« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007/10/31

必ずしも新品より安くないアマゾンマーケットプレースの古本

 以前にも書いたとおり,最近北森鴻氏の推理小説にはまっていて,同氏の本をネットで買っていますが,主にアマゾン書店のマーケットプレースという古本ショップで買います。マーケットープレースというのは,アマゾン書店本体ではなくて,様々な古本屋が商品を展示販売しているサイトです。そこでは,1円~100円代の美本がたくさん出品されており,重宝しているのです。
 ところが,本には1冊について350円の配送料がかかり,「本の値段+350円」が新品の本の値段より高いかトントンの時には,アマゾン書店本体から新品を買った方がお得という時があります。もちろん,アマゾン書店本体の新品にも350円の配送料が必要ですが,何冊かまとめて買って合計1500円以上になれば,宅配便代はタダになります。マーケットプレースの古本では,複数同時に買っても,同じ古本屋から買う事はめったに無いので,結局1冊1冊に配送料がかかるのです。先日4冊の古本をマーケットプレースで買ってから計算したら,新品を買って配送料を免除してもらったのとトントンだった事に気づきました。うーん,損した気分・・・。
 ところで,新品を買うなら,7&Yの書店では,1冊でも宅配代はかかりません。ネットで注文して,セブンイレブンのカウンターで本を受け取る事になるからです。セブンイレブンが近くにあるなら,これはなかなか便利で合理的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/30

リーグトップの球団は?

 今年の日本シリーズが,日ハムと中日の間で行われています。リーグ2位と1位のチームの対戦です。
 日本シリーズ前に行われたクライマックスシリーズについて,世の中では賛否両論が渦巻いています。私はどちらかというと,クライマックスシリーズ賛成です。だって,結局面白いじゃないですか?ただ,リーグトップのチームというのは,ペナントレース1位のチームの事を言うのか,日本シリーズ出場チームの事を言うのか,分からないという事はあります。「そりゃあ,リーグ優勝したチームが,リーグトップだろうよ」という友人がいます。でもそうすると,日本シリーズの位置づけというのが,今度は分からなくなります。日本シリーズというと,リーグトップの球団同士による球宴と言いたいじゃないですか。そうするとやはり,クライマックスシリーズを制覇した球団が,リーグトップと呼ばれるべきでしょう。
 そもそも,100試合を超えるペナントレースと数試合のクライマックスシリーズでは,それを制するのに球団として異なった素質や采配が必要だと感じます。それは,ソフトバンクを見ているとそう感じるのです。ペナントレースでは強いが,プレーオフで勝てないチームです。リーグ内で,長期の試合と短期の試合,両方を制してこそ,リーグトップの球団といえると思います。そうすると,クライマックスシリーズを制した球団がリーグトップと言えるでしょう。リーグ優勝した球団は,単に長期の試合を制しただけだというわけです。まあ頭でそう考えても,ちょっとした意識改革が必要ですけれどもね。この意識改革,早くやっておいた方がいいですよ。もしペナントレース3位同士の球団が日本シリーズを戦うハメになった時に,シラケナイためにも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やりきれない,C型肝炎感染者リスト発見問題

 血液製剤フィブリノゲンの投与によるC型肝炎感染問題。2002年当時,投与された患者を特定する資料がないとされていたのに,地下室から実名を含むリストが発見された問題。これが当時発表されていたら,早期の治療によって治癒した方もいたと思われます。
 当時これを公表したらどうなっていたか。民主党の菅氏が言っていたように,責任が生じます。それを嫌って地下室に放置したのなら,これは役人の事なかれ主義による犯罪です。
 どうも役人の成績というのは減点主義らしく,なにかあったら減点される。だから自分の任期中に何も無いように,平穏に過ごすようにしがちなようです。今回発見されたリストのようなものは,明らかにしないほうが自分のためなんですね。私の会社では,年2回,自分で自分の成績をつけて提出しますが,それは「こんな困難な問題に対応して,このように解決した。」ということを申告する制度です。平穏に過ぎたら,何の評価もなされないのです。
 今回のリスト隠蔽問題も,役人が民間と同じような評価のされ方をしていたら起こらなかったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/29

亀田興毅が謝罪会見

 亀田興毅が11月26日に謝罪会見。世間では,記者の質問攻撃が「いじめ」の域に達しているとして,結構記者の方が批判されています。バランス感覚を欠くと,世論は一気に反対方向へ流れていきます。
 さて,You Tubeには反則を指示したシーンが切り取られてアップされています。指示の字幕が付いていますが,実際にそう言っているのかよく聞き取れません。
 しかし,一般の素人がこのような映像の発信ができる世の中って,なんだか怖い気もしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/28

台風20号がやってきた

Taifu20 11月26日の夜,テレビニュースで,「台風20号が明日の夜関東地方に接近し,東京地方の27日は一日中強い雨が降る」と言っていました。26日に降り続いた雨も,台風の影響だとか。
 なんだかえらく唐突な感じの台風です。「台風がやってくる」といえば,普通2~3日前から報道され,やってくるぞ,やってくるぞという心構えができるものなんですが・・・。聞けば26日に生まれた台風らしいですね。時速85km/hという,ほとんどスピード違反という速度で移動する台風だそうです。27日は朝から雨降りでしたが,ピークは夕方。車でカミさんを駅に迎えに行った4時~6時ごろが雨と風のピークだったみたいです。そして今日28日は,台風一過の秋晴れだとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/27

NOVA倒産

 駅前留学のNOVAが会社更生法の適用を申請し,全国に約800ある教室が一時閉鎖されるようです。
 私の知人にもNOVAの受講生がいて,講師不足から最近通っている教室が廃止になり,とんでもない場所へ通うように指示されたという話を聞いていました。そうしたら,ついにここへ来て倒産に至り,払い込んだ金が返ってくるのかという事態になっています。大々的に事業を行っていた英語学校であり,影響も膨大であろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/26

北森 鴻「狐闇」を読みました

 先日「はまっている」と紹介した北森鴻の推理小説。短編の名手と紹介したのですが,今回は長編を読みました。北森氏のシリーズキャラクター,店を持たない骨董商「冬狐堂」,宇佐美陶子を主人公にした「狐闇」です。
 陶子が日本史の闇に巻き込まれ,贋作作りの汚名を着せられて古物商の監察を取り上げられてしまうというビンチに立たされます。敵は初めから分かっているので,「なぜ」と「ビンチをどう切り抜けるのか」を主眼にした作品と言えるでしょう。
 強力な敵に対し陶子に味方するのは,冬狐堂シリーズで陶子の親友として活躍する写真家の横尾硝子,北森氏の別のシリーズキャラクター,「凶笑面」など短編集の主人公である美貌の民俗学者,蓮丈那智助教授,短編集「孔雀狂想曲」の名探偵,下北沢の古物商「雅欄堂」主人,越名集治。初めの方で三軒茶屋のビアバー「香菜里屋」がチラッと出てきた時には,もう一人陶子防衛軍に名探偵が加わるのかと思ったら,それは無しでした。
 最後に敵と対峙して,さすがの陶子も敗北かと思ったとき,思いがけない品物を出して見事に勝利するカタルシス。
 文庫本で594ページという結構厚めの本なのに,1日で読み切る事ができたのは,内容の面白さと共に文章の読みやすさのせいでしょう。北森氏の作品は,どれも読み終わるのが早いのです。
 この作品,蓮丈助教授が出てくるのですが,この長編の最後の方のエピソードを蓮杖那智シリーズ側から描いたのが,蓮丈シリーズの短編集「凶笑面」の中の「双死神」という短編です。一つのエピソードを2つの作品にするというのは,なかなか面白い試みです。

<アマゾン書店へのリンク>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/25

食品の不当表示,また発覚

 ミートホープ社長が逮捕され,姿をくらましていた比内鳥の社長が記者会見を行った10月24日,九州の老舗百貨店「山形屋」が,ブロイラーの炭火焼商品に「地鶏」と表示してネット販売していた事が発覚しました。百貨店側は担当者の単純なミスと言っています。
 この程度の食品の不当表示はもう日常茶飯事で,大手から中小企業まで,何を信用していいのか分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/24

都営地下鉄大江戸線停電,避難に2時間

 東京の都営地下鉄大江戸線で,10月23日朝,停電が起こり,72本が運休して9万3000人に影響がでました。
 このとき,一本だけ駅間に停車した列車があり,乗客は車両前方のドアから脱出して近くの駅に非難しましたが,この非難が完了するまで,2時間かかったらしいんですね。火事や地震など,非常災害のときにも同様の方法で非難が行われるとのことで,どうも心配です。停電だからいいようなものの,火事や地震などの時に,たった1本の列車からの避難に2時間もかかっていたのでは,パニックが起こるのではないでしょうか?
 以前,地震を想定した避難訓練で,避難場所に指定されている小学校に集まってみたら,ひとり当たり足を抱えて床に座るだけのスペースしかなかったという話をこのブログに書いたことがありますが,都市での震災時の避難のあり方には疑問を抱かざるを得ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/23

むつみ屋のラーメン

Mutsumiya 北海道月形町のラーメン店「むつみ屋」のフランチャイズ店である横浜鶴見駅前の店に入りました。
 食べたのは「幻の醤油ラーメン」というもの。これは,北海道むつみ屋のメニューではなく,鶴見店独自のもののようです。茶濁した濃厚スープ,表面には薄膜。鰹節や煮干を従来の2倍使ったというスープはざらざらしていて,喉に引っかかる感じがします。
 しかしその2倍の魚介類も,うまみとしてあまり生きていないように感じました。それはただ単に,私が肉系のあっさりしたスープが好きだということなのかもしれません。
 以前このBlogに書いたように,私はあまり奇をてらわない,「ごく普通のラーメン」が好きですが,ここのラーメンは私の考える「好きなラーメン」とは行き方が違うようです。
 むつみ屋は川崎市溝の口に直営店があって,結構評判になっているようですが,今度そこへ入ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/22

浮世絵の展覧会

Syoto 東京の渋谷区立松涛美術館。東京でも一二を争う高級住宅街にあるこの美術館で,今浮世絵の展覧会が行われています。アメリカミネアポリス美術館に収蔵されている浮世絵が一時帰国しているのです。
 北斎,広重,歌麿,春信,写楽など,誰もが知っている画家の,教科書に載っているような有名な作品が展示されていました。
 おそらく浮世絵としては,とてもよく色が保存されている方だと思いますが,やはり全体的に灰色がかっていて,時代が感じられます。それがまたいいのかもしれませんが,骨董趣味のない私は,白紙に刷り上がったばかりの,江戸時代の人が目にしたのと同じ,鮮やかな浮世絵も見てみたいと思います。
 庶民の安普請の家の柱の節を隠すために貼ったという縦に細長い作品もありました。今では立派な美術館で,額に収まってガラス越しにしか見ることのできないこれらの作品も,刷り上り当時は,庶民の家に貼ってあったんですね。
 写真は,上が松涛美術館のエントランス,下は近所の鍋島松涛公園。この公園のベンチで,お昼の弁当を食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/10/21

三軒茶屋の大道芸

Sanjya 昨日は東京世田谷区で一番の繁華街である三軒茶屋に住んでいる友人を訪ねました。
 そうしたら,「三茶de大道芸」という催しをやっていて,街のいたるところでいろいろな大道芸が披露されていました。ジャグリングのようなものよりも,音楽演奏が多かったです。
 写真は,上から「催しのポスター」「三茶一の高層ビル『キャロットタワー』内でのハロウィーンのパーフォーマンス。竹馬です」「音楽演奏」
 この催しは,今日21日の日曜日にも行われるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/20

小田急の地下鉄直通特急車両,完成

Odakyu 以前このBlogで,小田急と東京メトロが,地下鉄千代田線から小田急に直通する特急列車を走らせる事に合意したという話を書いた事があります。もう2年以上も前,2005年5月のニュースだったんですが,このほどこの直通特急に使う車両が完成して小田急が公開しました。
 非常時に側面から逃げにくい地下鉄を走るために,車両全面に脱出用の出入り口を設けたロマンスカー型の車両です。
 小田急のロマンスカーは,前の50000系VSE以来地味な塗装で,「ロマンスカー」という感じが希薄になっているように思いますが,今回の車両の塗色はブルー。やはり地味目のような気がします。
 地下鉄千代田線だけでなく,週末は有楽町線の新木場からも運転されるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/19

今日はらんぷ亭の親子丼

Oyakodon 先日,湯島天神への参拝の帰りに「鳥つね」の親子丼を食べた事をこのBlogに書きましたが,それ以来なぜか親子丼が無性に食べたくなる事があります。
 そこで,昨日の昼にまた「親子丼」を食べました。勤務先の近所の「らんぷ亭」の親子丼です。
 「鳥つね」のような名古屋コーチンや比内鳥ではなく,卵もいい具合の半熟状態ではないですが,ここの親子丼はそれなりにおいしいものでした(しいて言えば,ちょっとご飯が硬かったんで,炊き方に気をつけてもらえれば・・・)。ちなみに,らんぷ亭のチラシによると,国産若鶏「桜姫」と岩手の卵「きらきら」を使用しているとか。値段は450円。そりゃあねえ,いつもいつも昼飯に1500円の親子丼を食べるわけにはいきませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/18

亀田陣営,謝罪会見

 プロボクシング世界戦での反則により,日本ボクシングコミッション(JBC)からライセンス停止処分を受けた亀田大毅選手と父のトレーナー,史郎氏が,10月17日,JBCで謝罪の会見を行いました。
 まあ,やっていいパーフォーマンスとやっていけないパーフォーマンスの区別ができなかったわけで,プロとしてはやはり失格と言えるでしょう。
 一方,亀田陣営の会見を民放テレビ番組の生出演で見守った内藤選手は,「もう怒りはなくなった」と笑顔で話していました。こちらの方は,大人の対応というところかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/17

三軒茶屋の定食「芝多」

Shibata 東京世田谷区三軒茶屋の裏通りにある定食屋さん「芝多」。三軒茶屋に住む友人に連れられて入った店です。友人によると「女房が旅行などに出かけて居ないとき,重宝している店」だそうです。
 7種類あるランチメニューの中から,ポーク冷しゃぶを注文しました。冷しゃぶとご飯と味噌汁と漬物。ここまでは当然として,注目は写真奥の小さなお櫃。茶碗に盛られたご飯の他に,お櫃にもいっぱいのご飯が・・・。山盛り2杯分くらいのお代わりが付いているのです。折からの空腹で,お櫃のご飯は有り難くいただきました。
 全て食べ終えてアイス麦茶を飲んでいると「ホットにしますか,アイスにしますか」の声。なんと食後のコーヒーが付いていたのです。壁のメニューには,ご飯のお代わりの事も,コーヒーの事も,一切表示がありません。予期していなかっただけに,ちょっと得した気分でした。
 お腹いっぱいになって780円でした。

(写真は上から,「芝多」の入口外観,注文した冷しゃぶ,食後のコーヒー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/16

上野アメ横で銃撃事件

 10月14日の日曜日,午前10時55分頃,東京台東区上野6丁目の路上で暴力団幹部が銃撃され,死亡しました。この場所はいわゆる上野アメヤ横丁の近くです。昨日のブログで,湯島天神に参拝に行き,帰りにアメヤ横丁に立ち寄った事を書きましたが,まさにその近くが銃撃事件の現場となったわけです。
 実は昨日の参拝,「13日の土曜日が都合悪い人がいれば,14日の日曜日にしよう」という話になっていたのです。もし参拝を日曜日にしていたら,銃撃に巻き込まれていたかもしれません。また日曜日は,親子丼の「鳥つね」の定休日。それを知らずに土曜日に行ったのですが,天丼といい,銃撃事件に巻き込まれなかった事といい,運がよかったといえるでしょう (いえるかな?・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/15

東京湯島天神界隈

Yushima 姪が中小企業診断士の試験を受け,合格祈願に湯島天神に行くというので,道案内かたがた付いていきました。
 まず地下鉄南北線東大前駅で降りました。東大正門から東大キャンパスに入り,安田講堂を左手に見て構内を歩き,春日通りへ抜けて湯島天神へ。
 湯島天神でお参りをして門前の親子丼の名店「鳥つね」へ。「鳥つね」は以前このBlogでも紹介した親子丼の専門店で,湯島天神にお参りしたら,ここに寄らなければなりません。ここのかけ汁は少し濃い目ですが絶品です。名古屋コーチンや比内鳥を使った鶏肉もおいしいですが,ここの玉子は半熟状態。半熟タマゴによって,とびきりの卵かけご飯のような状態になり,それがまたうまさにつながっています。
 食事を済ませた後,上野へ出て(実際のところ湯島から上野まで,こんなに近いと思わなかった)アメ横をひやかし(本当にひやかすだけのつもりが,呼び込みにつられるままに,イカ燻の大袋を買い,一袋千円のチョコレート菓子の詰め合わせを買い,マグロの刺身を買い,明太子を買い,イクラを買い,スジコを買い,パイナップルとメロンを箸に差したものを頬張り・・・),上野駅から帰りました。
 湯島界隈は古い商店や和菓子のおいしい店などもあり,なかなか楽しい参拝でした。昔から寺社への参拝はレジャーであったわけですが,その事を実感する一日でした。

(写真は,上から,「東大医学部」「湯島天神」「鳥つねの親子丼」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/14

ゴア元アメリカ大統領候補にノーベル平和賞

 今年のノーベル平和賞受賞者が,アメリカの元大統領候補,アル・ゴア氏と国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」に授与されることが決まりました。地球温暖化への認知を高めた功績に対する授賞です。
 アメリカといえば,京都議定書からも離脱し,地球温暖化防止に冷淡な国ですが,そのアメリカで,現ブッシュ大統領と選挙を争い,得票率で上回ったにもかかわらず大統領になれなかったゴア氏にノーベル賞を送るというのは,皮肉ですね。なんだか,「あの時ゴア氏を大統領にしておけば・・・」という,ノーベル賞委員会によるアメリカ国民へのメッセージのように感じます。
 これで,アメリカ国内の地球温暖化に対する世論が盛り上がってくれればいいんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/13

浅草へいきました

Asakusa 今日の散歩は浅草です。
 浅草といえば浅草寺。そもそも,江戸の代表的レジャーであった浅草寺参拝によって発展してきた街が浅草です。 その浅草浅草寺は,いまでもこの賑わい。
 真ん中の写真は,吾妻橋の上に並んだ行列。浅草から隅田川を下り,その河口である日の出桟橋を結ぶ水上バスを待つ人の列です。水上バスターミナルに入りきらず,橋の上に並んでいるのです。
 水上バスは,私がまだ小学生の頃にも乗ったことがあります。そのときには,小さな漁船くらいの何の変哲もない船で,乗客も10名程度のものでしたが,最近はこの人気。船の方も大型化して,様々なタイプが就航しています。写真のものは最も近代的かつグラマラスなもの。「ヒミコ号」といって,松本零士氏が涙滴をイメージしてデザインしたものだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/12

アケビ

Akebi 山形県に出張しました。
 宿泊した旅館の食事に出てきた「アケビ」です。アケビを食べたのは初めてです。
 アケビといえば,中の甘い部分を生のまま食べるというイメージしか持っていなかったのですが,旅館で出てきたのは,丸ごとのアケビの中に舞茸を挟んで油で揚げたものです。舞茸は味噌で味付けしてあります。アケビのいわゆる皮の部分はちょっとほろ苦く,おいしかったです。
 売っているアケビは栽培したもので,柔らかすぎて調理には向かないとの事。旅館の食事に出てきたものは天然物だそうです。しかし最近,野猿がアケビを食べてしまい,天然物はなかなか手に入らないのだとか。珍しいものをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/11

PS3の値下げと新機種発売

Ps3 ソニーコンピューターエンターテインメント,SCEは,従来のPS3の20GBモデル,60GBモデルを5000円程度値下げすると同時に,40GBの新モデルを39980円(税込)で発売すると発表しました。この値段は,20GBモデルの49980円に対して10000円の値下げです。
 しかし安くなった分,従来モデルに対していくつかの機能が削られています。まず,PS2のソフトが利用できません。また,メモリースティックやSDメモリーカードを利用できるカードスロットやUSBポートが減っている,優れた音質でCDを再生するSACD(スーパーオーディオCD)機能もなし。さらに,付属するコントローラーに振動機能は搭載されておらず,振動機能つきコントローラーは5,500円で別売となるなど・・・。
 まあ,PS3を買おうという人は,PS2を持っている人が多いのではないかと思うので(私も持っています),PS2互換機能が無くても問題ないかもしれない。そのほかの機能削減もおおむね許せるとして,振動機能なしのコントローラというのはどうなんでしょうねえ。5500円でこれを買うとして,安くなった20GBの従来機ととんとん。しかしメモリは2倍・・・。
 ぎりぎりではありますが,3万円代の値付けというのは評価できるものの,機能との兼ね合いを考えると,何とも微妙で悩ましい値段ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/10

浜離宮

Hamarikyu 東京新橋駅に近い浜離宮恩賜公園に散歩に行きました。
 浜離宮は,徳川家の庭園で,ここで鴨猟も行われていたそうです。広い和風庭園は,今ではすっかり高層ビルに囲まれてしまいました。広い庭園の向こうに高層ビルが望めるという光景は,いかにも東京の風景という感じがします。庭園の向こうに高層ビルが見えるのを嘆く方も多いのですが,私はそう嫌いではありません。
 写真に写っているのは,晴海の高層マンションです。180度振り向くと,日本テレビもある汐留のシオサイトビル群が見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/09

保険会社,保険金不払いが910億超

 保険会社の保険金不払いが,38社合計で120万件,910億円に上ると発表されました。しかも,まだ調査結果がまとまっていない保険会社もあり,それを超えるであろうことは必至です。保険金不払いの大部分は,被保険者からの請求がなかった為に支払わなかったものです。
 このことで保険会社が非難され,その幹部が頭を下げる映像がテレビで流れています。この金額,確かに支払われるべきものだったわけで,保険会社が非難されるのももっともなんですが,あえて言わせてもらうと,被保険者の方も,請求しなかったのはどうかと思います。
 今話題の年金のように,強制的に掛け金を徴収されるものと異なり,生命保険は被保険者が自分自身の責任で加入したもので,被保険者もその契約内容をしっかり知って,請求するときは自身で請求するべきものだと思います。
 宝くじで当たっているにもかかわらず,結構たくさんの人が引き取りにこないといいます。今回の事件はそれと似ています。保険会社の方を一方的に非難することしかしない社会って,日本はつくづく甘やかし社会だと思います。
 だからといって,保険会社の新規契約至上主義が許されるものではありません。契約後のアフターケアがしっかりしていない保険会社は,いずれ淘汰されていくんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/10/08

港区民まつり

Kiba 10月7日,日曜日。
 東京港区の浜松町駅近く,たまたま港区民まつりのパレードが始まろうとしているところに行き当たりました。消防庁や高校生,小学生のブラスバンド,おばさんたちの花笠音頭,それに警視庁騎馬隊からの騎馬警官も出て,パレードが始まりました。
 馬はやはりかっこいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/07

分かりにくい永田町駅

Nagatatyo ちょっと前に話題だった自民党本部(笑)の最寄り駅,東京メトロ永田町駅に行きました。近所のビルに仕事があって行ったんですが,使った事のない駅です。
 この駅は,有楽町線,半蔵門線,南北線の3本の地下鉄が交差し,銀座線,丸の内線の赤坂見附駅にも地下道が伸びていて,なかなか複雑な構造をしています。しかも,各地下鉄が直角に交わっておらず,立体的に各階層で斜めに駅が作られているため,地下駅構内の通路も斜めに交わっていて,歩いていて方向がまるで分からなくなります。「何番出口で外へ出る」という事を確実に掴んで,その出口番号の表示を頼りに歩くしかありません。
 永田町で分かりにくいのは,政治のことだけではないんですね。
(写真をクリックすると,拡大します。3箇所にある3機のエレベータが各階層をつないでおり,まるでテレビゲームのダンジョンの様)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/06

Net Radioを録音するには?

 ある友人から,Net Radio,つまりネット上のストリーミング放送を「パソコンで録音できないか?」という質問を受けました。私はパソコンいじりが長いので(初代パソコンはNEC初のパソコン,PC8001だったりする),知人達からよくパソコンの事を聞かれる事があるのですが,無駄にパソコン暦が長いだけで,特に詳しいわけではありません。
 ただ,「Moraで買った曲をiTunesにインポートして,iPodに入れる方法」というのを以前友人から聞いてこのBlogに書いた事があります。それはHI-MD Rendererというソフトを使って,パソコン上で曲を再生してそれを同じパソコン上で録音してしまうという方法でした。ストリーミングラジオをパソコンで録音するというのは,同じような方法でできるような気がします。
 そこで,以前HI-MD Rendererを教えてくれた友人に再び尋ね,「仮面舞踏会」というフリーソフトを教えてもらいました。これは,パソコン上で再生される音を,全て同時に録音してしまうソフトです。だから,Net Radioであろうが,You Tubeの曲であろうが,パソコン上で「鳴っているもの」ならば何でも録音できます。普通だったら,パソコンの音声出力端子にテープレコーダーを接続して,テープに録音しなければならないものを,パソコン上のデジタルファイル(WAVファイル)に落とせるので,あとはiTunesにインポートして,mp3でもAACでも,好きな形式に変換する事ができます。
 「仮面舞踏会」を作った方に感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/10/05

宮崎県の冷や汁

Hiyashijiru 以前,東京目黒のお茶漬け屋さんで,宮崎県名物「冷や汁」を食べた事を書きましたが,今度は新宿サザンテラスの宮崎県のアンテナショップ「新宿宮崎館KONNE」に行きました。
 ここの冷や汁は,味噌汁とご飯とトッピング(ミョウガとシソ)が別々になって出てきて,自分で混ぜ合わせる方式です。目黒の冷や汁は,魚の身がほぐしてある程度で,魚が入っていることがはっきり分かりましたが,ここの冷や汁は魚をすりおろしてあるそうで,魚の痕跡はその味しかありません。味噌は焼いてあるそうです。なにげに手間がかかっているのかもしれません。
 そもそも冷や汁は,暑い夏で食欲の無いときの栄養補給として考えられた料理だそうで,たしかにこれならば,食欲不振の時でもサラサラとかっ込むことができるでしょう。ところでここの冷や汁,夏が過ぎてもメニューにのっているのでしょうか?
 一番下の写真は,宮崎地鶏の炭火焼です。多分,宮崎からのお土産の定番ではないかと思います。この店では,レモンと生のキャベツと共に供されます。この炭火焼,皮の部分が硬いのですが味は最高です。
 デザートに食べたソフトクリームがまた美味かった。「甘乳蘇」という,生乳を長時間煮詰めて固形状にしたものを練りこんだもので,ミルクの風味がなかなか濃厚なものでした。
 次は,宮崎和牛や地鶏を使った別のメニューを食べてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/04

北森鴻の推理小説にはまっています

 このところ,北森鴻のミステリーにはまっています。
 北森氏の特徴としては,短編の名手ということでしょう。長編だけではなく,数多くの短編があります。私も短編好きなので,まず短編集を読みました。

「花の下にて春死なむ」
 三軒茶屋のビアバー「香菜里屋」へやってくる常連客が持ち込む様々な事件や謎を,バーマン(バーテンではなく,バーマンという言い方があるんですね)が解決します。

「凶笑面」
 美貌で異端の女性民俗学者,蓮丈那智助教授と助手の内藤三國が活躍するミステリー。民俗学に関連した現代の事件を,ふたりが解決します。民俗学の謎と現代の謎の両方の謎を楽しめる贅沢な一品。

「顔のない男」
 多摩川沿いで見つかった全身を骨折した男。調べてみると,周辺の住民との交際も交友関係もない「顔のない男」だった。その男の自宅で,その男が書いたノートを見つけたふたりの刑事が調べていくと....
連作短編集ですが,全体を通して読むと,一つの長編作品となっている構成。そして,最後に明かされる犯人は・・・。

「孔雀狂想曲」
 下北沢の骨董屋,雅蘭堂を舞台に展開する骨董ミステリー。
 骨董屋の主人が事件を解決します。よく,舞台をたとえば骨董屋に置いても,お話はそれには関係ないというミステリーがありますが,この作品集は骨董にモロに関連するミステリーです。

「支那そば館の謎」
 京都の実在の寺,大悲閣千光寺を舞台に,その寺男,実は元怪盗として鳴らした有馬次郎が,住職の智慧を借りて事件を解決します。サブキャストの女性新聞記者やトンでもミステリー作家がコメディーリリーフを勤める,今回紹介した作品集の中では一番コメディータッチの作品。


 私が推理小説に重視するのは,背中がぞくぞくするような「謎」とその解決ですが,北森氏の作品は,どれもそんな謎があふれています。各作品は,短編としても短い方ですが,そこに謎があり,意外な解決があって,私にとっては珠玉の作品といっていいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/03

マックとカフェの併設店

Mac_cafe2 昨日も紹介したマックカフェ。昨日の店はカフェ専門店でしたが,普通のマックと併設されている店もあります。そんな店の一つ,恵比寿ガーデンプレース店に立ち寄りました。
 カウンターはハンバーガーとカフェでは別になっています。だから,カフェのカウンターでアイスコーヒーをたのみ,それを受け取ってから普通のマックのカウンターで月見バーガーを受け取りました。
 カフェのアイスコーヒーの値段は,普通のマックのものの2倍ですが,味の方は同じスッパメ系で,違いは分かりませんでした。
 同じカウンターで両方のメニューを注文できるようにした方が便利だと思いますが,コーヒー類など両方のメニューにあって価格が違うものがあるので,カウンターが同じでは混乱するかな。それに,やはりカフェの利用者よりハンバーガー店の利用者の方が圧倒的に多いようで(子供づれはもっぱらハンバーガー店を利用しますからねえ),カフェだけの利用者への利便のためにカウンターを分けておくことが必要なのでしょう。カフェの利用者は,並ばなくても済みますからねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/02

確かマックがあったはず・・・

Mac_cafe めったに行かない街での昼どき,確かマックがあったはずと思って商店街に行ってみたら,マックカフェになっていました。
 マックカフェはマクドナルドが始めた珈琲ショップであり,ハンバーガーはありません。食べ物は各種のパン類です。ここは,カフェとしては近所にドトールもあり,普通のマックのほうが使い出があったように思います。
 店の雰囲気的には,カフェにしてはちょっと明るすぎと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/01

ビルマ軍事政権,制圧宣言へ

 ビルマ軍事政権が国営紙で事実上の制圧宣言を行いました。ヤンゴンでは市民の間にあきらめの空気が広がり始めているといいます。
 このような弾圧-制圧が,この国では過去にも起こっていますが,制圧するたびに国民の軍政に対する反感は強くなり,制圧宣言のたびに軍政の崩壊が高まっていくことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »