« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/31

不便な川崎駅前のバスターミナル

Kawasaki JR川崎駅前の東口バスターミナル。川崎駅で電車を降りて駅前からバスに乗るには,2階の駅コンコースから1階地上に降り,さらに一旦地下街に降りた上,写真のような階段を上がって地上に島のように並んだ停留所の安全地帯に出なければなりません。駅の地上出口から目と鼻の先のバス停に渡る横断歩道が無く,必ず地下街へ降りて,写真のような結構な段数の階段を上らざるをえない。地下街へ降りるのには,エスカレータを利用できるのですが,バス停の安全地帯に上がるには階段しかありません。
 このバリアフリー時代に,時代遅れのバスターミナルをなんとかしようと川崎市も動き出しているようですが,地下街商店街の反発があるようです。でも,時代の流れには逆らえないと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/30

ドライブスルー店に警官配置,飲酒運転取り締まり

Poster_2 1月の上旬,福岡市で幼児3人が飲酒運転の犠牲となり,博多湾に落ちて亡くなった事件の判決が出て,危険運転致死傷罪が適用されなかった事で物議をかもし,改めて飲酒運転の危険性について考えさせられました。
 カナダバンクーバーから配信されているポッドキャストによる英語講座「e-Chat Vancouver (1月29日配信の595回)」によると,彼の地では,ドライブスルーのファーストフード店に従業員の制服を着た警官を配置して,飲酒の取締りを行っているそうです。酒のにおいをさせているドライバーを検挙するために店員に化けているとの事で,どの国も飲酒運転撲滅に苦労しているのですね。e-Chat Vancouverの放送では,日本からのゲストが「最近,日本では飲酒運転の罰金や罰則が厳しくなり,今や『飲んだら乗らない』が常識だ」といっていましたが,う~ん,まだまだそこまでの自覚が無い人も居るような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/29

民主党,「ガソリン税値下げ」一本やりから転換

Gas_station 暫定税率撤廃によるガソリン税値下げを自民党との対決の目玉に掲げてきた民主党が,1月28日の衆院予算委員会での菅直人氏の発言では,ガソリン税の一般財源化を主張,これまでの暫定税率値下げによるガソリンの値下げ一本やりの主張を変更してきています。
 最近,ガソリン税の値下げの主張だけでは,地方向けの財源を圧迫するとして地方に評判が悪く,地方を中心とした世論の賛成を得られなくなりつつある事を感じ取っての方向転換のようです。
 暫定税率撤廃によるガソリン税値下げのような減税は,一見国民に対して口当たりがいいようですが,実際には値下げ後の財源確保のため,別の名目で税金を取る必要が起こるなど,国民からそっぽを向かれる可能性を秘めていました。道路特定財源の一般財源化など,議論が本質的な方向に向かう事はいいことだと思います。しかし,道路特定財源の一般財源化というのは,小泉首相が実現の端緒をつくり,その後道路族により骨抜きにされたもので,それを民主党が拾うというのだから,民主党は小泉政権の後継者になろうとしているかのようですね。また,民主党の主張が,どうも世論の動向にあわせた場当たり的な印象も与えています。
(写真は,トミカのガソリンスタンド)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/28

大相撲,横綱戦

Sumo 昨日の大相撲,白鵬-朝青龍の横綱線,13勝同士の取組みで久しぶりに盛り上がりました。取り組みの内容も申し分なく力が入り,すばらしかったです。
 私の周りの友人達の間では,好き嫌いに関わらず「朝青龍が勝つさ」という人が多かったのですが(私を含めてね),白鵬が勝利をおさめました。白鵬はこれまで2連覇していますが,いずれも朝青龍が休場している時であり,朝青龍が出場した今場所の優勝は,これまでの二場所の優勝以上の喜びがあった事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/27

またまた蕎麦季

Sobaki このブログに登場するのが3回目の,東京武蔵小山の蕎麦の店,蕎麦季。
 今日は何の変哲も無い,もり蕎麦をたのみました。ランチのどんぶりセット以外を頼んだのは初めてですが,1.3人前くらいのもり蕎麦が出てきました。
 氷でしめた麺はこしが強く,めんつゆの甘さ加減も申し分なく,相変わらず私の好み通りです。この盛りで550円(たしか・・・)は安い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/26

共立薬科大学の平成20年度入試

 ウチの上の娘が,もうすぐ大学受験を迎えます。それに影響されたのか,高一の下の娘も,インターネットであちこちの大学のサイトを覗いており,横から私もパソコン画面を覗いていました。
 共立薬科大学のサイトで,「News」というページを見ると,平成18年11月20日時点の記事として,平成20年4月に慶大との合併を予定している事,しかし今後協議しなければならないことが多岐にわたるため,変更もあり得る事が記載されています。ところが平成20年度学生募集要項のページでは,試験会場と合格発表が「慶大三田校舎」と記載され,来年から慶大との合併が実現される事を実感するページになっていました。これまでの入試とは状況が変わり,受験生の方も受験準備が大変ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/25

2007年度の外食産業,ファーストフード好調,ファミレス不調

 1月24日,日本フードサービス協会が2007年の外食産業の売上高を発表しましたが,前年に比べ全体で1・1%増となったそうです。しかしながら,マクドナルドなどの「ファストフード」は5.6%増と好調なのに対して,「ファミリーレストラン」は2.6%減とのことです。やっぱり,不況なのかな?
 ファミレスも,バブル崩壊直後の格安路線から,徐々に高いメニューも登場させて,付加価値路線に変わろうとしていたように思いますが,また元の格安路線に戻るのか?・・・といっても,原料や燃料が値上がりしているし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/24

県庁に命名権を設定?

Miyazaki 東国原宮崎県知事が,県庁に命名権を設定し,「宮崎○○県庁」とできないものかと,定例会見で発言して話題になっています。もっとも,県立芸術劇場の命名権の話のついでに言った話のようで,どこまで本気かは分かりません。「宮崎味の素県庁」とか「宮崎CCレモン県庁」などという事になると,ほとんどシャレの世界ですね。
(写真は,宮崎県庁土木部港湾課のホームーページより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/23

ウルトラマン,バンダイの傘下に

Ultra 玩具メーカー,バンダイが,円谷プロダクションの発行済み株式の33.4%を買い取って資本・業務提携を結んだと発表しました。これで,ウルトラシリーズの人形やカードなどをバンダイが独占することになるそうです。
 なんだか映像が主体で,それに付随した玩具ではなく,玩具を売るための映像になるような気がしますね。まあ,これまでも実質的にはそうだったのかもしれません。しかし,関連商品の年商は60億円だそうで,これもまた結構な金額です。そのため,不振の円谷プロが倒れては困るということからの支援なんでしょうね。
(写真はバンダイのPS2ゲームソフト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/22

物価高

Super 久しぶりにスーパーに行きましたが,食品をはじめとするいろいろな日用品が高くなっているのを実感しました。
 国内の需給関係と関係ない,外からの値上げ圧力。端的に言えば,石油や穀物の値上げによる商品の値上げです。給料が上がらない,寧ろ下がっていく状態で商品があがっていく・・・。 これでは国内消費が落ち込んでいく一方です。
 アメリカの住宅バブルの崩壊によって,輸出にも陰りが見えてきつつある状態で,国内消費も落ち込む日本。格差社会になった日本は,マスとしての購買力を失っています。
 このブログで何度も言っていますが,日本が格差社会に向かっていっていいのか,再検証する必要があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/21

「楊州商人」の冬牡蠣ラーメン

Yanshu ラーメン店「楊州商人」は,東京,神奈川,千葉で展開している中国ラーメン店。大正時代の三代前が中国楊州から日本に渡って来て始めたというラーメン店です。
 その期間限定メニューが「冬牡蠣ラーメン」。塩系のスープにワカメと海苔のトッピング。そして思ったよりお大きな牡蠣が5個。麺は刀切麺という太麺(刀削麺ではありません)と細麺がありますが,私は太麺の方をたのみました。太麺はかなり腰があり,塩味のスープもなかなか美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/20

「トレッサ横浜」へ行ってきた

Tressa 横浜市鶴見区の内陸部にできた新しいショッピングセンター,「トレッサ横浜」。北棟と南棟に別れていますが,昨年12月5日,北棟のみオープンしました。南棟は今春オープン予定だそうです。
 ここはなんとトヨタ自動車が開発したショッピングセンターです。そのため,トヨタ系のディーラが,ダイハツ自動車を含めて勢ぞろいしており,細長い建物の片側にずらっと車が並んでいる様は,建物の端から見ると壮観です。しかしLEXUS店は無し。LEXUSはやはり特別なんですね。
 車売り場に場所をとられているせいか,他の店はそれほど多くない印象で,ショッピングセンターにつきものの飲食店も2~3店舗ほど。南棟の方が店が多く入るらしいです。現在できている北棟の各ブティックは,値の張らない商品を置いてあり,若いファミリー向けという感じです。スポーツ用品店を含めて,アウトドア用品店が目立ちました。「車に乗ってアウトドアへ」という事でしょうか。店内は全体的に,南欧風に作られています。
 ショッピングモールの規模に対して駐車場を広く確保してあるそうで,自動車会社,トヨタとしては,付近の道路に1台たりとも入庫待ち車を置かないよう,付近の住民から車の事で苦情が来ないように気を使っているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/19

製紙業界ぐるみ,古紙偽装

Paper 年賀はがきの古紙含有率が規定の40%より著しく低いことが分かり,さらにコピー用紙などの古紙含有率にも偽りがあることが分かりました。年賀はがき古紙含有率偽装に関係していた大手製紙会社5社が,18日までに古紙製品の含有率偽装を公表しており,業界ぐるみの偽装であることが分かりました。
 昨年,様々な偽装が明らかになりましたが,今年もさらにそれが続くようです。しかし,「古紙製品であること」が商売になる時代なんですね。しかし,古紙再生技術が伴わず,「古紙」では品質の上で問題があるようです。どの社も同じように古紙再生技術が未熟であれば,それを正しく発表してもよかったのではないかと思うんですが,偽装の方に走ってしまったんですね。「品質のいいものを提供するのだから」ということから,「偽装=悪い」という意識が希薄だったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/18

NHK記者,インサイダー取引

Satsu NHKの記者,ディレクターの3人が,特種ニュース原稿を見て,関係株を買って利益を得ていたというインサイダー取引事件がありました。
 「スキヤ」を運営するゼンショーが「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトと資本業務提携を結んでグループ化するというニュース原稿を局内の端末装置で見て,特種ニュースとして放送する前にカッパクリエイト株を買って売り抜けて利益を得ていたと言うもの。
 マスコミ関係のインサイダー取引というと,2006年,日経新聞広告局員が新聞に載せるために企業から依頼のあった法定広告の情報に基づいて新聞掲載直前に株を購入したという事件がありました
 新聞では,いったいいつの時点で新聞記事が公になったのか(たとえば,最初に駅の売店に並んだ段階?)など難しいし,いずれにしても情報へのアクセスは万民に平等ではないし・・・などと考えてしまいましたが,今回は放送時点より前の株購入という事で,明らかにインサイダー取引だと理解できます。まあ,インサイダー取引らしいインサイダー取引といえます。分かりやすいインサイダー取引で,やった本人も「インサイダー取引だ」と認識していただろうと思います。
 しかし,3人の中の一人は,「原稿は見ておらず,値動きを見て何かあると思って購入した」と否認しているとの事で,やはり以前の記事で書いたような「インサイダー取引を疑われるような情報に恵まれている職業の人は,怖くて株の売買も出来ないという逆差別」は感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/17

グラッチェガーデンで昼食

 本日は,最近(といっても,1年くらいまえか?)近所にできたイタリアンファミレス,グラッチェガーデンで昼食。カラマリフライと思ったより巨大なベーコンのクリームピザ。700円程度のピザにしては本当に大きい。カラマリフライはイカのフライですが,スパイシー。食が進みます。
 これにドリンクバー210円也を付けて,一人1200円強。それでお腹いっぱいになりました。グラッチェガーデンはすかいらーく系のイタリアンレストランです。

Grazie_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/16

英レコード会社EMIから,アーチストが離脱

Robbie_williams_2 イギリスの人気歌手,ロビー・ウィリアムズが,英投資会社Terra Firmaに買収されたイギリスのレコード会社,EMIからの離脱を検討しているというニュースが入りました。EMIからは,すでにボール・マッカートニーなども離脱しているということです。
 日本でもかつて,ビジネスライクな新経営者を嫌って,エイベックスから浜崎あゆみをはじめとする歌手が移籍しそうになり,音楽プロデューサーである元の経営者が復帰して事なきを得たという騒動が起こりましたが,アーチストの絡む企業は,アーチストのモチベーションに左右され,通常のビジネス感覚での経営では上手く舵取りできず,また通常の感覚の投資の対象になりにくいというのは洋の東西を問わないということですね。
(写真は,ロビー・ウィリアムスのCD。もちろんEMIのもの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/15

また湯島天神へ

Yushima2 昨年10月,姪の中小企業診断士試験の合格祈願に,東京文京区湯島の湯島天神をお参りした事を書きましたが,今度はウチの娘の大学合格祈願に行ってきました。
 前回と同じく,東京メトロ南北線の東大前駅から東大構内へ。そして,安田講堂正面から右に入り医学部病院の前を通って表へ出て湯島天神へ。
 大学試験の直前の休日とあって,湯島天神は参拝の人でいっぱいでした。露天も出ていてお祭り状態。(ひょっとしたら,本当に祭礼の日だったのかもしれません。) 境内で,「全農えひめよりご奉納頂いだき,この天神でお払いをした」という伊予柑が無料で配られていました。「いよかん=いい予感」という引っ掛けになっています。
 さて,参拝も済んで昼食をという事になれば,前回と同じように「鳥つね」の親子丼という事になるのですが,きょうは日曜日で「鳥つね」はお休み。そこで隣の蕎麦の店「やぐ羅」に入りました。ここは「にしん蕎麦」が名物で,カミさんはそのにしん蕎麦,私は田舎蕎麦を頼みました。にしん蕎麦は大きな身欠きにしんが入っている暖かいつゆ蕎麦です。田舎蕎麦は,丼に蕎麦を盛って冷たいつゆをかけ,おかか,ねぎ,千切りののり,ワサビののった大根おろし,生玉子が麺の上にのっています。それを全てかき混ぜて食べましたが,そのつゆのおいしさにびっくり。この店は,京都南座前に本店のある京都の蕎麦屋さんだということですが,京都の蕎麦にしてはつゆの味が濃いのではないかと思います。それが私の口にはぴったりでした。
 さて,昼食も済んで,カミさんが行ったことのないという神田明神へ。銭形平次などにも描かれた,神田,日本橋,秋葉原,大手町,丸の内など,東京の中心地の総鎮守です。お参りした後のここの名物は,門前にある天野屋の天神甘酒。地下の室で作られた糀からできる甘酒です。
 この後,隣街の秋葉原へ。カミさんが「フィギュアー」を見たいと言ったので,秋葉原駅前のラジオ会館へいきました。私が秋葉原に通っていた昔は,ラジオ会館といえばパソコンショップやオーディオショップが入っていたのですが,今ではすっかりフィギュアーの店に占領されています。
 秋葉原といえば,「鳥つね」の支店があります。ここの支店は,本店と違って日曜日でも営業しています。秋葉原へ来るのが初めからわかっていれば,少し早く家を出て,ここで昼食を食べればよかったと思いました。湯島の蕎麦もおいしかったですが,やはり蕎麦と丼とでは,腹の持ち具合がちがいます。秋葉原のヨドバシカメラに入っている老舗,丸福珈琲店で,名物のとても深煎りした苦めの珈琲とケーキなどを食べてから帰りました。
(写真は上から,東大安田講堂,ごった返す湯島天神,神田明神)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/01/14

社会保険事務所が徴収実績向上のために・・・

Shakaihokenjimusyo 滞納を減らして保険料の徴収実績を良く見せかけるために,経営不振で保険料を滞納している事業所に対して,社会保険事務所の職員が保険制度から脱退を勧めたり,保険料負担を低く抑えるため従業員の月給を実際より極端に低く届け出るよう働きかけたりしていたケースがあることが,関係者の証言で明らかになりました。このために,本来より少ない年金額しか支給されていない人が相当の人数にのぼる可能性があるとのことです。
 国民の権利を削って自分達の成績をよく見せようと言う役人根性丸出しの行為で,あきれるしかありません。自分達の仕事が,国民への奉仕とサービスにあることなど全くかけらほども意識していないとしか思えません。
(写真はただのイメージで,記事とは関係ありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/13

バグダッドで雪が降る

Snow イラクの首都バグダッドで,1月11日の未明から朝にかけて雪が降ったそうです。積もるほどの降雪ではなかったそうですが,過去100年で初めての降雪だそうで,世界規模の異常気象の一環だとのことです。
 異常気象ということで,温暖化する地域もあれば寒冷化する地域もあり,乾燥化する地域もあれば多湿化する地域もあり,地球規模での環境の再編が行われています。現在砂漠だった地域も過去には豊かな草原だった証拠もあり,現在多雨でジャングルに覆われた地域も過去には住みやすく豊かな文明が花開いていた地域もあります。
 そんな事を考えると,現在の異常気象も,地球の営みの一つとして,人間がどうこうできるものではないのではないかという気がしてきます。CO2削減などの努力で,現在の環境のある程度の延命はできるのかもしれませんが,やがて地球の気候の再編は,起こるべくして起こっていく気がします。
(写真は,大阪市立大学大学院理学研究科理学科のホームページより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/12

米澤穂信「夏季限定トロピカルパフェ事件」

 昨日,「ここのところすっかり読書づいている」と書いたのですが,実は,創元推理文庫の作品中,これまでなんとなく敬遠してきたものも読んでみようと何故か思いたってしまい,勤めて読書するようになったのです。
 そんな,これまで敬遠してきた作品の一つが米澤穂信の「春季限定いちごタルト事件」と「夏季限定トロピカルパフェ事件」です。
 「小鳩君と小佐内さんは,恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。・・・・ コメディ・タッチのライトなミステリ。」という解説で,「若者向けのライトノベルのミステリー版だね」と,これまで思っていました。
 で,実際「春季限定いちごタルト事件」の方から読んでみると,最初のうちは確かにそんな感じでしたが,実際のところ,主人公達が「小市民を目指す」からには「実際は小市民ではない」と言う事で,小鳩君は人の事件に首を突っ込み,頭のいいところを見せて解決してしまう人,小佐内さんはやられたらねちっこくやり返す復讐を無上の楽しみとするという性格。彼らは自分たちを狐と狼になぞらえるほど。そのために,中学生時代,他人に誤解されたり嫌がられたりした経験を持ち,そんな性格を直すために「小市民」になろうと努力している事がだんだん分かってきます。そこら辺の悩みも書き込まれ,ミステリー的にも短編が集まって一編の長編になっているという構成,1台のひしゃげた自転車から推理して金融詐欺事件を解決してしまうというケメルマンばりの内容,なかなかどうしてライトノベルなどと言っている場合ではありません。
 続けざまに読んだ「夏季限定トロピカルパフェ事件」の方も,誘拐事件の発生に「小市民」を封印せざるを得なくなった小鳩君の迷いなども書き込まれ,最後の小佐内さんに関して展開する推理,そして二人の置かれた状況に関する会話など,さらに読み応えがありました。
 これはもう二人の今後の関係を心配せざるを得ず,「秋季限定・・・」と「冬季限定・・・」を期待してしまいますが,なんとなく「夏季限定・・・」でこのシリーズが終わってしまうような気がしないでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/11

最近,本の紹介が多いのは・・・

Books_2 最近のこのブログの記事も,本の紹介が多いのですが,ここのところすっかり読書づいてしまっています。
 これまで通勤の電車の中といったら,デジタルウォークマンに入れたPodCastを聞くのが常でしたが,なにしろ読書づいてしまったので最近は読書にいそしみ,未聴のPodCastがたまってしまっています。
 読書のようなものは,波があって時々無性に読みたくなる時期があります。今がその時期ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/10

紅白歌合戦効果,いまだ衰えず

Waremokou NHK紅白歌合戦の視聴率低下が話題になる昨今ですが,1月14日付けのオリコンシングルヒットチャートで,1位SMAPの「弾丸ファイター」,2位すぎもとまさとの「吾亦紅」,3位は秋川雅史の「千の風になって」が占め,紅白出場効果が明らかになりました。
 紅白出場歌手が新年のヒットチャートで順位を上げることは毎年のことですが,視聴率が低下しても,未だに紅白の影響力は衰えていないと言う事ですね。実際,通常のファン以外の人が紅白を見て,その歌を好きになってCDを買うという事が,私の周りでも起こっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/09

風邪が治らない

Musk 昨年の22日に風邪をひいて,鼻水がでて,喉が痛くて,セキが出て,おまけに38度ほど熱が出ました。熱の方は翌日には収まり,他の症状もなんとか年内には治まりましたが,セキだけはが一向に治りません。暖房の部屋から寒い外へ出るとか,反対に外出から帰って暖房の部屋へ入るとか,気温の違うへところに行く度にひとしきり咳き込みます。これだけしつこくセキが直らないと,もう永久に直らないのではないかしらんと思ってしまうほどです。最近,のど飴とマスクは携帯必需品になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/08

津原泰水「ルピナス探偵団の憂愁」

 津原泰水著「ルピナス探偵団の憂愁」は,4篇の作品を収める短編集です。
 ルピナス探偵団と言うのは,ルピナス学園というミッションスクールに通う3人の女学生と一人の男子生徒による非公式の探偵団。メンバーの一人の姉の刑事が持ち込んだり,主人公達の身の回りで起こる事件を描いたのが,この作品の前作,「ルピナス探偵団の当惑」という短編集。その「当惑」では,彼らの高校時代の事件が描かれますが,今回の「憂愁」では,その続編として,彼らの高校卒業時,大学生時代,そして社会人として25歳になった彼らの周りで起こった事件が描かれます。しかも,25歳の事件からさかのぼり,最後の作品が高校卒業時に学校で起こった事件なのです。その25歳の時の事件では,メンバーの一人の病死とその彼女の生前の奇妙な行動がメインテーマになります。本書は,そこから1篇づつ時代がさかのぼり,高校卒業時で終わる作品集になっているのです。なんだか,彼らがメンバーの一人の葬式に集まって,過去の探偵団の思い出をフラッシュバックしていくように感じます。作品が過去へさかのぼるように配置されたために,ちょっと独特の感慨が生まれる短編集になりました。
 メンバーの死と彼らの成長によって,もうあの頃(高校時代)のルピナス探偵団は戻ってこないと思うと,ちょっとさびしい気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/07

加納朋子「掌の中の小鳥」

Sougen_suiri_bunnko 加納朋子著「掌の中の小鳥」を読みました。
 創元推理文庫に収められた短編集です。「エッグスタンド」という名のカクテルバーで,男女2人によって語られるちょっとした謎の経験。時にバーテンでもある女性オーナーや常連の老人も口を出して,謎が解決されます。マンションの一室の消失事件や叙述トリックも使用され,この作品集は紛れも無い推理小説ですが,全体を読み通して巻を置いて残る印象は,「恋愛小説」です。それでも,謎とその解決は申し分なく,ミステリーファンでも十分,いえ十二分に楽しむ事ができます。
 5つの作品を収める短編集ですが,最初の作品は2つの独立した謎が扱われていて,実質上は6つの作品からなる本です。この本の表紙がすばらしいので,アマゾン書店へのリンクの他に特に大き目の表紙写真をつけました。

<アマゾン書店へのリンク>

掌の中の小鳥 (創元推理文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/06

北川歩実「天使の歌声」

 創元推理文庫の一冊,北川歩実の「天使の歌声」を読みました。私立探偵,嶺原克哉が依頼された事件を描く短編集です。
 「事件を描く」といいましたが,「事件を解く」という感じではないのです。確かに嶺原探偵が真相を考え,関係者にそれを語ることによって事件の真相が明らかになっていきますが,物証を提示するわけでもなく,関係者との会話によってのみ真相が明らかにされます。犯人に「証拠を示せ」といわれれば詰まってしまう状況の中,ある意味人のいい犯人達は彼の語りによって恐れ入るのですね。多分ガチガチの推理小説ファンには受け入れがたい作品集ではないかと思います。
 どの作品も,人間関係のどんでん返しがあり,それが特徴になっている短編集です。ちょっと普通のガチガチのミステリーとは肌合いが異なっていて,その意味で楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/05

ミスドも値上げ

Pondering ミスタードーナツが値上げするそうです。材料の脱脂粉乳を練乳に替えるなど,多少の品質向上も図るらしいですが・・・。値上げ幅が半端でなく,私の好きなエンゼルフレンチは11円,ポン・デ・リングに至っては21円の値上げ。
 そういえば,いつからかミスドのドーナツが小さくなった様に思いませんか? 今回の値上げは,昨今の材料高騰で,小さくするだけでは対応できなくなったという事なんでしょうね。
(写真は,ミスタードーナツのホームページより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/04

ブログ閲覧数も・・・

 昨年の暮れから正月にかけて,このブログの閲覧者数もいつもの1/3ほどになりました。みなさん帰省や正月旅行で,ブログを閲覧する環境にいなかった方々が多かったのでしょう。
 それが1月3日位からいつものペースに戻り初めました。正月休みも終わり,また仕事が始まりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/03

鎌倉へ初詣

 鎌倉に初詣かたがた,娘の受験合格祈願に行きました。鎌倉というと,まず鶴岡八幡宮ということになるのでしょうが,合格祈願という事も考えて少しマイナーなところを回ります。
 まず若宮大路から路地を入ったところにある本覚寺へ。ここは「にぎり福」という,小さな石に笑い顔を描いたお守りを売っています。表には笑い顔,裏側には「愛・健・財・学・福」のどれか一文字が描かれていて,ここのお坊さんの手作りだそうです。手作りなので,顔は皆少しづつ違います。それに石の形も違い,にぎって気に入ったものを買います。合格祈願なので,「学」と「福」の2つを求めました。

Kamakura1

 次に行ったのは鶴岡八幡宮の脇を通り二階堂の方へ行ったところにある荏柄天神です。ここは天神様ですから菅原道真を祭り,もろ学業の神様です。受験日と受験校を申告しておくと,受験の朝,神官が祈祷をしてくれます。境内には樹齢900年と言う御神木である大銀杏があります。

Kamakura2d

 その荏柄天神から鎌倉駅への帰り,頼朝の墓に参拝しました。鎌倉幕府を開き,以後の武家政治の基礎を作った偉人の墓にしては,少し質素で寂しいものでした。

Kamakura3

 午前中に出かけて,鎌倉駅に着いたのが13:00頃。午前中はそれほどでもなかった人ごみも,午後になるとピークに達し,それはものすごい混雑になっていました。午前中に来てよかった!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/01/02

元旦に開いている店

Gantan_shotengai 元日の東京武蔵小山商店街。思ったよりたくさんの店が営業していて,思ったよりたくさんの人が買い物に来ていました。
 元旦開店の定番,コンビニやファミレス,マックなどのファーストフード店はもちろん,果物屋さん,酒屋さんは年賀の贈答用品として需要があり,お客さんも入っています。でも,めがね屋さん,宝石屋さん,携帯屋さんが開いているのはなぜ? 家電量販店も開いていましたが,これはお年玉需要のためでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/01

元 旦

 あけまして,おめでとうございます。本年も,よろしくお願いします。

Osonae_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »