« 移動郵便局の実験,来年2月に始まる | トップページ | 大崎八ヶ寺 »

2007/12/28

北森 鴻の「瑠璃の契り」

 北森 鴻の「瑠璃の契り」は,以前紹介した「狐闇」と同じく,店を持たない骨董商,宇佐見陶子を主人公にした短編集です。推理小説でありながら,殺人事件は起こりません。それでも,絵画や人形などにまつわる謎が十分「謎的なサスペンス」を持っていて,背中がぞくぞくする感覚を生んでいます。さらに,騙し騙される骨董の世界で,陶子をはめようとした詐欺師まがいの同業者に対して鮮やかに勝利する様も描かれ,悪人をやっつけるカタルシスも味わえます。
 北森作品の中でも,宇佐見陶子物は面白いということを再確認しました。

|

« 移動郵便局の実験,来年2月に始まる | トップページ | 大崎八ヶ寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1297/17483074

この記事へのトラックバック一覧です: 北森 鴻の「瑠璃の契り」:

« 移動郵便局の実験,来年2月に始まる | トップページ | 大崎八ヶ寺 »