と2年前の話が交互に語られる。初めはたいして関連があるようには見えなかった「現在」と「2年前」の話が,それぞれの登場人物を介してつながってきて・・・。
 2004年 第25回 吉川英治文学新人賞受賞作品。そしてこのほど映画化された作品です。わたしも,映画の紹介番組を見て読んでみたくなりました。「現在」と「2年前」の話を交互に描く構造自体がトリックを内包しているミステリーです。
 読者を冒頭の謎で引っ張っていく本格派タイプのミステリーでなく,初めは現代の若者達の社会と生活を描く青春小説としか読めません。ミステリー好きとしては,「創元推理文庫」というブランドを信用して我慢して読んでいると,やがてミステリーならぬ青春小説に引き込まれていって,もうミステリーなどどうでもよくなっていきますが,しかし最後には「だまされた~」となる,ちょっと哀しい物語です。
 「現在」の物語の語り手「椎名」,そして「河崎」,留学生「ドルジ」,河崎の元カノで「2年前」の物語の主人公である「琴美」,琴美の勤務先のペットショップの店長「麗子さん」。これらの登場人物の生活と交わるのが,動物虐待を繰り返す3人の男女,バスの痴漢,ペットショップの傲慢な女性客など。これらの人々とのエピソードは,現代では本当にありそうないやな話で,心楽しく読めませんが,それぞれそれなりにやっつけられるのでご安心を。
 私のようなガチガチの推理小説好きが「ミステリー」として読む本ではありませんが,普通の小説として読めば,最後に「え~」という結末が待っています。そして,この作品が映画化。撮影された仙台では5月から公開され,東京でも6月23日から公開されています。この作品の映画化には一工夫必要なはずで,映画のほうもぜひ見たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/28

タクシーの荷物輸送で逮捕

 京都市の京阪タクシーが,昨年から56回にわたって,出走馬一覧表などを無許可で運んでいたとして,同社社長等が京都府警に逮捕されました。
 タクシー会社が,人ではなく貨物を運んでいたため,貨物自動車運送事業法違反容疑となったもので,逮捕された容疑者達は,違法性の認識は無かったと言っているそうです。お客さんに頼まれたので悪気も無く物を運んでいたということですが,やはりプロとしては認識不足だったといえるのでしょう。
 もう10年も前のことになりますが,タクシーに荷物を忘れて降りてしまい,タクシー会社にすぐ電話をかけたら無線でその車を呼び出してくれて,事情を話して家まで荷物を届けてもらったことがあります。このとき,タクシーの運転手さんが固辞したのに,無理に荷物の乗車賃を受け取ってもらいましたが,ひょっとしてこれも違法だったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/27

宇都宮市で給食費支払いの連帯保証人を求める

 宇都宮市で,給食費の連帯保証人を求めたところ,90%の家庭が確約書を提出,また98%の家庭が給食費を払うという確約書を提出したそうです。
 宇都宮市の給食費未払い額は2000万円に上るそうで,それを何とかしたいということで今回の確約書提出となったもの。昔は学校の事というと,子供のために何をさておいてもいの一番にお金を支払ったものですが,学校の権威がなくなったのか,親のエゴが強くなったのか,自分の子供をないがしろにしているのか・・・。
 宇都宮市では,「90%以上の家庭が確約書を提出したため,給食費未払いが解消されるものと期待している」とのことですが,給食費を払わないなどという家庭は,そもそも残りの10%の中にあるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/26

選挙のために・・・

 衆議院国会の会期延長が決定し,参院選が延期されました。
 今回の会期延長は,与党自民党の中からも反対意見が多発しています。参院選がらみの中で会期延長が決定され,参院選がらみの中で反対されています。つまり,参院選を行け行けで乗り切りたい首相,参院選が不利になるとして反対する与党議員というわけです。農相の自殺事件以来支持率が目に見えて減っていた安倍政権。守りに入ると選挙で負けるのが常識となっている状況の中で,首相としては「行け行け」に賭けざるをえない・・・。
 法案の中身の賛否はともかくとして,重要法案を今国会で可決したいというのは分からないでもありませんが,何もかも「選挙のために」というのに抵抗感があります。
 選挙がなかったら,これらの法案の審議はどうなったのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/25

最近多い,スーパーの掲示

Market1 昨日のスーパーの冷凍食品売り場。注意書きが3枚掲示されていました。
 1枚は「えびタルタルソース」の中にトレイ片が混入した可能性があるために自主回収を告知するもの,そしてあとの2枚は,加ト吉とJTのコロッケに関するもの。もちろんそれは,ミートホープ社の偽造牛ひき肉関連です。
 ミートホープ社に関しては,牛ひき肉へ他の肉や内臓を混入させた事の他,大手メーカーと類似のビニール袋を使用した偽装や産地を偽った鶏肉の販売,ひき肉の量をごまかすために水を混ぜていたり消費期限ぎりぎりの肉を大量に買取販売するなど,ありとあらゆる不誠実な商品製造販売を行っていた疑いがあります。
 最近,スーパーのこのような掲示が増えてきているようです。一つには,「えびタルタルソース」のように,これまでよりコンプライアンスと安全性を重視することから,もう一つはミートホープ社の様に悪事の発覚のため。同じ掲示でも,ある意味逆の方向性の結果です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/24

かわいい虫達?

Kuwagata カミさんのところへ,学生時代の友人から久しぶりに電話がかかってきて,電話を切った後,それがきっかけになって,その友人のエピソードの話になりました。
 北海道育ちの彼女は,学生時代東京へ出てきて,あるとき部屋に艶々したキレイな虫がいるのに気づきました。「まあきれい」というので,しばらく虫かごで飼っていたそうです。彼女の部屋へ遊びに行ったうちのカミさんがそれを見てびっくり。それはどう見ても「ゴキブリ」だったのです。北海道にゴキブリはいないので,彼女はそれを見たことがなかったのです。
Gokiburi ちょっと逆のエピソードが,某ブログに書いてありました。黒い虫が道を這っているのを見つけ,「ゴキブリだ」というので踏み潰そうとしてよく見たら,何とそれはゴキブリではなく「クワガタ」だったそうです。家へ連れ帰って砂糖水をやったら,それをチューチュー吸って,「それがなんともかわいい」と書いてありました。
 ゴキブリだって,虫として,いたって正常な姿形をしており,「ゴキブリ」と知らなければ特に気持ち悪いものではなく,「カワイイ」と思う人がいても不思議でないかもしれません。
(しかし,写真を見ていると,ゴキブリ君は毛の生えた足がどうももうひとつかわいくありませんね)
<写真は動物大図鑑「ペットいっぱい」ホームページより>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/23

府中市,ダストボックス方式廃止

 家庭のゴミを,街頭に設置したダストボックスにいつでも捨てられる「ダストボックス方式」をとっていた東京府中市が,この方式の廃止を決めました。
 府中市は,全国の自治体の中で唯一,ダストボックス方式を続けていた自治体だそうで,大企業の大工場や東京競馬場,競輪場を有する裕福な自治体ならではの住民サービスでした。ところが,他の近隣自治体住民からの越境投棄が増え,その処理に年間3億円もの余分な経費がかかっていたそうで,今回の廃止もやむをえないでしょう。
 全国的にごみ収集の合理化,有料化が進んみ,ゴミ処理はそれを出す住民側の負担という意識が広がっていますが,住民の自治体への「おまかせ」ごみ収集サービスの終焉ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/22

ミートホープ「偽牛ミンチ事件」

 北海道苫小牧の食品加工卸会社,ミートホープによる偽牛ミンチ事件で,当初社長は「間違って混入した」とか「工場長から豚を入れていいかと言われて容認した」とか「やったのは05年11月~06年7月で2、3回」などといっていたが,結局自身の指示で7~8年前から実施していた事を認め,今回の事件が「詐欺事件」であることがはっきりしました。「当時は違法との認識もなかった」とも言っており,食品製造業に携わる資格のない倫理観の持ち主であり,その仕事に対して何の責任感もこだわりも無い者であったようです。
 このような話は,中国の食品で聞くことがありますが,結局この偽牛ミンチが「加ト吉」やCoopという有名ブランドの製品になっていたわけで,まったく何を信用していいのか分からない世の中です。
  ミートホープ社の田中稔社長は,当然のように辞任を表明していますが,加ト吉その他から食品回収費用やら損害賠償やらを請求されるだろうし,信用は全くなくなってしまったし,この先会社が存続できるとはとても思えません。
 今回の詐欺事件の発覚は,従業員の社内告発によるもので,最近それによって不正が明るみに出る事が多くなってきました。社内告発が多くなり,それが常識化してきているわけで,同様な詐欺まがいの商売をしている業者の社長さん,首を洗って待っていなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/21

温泉施設の爆発事故,その後

 昨日の渋谷の温泉施設爆発事故,温泉と一緒にくみ上げられたメタンガスが室内に溜まり,それに何かの火が引火した疑いが強くなる一方,営業時間内は常駐して対応していたという設備のメインテナンス会社は,「ガス関連の管理は契約範囲外」として,どうもメタンガスの濃度検査など,安全に直結する管理を怠っていた疑いが出てきました。
 温泉とそれにつき物のメタンガス。いわれてみれば確かにその通りですが,のどかな温泉がそんな危険性と隣り合わせ立ったとは思ってもみませんでした。ウチの近所でも,最近車で15~20分程度の距離に2軒の天然温泉施設が開業し,3軒目が開業しようとしています。温泉施設の新設はブームといってもいいでしょう。今回事故を起こした施設は,自動販売機のベンダーである「ユニマット」が親会社であるとの事ですが,温泉とは関係のなかった異業種が参入し,温泉の管理や安全に十分な知識のないまま運用している事が多いのではないかと懸念します。温泉設備業者は,ガスセパレータを取り付けたようですが,建物を作った建設会社はセパレートされたガスを排出する必要性を知らなかったのではないか,メインテナンス会社もガスの濃度を測ったりガス関係の点検を行う必要性を知らなかったのではないかと思ってしまいます。素人によって建設され,素人によって運営されていた温泉施設の悲劇?
 ところで,関東地方に埋蔵されているガスによる事故はこれまでも起こっており,以前このBlogでも記事にした事があります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/20

東京渋谷の温泉施設が爆発

 東京渋谷区松涛の女性専用温泉施設「渋谷松濤温泉シエスパ」で,爆発がありました。先週の週末,この前を通ったばかりで,それがこんな事になってびっくりしました。
 その爆発の威力はすさまじく,ニュース写真を見ると,従業員用の休憩室などがある建物が骨組みを残して全壊しています。この爆発で,従業員の方3名が死亡,通行人を含む少なくとも3名が重軽傷を負ったとのことです。
 はじめ,「爆発で死傷者」という記事のタイトルと写真を見て,「東京でテロか!」と思ってしまいましたが,人災かどうかは別として,純然たる事故だったんですね。温泉と一緒にくみ上げられた天然ガスが爆発したのであろうと推測されています。今の時代,このような爆発が起きると,まず「テロ」を疑ってしまう時代になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/06/19

焼肉

Yakiniku_1 焼肉です。焼肉も,高い店,安い店,いろいろありますが,結局肉の質とお値段の関係はどこも変わらないように感じます。安い焼肉店の「特上」と,高い焼肉店の上でない「普通」が同じ値段なら,肉の質は一緒である事が多いです。つまり,安い焼肉店が「お得」というわけでもないということで,焼肉も値段相応です。
 ところで,焼肉と一緒に食べたクッパに,結構にんにくがはいっていたらしく,自分でも分かるくらいにんにく臭くなりました。明日から会社だ学校だというのに,困ったもんです。日曜の夜に焼肉店で食事するのは,危険です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/18

梅雨の青空

Aozora この週末の東京地方,梅雨に入ってぐずつくはずだったのが,それはもういい天気。いい天気であるばかりではなく,湿気がなく爽やかでした。うちの除湿機も,ここのところ1日で水がいっぱいに溜まっていたのに,この週末は2/3程度しか溜まりません。
 梅雨はどこへ行ってしまったのでしょうか?(梅雨前線は,はるか南に行ってしまったらしいですね)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/17

東京二子玉川のブッフェ,BUFFET THE VILLAのランチ

Buffe_the_villa 先日,ブッフェ,いわゆるバイキング方式のレストランが好きだという事を書いたとき話に出した,東京世田谷区二子玉川のブッフェ形式レストラン,BUFFET THE VILLAを紹介します。
 和洋取り混ぜてかなり品数が豊富ですが,ランチは1449円+ドリンクバー210円ですから,ローストビーフなどビーフ系の肉はありません。タンドリーチキンなどのチキン系や冷シャブサラダなどのポーク系,それにハンバーグ程度です。デザートも和洋取り揃え,自分で自由に盛り付けるアイスクリームも,バニラ・ストロベリー,オレンジシャーベットなど,6種類程度そろえています。かなり人気店らしく,週末の12時以降は30~60分待ちの状態でした。
 ちなみに夜のディナーは,2079円+アルコールフリー1260円で,ローストビーフや寿司なども出てきますから,アルコール飲み放題を考えるとお得感があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/16

長谷川三千子著「バベルの謎」読了

 ユダヤ教とキリスト教とイスラム教の共通の聖典である旧約聖書。その中の天地創造からはじまるモーゼ5書は,モーゼが神の言葉を書き取ったといわれている部分です。実際には,少なくとも4人の著者がいる事が分かっているそうです。その最初の部分,「原初史」と呼ばれる「創世記」第1章から第11章まで,アダムとイブのエデンの園の話,カインによるアベルの殺害,洪水とノアの箱舟,そしてバベルの塔の話,これらはその内の2人の人物によって書かれていることが分かっています。オリジナルの物語が一人によって書かれ,後にもう一人がそれに追加して,オリジナルの物語の性格を変えてしまったと著者は言っています。
 この「バベルの謎」という本は,キリスト教徒でもユダヤ教徒でもなく,また聖書の研究者でも無い著者が,ある別の研究での必要から旧約聖書を読んだ事から生まれた本で,「原初史」のオリジナル部分の作者(これをヤハウィストと名付けていますが)が書いた部分だけを読み解いて,「原初史」のオリジナルの作者は何を言いたかったのかを考察したものです。もう一人の後の著者の書いた部分を削り取り,ヤハウィストの書いたオリジナル部分のみを読み解くと,アダムとイブのエデンの園からの追放からバベルの塔までの話は,これまでいわれてきた性格からがらりと変わり,さらに通常キリスト教で考える神とは別の性格を持った神が見えてきます。
 これはミステリーの謎解きにも通じていて,実際,推理小説好きの私は,とても面白く読みました。こんな事を言うとまじめな研究者である著者に怒られそうですが,ミーハーな私としてはトンデモ本的興味さえわいてきます。
 この本は,そもそも1996年に単行本として発行され,その時は旧仮名遣いを使っていたものを,私が読んだ中公文庫版では新かな使いに直しています。あとがきを読むと,内容の書き直しもあるようです。
 前にも言ったように,この本はユダヤ教徒でもキリスト教徒でもない日本人の哲学者である大学教授が書いたもので,聖書の内容を扱っていても宗教色は全くといってもいいくらい感じないものですが,敬虔なキリスト教徒の方が読むと,おそらく違和感があると思います。著者が旧約聖書から読み取った神の性格が,通常のキリスト教で考える神とは違っていて,アダムとイブの楽園追放からはじまる各挿話の意味も,キリスト教で教える意味とは異なった解釈をしているからです。
 もう数年前に亡くなりましたが,父の知人の方が晩年キリスト教に傾倒していました。しかし,特にどこかの教会に所属することなく,書籍によって独学していたようです。亡くなったとき,家族の方は当然のようにキリスト教の神父さん(牧師さんというのかな?)を呼んで,キリスト教式の葬儀を行ったのですが,その時の神父さん(牧師さん?)の説教が忘れられません。「故人は独学でキリスト教を学んでいたそうだが,それは危険なことで,必ず信頼できる教会に所属してほしい。聖書はいろいろな解釈ができるし,おかしな解釈を信じると危険なことがあるから」という話でした。仏教を基本としているといいながら犯罪を犯していたオーム真理教の例を考えても,確かに宗教の危険性は理解できます。宗教にはそれくらい力があるわけです。
 この本は,前に言ったように宗教色を感じないので,おそらくそんな危険はないと思いますが,やはり宗教と切り離して読むべき本なんでしょうね。この本を読んで,ここで言及された神を信仰しないように・・・(?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/15

高田崇史著「パズル自由自在」~ぴいくんの本名

 以前このBlogで紹介した事のある,QEDシリーズの著者,高田崇史さんのもう一つのシリーズ,高校生,千葉千波君を主人公としたシリーズの一冊です。このシリーズは,この他に「試験に出るパズル」「試験に敗けない密室」「試験に出ないパズル」が出版されています。「試験に敗けない密室」だけが長編で,他は短編集。
 千葉千波君の従兄弟,「ぴいくん」によって語られるこのシリーズは,パズル好きの主人公達が巻き込まれるパズル的な事件。殺人事件などは扱われず,読みようによっては,ミステリー小説というよりちょっと長めのパズル問題集かという雰囲気の作品です。
 このシリーズでは,恥ずかしいと本人が言う,「ぴいくん」の本名が明かされていないのですが,このシリーズを読んで何人かの方がその本名を当てたそうです(と,著者が書いています)。私は,「ぴい」というあだ名から,「原 降(くだる)」という名前を思いついたんですが,この本の中で,「お」ではじまって「お」で終わると書いてあるので,そうでは無い事がはっきりしました。姓の方は「原」でなく「緒中(おなか)」でもいいのですが,名前の方が違います。お腹関係でない「ぴい」というと,主人公の名前,「千葉」から連想される「あれ」があるんですが,千葉で「あれ」が連想されるというのは,全国区なんでしょうか。私の場合,関東在住で,たまたま叔母が千葉に居て,時々本場の「あれ」を送ってくれるから連想されるんですが・・・。しかし,作品中のヒント,「ぴい」というのは短縮形であるという事,名前は「語(かたる)」でも「雁(かり)」でもよかったという事にも,「あれ」はつながるんですよね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/14

ペプシ「アイスキューカンバー」を飲んでみた

Pepsi_cucumber ペプシから,「アイスキューカンバー」味というのが期間限定で発売されました。
 キューカンバーとはキュウリのことですから,青臭い味がしたらどうしようと,ちょっとビビリながら飲んでみると,特にキュウリっぽい味がするというわけではありません。スイカだといわれればスイカのような,新しいメロン味だといわれればそのような「気がする」味です。成分を見ると,特にキュウリ果汁(というのでしょうか)が入っているわけではないようです。
 写真は,もう飲みかけのペットボトルで,下の方を見ると分かるように色は緑色です。しかし,一般的なメロン飲料の黄緑色ではなく,より蒼い緑色をしていて,同じ緑系といってもよりさわやかな色です。
 まあ,キュウリを想像しなければ,結構いけます。むしろ「スイカ」とか「青メロン」などと言った方がイメージはいいかもしれませんが(どうせキュウリは入っていないのだから),期間限定品としては,「キュウリ」のほうが確かにインパクトはありますね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007/06/13

グッドウィル,コムスンをグループ外へ売却へ

 コムスンの不正事件で,一時コムスンの全事業をグループ内企業である日本シルバーサービスに譲渡する方針を示していたグッドウィルグループは,厚生労働省の指導や世論の反発を考慮して,介護事業をグループ外へ売却し,介護事業から全面撤退する事を決めました。
 以前このBlogで,「今回の事は,生まれてから間がない業界で,やくざな企業が淘汰され,業界が正常化に向かうきっかけになるのかもしれません。」と書いたのですが,ようやくその方向に向かうようです。
 しかし,初めにコムスンの全事業をグループ内企業に譲渡しようとしたところに,グッドウィルグループの世間知らずな面が出ていて,どうもこの企業は信頼できない印象が拭えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/12

ブッフェ

Bufe1 昼食に入ったブッフェ形式のレストラン。
 このブッフェ形式というのが好きです。多分多くの場合,払っただけの元は取れていないと思いますが,あるもの全て,何でもいくらでも取って食べられるという解放感がいいのです。この開放感にお金を払っているようなもんです。
 ランチで1500円程度のブッフェでは,だいたいメインのメニューは決まっていて,ピザ,小さなハンバーグ,鳥や魚の唐揚げ,スパゲッティ等々。さて今回入ったこのレストラン,サラダの定番,ブロッコリーがありません。そもそもサラダのメニューが全体的に貧弱なようです。
 東京二子玉川に,BUFFET THE VILLAというブッフェレストランがあります。今回入った店より400円程高いのですが,和洋を揃えたメニューの豊富さといい雰囲気といい,ずっとお得に感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/11

ETC割引拡大

 国土交通省と東日本,中日本,西日本の各高速道路会社の発表によると,ETC搭載車について,一部の区間・時間帯で高速道路料金を割り引くサービスを,6月24日から試験的に拡大するそうです。
 東名高速で言えば,日曜・祝日の午後8~10時の間,静岡~厚木インター間で入り,横浜町田~東京インター間で降りた場合,通行料金を50%割り引くというものです。厚木~横浜町田間には,休日の夕方大渋滞する区間である大和トンネルがあり,夜遅くこの区間を通れば,料金が安くなるというサービスによって車の通行を夜にずらして,夕方の混雑を緩和しようというものです。
 確かに50%オフというのはなかなか思い切ったディスカウントですが,「日曜・祝日の夜,遅くまで遊んできてよ」というもので,翌日から仕事が始まると思えば,なかなかサラリーマンは利用できないかもしれません。
 同様のディカウントが,東名の他に,中央,関越,中国の各高速上り線で行われるとの事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/10

100円傘

 今日の外出時,結構天気が好かったのに途中で黒雲が拡がってきました。そういえば天気予報で,天候が不安定なので,折り畳み傘を持って出るように言っていたのが大当たりしそうです。
 そこで,100円ショップで傘を買っていく事にしました。100円の折り畳み傘を買ってしばらくすると,案の定,雨が降ってきて,早速傘を拡げて無事雨をしのげました。
 しかし,夕方家に帰って傘を乾かすために拡げたら,傘の骨の接合部が取れてしまいました。たった一回使っただけでだめになってしまったんです。どうも100円傘は,使い捨て傘のようです。
 その事を友人に話したら,友人は以前100円傘を買って,差そうと思って拡げたとたんに骨の接合部が取れてしまったという事があったそうです。傘を買って使う前に壊れてしまったわけで,使い捨てならぬ買い捨て傘だったわけです。
 ちなみに,以前コンビニで360円で買った傘は,未だに壊れずに現役です。なにしろ,100円傘の3.6倍もしたんですからね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/09

はしかは,まだまだ流行中

 国立感染症研究所より,5月下旬(5月21日から27日まで)の15歳以上のはしか患者数というのが発表になりました。患者数は82人だそうで,1999年の調査開始以来過去最多だった前週をさらに上回り,過去最多を更新したとの事。はしかはまだ流行が治まらないようです。地域的にも広がってきていて,これまでほとんどなかった西日本でも患者が出ているそうです。
 ところで,以前,うちの娘達のはしかの抗体検査を近所の医院に頼んだ事を書きましたが,2人共抗体はあるとの結果が出て一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/08

自衛隊,イラク派遣に関する情報を収集

 自衛隊情報保全隊が,自衛隊イラク派遣に対するいろいろな意見を調査,その結果を文書化していたことがわかりました。
 まあ調査といっても,諜報スパイ活動の結果というわけでもなく,各団体や個人から公表された文書やネットで調べられる程度の情報ですが,ただそれがかなり事細かく記されています。
 賛成も反対もある事柄について,自分達の評判を調査することは,普通に民間企業でも行われることですが,自衛隊が行ったと言う事で,ちょっと気持ち悪い気はします。防衛省は,国民の不安を解消するために,これを何にどう使用する心算だったのかを明らかにすべきです(まあ,公表されたとしても,結局本当のところは分からないでしょうが・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/07

介護最大手コムスン,事業所新規開設・更新を禁じられる

 訪問介護の最大手,コムスンに対し,厚労省は事業所の新規指定や更新を認めないことにしました。これは,同社が事業所の新規開設の際に,勤務していない訪問介護員を勤務しているなどと偽って申請するなど,不正を行っていたからです。事業所は6年毎に更新が必要で,今後更新が認められなければ,事業所がどんどん減っていくしかなく,事業継続が難しくなります。
 厚労省も思いきった決定を行ったもんですが,それだけコムスンも悪質だったようです。介護事業を民間が行うようになった事で起こる,最悪の展開です。コムスンは,「だから介護は民間にまかせられないんだ」と言われるようなことをしでかし,介護業界に泥をぬったのです。そのことが残念でなりません。
 今回の厚労省の措置によって,コムスンの親会社グッドウィルグループの株価が下落する中,介護事業でのライバルであるニチイ学館やベネッセなどの企業の株価が上がっています。株式市場で見る限りでは,民間介護事業全体を見限ってはいないようです。
 コムスンは,これまでも利用者からも従業員からもいろいろな悪評を聞いていおり,儲かればいいやというところが見え見えな事業展開を行っているような印象を持っています。介護についての事業展開では,儲けだけではない誠実な企業運営が必要なはずです。今回の事は,生まれてから間がない業界で,やくざな企業が淘汰され,業界が正常化に向かうきっかけになるのかもしれません。しかし,コムスンがここまで大きくなって,このような処分が大きな社会的影響を及ぼさないうちに,何とか処分できなかったのかと思います。そもそも,役所ではなく民間が事業を行うメリットは,ダメな企業を退陣させることができるという事にあるはずで,その意味でも,このような企業はもっと早く何とかするべきだったと思います。
 ちなみに,役所が直接携わっている為に,とんでもないことになっているにもかかわらず退陣させられないのが,社会保険庁の年金行政です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/06

こんな個人情報漏れも・・・

 6月5日に,東京国税局が,個人情報の紛失を報告しましたが,その情報の紛失の仕方がお粗末でした。
 トラックで国税局から銚子税務署に納税者情報を記載した書類を運ぶ際,トラックのスライド式ドアに鍵をかけ忘れたために段ボール箱が落下,中の書類が飛散して3名分の書類が紛失したというもの。
 この情報が悪用された形跡は無く,紛失ではあるが情報流出には至っていないようですが,コンピュータを介さない珍しい情報流出のおそれのある事件でした。
 こんな事は昔にもありそうで,以前は個人情報流出がそれほど重大には考えられていなかったために,特に公表されずに終わっていたのかもしれません。もっとも,こんなドジな事件は,そうそうないかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/05

赤外線センサーつき公衆トイレ

Toilet_1 最近の公衆トイレでは,小の方は赤外線センサー付きで,便器から離れると自動的に水が流れるものが増えてきました。
 ビルや駅のトイレでは,大の方も赤外線センサーが付いている所があります。しかし,私は大の時,前傾姿勢が普通よりきついらしく,座ったとたんに水が流れてしまうことがしばしばです。座ってスイッチが入り,その後前かがみになるので,センサーの感知範囲から外れ,立ち上がったように感知されてしまうらしいのです。
 公衆トイレ設置の際,個室の赤外線センサー位置をよく考えてもらいたいと思います。えっ,姿勢の方を正せって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

今日もまた,大崎へ

Togoshi 昨日のBlogで,武蔵小山商店街から戸越銀座商店街を通って大崎まで歩いた事を書きましたが,その事をカミさんに話したら,「戸越銀座商店街というのは,テレビで紹介されたりして,行って見たいと思っていた」ということで,また,今度はカミさんと行く事になりました。
 曇りという天気予報でしたが,歩いている時は陽が差していて,暑い日でした。武蔵小山商店街はアーケード街ですから,その点歩いていても楽です。そんな事からか,人通りは一番多かったです。
 終着点の大崎ゲートシティーでは,折しも石田燿子さんのサンデーライブという催しをやっていました。地上3階まで吹き抜けになっている地下1階のアトリウムに舞台が設けられて,誰もが見る事ができる無料の催しです。石田燿子さんというのは,アニメの主題歌を多く歌っている歌手で,一番有名なのはセーラームーンの「乙女のポリシー」でしょう。
 久しぶりにこの歌を聞いて,結構気に入ってしまい,家に帰ってからiTunesやMoraで販売していないか探しました。iTunesには,石田燿子さんのアルバムがいくつかありましたが,「乙女のポリシー」はありません。レコード会社を移籍した後の,最近のものしかないようです。Moraで「乙女のポリシー」を検索したら,出てきました。でも歌手は,オリジナルの石田燿子さんではなく,なんとショコタンブログで有名な中川翔子さんのものでした。試聴してみると結構いけるので,早速ゲットしてしまいました(笑)。
(写真は,一番上が今日もやっていた武蔵小山商店街の流氷祭り。流氷で作ったものです。中は,戸越銀座商店街の戸越銀座駅付近の踏み切り。最後は,大崎ゲートシティー。石田燿子さんが歌っているのですが,小さすぎてわかりませんね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/03

今日の散歩は日本一長い商店街

 今日の散歩は,東京城南の商店街です。
 以前紹介した事のある,東急目黒線武蔵小山駅前から始まる武蔵小山商店街。長いアーケードが続く商店街です。折しも流氷祭りなる催しをやっていました。

<武蔵小山商店街アーケード入口>
Togoshi1

<アーケードの中>
Togoshi2

<流氷で作ったようです>
Togoshi3

 武蔵小山商店街の出口には,「鳥勇」という焼鳥屋さんがあります。店頭に並べられた様々な焼鳥を自由にほうばり,食べた串を見せて「○本食べた」と申告するという,自己申告制の店です。

<武蔵小山商店街出口の鳥勇>
Togoshi4

 武蔵小山商店街を出ると中原街道。その道路を渡ると戸越銀座商店街が始まります。戸越銀座商店街は,長さ1.6km,400店もの店舗が軒を連ねている,東京でも有数の商店街です。一説によると,日本一長い商店街だとか。
 戸越銀座商店街は三つに分かれていますが,その最初の商店街が「商栄会」です。ここは道路全体にカラーブロックが敷き詰められています。中原街道側の入り口は,駅から最も離れているので,あまり人が歩いていません。

<戸越銀座商栄会商店会>
Togoshi5

 その商栄会商店街の終わりは東急池上線の踏み切り。そこに戸越銀座駅があります。この駅の開業は地下鉄銀座線銀座駅の開業より早く,日本で初めて「銀座」の名が付いた駅だそうです。ちなみに,「戸越銀座」は,本家「銀座」にあやかって,日本で始めて「○○銀座」という名をつけた商店街です。

<戸越銀座駅>
Togoshi6

 踏み切りを渡った所から始まるのが「中央会」。戸越銀座で最も賑やかな部分です。

<中央会商店街>
Togoshi7

 この商店街の途中で,6車線の広い国道を渡ります。国道は,246号など三桁のものより16号などの二桁のものの方が「エライ」といわれ,二桁のものより一桁のものの方がもっと「エライ」らしいのですが,この国道はその中でも一番「エライ」国道1号線です。国道一号線は,東京日本橋を基点として大阪北区までを結ぶ,565km余りの国道で,いわゆる東海道ですね。

<国道1号線を渡る>
Togoshi8

 「中央会」の次は「銀六会」。この商店街のシンボルは虎くんのようです。

<銀六会商店街の始め>
Togoshi9_1

<シンボルの虎くん>
Togoshi10

 この商店街の終わりから「三ツ木通り商店街」が続いていますが,それはもはや戸越銀座商店街ではありません。商店街というより,住宅街といった風情に変わります。

<戸越銀座商店街はここで終わり,三ツ木商店街が始まります>
Togoshi11

 ここから商店街を外れて歩けば,10分程でJR大崎駅に出ます。最近再開発されて,東京の話題のスポットの一つとなった所で,以前このBlogでも紹介した事があります
 今日の散歩はここでおわります。活気のある商店街というのは,最近では少なくなっていると思いますが,歩いていてなんだか楽しいですね。

<JR大崎駅>
Togoshi12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/02

最近,電車のトラブルが多い?

 最近,電車のトラブルが多いですね。少なくとも,首都圏では。ほとんど毎日,駅の掲示板に,どこかの線のトラブルのお知らせ=振り替え輸送のお知らせが載っています。
 昨日も,線路に人が入ったため,JR埼京線,山手線,湘南新宿ラインが一時運転を見合わせました。最近,そんなトラブルも多いです。昔も,ふらふらと線路内に立ち入る人がいたのでしょうか? 最近,精神的に不安定な人が多くなったのかもしれません。
 それに,特にJRでは路線が複雑に入り組んでいて,今回のように,埼京線と山手線と湘南新宿ラインが平行して,または路線を共有して走っている区間でトラブルが起きると,3線ともストップしてしまうという事もあるでしょう。
 それに車両故障。これも結構あります。鉄道会社の合理化で,メンテ要員が少なくなるとか車両のメンテ間隔を延ばすなどのことがあるのでしょうか? 人手が少なくなって,事故時の復旧時間が延びているのかもしれませんね。
さらに,最近のコンプライアンス重視により,杓子定規な規定の運用で,復旧が延びたり,運転休止区間が広がったりという事もあるかもしれません。
 まあ昔は,今のようにホームの電光掲示で他線のトラブルまで周知されるという事が無かったので,目立たなかっただけかもしれません。いろいろな要員が重なって,最近トラブルが多いと感じるのでしょうが,昔と比較できるような運転休止率といった数値的な統計は,どこかにないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/01

COCO壱番屋の新型店

Coco_1 お馴染みの方も多いであろうカレーのファーストフード店,COCO壱番屋の東京浜松町北口店は,そのホームページに「新型店」として記載されています。一般店がカウンター主体であるのに対して,ここはボックス席主体。メニューに1200円を超えるカレーもあるので,カウンターでは具合が悪いのでしょう。
 Coco壱番屋では珍しい24時間営業の店です。深夜はともかく,朝カレーを食べる人が居るのかとお思いでしょうが,それが居るんですね~。かく言う私がそうでした。
(写真は,新型店のみにある,Coco壱番屋の1200円メニュー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »