« 温泉施設の爆発事故,その後 | トップページ | 府中市,ダストボックス方式廃止 »

2007/06/22

ミートホープ「偽牛ミンチ事件」

 北海道苫小牧の食品加工卸会社,ミートホープによる偽牛ミンチ事件で,当初社長は「間違って混入した」とか「工場長から豚を入れていいかと言われて容認した」とか「やったのは05年11月~06年7月で2、3回」などといっていたが,結局自身の指示で7~8年前から実施していた事を認め,今回の事件が「詐欺事件」であることがはっきりしました。「当時は違法との認識もなかった」とも言っており,食品製造業に携わる資格のない倫理観の持ち主であり,その仕事に対して何の責任感もこだわりも無い者であったようです。
 このような話は,中国の食品で聞くことがありますが,結局この偽牛ミンチが「加ト吉」やCoopという有名ブランドの製品になっていたわけで,まったく何を信用していいのか分からない世の中です。
  ミートホープ社の田中稔社長は,当然のように辞任を表明していますが,加ト吉その他から食品回収費用やら損害賠償やらを請求されるだろうし,信用は全くなくなってしまったし,この先会社が存続できるとはとても思えません。
 今回の詐欺事件の発覚は,従業員の社内告発によるもので,最近それによって不正が明るみに出る事が多くなってきました。社内告発が多くなり,それが常識化してきているわけで,同様な詐欺まがいの商売をしている業者の社長さん,首を洗って待っていなさい。

|

« 温泉施設の爆発事故,その後 | トップページ | 府中市,ダストボックス方式廃止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/15514389

この記事へのトラックバック一覧です: ミートホープ「偽牛ミンチ事件」:

« 温泉施設の爆発事故,その後 | トップページ | 府中市,ダストボックス方式廃止 »